秋の味覚を新型インプレッサと味わう

せっかく実ったカリンを何とかしたいと思っていたら、
お隣の岩井さんが「欲しいよ」と言って下さった。
f0076731_07191657.jpg
そこで活力朝礼の時間を使って、
時間内に可能な限り採った。

たいしたことない量だと思っていたら、
トンデモナイ間違いだった。

あまりにも重いので秤に掛けたら、
f0076731_07192992.jpg
ずんと沈んだ。
おやおやこれは凄いぞ。
14.6kg収穫できた。
f0076731_07193836.jpg
お隣に運んでもう一度カリンの樹を眺めた。
f0076731_07195103.jpg
まだ半分以上ある。
ただし取りにくい場所なので苦労しそうだ。

昨夜、
娘とテレビを見ていたら、
「昨今の若者の性交渉を調査しました」と、
いきなり訳の分からないニュースを始めた。

流石に娘に「あまえどうなんだ」などと、
野暮な事は言わなかったが、
あほな事を調べとるな、よほど暇なんだな、と思った。

やりたきゃやるし、
やるのが面倒ならやらない。

生き物全て「本能」の命ずるまま行動する。


その本能から生殖行動が逸れているだけなのだ。

なぜか。
世の中があまりにも手軽で簡単な方に向くので、
その反動が繁殖力の減退になっているだけの事だろう。

若い人達、
それほど必死に生きなくても生きていける。。。。ような気がする。

ドリカムの「愛」は手軽な愛で、
どろどろした愛では無い。

同じ範疇の事なのに、
生殖行為はどろどろしている。

ドロドロすると面倒だから、
手軽な愛で片付ける方が手っ取り早い。

スバルは手っ取り早く、
クルマの性能を伝えるために愛という言葉を使った。

言い換えれば、
日本全国のセールス諸君も舐められたモノだ。

スバルが手っ取り早く万人に受け入れられやすいトークを作ってやる。

君たち、、、(むしろ「お前達」)は、
言われた事をまずしっかりヤレ!

ヤレヤレ、
口では「下さい」と言っているが、
研修では本当に上から目線だった。

「どうせ難しい事言ったところで、
俺たちだって良くわからんのに、
こいつらに解るはずが無い」

なるほど、
その前提でCMを作ると、
あんなに気持ちの悪いCMになるんだ。

深く考えない大衆を相手にすると、
それで良いのかもしれないが、
そんなばかげた話を鵜呑みに出来るはずが無い。

もう一回言って見ろ。
何だって?

「愛で造ったクルマです」
違うよ。あほか??

「深い技術で作ったク・ル・マです!」(マツコ風だと思って欲しい)

「愛で選ぶクルマです」
違うぞ。何いっトンじゃ!

「高い性能で選ぶク・ル・マです」(マツコ風に)

庭の手入れもほとんど終わり、
タラの木の枝を払ってスッキリさせた。
f0076731_19005750.jpg
たった一本から僅か数年でここまで増えた。
土とよほど相性が良いのだろう。

来年も天然の山菜でビールが飲める。

タラノメの脅威的な繁殖力は、
新緑の頃、
若芽に含まれ胃袋に入る。

ガハハハハ、美味いぞ。

この周辺にはびこっていたドクダミ除去に一段落付け、
工房と第二展示場の境目をターゲットに据えた。
f0076731_19011428.jpg
凄い事になっているから、
取らざるを得ない。

生えていたところの土からは、
良い匂いが漂うので悪い植物では無い。

しかしあまりにも強い繁殖力で、
放置しておくととんでもない事になりそうだ。

そこで相談した結果、
一旦可能な限り取除こうと言う話に落ち着いた。

しかし簡単にいく相手ではない。

f0076731_19012977.jpg
みんなで作業を進めながら、
ふと地下茎がどの程度深く入っているのか調べてみたくなった。
右に見える根っこのようなモノが地下茎だ。

これが地中にあるだけで、
いくらでも繁殖してしまう。
f0076731_19014382.jpg
掘れるところまで掘ったが、
その奥にまだ入っているのが解る。
f0076731_19020174.jpg
繫がったままごっそり抜けるモノもあるが、
ほとんど途中で切れてしまう。


ドクダミの強さは、
スバルの強さに繫がると感じた。

実に深い技術を持つ。

だからちょっとばかり荒らされても、
また必ず復活するしぶとさがある。

インプレッサに乗って、
そのしぶとさを強烈に感じた。

たぶん想像するに、
「愛で作った」と言われて、
一番苦々しく思っているのは開発プロジェクトチームの面々では無いだろうか。

そんな上っ面な「愛」で、
こんな凄いモノは作れん!

繁殖意欲の無い若者を分析する暇があるなら、
もっと脱がしたり、
うわっと思うような恥ずかしい番組でも作ってろ!

そのようにテレビに対して思った反動か、
インプレッサの恥ずかしいところを脱がして見たくなった。

何しろ最近スバルはやけに見せるのを躊躇う。

いつも2番手で出勤してくれるのが、
検査員の吉村君だ。
f0076731_18595722.jpg
「朝早くから悪いけど、
ちょっと新型インプレッサのパンツを脱がしてくれ」

そう頼むと彼は快く「いいですよ」と言ってくれた。

f0076731_19001644.jpg
リフトに上げて、
二人で「ここがスタビリンクの変更点か」などと、
二人で話しながら普段見えない所を、
イヒヒヒヒ・・・・・と涎を流しながら見入っていた。
f0076731_19023170.jpg
あっという間に全体朝礼の時間になった。

朝礼のスピーチで大宮主任が良い事を言った。

「一昨日インプレッサを借りて160km程ドライブしてみましたが、
本当に性能が良く、愛を感じるクルマでした」

これなら解る。

それで思わず全員に向かって叫んだ。

「その通りだ!愛を感じるなら解る」

「愛で作っているんじゃない。技術で作っているのだ」

「それに愛で選ばれるのでは無く『性能』で選ばれるべきクルマなのだ」

「エーイ!みんなクルマの下へ入るのだ!!!」
f0076731_19043007.jpg
誰一人嬉しそうでは無かった。

「社員はまだアイドリングなのに、
 社長あなた一人でフルスロットルですか????」

全員の背中から、
聞こえないはずの声が聞こえたので、
証拠写真を写した。
f0076731_19044758.jpg
新型インプレッサは素敵なズロースを着けていて、
チョットやソットでは嫌らしい奴らの目には触れない慎ましさを持つ。

フロントアンダーカバーや、
アンダ-ボディ両サイドの整流板は、
とても丁寧に装着されている。

おや?
f0076731_19050351.jpg
見慣れない部品があるじゃ無いか。
ガーターベルトのように、
妖しい色気を出している。

恐らくフレキシブルドロースティフナ-の効果も兼ねたガードだろう。

「よしむら、かまわねぇから、ひっぺがえしちまいな」
「イヒヒヒわっかりやした、親方!」
f0076731_19051875.jpg
ずるりと脱がされたインプレッサが、
「ヒィ」と悲鳴を上げた。
f0076731_19053528.jpg
「おおよ!大事なところがすっかり丸見えだぜ」
何となく妙な気配がする。

「おめえ、一体どうしちまったんだ、尻が反対の方を向いてるんじゃ無いか」

「あれー、おやめ下さい」

じっくり反対側から舐めるように見ると、
中間パイプが論理的に変更されていた。

リニアトロニックは完全な左右対称では無いので、
進行方向右側に出っ張りがある。
f0076731_19054808.jpg
よりスペース効率を高めるためなのか、
排気管の通る方向が変わった。

実に素晴らしい技術改良だ。

これって正確な説明を受けたっけ???

STIコンプリートに、
フレキシブルタワーバーが片方しか付かないのも、
スペース的な問題があるからだ。


f0076731_19060615.jpg
排気管の通らない方はプレスの形状だけ同じで、
カットされていない。
ユニークな部品だ。

剛性向上と保護の両方を考えたのだろう。

さらに良く見た。
指を指している部分に、
大変重要な部品が隠れていた。

この上にはステアリングギヤボックスがある。

前に回って良く見た。
f0076731_19062396.jpg
ギヤボックスの取り付け部には、
しっかりと補剛が入っていた。

これまでに無かった部品で、
STIの高剛性クランプスティフナ-そのものだ。
反対側を見よう。
f0076731_19063772.jpg
電動モーター側にもしっかりスティフナ-が装着されている。

こうした開発をSTIがやる事で、
スバルの車全体がドンドン良くなっていく。

だからもっとSTIにいっぱい開発を任せ、
ジャンジャン開発費を与えれば、
新しい6速ミッションや次世代のスポーツシフトも開発できるだろう。

大いに気になっていたスタビライザーを調べた。
まずフロント側は説明通りだ。
f0076731_19065476.jpg
上の赤い線が新しい装着場所を示している。
下の赤い線がこれまでの取り付け位置だ。

すると北原課長が「あっ」と言った。
f0076731_19071086.jpg
彼の脳裏に「あるクルマ」が浮かんだからだ。

彼は苦労して軽量化モデルを作った。

開発プロジェクトチームの一員だった伊賀さんに、
「中津スバルさんのやったクルマをフルモデルチェンジが許されるなら造りたかった」、
そう言わしめた「あのSVX」だ。
f0076731_19072375.jpg
全てのブッシュを交換すると同時に、
4輪操舵を取り外し、
軽量化と同時に旋回性能を研いだ。
f0076731_19073715.jpg
この時の経験から、
新型車にSVXの血も流れていると感じたようだ。
f0076731_19075677.jpg
SVXには実に凝った足回りが付いている。
f0076731_19081375.jpg
今でも色あせない走りの理由は、
スバルの深い技術の賜だからだ。
f0076731_19082744.jpg
すると次に妻が囁いた。
「どこがアルミで出来てるの?」
f0076731_19084294.jpg
実に良い質問だった。
まずフロントのホイールハウジングがアルミ製になった。
f0076731_19085901.jpg
杉本整備士が「これは他のスバルには無い!」と言い切った。
ハウジングの右にあるのが高剛性ブレーキキャリパーだ。
相対圧負圧センサーを用いた、
全く新しいブレーキシステムを奢った。

そして車体後方に、
もう一つアルミ部品がある。
f0076731_19091451.jpg
BP/BLレガシィでも、
ターボ系だけにしか用いられなかったが、
今回は全車アルミ製に統一された。
f0076731_19093004.jpg
中央にベアリングのようなモノが見えるが、
AWDだとリヤドライブシャフトがこの部分に刺さる。
左側の上下を繋いだロッドがスタビライザーリンクだ。
f0076731_19094934.jpg
この角度から見ると、
スタビライザーの末端とハウジングが繫がった様子がよく分かる。
ダブルウイッシュボーンなので、
下側に前後のラテラルリンクが付く。
f0076731_19100818.jpg
左側のラテラルリンクで説明しよう。

f0076731_19102378.jpg
新型では穴が開いているだけだが、
前のモデルでは指を指している部分にスタビリンクがボルト止めされる。

具合の良い事に、
工房で真っ新のG4が保管されている。

最終型の新車を見ると、
その差が解るはずだ。
f0076731_19104382.jpg
このようにスタビライザーの通る位置も手前側(車両側で見ると後方)になる。
f0076731_19105726.jpg
しかし不思議だ。
これを見た限りでは、
新旧インプレッサで部品のディメンションがあまり変わらない。

SGPの開発で得た知見を、
こうしてマイナーチェンジの度に注ぎ込んだのだろう。

謎が一つ解けた。
四代目レガシィのホイールサイズを復活させた理由が。

あのシャシーは余裕で280馬力を受け止めた。

という事は、
トレッドを拡大してもホイ-ルのオフセットで調整すれば、
同じサイズの部品が共用できる。

無理に113.4のPCDと、
48のオフセットを使う必要は無い。

浮いたコストを他に回せるから、
前後のハウジングをアルミか出来るなど、
全体的な性能向上に大きく役立ったのだ。

f0076731_19112983.jpg
リヤのスタビリンクの行く先も興味深い。
上から伸びるスタビライザーは、
f0076731_19114639.jpg
しっかりとボディに直付けされていた。
改めてSGPのスケルトンを見ると、
f0076731_19121219.jpg
今年の5月には全く気付かなかった真実がよく分かる。

これのどこが「愛」で作ったクルマなのか。

曖昧な言い方は止めよう。
スバルの歴代の開発者達が、
どうしてもやりたくて出来なかった事を、
「執念」で作ったクルマだ。

繁殖意欲の無い「愛」もあるが、
ドロドロした「執念」が作り出す「愛」もある。

スバルという会社は、
本来「執念」と「戦闘力」で生き延びた会社だ。

それを知っている以上、
上面っらの「借りた言葉」では顧客に説明できない。

ドリカムの出番は終わった。

さあ、全国のスバル戦士諸君、
大いに売ろうじゃ無いか。

深い技術の裏付けを持つ、
抜群の戦闘力を持つ「マシン」だぜ!

終わり




トラックバックURL : https://bfaction.exblog.jp/tb/26645827
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented at 2016-10-31 04:02 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by b-faction at 2016-10-31 07:33
a10ajpnさん、最終型のG4にお乗りなんですね。隠れた名車です。大切になさってください。僕は恣意的なCMに鳥肌が立ちます。スバルにはもっとふさわしいやり方があると思いますが、勢いあるから大衆は喜びます。
Commented by 白BPレガ at 2016-10-31 19:48 x
アルミのホイールハウジングに嫉妬の炎。

スバルはCM下手ですね~。
いっそレオーネの原ちゃんでも使って世間の度肝を抜いて欲しかった。
Commented by b-faction at 2016-10-31 22:07
白BPレガさん、しかも前後です。100ピッチの55の謎も解けてすっきりしました。
Commented by なっちー at 2016-11-01 09:10 x
今日から11月、world famous airplanes のカレンダーも正真正銘の最終ページとなってしまいました。最終回を飾るのは九分割すべてを中島飛行機で埋め尽くす圧巻のフィナーレ!全機軍用機で締めくくったところはスバルの心意気に違いない。
Commented by b-faction at 2016-11-01 12:50
なっちーさん、次からは僕のオリジナルカレンダーをお楽しみください(笑)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by b-faction | 2016-10-31 07:36 | Trackback | Comments(6)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction