限定商品の難しさとイエローエディションの優秀性

f0076731_21273391.jpg
駒ヶ根の朝山さんから、
美味しい「あんころもち」が届いた。
f0076731_21274592.jpg
ありがとうございました。

神戸から中塚さんがいらっしゃった。
彼は大学生で、
将来SUBARUで働きたいと希望されている。
f0076731_21280046.jpg
神戸の名物を戴いた。
f0076731_21282083.jpg
シューラスクを初めて食べたけど、
これとっても美味しいね。
f0076731_21283959.jpg
「かどふく」の佐藤さんも来店された。
愛機R1にB&Bサスペンションを装着された。

想像以上の仕上がりだと、
大変喜んで戴けた。
f0076731_21285773.jpg
お土産まで戴き、
ありがとうございました。

やはり美味いモノは「定番」に限る。

最近、
土の匂いが気持ちよくて仕方が無い。
f0076731_21291661.jpg
ドクダミの繁殖を抑制するため、
地下茎ごと除去を続けた。
f0076731_21293554.jpg
だんだんドクダミの匂いが良い香りに変わり始め、
不思議な空気が漂い始めた。翌檜とサツキは植えたモノだが、
それ以外の樹木は全て自然発芽して、
緑の環境を徐々に構築する。

ちょっとだけ手を加えながら、
気分の良い場所を広げている。
f0076731_21324244.jpg
土の匂いが大好きだから、
土の匂いがしないアウトドア「ブランド」に疑念を抱いた。

スノーピークのレインボウストーブ購入を検討したが、
結局見合わせた。
そこで隣のパソコンで、
アウトドア用の石油ストーブを検索した。

すると、
右側に思わぬ商品が現れた。
f0076731_21300007.jpg
そこでもう一度左側の商品を良く確認し、
右のモニターを凝視した。
f0076731_21301427.jpg
ほぼ同じ商品が1万円以上安い値段で売られていた。
f0076731_21303544.jpg
側面のガードが少し違うが、
f0076731_21305063.jpg
安全面から考えると、
こちらの方が良さそうだ。
f0076731_21310722.jpg
驚いた。
もともとトヨトミの製品なのだ。

スノーピークは鋭い発信力を持ち、
顧客を惹き付けるが、
これは胸を張って売れる商品ではないだろう。
f0076731_21313095.jpg
そう思ったら、
小包が届いた。
f0076731_21314444.jpg
入荷の目処が立たないと言ってた割には、
思いがけない早さで商品が手元に届いた。

f0076731_13161522.jpg
箱を見てちょっとがっかりしたけどね。
この程度のモノまで、
国内で作れないほどなのかと。
f0076731_21315622.jpg
SPEC

【商品名】
リトルランプ ノクターン
【着火方式】
着火口点火
【型式】
GL-140
【主要諸元】
奥行×全幅×全高(mm):40×42×105
重量(g):102
燃焼時間(h):35 GP-250G使用時
【ガス消費量】
7g/h
【税抜本体価格】
3.500円

f0076731_21320890.jpg
火を着けやすいとは言えないが、
なかなか洒落たデザインで、
容器にも統一性がある。
f0076731_21322727.jpg
どうして韓国で作るのかよく分からない。
電気のない場所で便利な商品と言うより、
これは玩具に近い趣味指向性の高い商品だ。

500円余分に払って送ってもらったが、
良い授業料になった。

完全に目が覚めた。

非常に趣味性の高い商品を扱うので、
直感で良いか悪いか解る時がある。

SUBARU BRZ
6速マニュアルがいくらするのか。
カスタマイズベースやレース仕様、
それに普及版の「R」もあるけれど、
主力はやはり「S」だろう。
f0076731_21261737.jpg
その「S」のベース車が275万円。
それに11万円出すとリヤスポとアルカンターラパッケージが付く。
286万円だ。

更に21万円出すと、
ザックスダンパー、
ブレンボブレーキ、
専用アルミホイールが付く。

これが「GT」の成り立ちだ。
こう考えると税抜き車両価格307万円は決して高くない。

イエローエディションは
それに5万円出せば買えた。

湿った空気の朝だった。
夕日の中で見たチャールサイトイエローと全く違う。
このクルマなら胸を張って売れる。

BRZには初代インプレッサWRXと同じ血が流れている。
f0076731_21332273.jpg
だから軽くて思い通りに操れる、
最高のスポーツカーに仕上がっている。

いま中津スバルはGCでいっぱいだ。
最も新しく仲間に入ったクルマもあるし、
東京からリフレッシュメンテナンスで預かっているGC8もある。
f0076731_21352268.jpg
車体補修と、
エンジンオーバーホールを待つクーペも自分の順番を待っている。

宮山さんのサンバーも、
いよいよリフレッシュに着手した。

朝の工房前に20世紀のクルマだけが並んでいた。

今でも胸を張って売ることが出来る商品だが、
最新のBRZはもっと胸を張れる。

単なる色替えで、
限定好きな人達を、
あざとく煽る商品ではない。

以前から何度もSUBARUに対して、
「スクールバスイエロー」を止めて欲しいと言い続けた。

それでも作り続けた「やむにやまれぬ理由」は理解している。

ソリッドに拘るからだ。
パールを入れると手っ取り早いが、
スパークイエローのように、
綺麗でも鮮やかさが不足した色になる。

それはいくら綺麗でも、
アグレッシブなスポーツカーに似合わない。

いわゆる「滲んだ色彩」になってしまう。

それはタンジェリンオレンジパールにも当てはまる。

あの素敵な色が、
光線の加減によって濁ったように見えるのは、
パールを入れている事に起因する。

昭和の終わりから平成に掛けて、
特別感を煽ったパールだが、
今はそれほどありがたみも無くなった。

最近では愛機にホワイトパールを選ばない。
その理由もそこにある。
f0076731_13505742.jpg
ショールームにあるタンジェリンオレンジ・パールを、
とても綺麗だと思う。

だがスポーツカーには似合わない。

上手い具合にガラス越しに赤と黄色も見えている。
f0076731_13534936.jpg
ライトニングレッドは色褪せにも強いタフなレッドだ。
その右脇にG4に遮られながら、
美しく発色するチャールサイトイエローが見えるはずだ。

鮮やかな赤や、
パールカラーに比べ、
鮮やかなイエローを塗るのは何が難しいのか。

それは染色性だろう。
そしてイエローは色褪せする可能性も非常に高い。

SUBARUにとって、
イエローは誕生して以来使い続ける、
大切なコーポレートカラーだ。

それに加えスポーツカーこそソリッド色であるべきだ。
そこをあくまでも譲らず、
光輝材を含まないイエローを調色し、
特殊な塗料を使わず明度を上げたボディーカラーが生まれた。

f0076731_21350245.jpg
BRZには必ず重視するドアハンドルも付いている。
彼らは胸を張り鮮やかなイエローで染めた。
f0076731_21355641.jpg
シートとBRZの刺繍も、
鮮やかな黄色に染めた。
f0076731_21363387.jpg
しかしステッチは違う。
イエローのように見えてイエローではない。

理由は二つあるはずだ。

イエローの糸にすると、
あっという間に褪色するが、
金色の糸は褪色しにくい。
f0076731_21365273.jpg
既にSUBARUは、
先代のフォレスターでそれを実証している。
f0076731_21370671.jpg
もう一つの理由は、
SUBARUが拘る0次安全に関わる事だ。
f0076731_21371829.jpg
ステアリングやインパネ加飾パネルなどの糸を黄色にすると、
運転の視界に黄色の糸が入る懸念があり、
少しトーンの落ちるゴールドにしてある。

逆にドアを開けた時のインパクトを高めるために、
シートとドアグリップは思い切ってボディ同色に演出した。

それでいて、
運転に集中できる配慮も忘れない。

今のSUBARUデザインが冴えに冴える一端を見た。

f0076731_21373795.jpg
メーターも精緻になった。
GTにはTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイ付メーターが装備される。
f0076731_21375729.jpg
走り出すとこのように美しく、
ステアリング右側のボタンで自在に表示を切り替えられる。

これまでのようにステアリングから手を離す必要が無い。

静岡から後藤さんがいらっしゃった。
f0076731_21381264.jpg
流石に目が高い。
f0076731_21382729.jpg
心臓部を迷うことなく指さした。
f0076731_21384973.jpg
久しぶりに耐熱縮み塗装の、
アルミ製インテークマニフォールドが採用された。
f0076731_21391166.jpg
スポーツカーは、
やっぱりこれでなくっちゃ!


f0076731_21393749.jpg
ストラットタワーを補強するパーツも、
以前と少し違う気がする。
f0076731_21395278.jpg
イエローとブラックの対比が美しさが際立たせる。
ホイールとドアミラーもブラック化された。
f0076731_21400929.jpg
新しいテールランプとリヤスポもステキで、
全体的にとてもシャープだ。

BRZの文字まで黒色化され、
本当にクールな仕上がりなんだ。


JAFCAが主催する、
オートカラーアウォード2016に、
BRZイエローエディションがノミネートされている。
他にレヴォーグSTIとtegoShiSもノミネートされ、
SUBARUがかなり目立つが、
他社のプリウスイエローやNSXなどもサイトで確認できる。
12月のに審査でどのような評価が下されるのか、
今からワクワクするぞ。


「明るい黄色」と簡単に言うけど、
そう簡単にかないぞ。

工場で塗装する人達はきっとそう思うに違いない。

黄色の塗料は下地が透けやすいので、
実際の作業は大変だ。

しかもSUBARUは混流生産しているので、
BRZを作る工場ではレヴォーグや新型インプレッサもフル生産中だ。

工場見学に行くと解るが、
暇な工場と忙しい工場ではライン速度が違う。

なぜなら納期待ちが3ヶ月以上に広がりつつある現在、
かなり速い速度で生産が続いている。

そこでイエローを塗装すると決断した理由は、
GTが誕生したからだ。
工場の全ての人達が団結して、
GTの量産に向け新イエローを世に出すとの頑張った。

ライン速度を落とさずに、
難しい色が塗れた理由は企業秘密だ。
BRZのイエローだけ、
塗装作業時に特別な工夫が必要だった。

だから台数も限定にせざるを得ない。
狡猾な限定商法ではなく、
Yellow Editionは胸を張れる作品なのだ。

黄色いスポーツカーを見るために、
一宮から永島さんがいらっしゃった。
f0076731_16122839.jpg
いつもお気遣いありがとうございます。
f0076731_16130559.jpg
箱の中には、
美味しい生菓子が詰まっていた。
f0076731_16130681.jpg
羽二重餅だ。
こしあんと粒あんの2種類があり、
形もそれに合わせて変えられている。
f0076731_16125607.jpg
とても美味しく戴きました。
f0076731_16102558.jpg
丁度2台並んでいる、
BRZの塗膜を永島さんと一緒に比較した。
f0076731_16105689.jpg
写真では解りにくいが、
白と黄色で側面の映り込みが違う。
f0076731_16112682.jpg
艶が無いのではなく、
映り込んだ姿が少しぼやける。
f0076731_16111059.jpg
これが透けないための秘密なのか。

少量生産らしい塗り方だ。
デリケートなことを言うヒトには、
売る前に説明が必要だ。

これはガンに秘密があるのかもしれないと思った。
その昔、
SIAでトライベッカを生産する時は、
ガンを凄く近くに近づけ、
ゆっくり塗るのだと教えてくれた。

それはその当時社長だった、
竹中恭二さんから直接聞いた。

でもそれとは全く違うらしい。
ご本人に確かめたが、
今はもう全く分からないそうだ。

SUBARUって本当に奥が深いな。

おわり

トラックバックURL : https://bfaction.exblog.jp/tb/27019246
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ソバのカンちゃん at 2016-11-24 20:39 x
お世話様です。B&Bサスペンションを装着していただきありがとうございました。乗ってビックリしたのは、ハンドリングがダイレクトになり、加速がしやすくなり、ブレーキが安定し、乗り味が自分好みになりました。母もすごく気に入り、興奮して[GC8]に乗ってるみたいと喜んでました!さすが社長さんのセッティングですね!イエローエディションカッチョイ~ですね~
Commented at 2016-11-24 22:36 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by b-faction at 2016-11-25 07:17
ソバのカンちゃん、おはようございます。おかげさまで好評戴いております。苦労して作ったサスなので喜んで戴けて嬉しいです。
Commented by b-faction at 2016-11-25 07:18
ひょっこりさん、取り合わせも良いですね。内装も抜群です。
Commented by のり at 2016-11-25 10:42 x
スノーピークの製品ですが韓国KOVEAが作ってる物があるみたいです。KOVEAのストーブやランタン良い物ありますよ
Commented by こぐぷー at 2016-11-26 02:38 x
イエローエディションはパッと見
レモンイエローっぽく見えましたが
実際がどうかは実物を見ないとかなですね
と言いつつ、内緒に持ってるFDから
ドイツの水平対向に替えたので
雪の影響が今後でない限りは、月曜
いらっしゃるようでしたら熊本土産を
持ちつつ見に寄りたいと思います。
見れなかった360のDVDも見たいところです
Commented by b-faction at 2016-11-26 07:06
のりさん、参考になりました。スノーピークはいわゆるセレクトショップなんですね。
Commented by b-faction at 2016-11-26 07:12
こぐぷーさん、思わぬ展開ですね。月曜日は午前中なら大丈夫です。お昼から予定があります。
Commented at 2016-11-26 11:28 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by b-faction at 2016-11-26 16:27
ひょっこりさん、お察しの通り塗料は全く普通で特別なモノではありません。工場のラインでお値打ちに塗るのが大変。限定で出さないと難しいんですね。そこに秘密があり僕も知りません。だから最近の限定色商品とちょっと違います。カラーコードはボディに書いてあるはずなのでまた見ておきます。何しろ価格表もないので。
Commented at 2016-11-26 17:35 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by b-faction at 2016-11-26 18:23
ながいさん、お楽しみに。ちょくちょくアップしますね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by b-faction | 2016-11-24 18:17 | Trackback | Comments(12)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
カレンダー