人気ブログランキング |

S207とGDBを比較しSGPを考察する:前編

正直なところ「動的質感」とは何を指すのか知らない。
あまりに概念が掴み難く、
捉え処が曖昧になる。

ところで、
最近のかき氷には美味いね!

S207の動画も撮れた事だし、
書きたい事を思いつくがままに書かせてもらうとするか。
f0076731_14575480.jpg
暑さに耐えかね「かき氷」を探し回った。

久しぶりだ。
高校生の時、
同級生と「寿がきや」でラーメンやかき氷をよく食べた。
名物のかき氷にはソフトクリームも入っていた。

喰い応えがあり、
冷たさのアンバランスを楽しんだ。

ただし「食的質感」は低かった。
かき氷のキメが粗く、
ちょっと食べただけで、
こめかみが「キーン」と痛くなった。

遥か昔の事になるが、
中津川駅前にはかき氷の店が沢山あった。

背の高い鉄でできた機械に、
製氷所から運ばれた氷のブロックを挟む。

それをくるくる回転させると、
きめの細かいフワフワのかき氷が生まれた。

それに白いシロップと、
レモン、メロン、苺の三色からどれかを選んで甘く味をつけた。

ちょっと贅沢が出来る時は、
ミルクを加えた。

宇治金時という選択もあったが、
「食的質感」は練乳に負けた。

まずふわふわの氷に透明なシロップを掛ける。
その上にもう一度ふわふわの氷を雪が積もるように掛ける。
真冬の山のような姿に整えたら、
まるでマッターホルンのように練乳を掛けた。

当時は缶入りしか売っていなかった。
どこの店でも缶のてっぺんに二つ穴を開けた。

左右対称に開け、
片一方は空気抜きで、
もう一方が注ぎ口だった。

トロトロと掛けて、
練乳の重みで氷が沈み込むと「ハイッ」と手渡された。

もう一滴お願いしますと心の奥で叫びながら、
声には出せない年頃だった。

練乳によって少し氷が解け、
回りの冷たさで再び凍る。
その「食的質感」は夏の大きな楽しみだった。

あのような機械を見なくなった。
電動で削るようになり、
食的質感が下がるにつれ、
かき氷に対する興味も失せた。

さて水曜日の話に戻る。
練乳だけのかき氷が欲しかったけれど、
マンゴーに宇治金時と苺ミルクしか選べなかった。

500円と聞き高いと思ったが、
その価値は十分あった。
ふわふわで舌触りが良い。

f0076731_14584604.jpg
氷が細かいため、
こめかみにキーンと来る辛さがない。

なるべく掘り返さず、
上から綺麗に食べていく方がおいしいと思う。

お店が食べ方をアドバイスすると親切だな。
f0076731_17292444.jpg
昔のかき氷は残り少なくなると、
氷の結晶が大きくなった。
ざらざらして痛いほど冷たく感じるようになる。
ところがこれくらいになっても柔らかくて美味しい。

雪の様に細かく削れるからだろう。
その辺りをもっと胸を張って説明する一手間があると良い。

神戸の斉藤さんに頂いた、
壺入りのお菓子だ。
f0076731_12161193.jpg
ケーニヒスクローネというお店の、
壺に入った「はちみつアルティナ」と言う、
見るからに美味しそうなお菓子だ。
f0076731_12185978.jpg
袋から出して僅かな時間だけ電子レンジに入れる。
ちゃんと食べ方が添えてある。
f0076731_12440893.jpg
書かれていることを守り、
電子レンジに入れた。
f0076731_17373142.jpg
20秒くらいでも良いと思うのだが、
熱くした方が食材的に良いのだろう。

蓋を開けると良い匂いが漂った。
f0076731_12443902.jpg
栗の甘露煮がホクホクして美味しい。
温める手順を加えるだけで、
お菓子の魅力が倍増する。
f0076731_13382850.jpg
斉藤さんのフォレスターのルーフに、
凄く気になる自転車が載っていた。
f0076731_13395612.jpg
イギリスの自転車で、
珍しい形のフレームが目を引いた。
何年もの間、
手塩にかけて愛用されているそうだ。

この自転車にはオーナーの拘りを感じるし、
誰にでも乗れそうな代物でもない。

こういう話、
とっても良いなぁ。

クルマも一手間かけて乗り方を説明すると良い。
そう考えてDEを始めたが、
最近、いろいろなお客様と一緒に乗り、
更に感性が養われてきた。

上伊那の五味さんにGVBを納車した。
手塩にかけたVABを可愛がって下さるだろう。
f0076731_13404276.jpg
綺麗に仕上がったGBVは嬉しそうに、
新しい主と次の住処に旅立った。

f0076731_13412644.jpg
お土産をありがとうございました。
f0076731_13420926.jpg
伊那谷にも思わぬ美味しいお菓子がある。
f0076731_13421947.jpg
「ちいずくっきい」を初めて食べた。
f0076731_13423637.jpg
これにも食べ方が添えてあった。
確かにホロホロ感にあふれていた。
f0076731_13435911.jpg
クルミがあしらわれ見るからに食欲をそそる。
f0076731_13441452.jpg
注意書き通りに袋に戻して味わうと、
喉の奥にチーズ濃い香りが流れていった。
とても美味しいおやつになった。

ありがとうございました。

名古屋の牛尾さんが12か月法定点検にいらっしゃった。
f0076731_13442793.jpg
愛機のインプレッサGC8は相変わらず絶好調だ。
息子さんと一緒に話題のフォレスターをご覧頂いた。
f0076731_13443865.jpg
渋い内装と、
素敵なアースカラーの取り合わせはセンス抜群だ。

未来のスバリストにしっかりと刺さったようだ。
f0076731_13444749.jpg
陣中見舞いをいただいた。
f0076731_13450118.jpg
「尾張ロール」は初めて見る抹茶仕立てのお菓子だった。
このように切ってあると、
社員で分け合うには都合が良い。
f0076731_17305333.jpg
甘いものが苦手なはずの北原課長が、
口いっぱいに頬張りながら事務仕事をこなしていた。(笑)

気の利いたお菓子だ。
MT好きの牛尾さんも味にうるさい。

スバルを長年売りながら、
味わい方を適切にアドバイスできればと思うようになった。

中古車の特徴も文章化するとわかりやすい。

かわら版の中古車に付けたキャプションは、
そんな習慣の中から生まれた。

DEも派生だ。

物凄く運転するのが楽しくなるようなスキルを身に付ければ、
優れたスバル車を所有する喜びが倍増する。

リフレッシュメンテナンスも同じだ。

「新車の様によみがえらせる」というのは簡単だが、
それを見える化するのは難しい。

それをアルバムを作ることで見える化したので、
遠くからお客様に集まっていただけるようになった。


川崎から室田さんがロイヤル車検にいらっしゃった。
f0076731_13451338.jpg
平成26年の秋に、
愛機のリフレッシュを承った。
お目にかかるのは一年半ぶりだ。
お出かけいただきありがとうございました。

愛機はBP5の2.0R spec.Bだ。

リフレッシュメンテナンスを施して、
最良の状態に蘇り、
今度は車検もご用命いただいた。

室田さんのBP5は5速の手動変速だ。

何度も言うようで恐縮だが、
並行リンク式の5速マニュアルMTには、
何とも言えない極上の良さがある。

柔らかくて軽い美味しさだ。
大事に育てている、
とっておきの限定車を紹介しよう。

【車名】
スバル WRX 2003 V-Limited
【型式】
TA-GDA
【主要諸元】
全長×全幅×全高(mm):4415×1740×1425
ホイールベース(mm):2525
トレッド前/後(mm):1485/1480
最低地上高(㎜):140
車両重量(kg):1360
最小回転半径(m):5.4
乗車定員 5名
【エンジン】
EJ20/水平対向4気筒2.0L DOHC16バルブAVCSターボ
内径×行程(mm):92.0×75.0
圧縮比:9.0
最高出力:184kw(250ps)/6000rpm
最大トルク:333N・m(34.0kg・m)/3600rpm
【燃料供給装置】
EGI
【変速機】
5速マニュアル/E-4AT
【燃費】
11.8km/l(ATは11.4km/l) (10・15モード)
【標準装備】
ビスカスLSD付センターデフ式AWD シュアトラック リヤLSD 
倒立式4輪ストラットスポーツサスペンション
【税抜き車両本体価格】
2.590.000円(5MT車 E-4AT車は2.721.000円)
【特別装備】
大型リヤスポイラー RAYS鍛造アルミホイール HIDヘッドランプ フロントスポーティシート

f0076731_15181963.jpg
このWRXの美味しさは、
冒頭に紹介した「苺ミルクのかき氷」みたいだ。

2003年にWRCでドライバーズチャンピオンを獲得した時に発売された特別仕様車だ。
ドライバーはペター・ソルベルグ
コ・ドライバーはフィル・ミルズ
最終戦での逆転勝利は今思い出しても鳥肌が立つほど興奮した。

スバルもその機会を逃さず2つの限定車をリリースした。

ひとつがこのWRX2003 V-Limited
2004年3月までの期間限定車で、
台数限定ではない。

f0076731_15184781.jpg
それをベースにしたレプリカもある。

この秋に開催される22Bオーナーズミーティングに備え、
現在エキシビジョン用に動態保存するために整備している。

WRXとコメットマークの組み合わせが懐かしい。
f0076731_15183595.jpg
偶然とは面白い。
まるで兄弟が呼び合うように集まってきたのだ。


5月25日の事だった。
その日もS207で出かけた。
f0076731_21531198.jpg
S207には魔力がある。
一風変わったスバルを惹きつけるのだ。
このクルマが新車から1000kmを数え、
少しずつ馴染んできた頃の事だ。
f0076731_21534054.jpg
ある場所で「ドキン」とした。
まるで待っているかのように、
WRブルーのGDBが車両置き場に佇んでいた。
f0076731_21552461.jpg
不思議だった。
ナンバーから想定し、
誰がここに連れてきたのか何となくわかった。

しかも、
このSTiはかなり遠くから来ていた。

理屈ではなく、
出会った途端に感じるのだ。

走行距離は凄いが、
それを感じさせない内外装だった。

すなわち前のオーナーが、
どれほど深く愛したかが滲み出ていた。

ただ不思議なことに、
ボンネットとフロントガラスの間にペイント容器が挟まって、
それがだらしなく漏れて固まっていた。
ペイントが固着するなど、
何ともおまぬけな話だが、
それくらい慌ただしく運ばれてきたのだろう。

いわゆる仲買人さんが、
この場所まで連れてきたのだ。

「連れて帰る」と心に決めた。

f0076731_21332145.jpg
そして昴整備工房に入れた。
下回りは融雪剤の影響を激しく受けていた。
f0076731_21423422.jpg
ハイドロフォーミングという凝った作りのサブフレームが、
激しく腐食していた。

この部品は車体の剛性を高めるのではなく、
衝突時の生存空間を作り出す部品だ。

従って強度を出すために装着されているので、
取り外して交換することが可能だ。

GDBの防錆品質はかなり高い。
設計の段階からロバスト性を意識しているので、
このように耐久力のある車になった。

製造時に厳しい品質調査はあっても、
防錆能力は長期に渡って使わないと解らないこともある。

f0076731_21430575.jpg
ブレーキも同じで、
ハブの耐久性は抜群でも、
バックプレートやローターがそこまで防錆能力を有していない。
f0076731_21433644.jpg
従ってボロボロに腐食していた。
f0076731_21440643.jpg
こういうところは交換すればすぐ元に戻る。
ただし誰が外し、
誰がネジをまた締めるのかで結果は大きく変わる。
f0076731_21442070.jpg
腐ったパーツはすべて破棄し、
新品に交換した。
f0076731_21460828.jpg
キャリパーもオーバーホールをしっかりやりさえすれば大丈夫。
f0076731_21462424.jpg
リヤの状態もひどい。
前後とも綺麗に蘇らせる必要がある。
f0076731_21463817.jpg
ディスクブレーキキャリパーを、
正確にオーバーホールすることで、
安心してフルブレーキが踏める性能が確保できる。。
f0076731_21465514.jpg
いくらエンジンにパワーがあっても、
ストッピングパワーがそれを上回らないと危険極まりない。
f0076731_21471228.jpg
こうしてブレーキがまず完璧に蘇った。
f0076731_21472202.jpg
ローターは試験的にサードパーティの供給する部品を使った。
f0076731_21473217.jpg
そして腐食してボロボロのサブフレームを交換した。
f0076731_21474546.jpg
取り外して、
f0076731_21480497.jpg
取り付けボルトを確認した。
f0076731_21482027.jpg
酷い腐り方だ。
f0076731_21483758.jpg
新品に交換し、
一旦機能面の整備を終えた。
保安関係の整備が終わり、
安全に走れる状態になった。

そこで次に色褪せの生じていたエクステリアを改善した。

インテークダクトやリヤスポイラーを外し、
ルーフベンチレーションの蓋もペイントをやり直した。
f0076731_21374543.jpg
そして室内の状態を徹底的に調べた。
分解したインテリアの様子からも、
全く走行距離を感じない。

やはり目に狂いはなかった。
f0076731_21253067.jpg
室内にスチームクリーナーをかけ、
除菌と同時に汚れを浮き出させる。

f0076731_21260022.jpg
シートもきれいに除菌清掃し、
天日干しで乾燥させた。
f0076731_21263155.jpg
リヤシートの座面をひっくり返して、
丁寧にスチームクリーナーを掛けた。
f0076731_21270399.jpg
そうすることで物凄く綺麗になる。
f0076731_21323980.jpg
それから2か月以上が過ぎた。
そこで火曜日から木曜日にかけて300kmほどテストした。

f0076731_14594272.jpg
さあ、まるで「はちみつアルティナ」のような、
このWRXの正体を明かそう。

【車名】
スバル WRX STi 2003 V-Limited
【型式】
GH-GDB
【主要諸元】
全長×全幅×全高(mm):4425×1740×1410
ホイールベース(mm):2525
トレッド前/後(mm):1490/1485
最低地上高(㎜):125
車両重量(kg):1440
最小回転半径(m):5.4
乗車定員 5名
【エンジン】
EJ20/水平対向4気筒2.0L DOHC16バルブAVCSツインスクロールターボ
内径×行程(mm):92.0×75.0
圧縮比:8.0
最高出力:206kw(280ps)/6000rpm
最大トルク:394N・m(40.2kg・m)/4400rpm
【燃料供給装置】
EGI
【変速機】
6速マニュアル
【燃費】
10.4km/l(10・15モード)
【標準装備】
大型リヤスポイラー クロスパフォーマンスロッド フロントストラットタワーバー ブレンボ製ディスクブレーキ
インタークーラーウオータースプレイ
【税抜き車両本体価格】
3.510.000円
【特別装備】
オートモード付ドライバーズコントロールセンターデフ式AWD オリジナルサスペンション 機械式リヤLSD
BBS鍛造アルミホイール HIDヘッドランプ アルミ製シフトノブ ルーフベンチレーター

Toshi Araiがダンパーをセッティングした限定車だが、
それよりもっと面白い秘密を持っている。

まず軽く走らせて状態を確かめた。
すごくクルマのカラダが柔軟で、
走りの質感が高い。

だから思い切って徹底的に改善した。

サブフレーム同様にクロスメンバーも腐食していた。
f0076731_21485257.jpg
クルマの走りに感覚的な影響は無くても、
この状態では気分が悪い。

そこでパワーユニットを支えたまま、
f0076731_21492845.jpg
ごっそり取り外した。



f0076731_21490362.jpg
そしてひっくり返す。
上にあるのが新品で下が外した腐食品だ。
f0076731_21491612.jpg
ここまで徹底的に進めた理由を後編で明確に説明する。

流石に並行してブログアップも限界だ。
今日で無事に夏祭りが終わった。
イベント期間中に来場された皆様に心からお礼申し上げます。
タクシーライドは延べ走行距離で270kmとなった。
f0076731_21484974.jpg
このクルマの完成も近づいたので、
これから夜間走行で性能を確認する。
肉体的な疲れもたまったので明日はのんびり仕事する。

f0076731_21492864.jpg
このクルマでオープンエアモータリングを楽しみ、
T-topの状況を報告したい。

そのブログの後で、
この続編を紹介する。
お楽しみに。

-終わり-


Commented by sige at 2016-08-13 22:25 x
社長様、残暑お見舞い申し上げます。もう2ヶ月前になりますが、6月初旬13万キロ以上走ってくれていたMTのRSKが一時停止無視の車に側突され、左後部ドア付近が大破しました。相手車はそのまま逃げ去り、当方は左後輪が破損していたため追うこともできず、修理費用が70万円以上に上ると聞かされ、今後維持が難しくなることも考え、お盆前に廃車とする決断をいたしました。車は衝突時の衝撃で半回転するような激しいものでありましたが、私と助手席の同乗者にはムチ打ちもなく、全く無傷でした。14年前に購入した際にはパフォーマンスに惹かれて購入した車でしたが、出力だけでない車の奥深さというものを初めて教えてくれた車でした。今までほとんどノートラブルで加速感、足回り等全く衰えることなく走ってくれ、最後には体まで護ってくれました。この車には感謝の言葉しかありません。廃車を決めた時は、ディーラーに置かれていたRSKにワックスをかけ、別れを惜しみました。物を廃棄するのに涙がこみ上げてくるほど悲しいなんて、生まれて初めての経験でした。
問題は後継機なのですが、XVを候補にしていたのですが、あのCVTの出来は、どう考えても満足できないのです。あの反応の悪さは新しいプラットフォームで改善されるのでしょうか、社長様は現在のCVTの出来に本当に満足されているのでしょうか。足回りはポルシェのマカンに匹敵するほど完璧なのに惜しいことです。できれば次回もスバル車に乗りたいのですが、WRXSTIも低速時の揺すられ感が我慢できないレベルです。RSKはダンパーは同じビルシュタインでしたが新車時でも非常にしなやかだったと記憶しています。1万キロ乗れば改善されるのでしょうか。ふつう車の買い替えは心ときめくイベントなのに、今は悩みしかありません。思えばRSKがあまりに完璧な車だったのかも知れません。長文失礼いたしました、暑さの中お身体ご自愛ください。
Commented by b-faction at 2016-08-13 22:30
sigeさん、答えはいたって簡単です。CVTと最も相性が良いのはFB25エンジンです。アウトバックしかないでしょうね。
Commented by 白BP at 2016-08-14 12:51 x
おっ!アレックスモールトンですね?手が出ない・・・

61を超えた自分の最後の連れ合いに悩む日々です。
アウトバック、フォレスター、はたまた最新プラットホームに身を纏った次期モデル。
考えててもキリがないので今年には腹括ります。
今後も参考に覗かせて頂きます。
Commented by b-faction at 2016-08-14 15:03
白BPさん、こんにちは。自転車も奥が深いですね。スバルが本気でプロデュースした「SUBARU XB」も最初で最後の逸品ですね。買っておいてよかったと思いました。一生もののつもりで大事にしてます。
いよいよ決断の時ですか。BPから乗り換えるのならフォレもOBKも良い選択ですね。
Commented by ひょっこり at 2016-08-14 21:31 x
社長こんばんは。
寿がきやが出ましたね(笑)
あのあと、今度は同僚へのお土産で悩んでいました。
「あ、そうだ寿がきやのカップラーメンにしよう」
こちら関東ではまずお目にかかれないのです。
ですが、違うものしました。
カミさんの実家に着く前にファミマへ立ち寄り、連絡をしたら
「え?今、私たち寿がきやでお昼食べてるんだけど」とのこと。ただ、その立ち寄ったファミマの目の前に味仙(ご存知ですか?)があり、偶然にもその味仙のカップラーメンがファミマで売られていたので即決。そのあとカミさん一家に聞くと
「寿がきやのカップラーメンなんてスーパーでも売ってるわ」
とのことで早速近所のスーパーに行ったら、ごくごくフツーに売ってました。

仮に、関東圏に行かれる際のお土産は、寿がきやのカップラーメンが珍重されるかもしれません。お値段も安いし^^v
Commented by b-faction at 2016-08-16 08:21
ひょっこりさん、残念ですが高校時代に行ったきりで40年近く足を踏み入れたことがないのです。眠くなるので。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2016-08-16 21:54 | Comments(6)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30