人気ブログランキング | 話題のタグを見る

THE OUTBACK

THE OUTBACK_f0076731_17492796.jpg
ドイツはクルマ天国だった。
最新のFB25は予想以上のスポーツユニットだ。
メリハリを効かせると、
リニアな出力特性が気持ち良い。

どうしてこんなに良いのだろう。
ほのかにEJ系の味が残る。
改めてエンジンのスペックを見直した。
オーバースクエアなエンジンだから、
スポーティなのだろう。

グローバルな商品戦略を成り立たせているエンジンだ。
これ無くしてスバルの成功は在り得ない。

ドイツでアウトバックに乗ると、
食べなれた物を口に入れた時の様な、
ホッとした気持ちに浸れる。

帰国してから溜まった仕事や、
お客様のお相手でアッという間に時間が過ぎた。
ようやく一区切りついたので、
THE OUTBACK_f0076731_10513737.jpg
隣町まで足を延ばし、
美味い蕎麦を食べに行った。
ざる蕎麦だけど汁が熱い。
椀に入った汁は、
海老天の汁も兼ねている。
思い出すだけで涎が出る。

でも定休日だった。

そこで美味しいと評判のラーメン屋に行った。
そこも定休日だった。

隣の通りにピザ屋があった。
THE OUTBACK_f0076731_17070588.jpg
店の外から見える石窯の炎に誘われた。
ピザも美味しそうだが、
THE OUTBACK_f0076731_17072266.jpg
トマト味の冷製パスタを食べた。
200円追加で払うと温冷異なるパスタを食べられる。

熱い汁でざる蕎麦を食べに来たので、
この組み合わせは丁度良かった。
左のパスタはまるでストラットのようだ。

フォークで吊るとビヨーンと伸びる。

妻の選んだ料理はピラフと肉料理だ。
THE OUTBACK_f0076731_10520980.jpg
洋食屋に行くのは、
ドイツから戻って以来初めてだった。
THE OUTBACK_f0076731_10522745.jpg
どちらのランチも美味しかった。
出来上がりを待つ間、
好きな前菜を自由に選んで食べることができる。
温冷合わせて6種類もあった。
THE OUTBACK_f0076731_19023471.jpg
これは十分すぎるほどの量だし、
価格も良心的だ。
THE OUTBACK_f0076731_17123894.jpg
たまには洋食もおいしいけれど、
毎日食べる気にはならない。

ドイツに旅立つ前、
マリオとカメラマンの雪岡さんがやって来た。

8月2日発売のスバルマガジンで、
軽自動車の特集記事が出る。
少しだけお手伝いした。
THE OUTBACK_f0076731_19552338.jpg
せっかく中津川に来られたので、
美味しい蕎麦を食べに行った。

テラテラと輝く打ち立ての蕎麦を見て、
丁寧に「頂きます」と手を合わせられた。
本当に素晴らしい。
食べ物を前にして、
きちんと感謝の念を表すのは、
仏教でもキリスト教でも同じだ。

でも手を合わせる仕草が、
日本人独特で、
見ただけでホッとした。
THE OUTBACK_f0076731_19553430.jpg
些細なことだが、
このレベルの蕎麦をドイツでは食べられない。
行っておいてよかった。

ツルツルと口に入れた瞬間のホッとした気持ちは、
何物にも代えがたい。

蕎麦に合うのは何と言っても純米酒だ。
THE OUTBACK_f0076731_15520463.jpg
大沼さんに頂いた純米酒も、
旅立つ前に味わった。
THE OUTBACK_f0076731_15522541.jpg
仕事が休みなら、
純米酒を飲みながら蕎麦をすする。

このホッとする感覚が好きで、
日本人に生まれて良かったと心底思う瞬間だ。

アウトバックは不思議な存在だ。
アメリカで誕生し、
日本で育まれた。

蕎麦に日本酒が合うように、
アウトバックにもピッタリ似合うシチュエーションがある。
THE OUTBACK_f0076731_19125750.jpg
麦が黄金色に輝く風景の中で、
心の底からホッとしながらアウトバックに乗った。

このクルマを一番良く理解しているのは米国人だ。
彼らは信頼できる相棒として、
クルマを徹底的に使い倒す。

使い倒すといっても酷使するわけではなく、
日常の優れた道具としてトコトン愛用するのだ。

既に米国ではLegacyとOUTBACKが別の商品になっている。
THE OUTBACK_f0076731_18485307.jpg
左上のカタログは米国仕様のB4だ。
ひとつ前のBR系のアウトバックから、
米国で生産される車両の幅は現行モデルと同じように大きくなった。

そしてセダンだけがLegacyとして残った。
アメリカ人はセダン好きが多いから当然だ。

日本ではそういう訳にいかなかった。
もし切り離すとLEGACYのブランド力が喪失する・・・・と思ったのかもしれない。

BR系がデビューした時に、
分離する匂いを漂わせていたが、
今回のフルモデルチェンジでも見送られた。

一番下のカタログはドイツ用だ。
更に明確な差になり、
LEGACYブランドは無く、
OUTBACKに置き換わった。

すなわち新型にはB4も無く、
LEGACYそのものが消失した。

ドイツを訪問した最も大きな目的は、
ガソリン仕様のアウトバックを試すことだった。

アウトバックの独創的なドライブフィールを、
クルマの本場で再確認したかった。

昨年ディーゼルを試したが、
それだけでは新型OUTBACKの真実を伝えきれない。

THE OUTBACK_f0076731_19560471.jpg

ドイツにいる間、
毎日赤ワインを楽しんだ。
日本の環境だと、
上質な純米酒が美味い。

ドイツだとどこで飲んでも、
赤ワインが凄く美味しい。

ビールも美味しいが、
最近は赤ワインに炭酸水を添える方が好きだ。

赤ワインをがぶがぶ飲み、
キュッと炭酸水で喉を潤す。

改めて日本と同じ仕様のアウトバックを見ると、
その魅力は日本やアメリカで見た以上に大きかった。

THE OUTBACK_f0076731_19561401.jpg
ラピスブルーのOUTBACKを滞在中の相棒にした。
これは2.5i Comfortと呼ばれるトップグレードだ。
価格は38.400,-€なので日本円に換算すると約445万円だ。
ドイツの消費税率は19%なので、
その差を考慮しても、
国内仕様の価格より20万円くらい高い。

でも日本から輸出する事を考えると、
価格はどっこいどっこいだ。

参考
【日本仕様】
スバル LEGACY OUTBACK Limited
【型式】
BS9B5LC ZOC
【主要諸元】
全長×全幅×全高(mm):4815×1840×1605
ホイールベース(mm):2745
トレッド前/後(mm):1575/1590
最低地上高(㎜):200
車両重量(kg):1580
最小回転半径(m):5.5
乗車定員 5名
【エンジン】
FB25/水平対向4気筒2.5L DOHC16バルブデュアルAVCS
内径×行程(mm):94.0×90.0
圧縮比:10.3
最高出力:129kw(175ps)/5800rpm
最大トルク:235N・m(24.0kg・m)/4000rpm
【燃料供給装置】
EGI
【変速機】
リニアトロニック(マニュアルモード付)
【燃費】
14.6km/l (JC08モード)
【標準装備】
LEDヘッドランプ キーレスアクセス&プッシュスタート 本革シート パワーリヤゲート サンルーフ 運転席SRSニーエアバッグ等7エアバッグ
アドバンスドセイフティパッケージ 運転席10Way&助手席8Wayパワーシート オールウエザーパック ハーマンカードンサウンドシステム&SDナビゲーション
【税抜き車両本体価格】
3.580.000円 外装色ラピスブルー・パール

ボディカラーは日本仕様と全く同じだ。
米国だと若干異なる。
なぜならSIAで生産するから、
配合や塗り方も含め微妙に異なる。

それに緑色は米国生産車専用だ。

日本製の欧州仕様車は、
THE OUTBACK_f0076731_19581233.jpg
基本的にハンドルが左右違うだけで、
クルマは全く同じだ。

ただしカラーバリエーションは日本より一色少なく、
ダークブルーを除いた全八色だ。

プラチナムグレー・メタリックも、
分類すればブルー系に入る。
だから三色を二色に統合した。
その理由は簡単で、
新型アウトバックはラピスブルーが一番似合う。

この青にいつも日本で接しているのに、
なぜかドイツに居ると印象が変わる。

その理由は空気や水や土にある。

THE OUTBACK_f0076731_19582382.jpg
たとえばエルツ城に行くと、
建物の持つ不思議な色合いに驚くだろう。
THE OUTBACK_f0076731_20343228.jpg
周囲の地質が特異なためだ。
この地層から産出された石は、
実に不思議な色合いを見せる。
THE OUTBACK_f0076731_19583272.jpg
ホテルにチャートを持ち帰り、
丁寧に歯ブラシで洗った。
THE OUTBACK_f0076731_19584061.jpg
表面にうっすらとピンク色の輝きが見える。
THE OUTBACK_f0076731_19585261.jpg
裏返してよく見ると、
堆積岩のようだ。
何億年も前に生成した様子が何となく想像できる。
THE OUTBACK_f0076731_19590352.jpg
ひび割れた模様が気持ち悪いので、
表面に衝撃を与えた。
THE OUTBACK_f0076731_19591545.jpg
ぼろぼろと崩れ落ち、
奥に硬い石が現れた。

すぐ隣に異なる岩肌も見える。
THE OUTBACK_f0076731_19592713.jpg
異なる地層が複雑に入り組み、
独特の地形を作り出しているようだ。

そういう場所だから、
「エルツ城」という要衝を作るのに適していたのだろう。

THE OUTBACK_f0076731_21492037.jpg
ヨーロッパには地震が無い。
起きない理由は大陸プレートに、
海洋プレートがもぐりこまないからだ。

日本列島はユーラシアプレートと北米プレートの上にある。
その下に新しくできたフィリピン海プレートがもぐりこみ、
更に以前からある太平洋プレートがその下に潜り込んでいく。

この複雑に地殻が絡み合い、
大きなエネルギーが蓄積した場所では、
ドイツの建築物は残れない。

エルツ城が古くから何の変りもなく聳えるのも、
この断崖が崩れないのも、
理由は至って簡単だ。

ドイツで大規模な地震が発生しないからだ。

もう一つの地層から、
チャートを持ち帰った。
これも魅力的な色をしている。
THE OUTBACK_f0076731_19594260.jpg
御岳山麓で採取した石と比較すると、
色の特殊性が良く分かる。
THE OUTBACK_f0076731_19595122.jpg
ドイツでも火山活動の激しい時代はあった。

上の左右がブルグエルツで採取した石で、
下の左右が長野県三岳村で採取した石だ。
右の二つは火成岩に見えるが、
その雰囲気は日本と全く違う。

例えばダウンにはマール湖という死火山の火口湖がある。
今ではのんびりした観光地だが、
噴火した形跡は凄い。
THE OUTBACK_f0076731_14151855.jpg

こうした土の色や、
空気の湿度によって色の見え方は変わる。

食べ物もそうだ。
平らな大陸の続くヨーロッパの地下水は、
日本と様子が異なる。

川の水の色も流れ方もかなり違う。
THE OUTBACK_f0076731_21554424.jpg
モーゼル川に来ると、
日本の川に特有の「氾濫」という言葉が存在しないことを感じる。

石だけで無く土も違う。
だから食べ物に違いが出る。
典型的なドイツの朝食だ。
THE OUTBACK_f0076731_20000615.jpg
もの凄く美味しいけれど、
植物性のタンパク質を容易に摂取できない。

豆腐の入った味噌汁などドイツでは生まれない。

その理由は、
ドイツの土壌では大豆の栽培が出来ないからだ。

ヒトラーが日本から大豆を運ばせ、
大量に栽培しようとしたらしい。

日本の土壌なら居るはずの根粒菌が、
ドイツの土壌には含まれない。

だからこの土で大豆は育たない。
THE OUTBACK_f0076731_22004876.jpg
でも麦の生命力は凄い。
日本では見た事の無いような麦畑が至る所に広がる。

道端でチェリーを売っていた。
THE OUTBACK_f0076731_20002140.jpg
昼飯代わりに一箱買った。
THE OUTBACK_f0076731_20003894.jpg
どれも見事なサクランボで、
樹脂パック一箱分が5€だった。
THE OUTBACK_f0076731_20005344.jpg
日本のサクランボとも、
アメリカンチェリーとも違う。
THE OUTBACK_f0076731_20010695.jpg
イチゴも食べてみたかった。
でも我慢するほか無い。
THE OUTBACK_f0076731_20011872.jpg
ドイツに道の駅など無いので、
洗う場所を探すのに苦労する。
THE OUTBACK_f0076731_20012818.jpg
アウトバーンのガソリンスタンドでトイレに入った時、
綺麗に洗って食べてみた。
酸味と甘みがほどよくて、
強烈な甘さは無いものの、
逞しさを感じるチェリーだった。

同じような差をドイツ車と日本車に感じる。
THE OUTBACK_f0076731_20014295.jpg
待ち合わせ場所のレストランに行くと、
みんなが駐車場で待っていてくれた。
そろって中に入り肉を注文した。
THE OUTBACK_f0076731_20015735.jpg
この店のランプステーキだ。
THE OUTBACK_f0076731_20021836.jpg
焼き方はミディアムレア。
塩コショウと肉の味だけで十分だった。

下手なソースをかけるより美味かった
付け合わせの玉ねぎもおいしかった。

ドイツは肉屋に関しても考え方が根本から違う。

まず店そのものが綺麗で清潔だ。
THE OUTBACK_f0076731_20023686.jpg
日本だと生肉と生食用のデリは分けるのが当然だ。
THE OUTBACK_f0076731_20025782.jpg
けれどもドイツの肉屋では、
冷やすものは一つのケースに美しくまとめて展示されている。
THE OUTBACK_f0076731_20031181.jpg
生肉の次はハムやソーセージが並び、
それに続いて端っこに見えるのは美味しいサラダだ。
THE OUTBACK_f0076731_20062675.jpg
レジを挟んで暖かい肉料理を売っている。
THE OUTBACK_f0076731_20064976.jpg
これらをテイクアウトする人も多いが、
店の中でも食べられる。

ドイツには厳しいマイスター制度がある。
THE OUTBACK_f0076731_22292919.jpg
だから成り立つ。
肉屋を見るとドイツ気質を一番感じる。

腹ごなしの運動にちょうど良いのが、
廃線になった線路を使うサイクリングだ。
THE OUTBACK_f0076731_17550312.jpg
日本の森林鉄道にとてもよく似ていた。
サイズはドイツらしく大きいが、
時代や目的はほぼ同じだろう。
THE OUTBACK_f0076731_17545319.jpg
菰田さんのセンスが光るツアーだった。

THE OUTBACK_f0076731_20072705.jpg
100台位ある自転車の中から、
このクロスバイクを選んだ。
なるべく早そうな機種を探すと、
なんとなく光るバイクが佇んでいた。
THE OUTBACK_f0076731_20074012.jpg
こいつは速いだけでなく安定性も良かった。
疲れることなく16キロを走り抜けた。

戻ってディナーに備えサウナに入った。
ドイツ流のサウナは実に簡単だ。
THE OUTBACK_f0076731_20080490.jpg
素っ裸になり部屋にあるガウンを着て、
サウナルームへ行くだけだ。

神聖な場所だから男女の区分もないし、
老若男女が一緒に入る。

ひとつ絶対に注意しなければならない事がある。
それは
「汗の一滴足らずとも床に直接落としてはいけない」と言うことだ。

共同の場所をみんなで清潔に使うためのルールだ。
THE OUTBACK_f0076731_20081635.jpg
ディナーの準備が整った。
THE OUTBACK_f0076731_20083117.jpg
スターターがおしゃれだ。
一人一個ずつ手に取って、
ブドウを使ったカクテルを味わった。
THE OUTBACK_f0076731_20084822.jpg
次にキノコを使ったムースを味わった。
THE OUTBACK_f0076731_20091075.jpg
こ見た目以上に旨みを持ち、
ポタージュ風のムースとしっかり折り合う。
THE OUTBACK_f0076731_20092575.jpg
箸休めはシャンペンに浮かべられた、
カシスのシャーベットだ。
THE OUTBACK_f0076731_20094796.jpg
そしてメインディッシュの登場だ。
THE OUTBACK_f0076731_20100819.jpg
シュパーゲルはドイツの名物だ。
既に時季外れだったが、
レストランが上手く手に入れたと聞き、
菰田さんが抜群のセンスでメインディッシュに替えた。

ソースがとんでもなく美味しい。

「もっといかが」と聞かれたので、
「エクストラ」というと、
ウエイトレスが盛りながら、
「カーロリー・・」と笑って言った。

そう、
このソースのカロリーが食欲を大いに満たす。

美味しかった。

バーでオンザロックを頼み、
夜も更けたので、
スコッチを持ったまま部屋に帰った。

食後の酒の「アテ」がなかった。
だから酒が進まない。
THE OUTBACK_f0076731_20102366.jpg
こんな時に妻の配慮がとてもうれしい。
スーツケースから「あられ」を出した。
THE OUTBACK_f0076731_20103949.jpg
今日の食べ物で、
このあられが一番ホッとした。
これこそアウトバックを運転した時の感覚だ。
THE OUTBACK_f0076731_20110089.jpg
海苔と南京豆のハーモニーが素敵だ。
THE OUTBACK_f0076731_20112543.jpg
翌日のディナーはピステンクラウゼの石焼きステーキだった。
THE OUTBACK_f0076731_20131207.jpg
この店のウリはアルゼンチン牛だ。
特に赤身は柔らかくておいしい。
三種類のソースが用意され、
好みに合わせて添える。
THE OUTBACK_f0076731_20132893.jpg
肉とソースの組み合わせが、
ステーキに奥行きを出す。

そして最後のディナーを迎えた。

その場所はニュルブルクリンクの近くにある小さな民宿で、
レストランの自慢はアイフェル地方の伝統料理だ。
THE OUTBACK_f0076731_15213114.jpg
トレーニングのインストラクターを務めたクリスチャンが、
「この店は良いぞ」と紹介してくれた。
THE OUTBACK_f0076731_20400693.jpg
ドイツのパンはどこでもおいしいが、
この暖かいパンも美味かった。
THE OUTBACK_f0076731_20402028.jpg
すこーし酸味のある柔らかいパンで、
THE OUTBACK_f0076731_20404242.jpg
ハーブの効いた塩味のオリーブソースを付けると、
いくらでも食べられる気がした。
味は全く異なるが、
位置づけは「卵かけご飯」かもしれない。
THE OUTBACK_f0076731_20405581.jpg
もちろんガーリックバターでも美味しい。

ドイツのパンはとにかく美味い。

日本のご飯に海苔のつくだ煮や、
醤油をまぶしたちりめんを組み合わせるように、
パンに様々な食物を加えると、
いくらでも食べられてしまう怖さを感じる。

でもいくらパンがおいしいとはいえ、
食べれば食べるほど、
「明太子と炊き立てのご飯には勝てないな」と思う。

あの組み合わせほど、
ホッとするものは無いからだ。

素敵な料理を楽しんだ。

THE OUTBACK_f0076731_20411875.jpg
生ハムのサラダの次に、
郷土料理のパスタが出てきた。
THE OUTBACK_f0076731_20413203.jpg
材料を聞いたが忘れてしまった。
付け合わせのハーブが、

THE OUTBACK_f0076731_20414399.jpg
まるで日本の刺身に使うツマのようだ。
柔らかい毛が生えていて、
少しチクチクするけれど、
噛むとじゅわっと奥歯の間で砕ける。
感じたことのない美味しさを楽しめた。
THE OUTBACK_f0076731_20420630.jpg
メインディッシュの肉料理。
ドイツでは豚肉料理がとてもおいしい。

肉も美味いがジャガイモがそれ以上にうまい。

付け合わせの三つの芋は、
とてもホクホクして、
さらにネッチリしていた。

甘さと香ばしさが混ざり合っって、
日本でめったに食べられない凄い芋だった。                       
THE OUTBACK_f0076731_20422498.jpg
デザートのラズベリーがとても綺麗だった。
リンゴの瑞々しさにアクセントをつけている。

THE OUTBACK_f0076731_20424689.jpg
チョコレートアイスクリームの味は、
上手く表現できない。
THE OUTBACK_f0076731_20430705.jpg
リンゴと相性の良い柔らかな食感で、
甘さを少なめに抑えた優れた味だった。

アイフェル料理の最後を飾るにふさわしい、
彩鮮やかなデザートだった。
THE OUTBACK_f0076731_20434165.jpg
この民宿なら日本から予約して行ける。
ニュルブルクリンクがますます近い場所になった。

NBRの別名はグリーンヘルだ。
毎年60人が命を落とすといわれている。

170以上のコーナーを持ち、
起伏に富んだ路面と猫の目のように変わる舗装。

魔の誘惑に囚われ、
技量以上の速度を出せば、
いとも簡単にコースを飛び出す。

けれども正しいラインを正確に走れば、
そのクルマの持つ天性の能力を余すところなく発揮できる。

だからガソリンエンジンのアウトバックを試した。
THE OUTBACK_f0076731_20440105.jpg
アウトバックの後席から、
大輔が写真を撮影してくれた。
THE OUTBACK_f0076731_20441873.jpg
ありがとう。
大輔は「アウトバックの実力を見直した」と言った。
猪原さんにも感謝している。
THE OUTBACK_f0076731_20443358.jpg
いつも彼が助手席で動画を撮る。
カメラマンとしてのセンスは、
彼の本業以上に優秀だ。

ダイナミックなアウトバックをよく見てほしい。

ノルドシェライフェは20km以上の長いサーキットだ。

しかも路面は普通の道路と同じで、
アスファルトの荒れた場所もあちこちにある。
全コースの四分の三を過ぎると、
15kmから16kmに差し掛かり、
エッシュバッハと呼ばれるコーナーが現れる。

極めて難しいコーナーだが、
走り方を覚えると楽しい場所になる。

下の動画でギャラリーステージを過ぎた辺りが、
ブリュンフェンと呼ばれる奥行きの深いコーナーだ。
何度走っても難しい場所だ。
9か月前に覚えたはずなのに、
インにつく位置を間違えた。

ここではレイトエイペックス(コーナーの頂点がさらに奥に存在する事)を意識し、
正しいラインを走らないと、
曲がりきれずにコースアウトする。

この時に猪原さんをヒヤッとさせ、
思わず「あっ」と声を上げさせた。

もう少しアウト側で我慢してから、
奥にある頂点をかすめるべきだった。

でもその声に対して、
平然と「大丈夫、大丈夫」と言っている。
それはステアリングではなく、
スロットルをコントロールして曲がったからだ。

左側のエスケープゾーンぎりぎりにクルマを治め、
コース上をそのまま走った。

もしこの瞬間に、
ステアリングで曲がろうとしたなら、
極めて危険な状態になった。

THE OUTBACK_f0076731_20455466.jpg
スバル独自の無段変速機「リニアトロニック」は静かでスムーズな変速が魅力だ。
エネルギーの伝達効率が良いので燃費性能が高まる。
さらにパドルシフトでステップ変速が可能だ。
アクセルワークによってシームレスな変速から、
ステップ変速に切り替わるので、
リニアリティの高いドライブが楽しめる。

ニュルを走って確信した。

最もリニアトロニックと相性が良いのは、
FB25型水平対向エンジンだ。

リニアトロニックと組み合わせた時に、
これほどスポーティになるとは・・・・。
日本の道路で乗っただけなら、
この事実は永久に解らなかったかもしれない。

グリーンヘルは厳しい場所だが、
あえて言えばそのような場所だからこそ、
真実が読み取れた。

もう一度言おう。
リニアトロニックとFB25の組み合わせは、
想像以上にスポーティで、
スバルのベストチョイスに挙げて良い。

このエンジンは、
i:インテリジェント
S:スポーツ
の二つに切り替えが可能だ。
ディフォルトは「S」に設定され、
動力性能重視のセッティングだ。
ステアリングスイッチの右側に選択スイッチがあり、
おとなしめのインテリジェントモードと、
はつらつとしたスポーツモードが選べる。
それを押すだけで燃費や環境を優先するのか、
気持ちの良い加速感を優先するのか瞬時に選べる。

スバルらしい刺激に溢れたドライブも楽しめる。

高速道路を走る時にこの機能を使えば、
アクセル全開に対してクルマの動きが俊敏になり、
本線合流時の安全性も飛躍的に高くなるはずだ。

それを理解したうえで、

動画 を見てほしい。

アウトバックの素晴らしさが良く解ったはずだ。
デューラーはアスファルト路面で少しプアなタイヤだから、
若干スキール音を出しているが、
決して限界まで攻めたわけではない。

その証拠は以前にも見せた。
走った後のタイヤは、
表情が極めて穏やかだった。

THE OUTBACK_f0076731_20462844.jpg
最近のスバルはキーレスアクセス&プッシュスタートシステムや電動パーキングブレーキなど、
初動時における利便性を多くの車種で高めつつある。
かなりの上り坂で発進する場合には、
ヒルヒルホールド機能を働かせれば良い。
パーキングブレーキボタンの左にあるスイッチを押す事で、
制動力をアクセルオンと動時に解除する。

BMWのメーターも視認性が良い。
THE OUTBACK_f0076731_20464203.jpg
これこそドイツ料理の味に似ている。
これまで食べたドイツ料理は、
どれも外れがなく美味かった。

でも蕎麦を食べたときのホッとする感覚は無い。
THE OUTBACK_f0076731_20470154.jpg
このコクピットはまさに日本食の世界だ。

エンジンルームを比較しよう。

THE OUTBACK_f0076731_20472235.jpg
BMWの執念がわかる。

徹底的に重量配分にこだわり、
理詰めの設計で作りこまれている。
カーボン製のブーメランがエンジンベイを補強し、
剛性向上に役立てている。

それに対して、
アウトバックは根本から異なる。
THE OUTBACK_f0076731_20474165.jpg
大らかで、まさに相棒として使い倒すことが前提になっている。

新世代水平対向エンジンFB25は、
高性能な動弁系に加えロングストローク化により、
スポーツエンジンの醍醐味と経済性を見事なまでに両立した。

ニュルブルクリンクを去る時が来た。
THE OUTBACK_f0076731_20475584.jpg
フランクフルトに向けて最後のドライブを楽しむ。

新しいアクティブトルクスプリット式全輪駆動システムは、
VDC(ビークルダイナミクスコントロール)との協調性を高めた。
4輪のブレーキ制御だけで無く4輪駆動のトルク配分やエンジン出力まで統合制御。
さらに先進機能「アクティブ・トルク・ベクタリング」も搭載し旋回中の姿勢を安定させる。

難しい講釈より、
最終コーナーの走りを見れば一目瞭然だろう。
 
スバルに求められる走破性能も盤石だ。
Xモードスイッチを押すと、
険しい山道や深い雪道でのタイヤ空転を可能な限り防ぐ。
それに加え、
かなりの下り坂を一定の車速に維持できるので、
ドライバーはハンドル操作だけに集中できる。

この安全で安心なシステムを持つ事で、
ラフロードだけで無くオフロードにおける可能性も広がった。
THE OUTBACK_f0076731_21304335.jpg
スポーツを象徴するWRXやBRZに比べ、
左右対称に2本出しのエキゾーストパイプあるわけでもないし、
エンジン自体も実用性を優先した地味な存在に思える。

ところが、自動車先進国のドイツで試すと、
それまで持っていたイメージが一気に覆る。

アクセル全開を繰り返すシチュエーションだと、
実に上質な排気音を奏でる。

その音質はまさしく昇華したボクサーサウンドだ。

最新のレガシィ用に磨かれたFB25型水平対向エンジンは、
最高出力、レスポンス、燃費、静粛性の全てが高められただけで無く、
エンジン吸入音までファインチューニングされていた。

走行動画を見ると解るが、
シームレスに続く気持ち良いボクサーサウンドは、
2.5リットルガソリンエンジンだけが持つ美点だ。

THE OUTBACK_f0076731_21293389.jpg
エンジン性能は旧型FB25に比べ僅か2馬力の上昇だ。
ところが実際に限界まで実力を引き出すと、
磨かれた性能差をかなり大きく感じた。

最大出力は旧型より200回転高い5800回転で発生し、
最大トルクの数値は同じでも発生回転数が100回転低くなった。

トルク曲線のカーブが穏やかになったので、
これまでより反応の良さが光る。
燃費性能も旧型の13.6から14.6にアップしている。

数値的な優秀さはさておき、
リアルな燃費性能はどうなのか。
THE OUTBACK_f0076731_17495459.jpg
結局トータルで1000キロ程走った。

その総行程で1リットル当たり10kmの燃費だった。
THE OUTBACK_f0076731_17500622.jpg
ニュルブルクリンク北コースの4周分80kmの距離も含まれる。

これは優れた日本食のように、
ホッとする素敵な性能だ。

だが、
ドイツで美味い本物の肉を食うと、
狂った日本食の姿も見えた。
THE OUTBACK_f0076731_21301476.jpg
帰国して2日目に地元名産の最高級肉を入手した。
自分では買えない高級品だが、
厚意に甘えて拝受した。
THE OUTBACK_f0076731_21341085.jpg
上手く焼けたが、
妻と娘の三人で2枚を食べるのがやっとだった。

いつから脂がある肉が高級になったのだろう。
ファティという言葉がぴったりだ。

日本車もリチウムという美味しい脂を使いすぎると、
狂ったクルマになっていく。

飛騨牛を食べて、
そんな風に感じた。

ハイブリッドはスポーツと呼ぶにふさわしいか。

とてもではない。

上質さを演出することはできるが、
決してスポーティではないと、
最高級の飛騨牛を食べて心の底から思った。

やはりスバルは、
飛騨牛ではなく、
この石焼ステーキのようにあるべきだ。
THE OUTBACK_f0076731_21315021.jpg
地味な存在のスタンダードエンジンだが、
アウトバックに搭載されたFB25は、
スバルがグローバルエンジンと胸を張るだけの事はある。

ドイツの交通事情の中だと、
想像以上にスポーティで楽しく、
とてもエクセレントだった。

帰国した情報を聞きつけ、
真っ先に会いに来てくれた。
THE OUTBACK_f0076731_21330312.jpg
後藤さん、
美味しいお土産をありがとうございました。
THE OUTBACK_f0076731_17411880.jpg
現在静岡に勤務されているので、
あちこちの美味しいものをいつも頂戴している。
この大福餅も美味かった。
THE OUTBACK_f0076731_17413219.jpg
なんと抹茶をクリーム餡に練りこんだ、
静岡の銘菓だ。

お昼時になった。
とうとう我慢しきれなくなった。
THE OUTBACK_f0076731_17421865.jpg
蕎麦に飢えていたので、
後藤さんご夫妻をダシにして、
いつもの店に行った。
食べ始めるとすぐに長い行列ができた。
THE OUTBACK_f0076731_17423483.jpg
この味は気取らず楽しめる。
ホッとする味だ。
THE OUTBACK_f0076731_17424791.jpg
アウトバック2.5i Limitedに通ずると確信した。
THE OUTBACK_f0076731_17430457.jpg
何も付けずワサビを少し添えると、
蕎麦の持つ真の深みを味わえる。

ドイツでは一般路でも時速100kmで走る場所が多い。
ガソリン仕様のアウトバックはこの場面で深みを出す。


THE OUTBACK_f0076731_17433243.jpg
空いた道路を気持ちよく飛ばすと、
やはり実感できた。
現在発売されているどのスバルより、
リニアトロニックとの相性が一番良い。
THE OUTBACK_f0076731_17440126.jpg
朝の光の中を突き進む。
気分は最高だ。

THE OUTBACK_f0076731_17441266.jpg
でも注意しないと取り締まりに会う。
危ない場所では時速70kmに制限されるし、
彼方此方にオービスも仕掛けられている。
実際にフランクフルトへ戻る途中、
追い越していったクルマをオービスの赤い光が見事に捉えた。

THE OUTBACK_f0076731_17442441.jpg
夏の土曜の朝ともなれば、
アウトバーンはいつもと違う顔をのぞかせる。

ドイツの夏は日本のように過酷では無い。
その夏を精一杯楽しむために、
人は南へと移動する。

そのおかげで、
アイサイトの優秀性をアウトバーンで試す事が出来た。
速度無制限で有名な道路だが、
全ての場所で制限速度が無いわけでは無い。
悪条件が重なると大渋滞も起きる。

この日は南へ向かうクルマの中に、
オランダのナンバーが目立った。

バカンスに向かう途中だろう。

多くの車が荷物をカーゴルームに満載し、
ルームミラーが役に立たないほどだ。

どのクルマもドライバー以外、
ぐったりと眠っている。

こんな時こそ「ついていく機能」の出番だ。

スバルの育んだ威力が炸裂する。
THE OUTBACK_f0076731_17444539.jpg
長時間運転していても、
どうしても休めない時がある。

まさにこの状況下で、
ドライバーは休みたくても休めないし、
よほどの緊急事態でなければ、
路肩に停車することも儘ならない。
THE OUTBACK_f0076731_17461773.jpg
こんな時にアイサイトがあれば、
ドライバーの判断を補助し負担を減らす。

このアイサイトは、
日本と同じバージョン3だ。

でもドイツ仕様にアレンジされていた。
プリクラッシュブレーキなど、
基本構造に全く違いは無い。
THE OUTBACK_f0076731_17462818.jpg
でも実際に作動させると微妙に違う。

まずステアリング系に、
アクティブレーンキープや車線逸脱抑制機能を備えていない。
白線を検知して逸脱警報を出すタイミングも適切だ。

これと比べると、
日本仕様の警報が神経質に思える。

また全車速追従機能付オートクルーズ(ACC)は、
THE OUTBACK_f0076731_17435173.jpg
上限が時速180キロまで設定できた。

どんどん渋滞がひどくなった。

THE OUTBACK_f0076731_17450103.jpg
ちなみに欧州仕様はアドバンスドセイフティパッケージは持たない。

あちこちの国から来た、
それぞれ特徴のあるナンバーが並ぶ。

それを見ているだけでも楽しい。
ルノーのツインゴはオランダのナンバーだった。

THE OUTBACK_f0076731_17451220.jpg
特徴のあるテールランプだ。
最近の欧州車も、
相変わらず灯火器が良い。
こうしてみると良く解る。
リヤゲート側のランプもきちんと働き、
意匠も素晴らしい。
THE OUTBACK_f0076731_17452765.jpg
その最先端を走るのがアウディだ。

典型的なバカンスだろう。
ルーフに乗せたラックがよく似合うツーリングワゴンだった。
THE OUTBACK_f0076731_17454113.jpg
奥さんらしき女性が運転し、
助手席で夫が爆睡していた。

プジョーだとリヤビューを見て分かった。
THE OUTBACK_f0076731_17455306.jpg
テールランプはきちんと内側まで点灯している。
ブレーキを踏むと三か所で赤色が際立つ。
明暗がくっきりするし、
ランプがランプの働きをするので納得がいく。

これこそ、
このブログで常々スバルに求め続ける灯火器だ。
THE OUTBACK_f0076731_17460598.jpg
ところが聞く耳を持ってくれない。
THE OUTBACK_f0076731_23131017.jpg
消灯した状態から、
ヘッドライトを点けてテールランプをONにする。

THE OUTBACK_f0076731_23134106.jpg
残念ながら失格だ。
テールゲート側にしっかり光を繋げて、
もっと明確なアイデンティティーを見せるべきだ。
THE OUTBACK_f0076731_23242061.jpg
同じ面積で明暗だけ変わるようでは、
手抜きと言われても仕方がないと思う。

いつまで意地を張るつもりなのか。
THE OUTBACK_f0076731_17463900.jpg
こんなシチュエーションでIモードが役立つ。
THE OUTBACK_f0076731_17465255.jpg
ついていくだけだから、
ガソリン消費を最低限に抑えたい。
THE OUTBACK_f0076731_17470303.jpg
前の車が止まれば、
THE OUTBACK_f0076731_17472142.jpg
追従走行を止め、
EPBが作動する。
THE OUTBACK_f0076731_17473415.jpg
前のクルマが動けば、
案内音とともに「動いたよ」とお知らせが出る。
THE OUTBACK_f0076731_17474519.jpg

視認性抜群の大型マルチインフォメーションディスプレィ付メーターは、
一般的な自光式メーターに比べ色の演出が優れている。
様々な情報を1カ所で集中管理できる良さに加え、
リミテッドにはメーターリングの照明を10色から選べる機能が追加されている。
またアイサイトの作動時には赤く変わり、
マニュアルモード選択時にはオレンジに変わるなど、
色による視認性の向上も加えられた。
乗り込むとアウトバックのアイコンが映し出され、
ストリングスによるウエルカムサウンドがドライバーを迎える。
この辺りは国内仕様と変わらない。
ナビも便利だが、
狂った表示も相変わらず多い。
THE OUTBACK_f0076731_17475793.jpg
工事中を過ぎたのに、
工事現場は目の前だ。
THE OUTBACK_f0076731_17480771.jpg
ドイツの道路工事は極めて論理的だ。
自己責任の発想が基本的に違いすぎる。

無駄な人形や人など居ない。

ぶつかったら人のせいにすることばかり考える、
どこかの国とは大きな違いだ。

THE OUTBACK_f0076731_17484937.jpg
渋滞の終わったアウトバーンを全開で走る。
気持ちの良いボクサーサウンドが室内に染み渡った。


Commented by Yoshi at 2016-07-23 02:12 x
代田社長様

はじめまして
在米16年間をホンダアコード1台で過ごしていますが、2014年のニューヨークモーターショウで出会ったアウトバックが次の購入希望車種と決めています。
ようやく購入資金に目処がつき、ブラウンレザーセレクションの2017年モデルが店頭に並ぶのを待っている最中です。

アウトバックを存分に語れると拝見しましたので、大変楽しみにしています。
Commented by b-faction at 2016-07-23 11:18
Yoshiさん、おはようございます。めちゃくちゃ忙しいので、まだ画像だけですが、気合い入れて充電中です。
お楽しみに。
米国ではアウトバックにブラウンレザーが出るんですか。
それは素晴らしいですね。
Commented by akira at 2016-07-25 00:31 x
M4と対極にあるような非ダウンサイジング、ポート噴射なFB25を最上級車に載せる所がニクイですねぇ。自然な回り方で気持ち良さそうで良い意味で今時貴重ですよね。
ドイツ仕様はオイルクーラーもついてるんですね。初めて写真でみました。
Commented by b-faction at 2016-07-25 07:18
akiraさん、おはようございます。流石にプロは目の付け所が違いますね。これは本気で走ると、とても良いエンジンだと解ります。
Commented by ひょっこり at 2016-07-30 16:32 x
社長こんにちは。

帰国後は大忙しだったようですね、連日暑い日が続いてますから体調には気をつけましょうね。
今回はニュルとグルメツアーがセットになっている様にも見えますね。ビックリしたのはお肉屋さんの写真で、あれには圧倒されましたよ。
大豆をドイツでは栽培出来ない土壌であることは初めて知りました。ボクが仮にドイツに行こうものなら納豆が無くて困るかも(笑)。
そうそう、8月11日にお伺いしてもよろしいでしょうか?
カミさんと娘は里帰りで迎えに行くのです。

Commented by b-faction at 2016-07-30 17:35
ひょっこりさん、こんにちは。
まだ今日も忙しいです(涙)
たまった仕事をようやくキャッチアップしました。次のかわら版を組み立てながらお客様のお相手をしています。
11日はフツーに仕事してますから、遠慮なくお立ち寄りください。お待ちしています。
Commented at 2016-07-31 07:32 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by jazz dias at 2016-07-31 10:18 x
残暑お見舞い申し上げます。
ブレーキランプの点灯方式同感です。増光式でなく、増灯式とするべきだと思います。増光式だと、テールランプとの光量差を大きくしないと視認性が悪くなるため、よりブレーキランプの光量を上げないといけません。昨今、オートマが多数を占め、そのほとんどの車が交差点で停止中は、ブレーキを踏んだままです。そのため前車のブレーキランプがまぶしく感じられることが多いです。加えてブレーキランプの内側にウィンカーが付いている車などは、その点滅状態が確認できないこともあります。増灯式の場合、夜間点灯していないランプがブレーキを踏んだ時に点灯するので、非常に目立ち、視認性が良いと思います。LEDランプの普及により、テールランプとブレーキランプを分離する車も増えてきているようですが、まだまだだなと感じております。社長の発信を端に、こうした有効な検討をメーカーがしていただけるとありがたいですね。
Commented by b-faction at 2016-07-31 18:22
ひょっこりさん、お気遣いなく。お待ちしております。
Commented by b-faction at 2016-07-31 18:24
jazz diasさん、こんにちは。フロントの次はリヤが良くなると期待しています。でも変なところで手を抜くので、今後も灯火器に注目します。
Commented at 2016-08-03 09:22 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by b-faction at 2016-08-04 16:22
アトラスさん、こんにちは。その件は既に現行インプレッサのビッグマイナーチェンジの時に触れました。インプレッサの最上級モデルはレガシィの水温系のところが燃費系に置き換わってます。そしてレガシィの横バーグラフの燃費計を要領よく燃料系に置き換えました。こういうことを続けると「ブランド」が維持できません。灯火器やワイパーのスイッチも猫の目のように変わる昨今です。WRXなどは上下に針を振るので上から下が自然です。レガシィの燃料と水温が振る方向は人間は本能的に目線を左から右に振るので、さほど違和感を感じませんでした。次は公開コメントでかまいません。お気軽にどうぞ。
Commented by fukushi at 2016-08-05 08:31 x
先日のoutback訪問の際は,お世話になりました.ありがとう御座います.
社長の撮影された写真で,欧州仕様アウトバックのエンジンルームの写真がありますが,オイルフィルターの下に見慣れない部品が装着されています.cuscoの水冷オイルクーラーの様にも見えますが,国内仕様の車には装着されておりません.あの車はレンタカーとのことで,ノーマルに近い車と思いますが,欧州仕様車は純正でオイルクーラー付きなのでしょうかね?日本とは走行環境が違うからという配慮なんですかね?
Commented by b-faction at 2016-08-05 09:57
fukushiさん、おはようございます。普通のアウトバックにオイルクーラーが標準装備される理由は、使用環境が異なるからです。あれは国内仕様に装着しても宝の持ち腐れです。新型アウトバックの国内仕様では、本性を確認できませんでした。
やはり世界の舞台で試すと性能の進歩がわかります。
Dクラスで暴れていた内田が、
精魂込めて作っただけの事はありました。
アウトバーンでは常に全開走行を繰り返しますが、めちゃくちゃ楽しかった。そういう走りには必要です。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2016-07-31 20:44 | Comments(14)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31