人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ホンダグレイスとXVハイブリッドtS

コンセプトカーは、
かなり「エグイ」クルマだった。
ホンダグレイスとXVハイブリッドtS_f0076731_18222720.jpg
それが徐々に良くなって、
遂に販売にこぎつけた。

tSというより、
tegoShiの方が味がある。

だんだん「tS」という名に魅力が無くなってきたが、
最後になって最高のネーミングになった。

ピッタリじゃないか。
これからは未来の愛機をtegoShiと呼ぶ。

まずなぜSTIがハイブリッド車にこだわったのかを考えてみたい。
動画を見た人ならご承知の通りだが、
先日からレヴォーグSTI SPORTは「富士重工」が作りたかったSTIだと強調している。

それに対してtSはSTI自らが作りたくて手がけている。

そこが今一つ理解できていなかったので、
平川さんに直接聞いてみた。
最初に聞いたことは「ハイブリッドをなぜ選んだのか」と言う事だった。

これからの電動化技術の傾向を考えた時、
ハイブリッドでSTIから新しい提案を出すべきだと思った。

その答えは抽象的だが、
平川さんの次の答えで思いが共通だと認識した。
ホンダグレイスとXVハイブリッドtS_f0076731_17244621.jpg
「あの小さい車体で6気筒エンジンの良さが出せるんですよ」
激しく同意できる。
まさにXVハイブリッドがデビュー以来、
このブログで伝え続けてきたことだ。

お得意様のXVハイブリッドが車検に来るようになった。
このクルマは鈴木さんの愛車で、
アウトバックからの乗り換えだ。
ホンダグレイスとXVハイブリッドtS_f0076731_17253733.jpg
最上級のロイヤル車検コースを希望された。
受けを担当させていただいた時に、
「とにかく本当にこのクルマが気に入ってるんですよ」と仰った。

ホンダグレイスとXVハイブリッドtS_f0076731_17255810.jpg
ブルーのレンズがアイコンだ。
XVハイブリッドは大成功をおさめた。
3年間の間に大きなトラブルや、
基幹部分におけるリコールなど一切なかった。

走り味も良く昨年の改良でモーター走行の領域が増えた。
鈴木さんの愛機は5万キロを超え絶好調だ。

ホンダグレイスとXVハイブリッドtS_f0076731_17262016.jpg
12Vのバッテリー系統にも何ら問題は無く、
2個あるバッテリーの意味合いが3年たって良く解った。

実に運用コストの低いクルマだ。

それに対してホンダはどんなクルマを作ったのか。

ホンダグレイスとXVハイブリッドtS_f0076731_17311934.jpg
新しいシステムはリチウムイオン電池を使う。
【車名】
ホンダ グレイス ハイブリッド EX FF
【型式】
DAA-GM4
【主要諸元】
全長×全幅×全高(mm):4440×1695×1475
ホイールベース(mm):2600
トレッド前/後(mm):1475/1465
最低地上高(㎜):135
車両重量(kg):1200
最小回転半径(m):5.1
乗車定員 5名
【エンジン】
LEB/水冷直列4気筒横置1.5L DOHC16バルブAVCSアトキンソサイクル
内径×行程(mm):73.0×89.4
圧縮比:13.5
最高出力:81kw(110ps)/6000rpm
最大トルク:134N・m(13.7kg・m)/5000rpm
【燃料供給装置】
電子制御燃料噴射式 PGM-F1
【変速機】
7速デュアルクラッチトランスミッション
【モーター】
H1・交流同期電動機
最高出力 22kW(29.5ps)/1313-2000rpm
最大トルク 160N・m(16.3kgf・m)/0-1313rpm
【動力用主電池】
リチウムイオン電池
個数:48
接続方式:直列
容量(Ah):不明
【燃費】
13.2km/l (JC08モード)
【標準装備】
マルチインフォメーションディスプレイ スマートキーシステム シャークフィンアンテナ プラズマクラスター技術搭載フルオートエアコン
16インチアルミホイール フォグランプ シティブレーキアクティブシステム 前席用i-サイドエアバッグ+カーテンエアバッグシステム
【税抜き車両本体価格】
2.057.407円 外装色:クリスタルブラック・パール

ホンダグレイスとXVハイブリッドtS_f0076731_17281237.jpg
ドアノブにボタンを付けるというやり方は実に古い。
トヨタはすっかり理想の形態に向上させている。
ホンダグレイスとXVハイブリッドtS_f0076731_17282857.jpg
ワクワクしながらドアを開けた。
ホンダグレイスとXVハイブリッドtS_f0076731_17284827.jpg
なぜスバルに把手ではだめかという理由が、
この画像から解るはずだ。

最新のインプレッサも把手だし、
レガシィも把手から抜け出せない。

このケチ臭い軽自動車並みの設計を、
スバルは何度言ってもやめない。
動的質感に沿ったドアグリップを付けるべきだった。
ホンダグレイスとXVハイブリッドtS_f0076731_17290579.jpg
ツインクラッチシステムと、
モーターをローギヤと一体化させて搭載した。

随分難解なシステムだが、
ドイツの会社に丸投げするしかなかったところに技術的な遅れがあった。

スバルもシェフラーに随分よく似たデザインステディを作られたが、
スバルのハイブリッドは低重心で重量配分が良いから、
グレイスのような不安定なスナッチを感じさせない。
ホンダグレイスとXVハイブリッドtS_f0076731_17291642.jpg
動画を見ればわかったはずだ。

マルチインフォメーションディスプレイを持つので、
タコメーターは装備しない。
ホンダグレイスとXVハイブリッドtS_f0076731_17293067.jpg
大衆車だから当然だが、
最新のBRZと比べたら、
画面の質感が非常に劣り安っぽい。
ホンダグレイスとXVハイブリッドtS_f0076731_17294460.jpg
エネルギーフローが表示され、
ホンダグレイスとXVハイブリッドtS_f0076731_17295814.jpg
モーター走行領域が増えたはずだが、
ニッケル水素電池のXVハイブリッドより、
モーター走行が不得手だ。

なぜか理由がわからないのだが、
長い上り坂を加速中に、
ヒューンとトルクダウンする。

何か閾値に問題があるのか、
アシストの奇妙な限界がいきなり体感できる。

電池の容量は余裕があったのに。
ホンダグレイスとXVハイブリッドtS_f0076731_17301077.jpg
テストの前にトリップメーターをリセットした。
ホンダグレイスとXVハイブリッドtS_f0076731_17302552.jpg
レディモードなのでSボタンを押した。
ホンダグレイスとXVハイブリッドtS_f0076731_17303980.jpg
インパネの左下に「S」と表示された。
ホンダグレイスとXVハイブリッドtS_f0076731_17305196.jpg
動画の程度の走りだが、
燃費はこんなもんだ。

クルマらしく扱うと、
決して燃費は良くない。

でも気持ちよく走る。
XVハイブリッドは4WDで重量も重い。
ホンダグレイスとXVハイブリッドtS_f0076731_17310310.jpg
ところがタメに走ると、
双方が同じような燃費になる。

グレイスの素晴らしいところは軽量化が進んだことだ。
ホンダグレイスとXVハイブリッドtS_f0076731_17313107.jpg
1.2トンの車体重量は素晴らしいし、
電動アシストで高級車の雰囲気を醸し出す。

けれども決して安いクルマでは無い。
ホンダグレイスとXVハイブリッドtS_f0076731_17314549.jpg
ところがリヤドアの内貼りは二世代前のインプレッサのようにチープだ。

こういう理由から、
スバルXVハイブリッドに改めて敬意を表した。


さて、話題をtegoShiに戻す。
次に「どうしてインプレッサSPORTをベースにしなかったのですか」と聞いてみた。
「モデルチェンジでベース車が無くなったからではないですか」と勘ぐると、
「それは絶対に違います」とおっしゃった。

「もしやりたいのなら去年でも出しました」と明確に答えられた。

そりゃあそうだ。
インプレッサスポーツハイブリッドそのものが、
WRXSTIのジオメトリーを取り入れている。

だから、
やる気になれば作れたという言葉に嘘は無い。

ホンダグレイスとXVハイブリッドtS_f0076731_17341031.jpg

新色のピュアホワイトパールとの整合性も悪かった。
蛍光カラーのオレンジだったのでラメの多いホワイトとハレーションを起こしていた。

しかしそれらの理由が理解できた今、
XVハイブリッドtSに俄然興味がわいた。

ホンダグレイスとXVハイブリッドtS_f0076731_06393907.jpg

まず「どうしてSPORTをベースにしないのか」、
その理由を勘ぐった。

新色のピュアホワイトパールとの整合性も悪かった。
蛍光カラーのオレンジだったのでラメの多いホワイトとハレーションを起こしていた。

しかしそれらの理由が理解できた今、
XVハイブリッドtSに俄然興味がわいた。

ああ、
また時間切れだ。

まだまだ先があるが、
出張から戻ったらこの続きを書く。
出張の間は、
他の話題で楽しんでほしい。

最後にtegoShiは大きく分けて二種類だ。
ルーフレール付きと無しが選べる。

ASP付きかそうでないかも選べる。

まず色が決まった。
tegoShiにイモリの魅力を感じた。

その理由は子供の頃にさかのぼる。
なのであとから説明しよう。

物凄くほしくなったので、
その場で注文してしまった。
出荷が楽しみだ。

座った瞬間にブラックがひらめいた。
黒でルーフレール無し。
かなりイモリなtegoShiになるはずだ。

イモリはヤモリと混同されるが、
爬虫類ではなくカエルのような両生類だ。

ASPも必要ない。
なぜならヘッドライトが未完成で、
フォレスターに乗った後だと、
邪魔な存在にしか思えない。

308万円のベース車で十分だ。

ちなみに受注傾向を色で分析してみた。
現在おおよそ67%がパールホワイトで、
ブラックが26%になっている。
ハイパーブルーは7%だが色そのものは面白いので、
オレンジと掛け合わせないセンスが具現化できると爆発的に売れるだろう。

良い例がアウトバックに現れている。
イエローグリーの内装なら最高だ。

さて出発だ。

行ってきます。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2016-09-06 18:32 | Comments(0)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31