人気ブログランキング | 話題のタグを見る

BRZの灯火器を考察

BRZもトランクリッドを持つ。

実はこれが有るか、
それとも無いのかで雲泥の差が生じる。

ピュアスポーツカーか、
あるいはスポーティなハッチバックなのか。

スポーツセダンは別のジャンルだ。
スバルにはインプレッサのことを、
「ピュアスポーツセダン」と呼ぶ時期があった。

これは猛烈なコンプレックスから生まれた言葉だ。

理由は簡単だ。

ピュアスポーツカーを作れるフィールドを持たなかった。
それだけのことだ。

ところが、
スバルは一気に蛻変した。

スポーツカーにふさわしいエンジンを、
ぜひうまく活かさないかというパトロンが現れた。

トヨタとのパートナーシップは、
スバルにとって最良の解だった。

ドイツのダイムラーは世界で初めて自動車を開発したが、
それはカール・ベンツという優れた男の発明だ。

こうして質実剛健なベンツブランドが誕生した。
次いで、
隣国オーストリアにパトロンが現れた。
BRZの灯火器を考察_f0076731_16243795.jpg

その貴族はダイムラーに高性能なスポーツカーをオーダーした。
ダイムラーの技術者だったマイバッハは、
その要求に見事にこたえた。

灯火器の独創性にも目を奪われた。
BRZの灯火器を考察_f0076731_16242248.jpg
メルセデス シンプレックス。
この名前を何度聞いても鳥肌が立つ。
BRZの灯火器を考察_f0076731_11164549.jpg
The oldest Mercedes still in existence.

4気筒
6785cc
40馬力
最高速度時速80km

娘と一緒にここへ来たときも、
「こいつが一番だ」と意見が一致した。
BRZの灯火器を考察_f0076731_16245367.jpg

これが現存する最古のメルセデスだ。
BRZの灯火器を考察_f0076731_11382712.jpg
スポーツカーの原点だろう。

BRZの灯火器を考察_f0076731_11380117.jpg
質実剛健な車を作ると、
素晴らしいスポーツカーが生まれる土台ができる。
BRZの灯火器を考察_f0076731_10573529.jpg
最新型のインプレッサに、
スタッドレスタイヤを装着した。
格好よく18インチホイールを付けていたので、
16インチのスタッドレスにインチダウンすると、
足元が貧相になるかと心配した。

ところが悪くない。
ホイールをサイズダウンしても素敵なスタイルを維持。
BRZの灯火器を考察_f0076731_10575064.jpg
ダイナミック×ソリッドの真価を見た。
テールランプに文句が多いけど、
造形は決して悪くない。
BRZの灯火器を考察_f0076731_11463829.jpg
流体力学を分析し、
空力を考えた彫の深いデザインだ。

新コンセプトを全て注ぎ込まれたインプレッサを、
横目で見ながらBRZのモデルチェンジは進んだ。

車体剛性のあり方に、
ボデコンのスパイスが振り掛けられ、
デザインにはD×Sのスパイスが振り掛けられた。

最近登場したスバルで、
一番好きなクルマはBRZだ。

一般的にスポーツカーは使い勝手が悪い。
確かに制約があるけれど、
乗り方さえ工夫すれば苦労はない。

トランクリッドはセダン以上に大切な役割を持つ。
手回り品をぽんぽん気軽に詰め込めさえすれば、
決して不便な車ではない。
BRZの灯火器を考察_f0076731_20450866.jpg
トランクにやはりガーニッシュを持つが、
今後は持たない方向で作ることも可能になった。
BRZの灯火器を考察_f0076731_20451776.jpg
次のモデルチェンジが楽しみだ。
今やデザイン力で完全にトヨタを抜いたと思うからだ。

こうして並べると、
最新のBRZが良くなったことが凄く分かる。
BRZの灯火器を考察_f0076731_20453600.jpg

渋いブラックのホイールから、
ちらりと見える赤いキャリパーは、
第一級のスポーツカーとして通用する証だ。

それにしても、
実物のイメージを写真で表現できない色だ。

かわら版に使うつもりで撮影しても、
感じるイメージを残せない。
BRZの灯火器を考察_f0076731_20461451.jpg

このイメージが一番近いが、
今朝撮った写真は赤みがかってしまった。
BRZの灯火器を考察_f0076731_20455595.jpg

絶好の天気で朝日なら赤みが掛からないと思ったが、
BRZの灯火器を考察_f0076731_21415796.jpg

うーん残念。
BRZの灯火器を考察_f0076731_21413736.jpg
でもリヤビューはかなり良くなった。
このクオリティなら満足できる。
この角度からチャールサイトイエローのボディを見ると、
むしゃぶりつきたくなるほどステキだ。

今度の改善で灯火器が素晴らしくなった。
ディティールを紹介したい。
BRZの灯火器を考察_f0076731_10565089.jpg
以前のテールランプはメッキとクリアレンズが目立つ。
BRZの灯火器を考察_f0076731_10570781.jpg
新型のテールランプには、
BRZの灯火器を考察_f0076731_10571953.jpg
彫りの深さがある。

フロントも良くなった。
BRZの灯火器を考察_f0076731_10562663.jpg
リヤビューに比べ、
フロントフェイスが抜群過ぎた。(笑)
新型インプレッサも同じ韻を踏んだのかな。

今度のモデルチェンジで、
ハンサムフェイスに磨きがかかった。
BRZの灯火器を考察_f0076731_10563665.jpg
もう言う事無いね。

まだまだ慣らし運転も全く進まない。
かわら版作りに没頭しようと思ったが、
どうしても書き足りなくて更新した。

ひと段落したら、
雪が降る前にタイヤテストをするつもりだ。

次のブログで、
その様子を紹介しよう。

お楽しみに。

終わり

Commented by pastel at 2016-11-27 13:24 x
こんにちは
この間、東京湾アクアラインのトンネルで新型BRZを見かけたたのですが、
ライトを付けたときのテールランプの光り方が思いのほかかっこいいですね。
カタログなどで見た感じではほぼ横一直線な光り方であまりかっこよくないなあなどと思っていたのでいい意味で裏切られました。
前期型もそうなんですがBRZって写真と実際見るのとでは印象が大きく異なる車ですね。
GT納車の連絡早くきてほしいです
Commented by b-faction at 2016-11-27 14:06
pastelさん、自分で走ってる姿は見ることできませんので、そういう時には思わず後をついて走ってしまいますね。納車されたらご一報ください。
Commented by やまかつ at 2016-11-27 18:56 x
ダイムラーベンツAGと中島飛行機
メルセデスベンツと富士重工業(スバル)
第二次大戦後、どちらも翼をもがれて、陸に降り立った空の勇者ということですね。
Commented by b-faction at 2016-11-28 07:07
はい。そうです。やまかつさん、ゲルマン民族は凄い。彼らとなぜ同盟国になったのかドイツに行くと理由を体で感じます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2016-11-27 12:13 | Comments(4)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31