人気ブログランキング | 話題のタグを見る

素敵な新型インプレッサと水平対向6気筒を語る

素敵な新型インプレッサと水平対向6気筒を語る_f0076731_18160372.jpg
夕暮れの石畳に新型インプレッサが映える。
まっすぐ向こうに見える山の間に、
中津スバルがある。

ここまで中仙道で繫がっている。

実にスタイリッシュだ。
素敵な新型インプレッサと水平対向6気筒を語る_f0076731_18164386.jpg
こんなにかっこいい素材を目の当たりにしたら、
撮影意欲がギンギンに昂ぶる。


最近中津川に外国人が良く訪れる。
特に人気のあるスポットが中仙道だ。

たまにSABの横を歩く外国人の団体も居る。

気持ち良いだろうな。

JR美乃坂本駅で降りて、
東に向かえばとても素敵な「エクスクルージブ ウオーキング」だ。

中津川宿から落ち合い宿を経て馬籠宿にたどり着く。
素敵な新型インプレッサと水平対向6気筒を語る_f0076731_18165753.jpg
この宿でフォーリナ-達は徳川時代を容易に味わえる。
即ち坂を登ってたどり着くから価値があるのだ。

その宿場町の馬籠に
イタリアからやって来た素敵なカップルが居た。
素敵な新型インプレッサと水平対向6気筒を語る_f0076731_18171119.jpg
ミラノに住む恋人同士のようだ。
女性の方が英語に馴染むようで、
新型のスバルだと話した途端、
急に笑顔になった。

なんでも先月STIに触れる機会があったらしい。

イタリアにおけるスバルの営業状況は良くない。
パトカーにインプレッサWRXを導入したり、
何かと話題が豊富だった。

しかし海の向こうのUKや、
スイスに比べたら比べものにならない。

けれどスバルを見て「STI」と言ってくれた事が、
なんだかとっても嬉しかった。

それで一枚記念に撮影させて戴いた。

良い旅になる事を祈っている。
素敵な新型インプレッサと水平対向6気筒を語る_f0076731_18161521.jpg
インプレッサに天使の輪が現れる事を前のブログに書いた。
納車を待つ5000人あまりの皆さんは、
それがどう現れるのか楽しみに違いない。
素敵な新型インプレッサと水平対向6気筒を語る_f0076731_18163018.jpg
石井デザイン部長の狙ったもう一つの仕掛けが、
ジュエルの様な輝きだ。
素敵な新型インプレッサと水平対向6気筒を語る_f0076731_15443342.jpg
それはリアルワールドの薄暮でしか解らない、
素敵な工夫だった。
そしてサイドビューも薄暮で際だった。
素敵な新型インプレッサと水平対向6気筒を語る_f0076731_15534628.jpg
ダイナミック&ソリッドのコアデザインでもある「樽」のイメージだ。
素敵な新型インプレッサと水平対向6気筒を語る_f0076731_15535349.jpg
この部分の造形が、
新型インプレッサSPORTの伸びやかで躍動的なスタイルを象徴した。

あらゆる点で質感を高めたインプレッサの誕生で、
今後のスバルの行く先がとても明るくなった。

それはなぜか。
昨日BLE型レガシィの品質テストを進めた際、
もしSPGにBOXER6を組み合わせたらドエライ事になると予感したからだ。

その二日前にワゴンをテストしたばかりだから、
余計に面白く走る事が出来た。
素敵な新型インプレッサと水平対向6気筒を語る_f0076731_15591561.jpg
秋らしくなった木曽路から伊那谷を目指した。
素敵な新型インプレッサと水平対向6気筒を語る_f0076731_16114592.jpg
バルクヘッドのある4ドアセダンは、
ワゴンより更に走りが素晴らしい。
素敵な新型インプレッサと水平対向6気筒を語る_f0076731_16121074.jpg
南木曽の名産品にロクロ工芸がある。

大昔に天皇の許しを得て山に入ったと言われる人達が、
今でもこの地で木製品を作り続けている。

山奥に突然現れる集落は、
子供の頃から不思議で見慣れた風景だ。

最近DEで走る機会が多いので、
リピーターの皆さんがお土産を買うお店を開拓した。

親切に受け入れてくれたのは、
有限会社ヤマイチ小椋ロクロ工芸所の小椋一男社長だ。
素敵な新型インプレッサと水平対向6気筒を語る_f0076731_16270959.jpg
この場所で作る木製品にはとても柔らかで、
ホンモノだけが出す香りを放っていた。
素敵な新型インプレッサと水平対向6気筒を語る_f0076731_16274134.jpg
「器」と言う物は実に大切だ。

素の味が良い製品と、
素直な高性能車は誠に相性が良い。

素敵な新型インプレッサと水平対向6気筒を語る_f0076731_16291811.jpg
このレガシィB4の清涼感のある、
それでいて甘くコクのある走りは絶対に失いたくない「大切な味」だ。

素敵な新型インプレッサと水平対向6気筒を語る_f0076731_16294248.jpg
低速からスムーズにトルクが厚くなる様は、
6MTと最も相性が良い。

新型インプレッサとBLEに共通する味を見つけた。

最初見た時は、
スパークプラグを連想した。
素敵な新型インプレッサと水平対向6気筒を語る_f0076731_16312079.jpg
あまり見た事の無いパッケージで、
まるで虎屋の羊羹とは思えないが、
味に狂いは無かった。

「新緑」の味は軽やかで、
「おもかげ」はどっしりと舌に乗った。
素敵な新型インプレッサと水平対向6気筒を語る_f0076731_16313690.jpg
しかし「基本」が一番美味しかった。
素敵な新型インプレッサと水平対向6気筒を語る_f0076731_16315584.jpg
「夜の梅」がスバルの2つのクルマと合致した。
BLEはスバルの水平対向エンジンを究極まで磨いた完成形だ。

その味は研ぎ澄まされ、
美しく香しい。

新型インプレッサは、
「器」をとことんまで磨き抜いた。
その伝統の技は賞賛に値する。

この地方で取れる寒天が、
虎屋の重要な材料だと言う事も何かの縁だろう。

おわり

Commented by nowaro at 2016-10-21 07:25
インプレッサはリアが好きです。
馬籠でしょうか、風景とマッチしてますね!
Commented by b-faction at 2016-10-21 12:38
nowaroさん、仰る通りです。この頃外国人に人気あります。
Commented by jecht at 2016-10-21 19:19 x
代田社長、こんばんは。
先週末、地元のディーラーで新型インプレッサ2.0iS-AWD試乗しました。社長の言う「ふつう」の意味よくわかりました。
高次にバランスされていて妙な主張がないのでなんでもないように感じるんですね、きっと。乗り心地、ハンドリングは市街地流しただけなので良くわかりませんでしたがブレーキの剛性感あるタッチは良いなと思いました。踏み始めからかなり効く感じに思いましたが初期アシスト増やしただけ?ではないですよね。
Commented by b-faction at 2016-10-21 20:22
jechtさん、今晩は。キャリパーは新設計です。ブレーキの変化は驚くほどです。オプティマイズドハイドロリックといって相対圧負圧センサーを用いたシステムを採用しました。アイサイトの追従など全てに関連して効き味を変えてます。コーナリング限界性能は凄いですが試す必要ないと思わせるクルマの出来です。
Commented by jecht at 2016-10-21 20:51 x
代田社長、返信ありがとうございます。やはりブレーキはかなり改善されているんですね。
それと「tegoShi」のインプレッション、興味深く拝見いたしました。「HV車の調律」という新たなチャレンジがあったのですね。
次世代のHV、EVですと電子制御の良し悪しが走りに影響すると思うのですが、そのあたりにSTIが関与できる余地はあるのでしょうか?
Commented by b-faction at 2016-10-21 21:24
jechtさん、どういたしまして。そこらがクルマと家電の大きな違いだと思います。じゃなかったらSGPに巨額な開発費を投入しませんね。
Commented by jecht at 2016-10-21 21:48 x
Appleが自動車開発から撤退して運転制御ソフトのみ開発に専念するそうですね。Googleカーも開発に四苦八苦しているようです。「電気自動車になれば家電メーカでも自動車産業に参入できる」という話がありますが世界最高のソフト会社であるA社とG社ですら苦戦しているところを見るとそう簡単ではないようですね。
制御ソフトというヴァーチャルと機械としての自動車というリアルをうまく融合させることが必要なのでしょう。ぜひSUBARUにはその最先端を行ってもらいたいものです。
Commented by b-faction at 2016-10-21 22:03
jechtさん、歴史があるから大丈夫!ただ、この頃、上っ面のカッコよさを追い求めるのでちょっと心配(笑)。これも「愛」ですなんてね。はぁ~~~。
Commented by 知花 at 2016-10-21 23:14 x
沖縄のスバリストです。現在日本では6気筒は展開されておらず、また業界の風潮がダウンサイジングという流れの中で(ポルシェですらダウンサイジング)、スバルはH6を存続させるのかとても不安です。是非ともスバルには6気筒を灯し続けて欲しいと願うばかりです。
Commented by b-faction at 2016-10-22 06:40
知花さん、その通りですね。両方持たないと良いクルマが作れないと思います。
Commented by ひょっこり at 2016-10-22 11:38 x
社長お疲れ様です。

何というか、4代目はずーっと密かに思っていたのですが、北欧ルックに見えていたのです。今度はそれに磨きがかかってもっとワールドワイドにした感じで、少しフォードっぽい気もします。

だけど日本らしさもあって、クリーンで繊細なところが折り目正しい日本の美を表現していると思います。

Commented by b-faction at 2016-10-22 17:18
ひょっこりさん、そうですね。ぜひ天使の輪を探してください。なぜ見えるのか不思議です。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2016-10-21 17:10 | Comments(12)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31