インプレッサの誘惑

マニュアルミッションのクルマは操作が面倒だと良く言われる。
やはりクラッチ操作が一手間も二手間も余計だからだ。

それにしても良く集まった。
良い風景が広がっている。
インプレッサが大集合だ。
f0076731_13464274.jpg
会社中にマニュアル車があふれている。

初めてご来店された若い女性のお客様に、
買い置いてあった最終型の5速マニュアル搭載車が売れた。

ヴィッツから乗り換えられた理由は、
教習所で乗ったMT車の楽しさが忘れられないからだとおっしゃった。

確かにMT車は愉しい。

展示車の品質を確認するため、
新しく入ったGH系を一気に試験走行した。
f0076731_13470246.jpg
これはオートマチック車だが
比較的走行の少ないFWDだ。
f0076731_13480002.jpg
まずこれからからスタートした。

小排気量で前輪駆動だと軽くて操縦性が良く、
本当に走らせて楽しい。
入門機として最適なクルマだとつくづく思う。

軽自動車も良いけれど、
あれでは運転を上達させることが難しい。

三代目インプレッサはクルマ好きに是非お勧めしたい優れものだ。
f0076731_13503653.jpg
次に乗ったクルマはSリミテッドだ。
ほとんどSTI並みの装備を与え、
FWDのお買い得感と融合させたヒット車だ。
f0076731_13530742.jpg
ベーシックカーをここまで演出した所が受けて、
最終モデルでも良く売れた。
今でさえ人気が高い。

それもそのはずだ。
プッシュスタートシステムを始め、
f0076731_13595741.jpg
レッドルミネセントメーターなど豪華絢爛で、
パドルシフトまでついている。
f0076731_13541542.jpg
電子制御の四速なので、
五速や六速ほどではないが楽しく操れる。
乗ってみて人気の高さが解った。
エクステリアもかなり格好良い。

二台一気に乗って展示場に戻ったら、
f0076731_13573885.jpg
GH型の一番好きな部分が眼に留まった。
質の高いデザインだと思う。

次は5速マニュアルのターボだ。
f0076731_14043902.jpg
STIではないが、
これにはナローボディの良さがある。
f0076731_14055353.jpg
クルマの質も良い。
念のために長い距離で性能を確認する。
クラッチもオーバーホールして、
徹底的にリフレッシュしたからだ。
f0076731_14064671.jpg
マニュアル操作には余計な手間がかかるけど、
身に着けてしまえばそれほど苦労する事は無い。

昭和50年代までマニュアル車が主流で、
MT車が当たり前だった。
オートマチックトランスミッション車と言えば、
体の不自由な人が乗るクルマだという認識も当たり前だった。

もっと強く言えば、
健常者はATなんか選ばない、という風潮も感じた。

それが徐々に逆転してゆく。
油圧技術がどんどん向上し、
機械制御から電子制御に変わった。

ATの変速がより正確になり、
高性能なクルマに当たり前の装備となった。
30年以上経つとすっかり市場構造が変わりMT車は消えつつある運命かと言うと、
それが決してそうではない。

いくら正確とは言えども、
思い通りに走らせるにはマニュアル操作が一番だ。
クラッチのない2ペダルと言うのもあるが、
あれほどフラストレーションの溜まるものは無い。

クルマの運転とセックスには近いものがある。

クラッチを滑らせてシフトロッドを動かし、
ギヤを入れたらスッと繋がるから気持ち良い。

そこが簡単に思い通りにならないので、
思い通りになると気持ちが良い。

単純に言うとそういう事だ。
f0076731_14171747.jpg
S-GTでいつものコースを走ると、
すっかり雪景色に変わっていた。

気温は摂氏3度だからサマータイヤの限界を超えている。
f0076731_14183776.jpg
注意して走りながら、
連続して同系のクルマを比較した。

4WDターボのMT車はやっぱりいいね。
急なトルクの立ち上がりが無く、
クルマが軽い。

その辺りは重くてピーキーなSTIより質が高い。
5速マニュアルは運転操作も楽で、
駆動系の重量も相対的にかなり軽い。

このクルマの良さはそこに凝縮している。

連続してテストが続いた。
f0076731_14215624.jpg
同じ道を整備完了後のフォレスターで走った。

直噴ターボのリニアトロニック。
豪快な走りだ。

走り始めは摂氏一度だったが、
途中で遂に氷点下になった。
f0076731_15085045.jpg
11月の三週目だというのに、
この冬は到来が早い。

そんな天候もあり岐阜から土屋さんがいらっしゃった。
f0076731_14384900.jpg
天候を考え点検して冬支度をするためだ。

現在岐阜新聞社の大垣支局で、
経済欄を担当しておられる。

中津川に赴任されていたころからの付き合いだ。

久しぶりに二人で「あお木」に行った。
f0076731_14394102.jpg
彼はチャレンジャーだ。
ざるそばを3枚を楽々とたいらげた。
若いし鋭気がみなぎっている。

冬タイヤにコンチネンタルを選ばれた。
彼の愛機は6速マニュアルのレガシィだ。
コンチとスバルの6MTは絶好のコンビ。

入れ替わるように静岡から後藤さんがいらっしゃった。
やはり冬将軍に備え、
スタッドレスタイヤを購入された。
f0076731_14445903.jpg
ジャーナリズムに絡む人々にとって、
コンチネンタルの論理性は馴染みやすい。

後藤さんの愛機も6速マニュアルだ。
迷わずコンチにされて正解だろう。

いつも美味しいお土産をありがとうございます。
f0076731_15144923.jpg
この豆大福は最高の味だ。
f0076731_14454031.jpg
娘が先につまみ食いし、
「お父さん、あれ食べた?滅茶苦茶美味しいぞ」と男言葉で話しかけてきた。
f0076731_14483457.jpg
理性を奪うほど美味いようだ。

豆と一緒に何かを入れる秘密のレシピだ。

f0076731_14484734.jpg



忙しさもひと段落し、
来月のかわら版を作り始めた。
f0076731_14240407.jpg
トップ画像を何枚か撮影した。
f0076731_14245219.jpg
朝の時間を狙ったが、
光の具合がままならず正しい色が再現できない。

思うようにならないので、
一旦あきらめたが思い直した。

もう一度光を待とうと思った。
雨が上がり晴れ間が見えた。
f0076731_14254932.jpg
やっと正確なチャールサイトイエローを再現できた。
これぞ真のイエローだ。

撮影した画像をパソコン上で整理する時、
ふと気が付いた事がある。
f0076731_14372432.jpg
カメラの操作と、
自動車の運転スキルだ。

以前ならデジタルカメラではなく、
銀塩フィルムの一眼レフで撮影した。
f0076731_14375342.jpg
このフィルムは高かったし、
現像代にも金がかかる。
モニター上で簡単に確認するなど、
当時では到底無理だった。

だから例えワンショットでも失敗したくなかった。

今のように只ではないので、
失敗が許せなかった。

そのせいだろう。

いつも最初の写真が一番良い。

何度か取り直しても、
光の具合が悪ければ、
後の写真は無駄にしかならない。


この「一発にかける」と言う気持ちも、
マニュアルシフトに通じる事だろう。

例えばマニュアル車にもオートマチック車にも乗れる人でも、
オートマチック車に乗ると運転が雑になる人が多い。

ここ一発の緊張感が無いと、
どんなに上手でもだんだん技が錆びる。

カメラ任せで何枚とってもうまく撮影できないように、
クルマ任せで雑な操作を繰り返すと、
運転が下手になるばかりで少しも面白くなくなるのだ。

自己流から脚を洗い、
死ぬ気でドイツ流の極意を習うようになってから、
これまでより更に運転が面白くなった。

苦労して得た成果を少しでもスバリストに伝えたい。

こうしてドライブエクスペリエにたどり着いた。

今年もこれまで沢山の人と走ったが、
役に立たないと言われた人は皆無だった。

これからも満足度100%を維持できるように努力したい。

新型車の準備が進まず、
待ち遠しい人もいるだろう。

早急にBRZから立ち上げたいと思う。


それと早いもので、
あっという間に二年が過ぎた。

今年も
フォルクスワーゲンのオフ会が開かれる。

それに先立ち中村さんがいらっしゃった。
f0076731_15003943.jpg
お土産をありがとうございました。

滋賀には良い酒がたくさんある。
f0076731_14490144.jpg
今夜が楽しみだ。

今回も日本中から沢山の人たちが集まるそうで、
中津スバルにもお立ち寄りになるそうだ。

またイベントにおけるトークショーで、
中村さんを相手に少し語ることになった。

どんな話になるか、
ぜひ楽しみにしてほしい。


トラックバックURL : https://bfaction.exblog.jp/tb/27090255
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ひょっこり at 2016-12-01 20:45 x
社長こんばんは。

MTは「愉しみ」がいっぱいですよね。

これにシフトストロークの程よさと操作力、ギヤ比が開いているのか詰まっているのか。クラッチでは、ミートポイントや踏力、フットレストとの位置関係なんかが加わると「気持ちよさ」に変わる。いつもの通勤路でそんなことを感じながら走っています。

特にボクのクルマは非力ですから頻繁な変速になるのですが、それがまた愉しみなのです。

あくまでもパフォーマンスではなくフィーリングがイイ車は飽きが来ないと思っています。
Commented by b-faction at 2016-12-01 23:10
ひょっこりさん、こんばんは。
MTに乗るとクルマを支配下に置いた実感がわきますね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by b-faction | 2016-11-28 15:21 | Trackback | Comments(2)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction