人気ブログランキング | 話題のタグを見る

それなりの「吊し」商品と執念の「tS」完結編

tSに乗りたい人も多いだろう。
内容も期待して欲しい。
まだ情報解禁にならないのでもう少し待って欲しい。

東京は蒸し暑かった。
この大都市が都知事選後揺れている。
それなりの「吊し」商品と執念の「tS」完結編_f0076731_16283964.jpg
「それなり」の仕事が暴かれ、
血税が宙に浮いた。

誰が責任を取るのか見物だ。
注目しようじゃ無いか。
そもそも都民だって呑気なもんだった。

あそこで採れる牡蠣を平気で食べていた。
知らずにもらって食べちゃった人だって居るはずだ。
ひょっとすると、
居酒屋で出されていたかもしれない。

このブログは
まだ立ち上げたばかり頃に、
お台場で見た事を書いた。


「tegoShi」のダンパーを語る前に、
強烈に忙しかった今週前半を振り返る。
今月の半ばにさしかかると、
自分が今どこに居るのか、
瞬間的に解らなくなる時があった。

そんなわけで、
せっかく来て頂いたのに掃除に夢中で失礼しました。

作業服姿で申し訳ありません。
それなりの「吊し」商品と執念の「tS」完結編_f0076731_16153661.jpg
埼玉県の久喜市から小倉さんがいらっしゃった。
それなりの「吊し」商品と執念の「tS」完結編_f0076731_16043776.jpg
お心遣いありがとうございました。
それなりの「吊し」商品と執念の「tS」完結編_f0076731_16284990.jpg
かんぴょうを素材にした珍しいお菓子だった。
それなりの「吊し」商品と執念の「tS」完結編_f0076731_16285987.jpg
リンゴとのコンビネーションがとても良かった。
社員みんなで美味しくいただきました。


「岐阜本社へ出頭せい!」と指令が飛び、
慌てて駆けつけた。

和田社長、
20分以上遅刻して申し訳ありませんでした。
それなりの「吊し」商品と執念の「tS」完結編_f0076731_16291482.jpg
お土産をいただいた。
開けると浦島太郎になるような気がした。
それなりの「吊し」商品と執念の「tS」完結編_f0076731_16292871.jpg
おっかなびっくり裏を見ると、
何と岐阜スバル純正ではないか。
いよいよ岐阜スバルもお土産販売を始めたようだ。
それなりの「吊し」商品と執念の「tS」完結編_f0076731_16293929.jpg
食べ物を売るなんて、
なかなかやるじゃ無いか。

中津スバルの、
遥か上を行く商品開発だ。
それなりの「吊し」商品と執念の「tS」完結編_f0076731_16295232.jpg
これは凄い。
ビッシリと「どら焼き」が詰まっている。
それなりの「吊し」商品と執念の「tS」完結編_f0076731_16301358.jpg
ドラえもんが喜びそうな、
立派なお土産だが、
少々詰めが甘い。

どこにも切り口が無い。
両手でちぎれるほど引っ張っても封が切れないので、
それなりの「吊し」商品と執念の「tS」完結編_f0076731_16302854.jpg
ハサミを取り出した。
それなりの「吊し」商品と執念の「tS」完結編_f0076731_16305056.jpg
しっとりと手になじむ美味しそうなどら焼きだ。
何しろ純正品だから、
味の方も「それなり」に美味しかった。

先日乗ったグレイスを思い出した。
トルクもあって甘い走りだが、
それなりの性能しか無かった。

「詰めの甘さ」と「手抜き」の違いは何だろうか。

ここは実に難しいところだ。
同じような事なんだけど、
前者には可愛げがある。

後者には悪意を感じる。

インプレッサのヘッドライトは遂にSRH化されて、
実に素晴らしい性能になった。


それなりの「吊し」商品と執念の「tS」完結編_f0076731_16310401.jpg

フォレスターのSRHを体験すると、
それ以外に装着されるアドバンスドセイフティパッケージが邪魔に思える。

tegoShiに付けなかったのも、
そんな理由からだ。

今後まだまだ改良を重ねるだろう。

最初のチャレンジだったから「詰めの甘さ」もあった。
6MTが発売延期となったのがその例だろう。

ところが「手抜き」は少し違う。
それなりの「吊し」商品と執念の「tS」完結編_f0076731_16311548.jpg
見ただけで解るだろうが、
少し注釈を付けると、
レヴォーグと同じなのが気に入らない。
それなりの「吊し」商品と執念の「tS」完結編_f0076731_16312376.jpg
ライトオンにした途端、
左右のランプに「惜しいなぁ」と思った。
それなりの「吊し」商品と執念の「tS」完結編_f0076731_16313170.jpg
こうしてブレーキを踏むとなおさら良く分かる。
今年の夏、
ドイツに行った時、
オペルに良く似たワゴンがあった。
だが、
夜に見ると放つ光はもう少し洒落ていた。

もっと上品に、
繫がった細くて強い光を出し、
リヤゲート側までラインを光らせる必要がある。

これは開発者では無く、
もっと違うところに問題がある。

やれる事をやらせていない。

その証拠がこのブログにある。

でも価格を考えたり、
色々な用件から「割り切り」が必要になる。

だから「吊し」の商品には、
「それなり」のモノが多い。

東京の仕事も結構「それなり」だ。
同じ所を掘ったり埋めたりご苦労だが、
作っている人達は「計画的だ」と言うに違いない。
それなりの「吊し」商品と執念の「tS」完結編_f0076731_16314116.jpg
俯瞰すると何をどうしているのか良く分かる。
何年間に渡って蓄積した写真を、
一度並べてみるのも面白い。
それなりの「吊し」商品と執念の「tS」完結編_f0076731_16315365.jpg
「それなり」の街で、
「それなり」のオリンピックになるのだろう。

おっと、
それでは困る。

世界から日本は期待されている。

「それなり」の仕事で、
「それなり」のオリンピックにしては絶対にいけない。

「それなり」の商売を、
真似する事が大好きな連中が、
大勢集まる会議に参加した。

新型インプレッサのテールランプを見た直後だったので、
少し機嫌が悪かった。

とある北陸の車屋が、
顧客を舐めたチラシを作った。

「手抜き」を直感したので、
強く叱責した。
詰めが甘いのでは無く、
社長が手抜きすると仕事の良否だけで無く店の方針まで腐る。

そんな方針を作るヤツも能無しだが、
その連中から金を取って指導する奴らもお粗末だ。
それなりの「吊し」商品と執念の「tS」完結編_f0076731_16320555.jpg
せっかくの今半の弁当が、
何とも切ない。

この品の選び方も「詰めが甘い」。
それなりの「吊し」商品と執念の「tS」完結編_f0076731_16321705.jpg
揚げ物を入れないというポリシーを忘れ、
安易に肉に走った弁当だ。

まずくは無いが、
節操のかけらも無い。
手抜きとは言わないが、
選んだ人間の「詰め」が甘いな。

東京出張の相棒は今回もS207だった。
岐阜まで往復した後、
会社でダイレクトメール発送の準備をして、
そのまま東京へ向かった。

都内の移動も昔に比べ楽になったが、
たまには忍耐を強いられる。
それなりの「吊し」商品と執念の「tS」完結編_f0076731_16323060.jpg
丸で囲った部分は積算距離計だ。
遂に5000kmを超えた。

クルマの調子がかなり変わった。
1万キロまで4000㎞少しに迫った。

ここでちょっと実験だ。
渋滞が始まった瞬間にトリップメーターをリセットした。

以前より車体が柔軟に感じてエンジントルクも増えた気がする。

もっとも、
最近ではシェルのVパワー以外の燃料を飲ませないようにしている。

デリケートなエンジンには見事に差が出る。
それなりの「吊し」商品と執念の「tS」完結編_f0076731_16324473.jpg
渋滞の首都高速や、
東京都内あちこちを走って、
26㎞少し走ったときの燃費が知りたかった。
それなりの「吊し」商品と執念の「tS」完結編_f0076731_16325649.jpg
328馬力のコンプリートカーとして、
十分納得できる数値だと思う。

この写真は地下駐車場から車を出し、
それなりの「吊し」商品と執念の「tS」完結編_f0076731_16330918.jpg
信号が続いて前に進めなくなった時に撮影した。
その直前まではリッターあたり9㎞を割っていなかった。

「S」シリーズはエンジンのバランスを取り、
可能な限りワークスチュンを施した、
MT専用設計のクルマを指す。

勿論サスやダンパーも特別製だ。

STIは数年前に「tS」をコンプリートカーの主軸に置こうと、
少しゲスな企みをした。

その姿勢に反感を持ち、
一部を除いて一切取り上げてこなかった。

ところが「tegoShi」から明らかに思想そのものが変わった。

だから応援する事にした。

なぜならそれを「反逆の狼煙」と感じたからだ。

tegoShiの続報は次に詳しく述べる。

この部で執念の「tS」と定義づけて、
今後のtSを占いたい。

スバルが大成功した理由は、
安全性能の具体的な数値化だと思う。

これは何度もここで展開した持論だ。
中津スバルもクルマの安全性能が、
最も重要な開発用件の一つだと思っている。

だがそれは「その中の一つ」に過ぎない。

当たり前の事を当たり前だと思わずに、
執念でここまで登り詰めたスバルは凄い。

けれども、
それ以外の「走りの性能」はスバルが究極的に求め続ければならない「掟」だ。

それを忘れたスバルは「呑み込まれる」に違いない。

呑み込まれないためにどうするのか。

簡単だ。

STIに凄いクルマを造り続けさせれば良い。
だが難しかった。

世界的な需要の増加で、
いくら造ってもクルマが足りない。

スバルは生産効率を高めないと目前のハードルが飛び越えられない。

だから必死なのだ。

STIのベースになるクルマがドンドン減っていく。

こういう時に発想の転換出来る所に、
スバルの魅力がある。

スバルに居たままで「STI」を造ろうと企てた。
すると待っている人がとても多い事が解った。

ならば期待に応えたい、
と思ったのが、
スバルでは無くて平川社長率いる新生STIだった所が実に面白い。

下手な料理だった「tS」を起死回生の商品企画で蘇らせた。

それを見て「敷居」を上げて、
「間口」を広げる戦略と見た。

造る側の思い込みとも言える台数限定を取り払った。
「限定」という言葉に弱い人をくすぐる商法では無く、
横綱相撲を取ろうとしている。

tSから台数限定を取ると何が残るか。
それは「実力」だ。

S207に乗りたくても乗れない。
決して価格では無く、
イージードライブに慣れ親しんだ人をどうするのか。

そういう人に、
全く「S」と同じモノを渡す方法として「tS」を焼き直し押した。

これなら良く分かる。

たとえばSTIに対して800万円するクルマを出して欲しい、
とお願いしているが、

これまでなら、
もし出しても後が続かなかった。

22Bが良い例だろう。

それなりの「吊し」商品と執念の「tS」完結編_f0076731_16345536.jpg
会社に戻ると22Bオーナーから陣中見舞いが届いた。
まだお目に掛かった事は無いが、
このブログを愛読して頂いてるという。

栃木県にお住まいの辰巳さんだ。


tSを上手く使えば、
今後のSTIは更に面白くなるだろう。

あくまでも私見だ。

STIの平川社長にも、
スバルの吉永社長にも、
来年の100周年に向けてもの凄いクルマを造りましょうと伝えてある。

スバルマガジンもその考えに同意するはずだ。

限定車で22Bの様なクルマを国内専用に造ってしまうのだ。
価格は800万円オーバーになるのもやむをえない。

これまでならスバルが反対して二の足を踏むところだが、
今のSTIは少し違う。

その反撃の狼煙がtSなのだ。

もし究極の「S」を換えない人達でも、
もしそれでtSを造ればどうなるのか。

STIそのものが、まったく同じ外観で「tS」を台数限定せず造るならば、
反対する理由はもう無い。

それに800万オーバーのSが、
たとえ一日で売り切れないとしても、
全く心配していない。

なぜか。

この究極の「S」計画を、
「Z計画」と名付けた。

欲しい人は外国に腐るほど居るだろう。

終わり


Commented at 2016-09-15 21:31 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by なっちー at 2016-09-16 10:34 x
XV購入はリアランプのデザインで決めたようなものでした。
Commented by b-faction at 2016-09-16 16:11
> 小倉さん、
コメントありがとうございます。中津川の食文化を堪能していただけて良かったです。次にはレヴォーグでお目にかかれそうですね(笑)
Commented by b-faction at 2016-09-16 16:12
> なっちーさん
今になっても全く古臭くないですね。高速道路で遠くから見て凄くかっこいいんですよね。
Commented by GVB55 at 2016-09-17 19:09 x
新しいインプレッサは「手抜き」の部分が本当に惜しく感じます。
全部光れば良いのにな、と思ってしまいました。
ですが、シートやインパネの質感は良さそうですね。
走りも期待しています。
Commented by at 2016-09-17 19:55 x
800万のコンプリートカー、出してほしいですよね。
といっても私には購入できそうにないです笑笑
ですが、次のSシリーズ、シートを乗り降りしやすいように腿部のサイドサポートを低く、または可動式になれば購入を検討したいです。
Commented by b-faction at 2016-09-17 20:07
> GVB55さん
ステアリングリモコンが全車標準装備なんです。凄いでしょ。良く分析してプライオリティを決めてます。「下克上」は本当ですね。
Commented by b-faction at 2016-09-17 20:52
> まさん
これからのSTI期待できますよ。
Commented by sige at 2016-09-18 01:07 x
最後の件は、日本のお客さん向けに作ったSを、乗る気もない人が買占め、海外に高値で転売することを勧めているようにも読めます。今でも国内の本当に欲しい人に行き渡らない状況なのに、困ったことです。
Commented by b-faction at 2016-09-18 07:31
> sigeさん
スバルはそこまで馬鹿じゃありません。
Commented by タモ at 2016-09-18 20:43 x
800萬で出すなら6発じゃないと
アウトバーンでポルシェと互角に飛ばしているシーンを見てみたい
Commented by 通りすがりのオジン at 2016-09-19 08:30 x
今週、中津スバルさんに現れるインプレッサは、クォーツブルーのでしょうか?ならば是非見てみたい!
Commented by b-faction at 2016-09-19 10:05
> タモさん
その通りですね。
Commented by b-faction at 2016-09-19 10:08
> 通りすがりのオジンさん
まだ良く分かりませんがシルバーじゃ無いのかな。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2016-09-16 21:58 | Comments(14)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31