人気ブログランキング | 話題のタグを見る

最新型インプレッサの剛性を語る

愛媛県松山市にお住いの澤田さんから、

最新型インプレッサの剛性を語る_f0076731_19583161.jpg
凄く美味しい「丸干し」が届いた。
最新型インプレッサの剛性を語る_f0076731_19584169.jpg
包みを開いた時から感じたが、
凄く脂がのって美味しそうだった。

知らないだけで、
最新型インプレッサの剛性を語る_f0076731_07200951.jpg
世の中には本当においしいものがある。
何と表現して良いのやら・・・・・。
最新型インプレッサの剛性を語る_f0076731_07202139.jpg
絶句するほど美味かった。

桑名のまき子さんに戴いたワインも美味しかった。
日本食と相性がとても良かった。
最新型インプレッサの剛性を語る_f0076731_07203490.jpg
本当に薄濁りの残る美味しい白ワインだった。
最近ワインばかり飲んでいる。
でも、
こんなの飲んだ事が無い。

なので、
ちょっと衝撃的な味だった。

美味しいモノを丁寧に作る規準が確実に他と異なる。

新型インプレッサに触れると、
これらの食べ物と相通じる何かを感じる。

少しずつ秘密を解き明かそう。
最新型インプレッサの剛性を語る_f0076731_13482014.jpg
スバルグローバルプラットフォーム(SGP)を導入するに当たり、
恐らくスバルは「見える化」に苦しんだはずだ。

どんなに数値で表現しても、
体感する性能を一発で見える化することは難しい。

昔は「買わないお客が悪いんだ」と言っていたくらい、
スバルはプライドが高かった。

下手と言った方が良いが、
それでは失礼に当たる。

世界に先駆けた、
凄いクルマ作りを成し遂げても、
伝えることがスマートでは無く、
顧客の大きな支持を得られなかった。

一部のクルマ好きには喝采を浴び、
スバリストと言われる人々を引き寄せたが、
大衆の支持を受けるには至らなかった。
最新型インプレッサの剛性を語る_f0076731_20335978.jpg
メーカーが苦労して販売戦略を立て、
売れる方法を死にものぐるいで考えているのに、
売る立場の我々が安穏としていてはいけない。

販売課の二人には毎日資料を勉強してもらい、
インプレッサの大きく変わった部分や、
気に入ったところを箇条書きにして報告するようお願いしてある。

上のレポートを見ると、
+100%とか90%など、
間違いじゃ無いかと思うような数字が現れている。

事実インプレッサのボディ剛性は大幅に向上した。
最新型インプレッサの剛性を語る_f0076731_20342196.jpg
従来型に比べフロント車体横曲げ剛性が90%も増加した。
フロントサスに補強材を追加したためだが、
そんなに単純な内容では無い。

車体ねじり剛性も従来型に比べ70%も増加。
フレームワークを一新し、
ボディ全体の剛性を高めたからだ。

この辺りの剛性向上は他のメーカーのモデルチェンジで進められる改良と、
段違いの内容だ。
そのあたりの説明をSKCのセンター長でもある藤貫部長はこんな風に回想した。
開発中に上司から、
「おまえらレーシングカーのフレームでも作るつもりか」と言われましたよ、と。

更に続けよう。
フロントサスペンションの剛性も従来型に比べ70%増加した。
クロスメンバーの構造を見直し、
軽量かつ高剛性なアルミ製ハウジングを採用した結果だ。

そしてリヤのサブフレームの剛性を従来型に比べ100%も向上させた。
サブフレームの構造を大幅に設計し直し、
こちらもアルミ製のハウジングに改めた。

これまで我慢していた事を一気に爆発させたと思えるほど、
新しいインプレッサは何から何まで新しくなった。

車体の重量は変わらないが、
重量当たり剛性が過去最高の数値になったと胸を張る理由がここにある。

剛性を高め軽量化し余裕の出来たところで、
ホットプレス加工材をこれまで以上に投入し、
車体強度も大きく高め衝突安全性を更に高いレベルに引き上げた。

こうした事実関係から、
勝手に「世界一安全なクルマ」と称したが、
あながち外れてい無いはずだ。

なぜならば、
日本を含め各国の客観的な評価を受け、
満を持してPRに使うようになれるまで温存せねばなら無い。

だからCM等で聞こえてこない。

だが勝手に推測することは自由だ。

歩行者保護エアバッグを標準装備したことも重要なポイントだろう。

トヨタだとかなり難しい。
あれほど多く売る以上、
相当な覚悟をしないと踏み切れないはずだ。

歩行者エアバッグはフロントバンパーの中にあるリーンホースメントの前に納められた、
圧力チューブセンサーの変形率から割り出して作動する。

パイロンやボール程度の衝突では作動しないが、
ヒトは勿論イヌの衝突でも反応するし、
道路標識にぶつかっても開く。

しかし万が一人をはねた時、
歩行者の安全性が大きく高められる。

それを検査して安全性が評価されるわけだから、
そのチャンスを逃がす手は無い。

アイサイトを僅か10万円で標準装備したように、
歩行者エアバッグに関する部品代を全くもらわずとも標準装備する。

いくつかの理由から、
正に広告宣伝費を顧客にお支払いするような気っぷの良さだ。

背景にはアイサイトの信頼性もあるだろう。

ただでさえ「ぶつからない」クルマだから、
歩行者エアバッグの開く可能性が国産車で一番低い。

こうしてインプレッサが名実ともに世界一安全になることが、
他のスバル車にとっては「下克上」なのだ。

最新型インプレッサの剛性を語る_f0076731_13472787.jpg
エアコンパネルの機能性も高い。
非常に操作しやすいだけで無く、
暑かったり寒かったりした時はMAX A/Cと表示されたボタンを押すだけで、
最大のエアコン機能を発揮する。

レガシィと同じように左右に分かれたエアコンダクトになって、
これまでとは快適性が一変した。
最新型インプレッサの剛性を語る_f0076731_13473671.jpg
最大風量でダクトから風が出ているのに、
眼の中に舞い込むような不快さが無い。

これには本当に感心した。

また大型になったマルチインフォメーションディスプレイの、
コンテンツ切り替えボタンが、
ステアリング左側に内蔵されたので、
扱いがとても楽になった。

シートベルトリマインダーや、
エアバックインディケーターはルーフにあるウォーニングボックスにまとめた。

これで情報が整理され、
MFDはよりMFDらしくなった。

このスイッチをステアリングに納めた結果、
オーディオ等のリモコンまで納める決断を下したようだ。

なかなか凄い判断だ。
OPで1万円以上した部品が標準装備になった。

最新型インプレッサの剛性を語る_f0076731_13474459.jpg
ただし残念な把手が残ってしまった。
ここまで商品力を高めたから許してやれと思う人がいるかもしれないが、
これだけは絶対に譲れない大切なクオリティだ。
最新型インプレッサの剛性を語る_f0076731_13480333.jpg
ドアを開けてガラスサッシを比べた。
最新型インプレッサの剛性を語る_f0076731_13481192.jpg
新型インプレッサのドアガラスは、
これまでとは異なる動き方をする。

ショールームに行ったら確かめてほしい。
最新型インプレッサの剛性を語る_f0076731_15092644.jpg
レヴォーグと比較して、
その差を説明しよう。

ガラスが閉まる瞬間と開ききる瞬間に、
動作スピードが遅くなる。

同じように作動速度に拘ったのがACCだ。

全車速追従機能付クルーズコントロールの加速特性を4通りから選べる様にした。
最新型インプレッサの剛性を語る_f0076731_17233053.jpg
そのACCのカスタマイズ機能は以下の通りだ。
Lv.1 エコ
渋滞時などに使用し最大加速度はスタンダードの60%

Lv.2 コンフォート
最大加速度はこれまでSI-DRIVEのIモードに相当しスタンダードの80%

Lv.3 スタンダード
SI-DRIVEのSモードの加速度と同等

Lv.4 ダイナミック
スタンダードの1.2倍の最大加速度に設定

このようにインプレッサは何から何まで全て変わった。
インプレッサを是非早期予約してほしい。

ライン速度の遅い初期生産車には、
これまでの過去を振り返って損することは全くないと断言できる。
ショールームへ急ごう。
最新型インプレッサの剛性を語る_f0076731_17234961.jpg

終わり

Commented by カマタン at 2016-09-26 11:52 x
インプレッサが次期愛機の最有力なのですが、サンルーフが選べないのが最大のマイナスです。他モデルのように年次改変で選べるようになりそうですか?
Commented by b-faction at 2016-09-26 13:57
> カマタンさん
こんにちは。僕に聞かれても困ります(笑)
Commented by 名古屋人 at 2016-09-26 19:49 x
いつも楽しくブログを拝見してます。質問があるのですが、教えていただけますか?
新型インプレッサの17インチホイールは、BRZの17インチホイールと同じデザインでしょうか?
Commented at 2016-09-26 23:11 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by カマタン at 2016-09-27 00:59 x
すいませんでした。このような声があることをメーカーに伝えて頂きたいです。無い物ねだりですが、黒のG4にアイボリー内装、サンルーフ付きがいいなあ。
Commented by b-faction at 2016-09-27 17:45
> 名古屋人さん
いくらなんでもそんな手抜きはしませんよ。
Commented by b-faction at 2016-09-27 17:46
> はつさん
申請してみれば?某車、というか某社はもう対象外になるかもしれませんよ。
Commented by b-faction at 2016-09-27 17:47
> カマタンさん
当分は無理でしょうね。
Commented by KOKO at 2016-09-28 01:35 x
米国仕様インプレッサには普通に、アイボリー内装、サンルーフありますからね...
日本仕様の詳細がわかってきて、『え?まさか』と驚きました。せっかく内装が良くなったのに内装は真っ黒のみ、サンルーフもなしとは。競合車のアクセラ、プジョー308、ボルボV40、VWゴルフなどはもちろんそんなことはありません。
これでは商品力に問題ありな気がしますが。SUBARU本社の方と合う機会があれば、このような声がありますよと、お伝えいただきたいです。
Commented by b-faction at 2016-09-30 07:25
> KOKOさん
米国とは事情が異なるので仕方がありませんよ。MTが消えるのも同じ理由です。開発ではなく供給面で考えれば納期短縮が最優先課題です。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2016-09-26 17:24 | Comments(10)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31