人気ブログランキング | 話題のタグを見る

山ごはんとスバル

水曜日に、
特急「しなの号」で名古屋に行った。
山ごはんとスバル_f0076731_21262754.jpg
保険募集人の更新試験を受けるためだった。
駅に送ってもらいながら、
終わったら飯でも食べに行こうかと誘ってみた。

電車の旅も悪くないが、
やっぱりワクワクしない。
電車を待つのも煩わしいし、
そのための時間合わせが好きじゃない。

行動を電車に支配されるからだ。

クルマ好きが絶対にこれ以上減らない。
そう確信する理由でもある。

自動車家畜論を理解すれば、
大量輸送機関とクルマを混同させる事もない。

試験が終わり、
名古屋駅からメールすると、

山ごはんとスバル_f0076731_21264702.jpg
娘のリクエストが届いた。

完全に支配されている。
我ながら情けないが、
支配者に素直に従った。
ごはんは家で支度するから心配ないという。

山ごはんとスバル_f0076731_21272441.jpg
ホタテとカンパチのカルパッチョ。
海鮮物が好きなので堪らない魅力だ。

牡蠣が好きなので、
青野菜と牡蠣の炒め物も仕上がった。

山ごはんとスバル_f0076731_21282428.jpg
飴と鞭が揃っていた。
山ごはんとスバル_f0076731_21274455.jpg
牡蠣のオリーブオイル煮や、
トマトとモッツァレラチーズも好物だ。

頼まれたケーキを出すと、
妻と娘の歓声が上がった。
山ごはんとスバル_f0076731_21284478.jpg
これがミルクレープ。
780円だった。
山ごはんとスバル_f0076731_21291841.jpg
流石に一つでは寂しいので、
洋なしのミルフィーユを独断で買ってきた。

ケーキを買いに行ったつもりが、
トンデモナイ物欲に襲われることとなった。
山ごはんとスバル_f0076731_21294279.jpg
昔あったビルも含め、
そもそも大名古屋ビルヂングに入ったこともない。

ケーキ屋の場所を調べるために案内板を見ていた。

すると、
ケーキ屋よりもっと興味深い会社の名前が見えた。

諏訪のモンベルで焚き火用の道具を見てから、
スノーピークの商品が気になっていた。

ケーキを急いで買って、
帰りの特急「しなの号」に間に合うよう急いでスノーピークに向かった。

最近の若者に、
あまりがつがつした意欲を感じない。

何かサラッとした独特の感じだ。

大名古屋ビルヂングは、
古式ゆかしい名前の割に、
東京スタイルを「ピッチリ」とコピペしたオシャレな場所だ。

そのオシャレなデジタルの世界で、
アナログ製品を売るのは難しい。

衝動買いしようと、
ガツガツしている客にとって、
デジタル対応の店舗は虚しい。
山ごはんとスバル_f0076731_21295265.jpg
とても火遊びがしたかった。

男の欲望、
それは火遊びだ。

炎を見ると「ホッと」する理由は、
太古の頃に備わった遺伝子だろう。

ヒトが猿とどう分かれたか見たわけではないが、
両者の違いは簡単に分かる。

「火を制す」
これが他の動物を支配下に置く事を可能にした。

猿から分かれたヒトは、
進化を重ねながら自分に都合の良い動物を仲間に引き入れた。

こうして家畜が生まれ、
ヒトは繁栄の糸口を掴んだ。
山ごはんとスバル_f0076731_21300181.jpg
本当はランタンが欲しかった。
山ごはんとスバル_f0076731_12232377.jpg
アパレルが沢山溢れるカッコ良い店舗にも、
火遊びの道具は小綺麗に並ぶ。

この店は求めるイメージとかなり違うぞ。
土の匂いや生臭さがまるで無い。

ぽつりとレジに佇む店員に声を掛けた。

ランタンはどこですか。

こちらです。

でかい。

これしかありません。

ランタンにギガパワーは必要ない。

そうですか。

もっとちっちゃいのがあるだろう。

ああ、あれですか。

あれだ。

あれはいつも売り切れです。

この店に何時入るのか。

何時は入ってくるか解りません。

言われたことは出来る優秀な若者だが、
どこの店でも同じように苦しみがある。

それなら金払って行くから送ってくれ。

はあ。

絶版モデルなのか。

いえ違います。

それなら今日お金払うから宅急便で送ってくれ。

え?

中津川から来てるのでまた来るのが面倒だ。

解りました。

ところで確認するがその商品はどんな奴だ。

ノクターンですよね。

ノクターンかどうか知らないがカタログはないのか。

こちらです。

これだ、これで良いから送ってくれ。

解りました。

ところでせっかく来たから見せてくれ。

何ですか。

ガスとバーナーだ。

こちらにあります。

どれが良い。

チタン製が軽いです。

材質以外に何が違う。

火の付け方です。

山登りに使わないので火の付けやすい方をくれ。

解りました。

ガスもくれ。どれが良い?

寒い時は金缶です。

キンタマ?

キンカン!

熱量が違うのか。

そうです。

解った。全部まとめて払う。値引け。

出来ません。

そうか。解った。

ありがとうございます。

で、ここにあるカードというのは何だ?

入会するとポイントがたまります。

入会金が必要なのか。

いえ、要りません。

じゃあ、入るよ。

ありがとうございます。




ヤレヤレ、
変にうっとうしくなくて、
可愛いヤツだが、
コイツは物欲を下げるオトコだ。

火遊びが好きなオトコの本質が見抜けん。

ガツガツしたヤツにはガツガツ食って掛かれ。。。と胸の中で囁く。

そんなわけで、
【商品名】
ギガパワーストーブ 地
【着火方式】
オートイグナイター
【型式】
GS-100A
【主要諸元】
奥行×全幅×全高(mm):35×46×82(収納時)
使用時106パイ×67.5mm
総重量(g):456
馬力辺り重量(g):114
燃焼時間(分):85
最高出力 4ps
【ガス消費量】
210g/h
【税抜本体価格】
5.900円
山ごはんとスバル_f0076731_21302544.jpg
こいつを導入した。
ケーキを食べた後で、
卓袱台の上に出した。

山ごはんとスバル_f0076731_21305541.jpg
火の付け方をファンミーティングで覚えた。

ヒヒヒヒ、
火が付いた。

こう喜ぶと女は呆れる。

心中で「猿め」と呟きながら、
太古の昔に心が飛んだ。

カードを作っただけですぐメールが来る。
山井太というオトコ、
流石に抜け目がない。

「好きなことだけ」を仕事にするのだそうだ。

「好きなスバルだけ」を仕事にするので彼には共感できる。

ただし彼も苦労しているだろう。
いくら格好良く仕事を作っても、
それに胡座をかくと、
執念を忘れたモノが生まれる。

その執念は、
逆境から生まれる。

逆境をどう伝えるのか。

これからの経営者の使命かもしれない。

スマホに届いたメールに、
スバルの様な限定商法が記されていた。

思わずそのまま購入しようとしたが、
思いとどまった。

それをやってしまっては、
名古屋で買い物した意味が無い。

ヒトから直接買いたいのだ。
「あなたはどう思う」
という問いに対して、
「なるほど」と納得させられる相手を選びたい。

思わず買おうとした商品は石油ストーブだ。

山ごはんとスバル_f0076731_12215563.jpg
特急「しなの号」の中で受け取ったメールには、
2016年限定商品、
スノーピークレインボウストーブ、
2016エディションと書いてあった。

火遊びの好きなオトコは、
こういうキャッチにからきし弱い。

振り返れば、
BRZのイエローエディションが、
たった5万円の追加で買えた。
これは割安だった。

この石油ストーブは、
ベースモデルの黒に対して、
ただ外板がシルバーというだけで、
性能は全く同じらしい。

【商品名】
スノーピークレインボーストーブ2016エディション
【種類】
自然通気型開放式石油ストーブ/しん式・自然対流型
【着火方式】
単二乾電池2箇電池点火
【使用燃料】
灯油
【主要諸元】
奥行×全幅×全高(mm):388×388×485.7
質量(kg):6.2
燃焼時間(分):85
暖房出力:2.5KW
出力当たり重量(kg):2.48
油タンク容量:4.9L
【最大燃料消費量】
0.243L/h
【燃焼継続時間】
約20時間
【税抜本体価格】
39.800円

思わずポチっと注文しようとして、
左隅の×点を押して画面を閉じた。

こうやって迷っている間に、
買えば良かったモノを買いそびれることもある。

スバルの「O部長」もその一人だ。
「中津さんにイエローがあるんですよね。
迷ってる内に買いそびれました」と寂しそうに呟いた。
山ごはんとスバル_f0076731_16360594.jpg
ストーブを買いそうになって見合わせた気持ちは、
BRZのイエローエディション購入を躊躇う感覚と大差無い。

では何を根拠にBRZ購入に踏み切ったか。
それははっきり言える。

イエローに関する商品知識を、
もともと豊富に持っていたからだ。

もし「O部長」に相談されたら、
迷わずに「買え」と言った。

相談した相手が悪かったな(笑)。

スノーピークレインボウストーブ2016エディション購入を、
ギリギリでなぜ思いとどまったか。

商品知識が全く無く、
そもそも元の値段も知らない。

何台作るのかも明記せず、
「追加生産しない」とあるだけだ。

限定商法としては片手落ちだろう。

クルマをネットで買うと失敗する理由も、
都合の良い情報しか入手できない所にある。

ストーブも使ったことのある人から買いたい。

価値観はそれぞれだが、
25%以上も余分に払う魅力があるだろうか。

冷静になって良かった。
イエローエディションの価格は、
ベース車の僅か1.62%に過ぎない。

スバルのカラー戦略は驚くほど良心的だ。

もう少し土の匂いもある店が良い。
そのように理論づけることが出来た。

どちらにしても、
アウトドアでも使える石油ストーブを、
早朝のデスクワークで使いたい。

このストーブなら多様性があると思った。

赤外線の暖房器具が壊れたので、
その代わりに使ってみたい。

ファンミーティングに参加して良かった。
この時に様々なひらめきがあった。
山ごはんとスバル_f0076731_13001858.jpg
煮炊きの原点は火力の活用だ。

山ごはんとスバル_f0076731_13044199.jpg
スバルファンミーティングで
とてもユニークな体験コーナーが設置されていた。
山ごはんとスバル_f0076731_12155494.jpg
お兄さんの手に、
食材が握りしめられている。

ちょっと美味そうじゃ無いか。

それで一人前だそうだ。

中に入るとコーヒーもあった。

正確には#スバコミ「山メシ&コーヒー」というプログラムだった。
山ごはんとスバル_f0076731_12160771.jpg
イベント専用にブレンドしたコーヒーがある。
売ってもらうことが出来るなら、
今後当社の感謝ディで是非使ってみたい。

山ごはんとスバル_f0076731_12161970.jpg
SOTOでまとめられたスバルのイベントだから、
ネットショップ専用のスバル用品もある。

スバルファンミーティング コーヒーワークショップを紹介しよう。

使うのはエアロブレスだ。
山ごはんとスバル_f0076731_12164190.jpg
こちらが新宿御苑にある、
ロースターカフェ
「4/4シーズンコーヒー」を経営される斉藤淳さんだ。

残念ながら試飲できなかった。
入れ方がユニークで、
特別な器具を使い大自然の中で楽しめる。

要約すると、
器具に引いたコーヒー豆を入れ、
お湯を注ぎ攪拌したら1分待つ。

フィルター付けてセットし逆さまにする。
1分掛けてプレスして抽出する。

実に面白そうだ。

ちゃんと食後まで考えた素敵なプログラムだ。

女性司会者の紹介で、
ちょっと見た目が美味しそうな男性が現れた。

腕に書かれた文字を見て誤解した。

「え?凄い大胆・・・」

「愛と性欲」と誤読した後、
「愛と食欲」と見直して、
更に間違いに気付き、
もう一度目を凝らした。


山ごはんとスバル_f0076731_12200136.jpg
レストラン「愛と胃袋」を主宰される、
オーナーシェフの鈴木信作さんだ。
山ごはんとスバル_f0076731_11424208.jpg
スバルのチアガールも応援に来ていた。

そのせいか、
少しガツガツしてしまったようだ。
山ごはんとスバル_f0076731_12213114.jpg
和食の丁稚奉公から身を起こし、
世田谷の太子堂でフレンチの店を構えた。
その店の名が愛と胃袋というわけだ。

既に沢山のファンを持つ、
たたき上げのオトコだ。

山ごはんとスバル_f0076731_11425545.jpg
用意した材料は全て事前にパック化し、
人数分に分けられていた。

東京でフレンチを極めた後、
縁あって今年から山梨県の北杜市で「お泊まり付レストラン」を開業する。

「お泊まり付」に共感した。

こういうオトコから「逆境」を学ばせて戴きたい。

真摯にそう感じた。

山ごはんとスバル_f0076731_12215770.jpg
材料
・早茹でペンネ
・飴色に炒めたタマネギ
・まいたけ
・しめじ
・生クリーム
・塩胡椒
・水

山ごはんとスバル_f0076731_12214331.jpg
レシピは、
・鍋にお湯を沸かす
・沸いたら具材を一気に投入
・1分間にて柔らかくなったら生クリームを入れる。
・好みに応じて塩胡椒で調える
山ごはんとスバル_f0076731_12462750.jpg
たったそれだけで簡単に作れる。
山ごはんとスバル_f0076731_12220858.jpg
美味かった。

山ごはんとスバル_f0076731_12241989.jpg
この時に、
ガスコンロを絶対に買うぞ。

と思ったんだ。

アウトドアで食べる食事には、
カロリーと手早さが求められる。

本当に良い勉強になった。

おわり


Commented by やまかつ at 2016-11-22 07:38 x
主要諸元のところで、クスッと笑ってしまいました。
やっぱり、燃料からエネルギーを取り出すガジェットを見ると社長は萌えて(燃えて)しまわれるようですね。
Commented by b-faction at 2016-11-22 10:05
やまかつさん、お察しの通りです。萌えます。
Commented by なっちー at 2016-11-22 10:33 x
スノピの「地」、全米を震撼させた名品を10年来愛用しています。が、パッケージを見ればお分かりのように、設計の古さはさすがに如何ともしがたい。風に弱すぎる故、稜線での使用には注意が必要です。今買うならSOTOかな。
Commented by b-faction at 2016-11-22 11:37
なっちーさん、アドバイスありがとうございます。スバルのミーティングでも全量SOTOでした。なぜ衝動買いしたのかというと、本当はランタンが欲しかったんです。で、リトルランプというヤツのデザインに惚れて買おうとしたら無かったので、物欲を「地」で満たしました。代償行為ですが、まさにオトナのオモチャですね。
更新後もアドバイス下さい。
Commented by なっちー at 2016-11-22 16:08 x
よく思いとどまりました、流石です。元々スノピは高めの価格設定でしたが、上場してからはそれが一層顕著になりました。一部のコアなファンのみが支持するイヤミなブランドになりつつありますね。ヘビーデューティーからゴージャスに路線変更したようです。
Commented at 2016-11-22 17:17 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by b-faction at 2016-11-22 20:04
なっちーさん、石油ストーブはトヨトミにします(笑)
Commented by b-faction at 2016-11-22 20:06
神戸のスビーさん、
レヴォーグの良さが解っていただけて良かった。
また是非お出かけください。
Commented by ひょっこり at 2016-11-23 09:35 x
社長おはようございます。

その昔、義父が大名古屋ビルヂングでバイトをしていたことがあったそうです。その付近にあるマリオットで両家の顔合わせをしたときに打ち明けてくれたのです。

昨日の朝の地震で、「やはりこういうコンロは必要だな」と思い始めました。
Commented by mac.flz at 2016-11-23 11:19 x
おはようございます。
石油ストーブですが、2年ほど前にトヨトミの製品を買いました。ファンヒーターは電気が無いと動かないので、昔からの石油ストーブが欲しかったのです。
先程調べると、購入したのはKS-67**と言うシリーズで今も出ています。高くて も¥20K位で手に入ると思います。
これは家の中で使うには、相当広い場所でもかなり暖かくなります。外(オープ ンエアー)で使っているのを見たこともありますから、さもありなんです。社長 のいらっしゃる事務所でも十分に活躍することでしょう。
但し、石油ファンヒーター等と比べて燃費は良く無いですが、#Iモードと#Sモー ドの違いだと思って頂ければ良いかと(笑)。手に入れられましたら、またご紹介 頂けると有難いです。
因みに、寄られた大名古屋ビルヂングにはウチの会社も入っていたかと思います。大昔に(取り壊された前のビル)は、私の親父が名古屋時代に通っていたオフィスもあったと聞いています。
追伸:STIのエキゾーストキット、なかなかのものですね。行ったり来たりの高 速メインの使用では、燃費が上がりました。上り坂でも#Sモードにしなくても、 ぐんぐん加速してくれます。お陰様で楽しく行ったり来たりしております。
Commented by b-faction at 2016-11-23 18:27
ひょっこりさん、カセットコンロはかさばるけどこれは持ち歩けますね。
Commented by b-faction at 2016-11-23 18:34
mac.flzさん、そのストーブは大きすぎますね(笑)茹で上がってしまいます。
Commented by とも at 2016-11-25 12:47 x
私は写真と同じアラジンのブルーフレームを使用しています。スバルの車と同じで長年使い続けています。
Commented by b-faction at 2016-11-26 07:08
ともさん、おはようございます。アラジンも良さそうですね。これも検討に入れます。重々しくて素敵なストーブでした。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2016-11-22 21:01 | Comments(14)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31