人気ブログランキング | 話題のタグを見る

スバルマガジンとフォレスターBrown Leather Selection

スバルマガジンとフォレスターBrown Leather Selection_f0076731_20462272.jpg
ドイツに行く前は白い花が満開だった。

スバルマガジンとフォレスターBrown Leather Selection_f0076731_21214538.jpg
戻るとオレンジの花に代わっていた。
そのオレンジの花も終わりつつある。

花の命は短い。
でもそこから新たな生命が生まれる。

スバルマガジンとフォレスターBrown Leather Selection_f0076731_21424087.jpg
ブルーベリーって本当に面白い。
ビジネスになるはずだ。

早生種から山ほどとれた実を使って、
美味しいジャムができていた。



スバルマガジンとフォレスターBrown Leather Selection_f0076731_20523906.jpg

ヨーグルトにたっぷり混ぜて食べている。

スバルマガジンとフォレスターBrown Leather Selection_f0076731_21425593.jpg
元気のある木と無いものに分かれてはいるが、
今年は間違いなく当たり年だ。

スバルマガジンとフォレスターBrown Leather Selection_f0076731_21431138.jpg
去年に比べ10倍くらい収穫できそうだ。
まだまだ美味しい実が味わえる。
来店されたらぜひ食べてほしい。

無農薬で無消毒だから、
つまんでそのまま食べて大丈夫だ。

スバルマガジンとフォレスターBrown Leather Selection_f0076731_21432507.jpg
会社周辺に良い空気が漂っている。
ドイツの麦畑を思い出した。

帰国早々ショールームを模様替えし、
パールホワイトのフォレスターを外に出した。
スバルマガジンとフォレスターBrown Leather Selection_f0076731_21465854.jpg
心待ちにしていたブラウンレザーセレクションが届いたからだ。

スバルマガジンとフォレスターBrown Leather Selection_f0076731_21471087.jpg
【車名】
スバル フォレスター2.0XT EyeSight Brown Leather Selection
【型式】
SJGD5M8 67C
【主要諸元】
全長×全幅×全高(mm):4595×1795×1715
ホイールベース(mm):2640
トレッド前/後(mm):1545/1550
最低地上高(㎜):220
車両重量(kg):1610
最小回転半径(m):5.3
乗車定員 5名
【エンジン】
FA20/水平対向4気筒2.0L DOHC16バルブデュアルAVCS直噴ターボDIT
内径×行程(mm):86.0×86.0
圧縮比:10.6
最高出力:206kw(280ps)/5700rpm
最大トルク:350N・m(35.7kg・m)/2000-5600rpm
【燃料供給装置】
筒内直接燃料噴射装置
【変速機】
スポーツリニアトロニック(マニュアルモード付)
【燃費】
13.2km/l (JC08モード)
【このオプションコードの標準装備】
サンルーフ 
マルチインフォメーションディスプレイ付ルミネセントメーター
キーレスアクセス&プッシュスタート
LEDハイ&ロービーム(ステアリング連動式)
パワーリヤゲート
225/55R18タイヤ&アルミホイール
運転席&助手席8Wayパワーシート
オールウエザーパック
ウエルカムライティング
アドバンスドセイフティパッケージ

【税抜き車両本体価格】
3.2170.000円

「この価格は安い!」と思う。

カタログは売れ筋のパールホワイトを前に出している。

だが外装色に選ぶなら絶対にセピアブロンズ・メタリックだ。
スバルマガジンとフォレスターBrown Leather Selection_f0076731_21504972.jpg
落ち着いたサイドビュー。
水銀灯の下にあるので黄色く見えるが、
実際にはもっとシックな色だ。

自然界にやさしく溶け込む、
まさにアースカラーだ。


スバルマガジンとフォレスターBrown Leather Selection_f0076731_21480578.jpg

更に詳しく細部を見よう。
スバルマガジンとフォレスターBrown Leather Selection_f0076731_21481746.jpg
【特別装備】
センタートレイとドアグリップには、
ブラウンレザーと同じ色に染められた合成皮革の装飾が加わる。

ドアトリムとドアアームレストおよびセンターコンソールリッドも、
同色の合成皮革を張りアイボリーステッチがあしらわれた
パワーウインドウスイッチパネルをシルバーフレームとピアノブラックの素材で装飾

ドアトリムとグリップの関係のクオリティが高く、
レヴォーグと逆転現象を起こしている。

スバルマガジンとフォレスターBrown Leather Selection_f0076731_21500110.jpg
価格帯を考えるとレヴォーグのSTI sportこそこうあるべきだろう。

ブラウンのレザーで統一されたインテリア。
シートには全てアイボリーのステッチがあしらわれた。
スバルマガジンとフォレスターBrown Leather Selection_f0076731_21514593.jpg
ストロボ撮影すると赤みが強いが、
実際に見える印象はまるで違う。

スバルマガジンとフォレスターBrown Leather Selection_f0076731_21520242.jpg
渋いけれども色味のあるブラウンはなかなかヴィヴィッドだ。
スバルマガジンとフォレスターBrown Leather Selection_f0076731_21521756.jpg
サンルーフを開けただけで色調を変える、
面白いカラーコーディネートだ。

スバルマガジンとフォレスターBrown Leather Selection_f0076731_21522756.jpg
シートの色はガラス越しに見た時の印象や、
光が差し込んだ時で大きく変わる。


スバルマガジンとフォレスターBrown Leather Selection_f0076731_21531233.jpg
このシートの素材と色には、
じっくり時間を掛けた証拠が残る。
実物を見た時にどの角度からも美しく見えるからだ。

併せて前席用カップホルダーをメッキリング付に高品質化し、
後席センターアームレストのカップフォルダーをシルバーフレームとピアノブラックで装飾した。
スバルマガジンとフォレスターBrown Leather Selection_f0076731_22122266.jpg
ドアグリップと同等の装飾が、
センタートレイにも施された。
X-MODEスイッチの上部左右に、
ブラウンレザーと同じ色で染められた合成皮革が張られた。
惜しむらくは、
セレクタレバーの色が黒いことだ。

スバルマガジンとフォレスターBrown Leather Selection_f0076731_21551902.jpg
好感触本革巻ステアリングホイール。
これにもシルバーステッチがあしらわれている。
それに加えステアリングヒーターをスバル車で初めて採用した。
ステアリングホイール右側のスポークに組み込まれたスイッチを押すと、
右手の部分は二時から五時、
左手の部分は七時から十時をヒーターで暖める。
タイマーの働きにより30分経つと自動的にスイッチはOFF。

マルチファンクションディスプレィを覆うバイザーもレザー調の素材で覆われ、
シルバーステッチがあしらわれている。
レヴォーグやWRXと同様のクオリティまで高められた事になる。
スバルマガジンとフォレスターBrown Leather Selection_f0076731_21553435.jpg
エンジンは絶対に直噴ターボを選んでほしい。
燃費だ、維持費だと騒ぐクルマではない。

走るたびに悦びがこみ上げる、
そんな印象を持つ特別仕様車には最上級のパワーユニットが似合う。

同じ日にスバルマガジンの取材を受けた。
エディターの真鍋さんとはすっかり顔なじみだ。

スバルマガジンとフォレスターBrown Leather Selection_f0076731_21472156.jpg
おお!
ハマの名物だ。
スバルマガジンとフォレスターBrown Leather Selection_f0076731_17265585.jpg
お土産をありがとうございました。
スバルマガジンとフォレスターBrown Leather Selection_f0076731_17270758.jpg
黒船ショコラを久しぶりに食べた。
横浜の味が漂った。
スバルマガジンとフォレスターBrown Leather Selection_f0076731_22162809.jpg
「どうしてレザーセレクションが並んでるんですか。
まだ出たばかりですよね」

真鍋さんが驚くのも無理はない。
スバルマガジンとフォレスターBrown Leather Selection_f0076731_21555137.jpg
このクルマの存在を聞き、
即座に発注したからだ。

ゴールデンウイークの直後だった。

二か月待ったが、
それだけの価値はあった。
展示するために買い取るからすぐに見せることができる。
それほど惚れぬいた。

3.217.000円のプライスには、
300馬力のターボエンジンや、
最高性能のヘッドライトも含まれる。

これを安いと思わない人は居ないはずだと確信している。

レヴォーグのSTIもデビューしたが、
ヘッドライトを除いても50万円以上の価格差がある。
スバルマガジンとフォレスターBrown Leather Selection_f0076731_21554956.jpg
フォレスターをレヴォーグ以上に評価する理由は、
言わずと知れた万能性だが、
クオリティの面でも上回ってしまった。

その上、
山ほどオプションを付ける金が浮く。

真鍋さんとカメラマンは実に精力的に取材され、
スバルマガジンとフォレスターBrown Leather Selection_f0076731_21555356.jpg
スバルマガジンの特集企画を構成されていた。
新刊が楽しみだ。
発売されたらぜひ書店に急ごう。

発売は8月の2日だ。
お楽しみに!!!!!!!!!!!!!!

Commented by 美のつぼです at 2016-07-18 16:26 x
内装がいいですね
Commented by b-faction at 2016-07-18 19:00
美のつぼさん、最高です。アウトバック以上のクオリティです。これもまさしく台商品企画本部長の言う「下剋上」です。
Commented by ごー at 2016-07-18 20:40 x
社長のおっしゃるとおり、BEAMS EDITIONが出てから以降、革の使い方が良くなってますね。
Commented by b-faction at 2016-07-18 22:24
ごーさん、アウトバックでは一足先にEXエディションがありました。あれもBEAMS EDITIONですね。
若さを感じます。大好きです。
Commented by NG at 2016-07-18 23:15 x
代田社長、こんばんは。
既にコメントがありますが、ぱっと見て革の質感と雰囲気がとても良い感じですね。
今月号のカートピアの冒頭でLEVORG STI Sportの記事がありましたが、このワインレッド(ボルドー?)の質感も良かったですね。
トヨタの資本が入ってから内装がプアになってがっかりしていたのですが、公式サイトの試乗動画を見ていたら欲しくなってきました(大きさが気になるので買いません/買えませんけど・・・)。
今乗ってるBL4が来年の車検で9年目になるので、がっつりオーバーホールしてもらえば15年は乗れるかなと思うので、その頃には50代だし、BRZかロードスターを買おうかと考えています(病気でもしない限り、あと6年あれば買い換え資金が貯まります!)。
エアバッグのリコール通知が来ていたので、その時に試乗させてもらえるか頼んでみます。
Commented by b-faction at 2016-07-19 13:33
NGさん、トヨタの資本が入ってプアになったというのは誤解。BP/BL系とR1/R2などプレミアム路線化に大失敗したからです。自社のクルマはある程度冷めた目で見ないといけないと心底懲りたからです。トヨタは徹底したコスト低減の文化があります。スバルもまだまだ見習う点が多い。油断するとすぐ無駄遣いします。
Commented by SANYA501 at 2016-07-20 20:06 x
代田社長、こんばんは。

ドアグリップは全車種でこのようになると嬉しいですね。
ボディサイズも段々旧時代のレガシィと変わらなくなってき始めて、時代を感じます。

また、ひとつ前の記事で色について書いてありましたが、
個人的にはイエローだけでなく、インマニの赤チヂミ塗装も
STIにとどめて欲しかったところです。

さて、記事中で気になったところをひとつ。
仕様紹介と記事文面(26枚目の写真付近)でエンジン出力が20ps程変わってますが、どちらが正しいのでしょうか。
Commented by b-faction at 2016-07-21 06:53
SANYA501さん、おはようございます。
ドアグリップは今後完全に復活すると思っていただけに非常に残念でした。
BRZのインマニの赤チヂミ塗装はさほど抵抗ないんです。元々すぐ剥がれるし。
エンジン出力は書いた通りです。カタログ上は280馬力ですが、フォレスター用にディチューンしてません。エンジンからミッションに入る時に減速するので表記上変わってますが、DITは300馬力相応なのです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2016-07-18 22:21 | Comments(8)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction