人気ブログランキング | 話題のタグを見る

手越祐也と最新のXVハイブリッド「STI tS」

先日、マリオの取材に快く応えてくれた。
赤いシャツの男性は中津川市民病院の間渕医師だ。
手越祐也と最新のXVハイブリッド「STI tS」_f0076731_13402372.jpg
速報!
今夜10時にNHKのEテレで
「歌も医療もデリバリーの時代」という番組が放映される。

シンガーソングライターの「さだまさし」と、
ドクターカー医師「間渕則文」のタッグマッチ(笑)。

きっとフォレスターも登場するだろう。
手越祐也と最新のXVハイブリッド「STI tS」_f0076731_13405977.jpg
これは必見だ!

さて東京の話を続けよう。

手越祐也と最新のXVハイブリッド「STI tS」_f0076731_21435064.jpg
ここは深大寺だ。
名前だけは良く知っていた。

そして蕎麦は大好きな食い物だ。
これらの言葉は有名な組み合わせだが、
一度も食べた事が無かった。

東京に居た頃も、
ここにぜひ一度行きたいと思っていたが、
結局一度も訪れることは無かった。

ところが、
ひょんなきっかけから初めて足を踏み入れた。

とあるスバルの重要人物に、
「東京で蕎麦を食べたい」と尋ねたところ、
手越祐也と最新のXVハイブリッド「STI tS」_f0076731_14081652.jpg
「是非大盛りを頼め!
電話は042-*%$-4%$3
場所は調布市深大寺 以上」と指令が来た。

その店は定休日だったので、
その付近を探索した。

門前町があることに少し驚いた。

改めて散策したい素敵な場所だった。

約束の時間までに1時間ほどしかなかったので、
手ごろな店を探して入った。
手越祐也と最新のXVハイブリッド「STI tS」_f0076731_21440244.jpg
この店は懐かしい雰囲気にあふれていた。
門前にある蕎麦屋はお土産屋さんも兼ねた店で、
座敷も含めるとかなり大きなお店だ。
手越祐也と最新のXVハイブリッド「STI tS」_f0076731_21441587.jpg
よく見ると左側のガラス戸の向こうに、
沢山の水槽が見える。
ここの店主は川魚が好きで良く釣りに行くという。
気さくな人だった。
「この間なんか、木曽まで行って、そのついでに、あーどこだっけ、
そうそう中津川、あそこの付知へ行ったよ」と思わぬ地名が出た。

そこから来たというと、
別に驚いた様子もなく、
「俺もあちこち行くからよー」と豪快な店主だ。

世の中、本当にどこでつながっているか解らないものだ。

正直に言うと、
こういう場所でさほど味に期待できないと割り切っていた。
手越祐也と最新のXVハイブリッド「STI tS」_f0076731_21442953.jpg
中津川で言うところの「もり」が、
ここでは深大寺蕎麦だ。
手越祐也と最新のXVハイブリッド「STI tS」_f0076731_21444169.jpg
これが実にうまかった。

「既成概念」の怖さだ。
手越祐也と最新のXVハイブリッド「STI tS」_f0076731_21445352.jpg
汁の味は甘めだが押しが強い。
これはこれで凄く良いじゃないか。


ひょっとしたら、
今度のtSはこの味に似たクルマじゃないかと直感した。

最初は既成概念で、
かなり低く評価した。

その理由は、
何が目的で作ったのか、
見た感じから伝わって来なかった。

「STIから」リリースされた新しいクルマはどんなクルマなのか。

深大寺からさほど離れていない場所にスバルの東京事業所がある。
ここの2階がSTIの本社だ。

平川社長に見せてほしいとお願いしたら、
現在3台あるうちの一台が本社にあると言う事だった。

手越祐也と最新のXVハイブリッド「STI tS」_f0076731_21515119.jpg
そこで本社を訪れた。
営業部の篠田さんが快く迎え入れてくれた。

篠田さんに「今度のtSはわざと手越のように見せてるんでしょう」というと、
「ワハハハハ」と笑い転げんばかりだった。
手越祐也と最新のXVハイブリッド「STI tS」_f0076731_06353661.jpg
このクルマは既存のスバリストを意識していないと感じるようになった。

手越と聞いてぴんと来る人と、
来ない人がいるだろう。

最近、手越が好きで好きでたまらない。
結構な実力があるくせに、
やたらとチャラい。

顔も良く頭の回転も速いうえに鍛えられた体を持つ。
なのにチャラい。

他のジャニーズなら絶対に許されない「アウト」な発言も、
「仕方ない、手越だから」と許されるほどチャラい。

このtSはスバルから移籍した高津さんが開発を担当した。
春のファンミーティング以来、
お目にかかるのは5か月ぶりだ。
手越祐也と最新のXVハイブリッド「STI tS」_f0076731_06354756.jpg
このtSは手越みたいにチャラい!と告げると、
高津さんは最初に嫌な顔をした。

けれど正直な気持ちを伝えたら、
すぐに笑顔に変わった。

さあ、
どんなクルマになったのか。

続きを楽しみにして欲しいが、
その前に見てもらいたい動画がある。
手越祐也と最新のXVハイブリッド「STI tS」_f0076731_22523381.jpg
友人が厚意で「ちょっと乗ってみませんか」とグレイスに乗って来た。
手越祐也と最新のXVハイブリッド「STI tS」_f0076731_22534731.jpg
ホンダも随分トヨタになった。
iMAという効率が良いけど足枷のあるハイブリッドシステムを捨て、
シェフラーにおんぶされて作った新型ハイブリッド。
手越祐也と最新のXVハイブリッド「STI tS」_f0076731_22540497.jpg
電池の搭載される位置は、
何故かほかのホンダと違ってリヤオーバーハングにある。

このクルマに乗ってから、
中津スバルで使用中の初期型XVハイブリッドに乗り、
思わず胸を張りなおした。

この続きは続編で。

それなりのハイブリッド車は、
クルマがどんなふうに動くのかよく見ればわかる。

動画をご覧いただきたい。

集音部に指が掛かっていたのか、
音声が聞き取りにくいことだけご容赦いただきたい。

グレイスの動画


Commented by ごー at 2016-09-03 10:11 x
社長、おはようございます。
私も既成概念って知らず知らずに出てしまいます。でも、何か気に係るところがあるのですね。
チャラい車にトッピング満載、後はどんな味付けか楽しみにします。
Commented by jecht at 2016-09-03 13:40 x
代田社長、こんにちは。
私もこれをSTIの名前で出す必然性を感じません。
レヴォーグSTIスポーツも同じです。社長もおっしゃってましたがSTIスポーツの乗り味こそがレヴォーグ本来の乗り味と思います。標準GT-Sで実現すべきことです。
例えば
GT=コンフォート重視、GT-S=パフォーマンス重視、
STIスポーツ=コンフォート+スポーツの最上級
と今後棲み分けるならわかりますが、現時点ではGT-Sの存在意義が希薄な気がします。
現にレヴォーグ受注の半数がSTIスポーツだそうですね。
大半の人は「STI」だから買ってるんじゃなくて上質な乗り味だというから買っているんだと思います。だから(開発に関わっていても)わざわざSTIの名前を出さんでもよろしい。

今のままじゃSTIのブランドイメージがグチャグチャになる気がします。
Commented by b-faction at 2016-09-03 14:13
> ごーさん
ブログの後半をお楽しみに。
Commented by b-faction at 2016-09-03 14:16
> jechtさん、レヴォーグに関しては、目標の3倍以上売れたという実績が全てです。待たせるお客様も多いので苦労して考えた結果でしょうね。

XVのハイブリッド「tS」には続きがあります。
お楽しみに。
Commented by b-faction at 2016-09-03 16:33
> enasanrokuさん
なるほど、良く解りました。今後ともよろしくお願いします。ロケットストーブを一度作ってみたいです。
Commented by アイスブルー at 2016-09-03 23:41 x
ブログをよく拝見させていただいています。
12年乗ったGG3のMTからGP3のCVTに明日乗り換えます。

新しい相棒の兄弟車であるXVにSTIのエッセンスを加えるとどうなるのか気になります。
これから少しずつ手を入れていく参考に続報を期待させていただきます。
Commented by 山本 at 2016-09-04 00:55 x
間渕医師の志と行動をしっかりスポットした、見応えある番組でしたね。
車の描かれ方もよかった。
次はフォレスターかなと、ウズウズ
Commented by b-faction at 2016-09-04 14:58
> アイスブルーさん
納車おめでとうございます。感想はいかがですか。滑らかで柔らかな気持ちよいクルマでしょう。
Commented by b-faction at 2016-09-04 15:05
> 山本さん
間渕さん、普段と全然変わらない自然体でしたね。
Commented by クローバー at 2016-09-04 18:08 x
何時もブログ楽しく拝見してます。グレースは取り回しが良くて、街乗りには良い車だと思いました。唯一カックンブレーキは頂けませんでしたが・・・
結局インプレッサスポーツを購入しました。安心と愉しさならスバルで価格と実用性ならホンダの様に感じます。
Commented by b-faction at 2016-09-04 20:45
> クローバーさん
おっしゃる通りですね。リチウム電池なので高出力モーターが搭載できたのかもしれませんが、4WD車で比較すると250万円のインプレッサスポーツの方が割安に思えます。
Commented at 2016-09-07 06:06
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by b-faction at 2016-09-08 14:08
> enasanrokuさん
良い番組でしたね。ロケットストーブの件、ありがとうございます。ぜひよろしくお願いします。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2016-09-03 23:09 | Comments(13)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction