スバルとフォルクスワーゲンの共通性

フォルクスワーゲンのゴルフ7を徹底的に意識した。
f0076731_12090252.jpg
ようやく第一号車が届いた。
丁寧にコーティングが始まった。
f0076731_12091639.jpg
実物を初めて見た。
ダイナミック×ソリッドのデザインコンセプトに、
ダークグレー・メタリックが意外なほどよく似合う。

パール一辺倒から、
ソリッドやメタリックの良さに回帰している。

気持ちよい朝だ。
洗車が快感だった。
f0076731_11452131.jpg
鮮やかなチャールサイトイエローは、
スバルのピュアスポーツカーの行く手を暗示する。
足元のカラーコーディネートが素晴らしい。
f0076731_11460793.jpg
タイヤも良い塩梅に一皮剥けた。
f0076731_11464281.jpg
コンチネンタルの本領を発揮させる時が、
もうじきやってくる。
f0076731_12221247.jpg
土曜日にフォルクスワーゲンの集まりが開かれた。
f0076731_12132588.jpg
中津川での開催は、
二年ぶり二度目となる。

彼らとの触れ合いは実に心地よい。

とてもクルマが好きで、
飼うように可愛がるからだ。
f0076731_12153093.jpg
彼らの間には、
ボンネットを少し開けて駐車する流儀がある。
f0076731_12154169.jpg
理由を尋ねると、
少しでも長く愛用するために、
ターボチャージャーの熱をエンジンルームから逃がし、
f0076731_12155286.jpg
樹脂類の劣化を防ぐためだと言う。

この愛が素晴らしい。

ミーティングのプログラムに、
トークショーが組み込まれていた。
f0076731_12190152.jpg
実にアットホームな雰囲気で、
話しを聞いて戴いた。

スバルとフォルクスワーゲンの違いは何ですか。

もしそのように聞かれたら、
ピュアスポーツカーを持つのか、
それとも持たないか、
その違いだと答える。

ただしフォルクスワーゲンは、
ポルシェと言う存在や、
アウディと言うプレミアムブランドも擁する、
f0076731_12302361.jpg
巨大なコングロマリットだ。

だからフォルクスワーゲンには、
ピュアスポーツカーが必要ない。

その代わり飛び抜けて高性能な乗用車がある。

そこにスバルとの面白い共通性がある。
f0076731_12195484.jpg
荒川さんにお土産を戴いた。
f0076731_12200567.jpg
中身は美味しいラスクだった。
f0076731_12213035.jpg
娘と二人でこっそりと戴きました(笑)

ありがとうございました。
f0076731_12282453.jpg
フォルクスワーゲンは、
2ドアクーペやセダンで面白いクルマを沢山作る。
f0076731_12084042.jpg
方やスバルは、
その分野をセダンとワゴンに特化した。
f0076731_12080800.jpg
そして、
かつて所有していた2ドアクーペを捨て、

2ドアは潔くピュアスポーツカーだけと定めた。

そこが成功の証だろう。
2ドアをFRのライトウエイトスポーツカーに特化し、
伝家の宝刀を磨き続けている。
f0076731_12075427.jpg
それが4ドアセダンのスーパースポーツカーだ。
それを徹底的に極め続け、
さらに将来も磨き抜く。


このリンクを見ると、
「スバルの歩む道は間違いなく正しい」と、
明らかに証明されている。
f0076731_12082536.jpg
フォルクスワーゲンも正しい道を歩いている。
それはどうしてか。
f0076731_12193834.jpg
ゴルフにはスバルに無い味が全て揃っているからだ。

何事においても言えるが、
究極を求め続けた者同士には相反する魅力がある。

スバルも最高だし、
フォルクスワーゲンにも強烈な魅力がある。

f0076731_12222766.jpg
いつものポーズでオフ会を締めて戴いた。
ありがとうございました。

新型インプレッサは、
これまでのスバルが持てなかったことを、
数多く具現化する事に成功した。

フォルクスワーゲンに乗る人と、
スバリストには同じ雰囲気を感じる。

この中にかつてスバルを乗り続けた人が沢山居る。

またご子息がスバルのメカに新規採用された人も居る。

今ももう一台スバルを持つ人も居る。

「スバルを買うならこの店で買いたい」
そう仰って戴いた人も居る。
f0076731_12315481.jpg
オフ会の後、
多くの方に中津スバルを見学して戴いた。
f0076731_12384620.jpg
皆さん、
また是非お目に掛かりましょう。

f0076731_12391743.jpg
中村さん、
社員にお土産をありがとうございました。

フォルクスワーゲンを愛するようなお客様が、
今後スバルにも益々増える。

そんな気がしました。

いつも貴重な機会を頂きありがとうございます。
今後ともよろしくお願い申し上げます。

トラックバックURL : https://bfaction.exblog.jp/tb/27188643
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by タナベ at 2016-12-06 20:02 x
新しいインプレッサが届いてまず行ったのがボディへのコーティングでした。コート剤を塗りこむ際にこれまでのスバルと明らかにな違いに「これがダイナミック+ソリッドか!」と視覚的にでは無く触れる事で感じたのは予想外でした。
発売前に「ゴルフを超えた、ゴルフより良い」と言うコメントが出て来るはずだと聞いていましたが、時々ゴルフを買ってしまう私は早く比較したくてたまりませんでした。
実際に試すと両社の思想の違いを感じました。これが味の違いなのではと思ってます。
いずれにせよ今度のインプレッサは日本車のレベルを大きく引き上げた事は間違いないと思います。しかもそれをスバルがやってくれた事、喜ばしい限りです。
Commented by 太郎 at 2016-12-06 20:40 x
こんにちは、

今日 クルマは コモディティ(白モノ家電)化
しつつ も あります。
まわり( 恣意的な 情報や 一方的な 情報 )に
右往左往 する コト なく
カー な ライフ を 送りたい モンです。

僕の 前に カー な ライフ は ない、
僕の 後ろに カー な ライフ は 出来る。
Commented by jjtank at 2016-12-07 22:21 x
昔からある車種を大切にし熟成させる点、またエントリーモデルでも手を抜かず、フラッグシップ同様の装備をインストールする点(ダウンサイジングターボやアイサイト)は両社に類似性があり、企業方針に好感が持てる部分です。
Commented by b-faction at 2016-12-08 16:31
タナベさん、返事が遅くなりました。スバルの人達、そんな事言ってましたか。僕は切磋琢磨だと思っています。生き残れるメーカーですね。
Commented by b-faction at 2016-12-08 16:33
太郎さん、返事が遅くなりました。こんにちは。
クルマは飼うものですね。そうすると自然に良い関係が作れます。お互い楽しみましょう。
Commented by b-faction at 2016-12-08 16:34
jjtankさん、その通りですね。だからはVWオーナーの皆さんと話していると時間を忘れます。楽しいですからね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by b-faction | 2016-12-06 07:42 | Trackback | Comments(6)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
カレンダー