人気ブログランキング | 話題のタグを見る

チャールサイトイエローのBRZ

チャールサイトイエローのBRZ_f0076731_22493068.jpg
10日分に近い日報が机の上に重なっていた。
納品書もたくさんある。

一度に処理しきれないので、
カウンターを臨時に使い時系列に沿って並べた。

まず全てに目を通したら、
留守中の出来事が頭の中に染み渡る。

一週間分たまった分厚い売上伝票も確認印を押さねばならない。

順番に片づけるしか方法はない。

世の中に不景気風が吹いているので、
忙しいだけ幸せだ。
お客い様のアンケートにご返事も送りたい。

アンケートの封筒も10枚以上溜まってしまった。

出かける前も忙しかったが、
戻ってからもやるべき事が山積みだ。


ドイツでも同じだった。
決めていたプログラムを予定通り進めた。
でも旅はやはり良いもんだ。
空港からSバーンに乗ると、
その途端に一人旅の楽しさがこみ上げてきた。
チャールサイトイエローのBRZ_f0076731_22494403.jpg
いつもの日常とは違う眺めが、
緊張感と共にわくわく感も誘い出す。
チャールサイトイエローのBRZ_f0076731_22495596.jpg
ホテルにチェックインして、
まずスーツケースを開けた。
妻はパッキングがとても上手で、
一日ごとに着替えをアレンジしてくれている。
パンツとシャツのコーディネートなど、
客観的に組み立てられ苦労せずに着ることができる。
チャールサイトイエローのBRZ_f0076731_22581088.jpg
半袖か長袖ははもちろん、
襟の有無もメモしてくれているので朝の着こなしがとても楽だ。

感謝しながらスーツケースの隅を見たら、
何やら黒い箱が入っていた。
チャールサイトイエローのBRZ_f0076731_22501579.jpg
取り出すと馴染のあるロゴが目に入った。
チャールサイトイエローのBRZ_f0076731_22502977.jpg
そうなんだ。
誕生日なんだ。

昨年はXVの新色に合わせて、
ハイパーブルーのGショックをプレゼントしてくれた。
チャールサイトイエローのBRZ_f0076731_22504309.jpg
今年はBRZのイエローエディションに合わせて、
黄色い素敵な時計をプレゼントしてくれた。

ありがとう。
チャールサイトイエローのBRZ_f0076731_22505853.jpg
この時計には好きな黄色と、
嫌いな黄色がカモフラージュのように織り込まれ、
とても興味深いデザインになっていた。
チャールサイトイエローのBRZ_f0076731_22511006.jpg
帰国したら机の上にカタログが置いてあった。
7日の受注開始とともに、
真っ先に注文したら既に50台が予約に入っていた。

ほとんどが6速マニュアルだった。
当然のことだろう。
チャールサイトイエローのBRZ_f0076731_22512078.jpg
わずか一週間という予想以上の速さで完売してしまった。
岐阜県では当社の1台で受注が締め切られたようだ。

東海三県で11台。
流石に名古屋は力があり、
9台の注文を受けたようだ。

デリバリーは秋以降になるが、
どんな仕上がりかとても楽しみだ。

気になるのは本当に100台で終わるのかということだ。

カタログには不吉な文字がある。

トヨタにはトヨタの色を用意してほしい。
WRブルーやハイパーブルーのように、
苦労して開発した色は、
スバルだけの大切な色として育てていくべきだろう。

もともとイエローもコメットマークの一部だ。
門外不出を徹底してほしい。

スバリストのために。

Commented by ひょっこり at 2016-07-16 23:59 x
社長こんばんは。

最後の文章で、「トヨタにはトヨタの色を用意してほしい」
とありますが、ボクも同感です。というのも、現場ではスバルのカラー№が覚えづらく、番号と色がアタマの中で一致しないのです。
トヨタはカラー№の頭が0~9で始まるのはご承知かと思われますが、そこで色の系統が決まっているので、それにすっかり「洗脳」されたアタマだとさっぱり分からないのです。

そういえばここ数日、現場でXVとエクシーガに触れる機会がありました。一言で言うと「クセのないクルマ」に感じました。
トヨタ車の傾向では、ハンドルをたくさん回して曲がる際、内側の後輪が軸足となるケースがあり、それが内輪差でぶつける要因になるとボクなりに解析しているのです。ですがそれが無い。ステアリングの入力に対し、後輪はそれをアシストするかのように気持ちよく旋回するのです。しかも時速20km未満でのことなのです。
XVのシートの掛け心地はボクの車のに似ているのもうれしい発見でした。シートクッションが柔らかめで、優しく受け止めてくれるところが一緒なのです。

Commented by b-faction at 2016-07-17 06:45
ひょっこりさん、おはようございます。4輪にトルクを配分する方法が違うからでしょう。4WDの技術ではかなり先を走っています(特に価格あたり性能という点で)。低反発クッションもかなりまえから採用しています。
Commented by はつ at 2016-07-17 08:59 x
社長、ご無沙汰です。おはようございます。ドライブスキル、更に磨きをかけられたのですね〜Mパワー操ってみたいです。それにしても新型BRZ精悍な顔つきになりましたね。くやしいのでA型ますます大切にし、綺麗にしていきます〔笑〕
Commented by b-faction at 2016-07-17 09:55
はつさん、FRスポーツの灯を消さないために頑張ります。新型に目移りせず愛機をよろしく。とじゃいうものの気になりますよね。また乗りに来てください。イエローエディションは秋以降になりますが。
Commented by ひょっこり at 2016-07-17 12:40 x
社長二度目スイマセン。
何も知らずに乗ったのですが、AWDとは知りませんでした。
FWDだと思い込んでいたのです。なのであの旋回のスムーズさに改めて驚きました。

実は両車とも初めて運転をしたのですが、エクシーガはステーションワゴンならではの、バック運転のしやすさがあって、後方を振り返るとにDピラーが目印になるので感覚が掴み易いのです。

改めて各スバル車のスペックを見てみると、全長とホイールベースの比率がほど良いと思います。
これも、素直な動きに寄与するのではないかと思います。
Commented by b-faction at 2016-07-17 14:30
ひょっこりさん、実はあまり評価されていないのですが、エクシーガFWDの走りは物凄く良い。
前輪駆動車の場合、燃費では横置きエンジンが有利ですがドライバビリティは水対4発が圧倒的に上回ります。販売数が少ないので知る人はあまりいません。
Commented by はつ at 2016-07-17 18:21 x
社長、そのときはよろしくお願いします。ただ、僕のクルマより、ウチの家族車の後継を考えなくてはなりません。いつかのブログにエクシーガFWDのインプレありましたね〜やはりENGは縦置きが好きです。
STIの展開も大変興味あります。Mスポーツパッケージのようになれるでしょうか。
Commented by b-faction at 2016-07-17 20:49
はつさん、良い出物があったら紹介しますね。STIをMスポーツパッケージにしようとしていますが、僕はその方向性が大嫌いです。長期的な視野でみると過去の大先輩の残した遺産を食い潰すように見えます。
Commented by はつ at 2016-07-17 21:34 x
使い方など考えて検討します。その際はよろしくお願いします。STIのネームモデルについて、社長はそのように仰ると思っていました!STIというネームを使わず他のネーミングでよいような気がしています。
業界のトレンドなのかなあ〜
Commented by b-faction at 2016-07-17 23:18
はつさん、その通りかもしれません。
うるさいことを言って些細なことでも人の揚げ足を取ります。
責任取ることを嫌がる人が多いのは当たり前ですが、
責任取りたくないので、
とらない方法ばかり選ぶ人もいます。

ある意味それがマーケティングだったりします。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2016-07-16 23:05 | Comments(10)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction