晴天の下スバルファンミーティング盛大に開催

偶然見つけたミニカーだけど、
いつも机の脇に飾っている。
f0076731_12023717.jpg
資料館にあるコレクションの中でも、
特に羨ましく、
また重要だと思っているクルマだ。

特にこの頃から淡い黄色がとても好きだった。

ファンミーティングのサプライズは、
新キャラクターの誕生だった。
f0076731_12025473.jpg
ステージに中野シロウさんの姿がある。
キャラクターデザイン界の巨匠が、
スバルファンの一人として腕を振るってくれた。

すぐ近くで雪岡カメラマンに会った。
彼も負けず劣らずのスバルファンだ。
f0076731_12032186.jpg
向かって右側にいらっしゃるのは、
カートップ編集部の三澤正充さんだ。
スバルマガジンの編集担当として取材されていた。

今後ともよろしくお願いします。

流石に地元開催とあり、
山崎さんご夫妻にも会場でお目に掛かった。
f0076731_12041357.jpg
「生マリオが是非見たい」と、
熱烈なリクエストを受けたので、
喜んで紹介させて戴いた。

今回は古いクルマを並べる必然性は無かったが、
スバル1000が展示されていて、
とても嬉しかった。

やはり何と言っても現在の「subaru」ブランドは、
このクルマが源流だ。
「subaru1000」は真のルーツだと思う。
f0076731_12115384.jpg
会場で多くの方に声を掛けて戴いた。

f0076731_12284816.jpg
全ての人を紹介できなくて申し訳ないが、
また出会う事があったら是非お知らせ下さい。

一緒に写真を撮りましょう。
f0076731_12124252.jpg
思いがけないところにffー1が展示されていた。
このクルマこそデザインも性能もベストバランスだろう。
f0076731_12121418.jpg
キャブレターが不機嫌になりがちだが、
希少性ではトップクラスだ。

見る度に嬉しくなる。

f0076731_12134080.jpg
このマフラーは当社がリリースしたB-factionブランドだ。
舐めるように見ていたら、
スバリスト達から声が掛かった。
f0076731_12243538.jpg
楽しく語らいながら、
本当にあっという間に時間が過ぎた。
f0076731_12250107.jpg
マキノ高原が開催地に選ばれて良かった事は、
そこの中に温泉がある事だ。

歩き回って疲れた体には、
f0076731_12372420.jpg
アルカリ性の単純温泉が心地よかった。
中津川周辺に湯に似た、
極めて優しい肌触りの湯だった。

f0076731_12380543.jpg
温泉から出てクルマに向かうと、
妻が一足先に付いていて、
「今ボロボロと良いながらスバル1000が降りていったよ」と教えてくれた。

古いクルマなので、
少々喘息気味で白い煙を吐いている。
f0076731_12382050.jpg
でもサウンドは健康そのもので、
大切に扱われている事が良く分かった。


f0076731_12384158.jpg
ご苦労様でした。
輸送車の姿はあるが、
ff-1の姿が見えない。

会えなかったな、と残念に思いながら、
S207で会場を後にしようとしたら、
f0076731_12391658.jpg
目の前に黄色い姿が現れた。

同じ道路を走れて幸せだったね。

f0076731_12393276.jpg
様々な場所で活躍したS207も役目を終えた。
これからはショールームで、
STIのプライドとして姿を披露する予定だ。

是非ホンモノのSTIを、
心ゆくまでご覧戴きたい。

終わり

トラックバックURL : https://bfaction.exblog.jp/tb/26790320
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by XV の地元 at 2016-11-08 14:51 x
スバルって昔から下回りがかっこ良かったんですね。現行車も本当にかっこ良いんですが、真面目に拘った結果に過ぎないんでしょうか?輸入車でもがっかりする物もあるようなので。
Commented by ひょっこり at 2016-11-08 21:44 x
社長こんばんは。

あれ?どこかで拝見した群馬ナンバーのスバル1000だなと思ったら、小口芳門さんがお乗りになっていたお車ではないですか!?
というのも、オールドタイマー誌で、未再生原型車の特集を組んだ増刊号があってそれに掲載されており、ナンバーが一致しているのです。かれこれ10年以上前に刊行されたものですが、持っているのです。
もう、亡くなられたそうですが、プロジェクトXにも出てらしたことを覚えていて、ばねで苦労されていたのが印象に残っているのです。
Commented by b-faction at 2016-11-08 22:29
XV の地元さん、真面目なのは、飛行機みたいにクルマを捉える土壌があるからです。
Commented by b-faction at 2016-11-08 22:31
ひょっこりさん、
出自はそこですか。走行距離が少ない極上車です。
Commented by ひょっこり at 2016-11-08 23:39 x
手元にその誌を置いてコメントしているのでお伝えします。

開発メンバーのお一人でもあるせいか、試作品を取り付けられていたそうで、ご自身のお車でテストされていたそうです。

そして、命の次に大切になされていたそうで今、富士重工にあるのは寄贈されたからだそうで、ご本人が亡くなられてからそうするようにとの遺言だったそうなのです。

由緒正しき、そして重みのある一台ですね。

Commented by b-faction at 2016-11-09 11:46
ひょっこりさん、開発力の高さはその伝統から生まれてます、。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by b-faction | 2016-11-12 22:35 | Trackback | Comments(6)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
カレンダー