ドライブエクスペリエと各種体験教室

レガシィツーリングワゴンのリフレッシュを、
四日市の森本さんから承った。
f0076731_22414594.jpg
マニュアルらしさは見事に蘇った。

シフトリンケージや、
クラッチの消耗品を丁寧に交換されたBP5は、
嬉しそうに主の元に帰った。

やっぱりマニュアルは良いね。

スバルファンミーティングのレポートを続けよう。
f0076731_12322150.jpg
宿泊する人も多かった。
18時以降は秋の星空ツアーが開かれた。

今年の6月に中津スバルでも星空観望会を開いた。

天体望遠鏡の扱いを教えてもらい、
4つの天体を連続で観測できた。
太い天体望遠鏡に初めて触った。
クルクルひねると台座が動く。
f0076731_12323917.jpg
この望遠鏡は優れもので、
ぶら下がっている弁当箱のようなモノを使って、
オートマチック操作も可能だ。

あまりやる気のなさそうなお姉さんが、
無愛想に説明してくれた。

多分眠かったのかもしれない。
本番は日が暮れてからだ。

ビクセンの協力で、
見た事のない天体望遠鏡に触れることができた。

オートマチックも良いけど、
ぶら下がってる箱だけでは動かない。

便利そうでも、
やはり基礎から学び、
星野動きを追従する方が面白いだろう。

それに扱い方を知るためには、
まず「習う」より「慣れろ」かもしれない。

f0076731_22413231.jpg
岡山から木原さんがいらっしゃった。
何度か申し込みを戴いたが、
なかなかお忙しくて参加できず、
ようやく宿も取って中津川までいらっしゃった。

奥様と観光を兼ねてのレクチャーだった。

希少なS204を入手され、
その愛機で最新のドライブスキルを入手された。

やはり一歩踏み込むと、
レクチャーの重要性が身に沁みる。

ファンミーティングでは、
DEのような楽しいプログラムも用意されていた。

f0076731_12330698.jpg
インストラクターは檀拓磨さんだ。

f0076731_12334919.jpg
とても気さくな方で、
会場は大いに盛り上がっていた。

富士重工の社員も、
ボランティアで応援に駆けつけていた。

このアットホームな雰囲気は、
スバルならではだろう。
f0076731_12360144.jpg
良く見て欲しい。
まるでニュルのトレーニングと同じだ。

コース上にAPEXが記されている。
上手くマウンテンバイクを走らせるためのレクチャーが4回繰り返された。

本当に充実したイベントだった。

ここに集まった人達は、
何をするのだろう。

f0076731_12362929.jpg
このワークショップも楽しそうだった。

f0076731_12364782.jpg
長身の男性が講師だった。

参加者はテントの下に並べられた板を思い思いに使いながら、
実にシンプルな打楽器を作った。

f0076731_12370592.jpg
カホンと言うそうだ。
午前と午後の2回に分け、
打楽器作りが進められ、最後はステージでプロと一緒に演奏を楽しんだ。

こうして参加者は、
様々なイベントを楽しんだ。

最初は参加人数をもう少し増やしても良いのではと思ったが、
一日を通じて無理のない楽しい内容になっていた。

適切な参加枠で、
誰もが満足できる内容になったはずだ。

次の企画が楽しみだ。

小島室長、
お疲れ様でした。
そして、
ありがとうございました。


トラックバックURL : https://bfaction.exblog.jp/tb/26990143
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 美のつぼです at 2016-11-22 21:34 x
雑誌の付録で天体望遠鏡が有って箱のサイズが
A4サイズが 売りやすいそうです 持って帰れる
サイズだからだ そうです
Commented by b-faction at 2016-11-22 22:39
美のつぼですさん、天体望遠鏡だけはしっかりしたヒトが売ってる商品が良いですよ。子供用でもホームセンターなどで売る三流品は学習意欲を削ぎますね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by b-faction | 2016-11-23 00:01 | Trackback | Comments(2)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
カレンダー