人気ブログランキング | 話題のタグを見る

スバルの生誕100周年をどう考えるか

11月に届いたtSを、
ショールームに飾ったまま2ヶ月が過ぎた。
スバルの生誕100周年をどう考えるか_f0076731_22012748.jpg

本当はもう少し早い時期から乗りたかったが、
昨秋はそれどころでは無い忙しさだった。

年末からようやくtegoShiに出番が来て、
良き相棒として活躍が始まっている。

ところがだ。

このクルマを含め、
XVの受注を締め切る通知が届いた。

最近の納期長期化から考えれば、
当然の成り行きだ。

このシステムはレヴォーグから始まった。
あの時と同じように、
先行受注を始めるのだろう。

浮足立つ必要は無い。
本格的なデリバリーは秋口だ。
次のXVはまだ本格的な認証も取れていない。

なにしろ、
昨年の夏に発表されたインプレッサも、
ようやく今月から1.6リットルの流通が始まった。

半年前からクルマを見せ、
正確な生産見込みを立て、
本当に欲しい人に早く渡す。

そのための手法として、
先行受注は良い方法だ。

ただ実に惜しいと思うのは、
tegoShiの良さが十分知れ渡っていないのに、
今月の22日で現行型が受注の最終受付となる事だ。

次のXVは一回り大きいので、
現行のコンパクトなボディに、
6気筒エンジンのソースを仕込んだ味わいは出せない。

ガソリン仕様も含め、
小さいクルマが好きな人は注文を急いでほしい。

現行型の性能はかなり高いので、
今買って置いても損は無い。

これは一昨年の秋に、
XVがビッグマイナーチェンジした時のブログだ。


改めて読み直して欲しい。
年改後の特徴が良く分かるから参考になるはずだ。

ここから、
なぜXVがSTIコンプリートの対象になったのか、
明確に理解できた。

昨年末のテストでも、
tSのスポーティーな素質は良く分かったけれど、
なぜスポーツハイブリッドをベースにしなかったのか、
その理由も明快だった。

STIならスポーツハイブリッドがベースだと、
もっとスポーティになる、と普通の人なら考えるだろう。

ところがダンパーストロークが足りないのと、
当時はリヤシャシーの剛性が今のレベルに無かった。

しかし、
それにしても「縁」を感じる。
100年を迎えるに当たり、
色々なアイディアや様々な人達との交流が生まれた。

その動きの端緒が、
この日の掃除に現れていた。

年末の清掃ルーティンで、
SABを片付けた時のことだ。

スバルの生誕100周年をどう考えるか_f0076731_22014071.jpg
小森さんから奉納されたパーツの中に、
不可思議なバンパーが含まれていた。
スバルの生誕100周年をどう考えるか_f0076731_22015346.jpg
FRPで作られていて、
ちょっと見た目にはかなりのデザイン力を感じた。

積み上げておくにもったいないので、
SAB装飾として吊すことにした。
スバルの生誕100周年をどう考えるか_f0076731_22020694.jpg
SVXの部品であることには間違いない。
それを吊ったり、
大物の外装部品を整頓する内に、

スバルの生誕100周年をどう考えるか_f0076731_22022088.jpg
シートの整理を思いついた。
スバルの生誕100周年をどう考えるか_f0076731_22023287.jpg
タイヤを保管するために作ったラックだが、
シートを置いても様になる。

初代インプレッサWRXに装着された、
通称「烏賊シート」は今のレベルで考えても素晴らしい出来だと考えている。

スバル史上、
最強の戦闘力を持つマシンを、
絶対に忘れないし今後も高性能な姿で維持する。
スバルの生誕100周年をどう考えるか_f0076731_22024528.jpg
100周年を目前に控え、
改めてその思いが強くなった。


最強の戦闘機を開発した会社だからこそ、
いつまでも最強の戦闘力を求めねばならぬ。

それは宿命だ。

そこで本館に飾っていたシートを全て移動した。
オレンジ色のレザーシート等、
いつか必ず役立ちそうな座席を全て綺麗に清掃して並べた。
スバルの生誕100周年をどう考えるか_f0076731_22030099.jpg
SVXの立派なシートもある。
これを持つと500マイルカーの凄みが伝わってくる。
スバルの生誕100周年をどう考えるか_f0076731_22031388.jpg
凄く重くて安定感のあるシートだ。

スバルは6気筒を止めてはいけない。
改めてそう思った。


年末のテストで美しい富士山の姿を見た。
スバルの生誕100周年をどう考えるか_f0076731_22032415.jpg
富嶽。
それは中島知久平がたった一人でも実現させようとした、
極秘作戦だった。

6発の発動機を抱く、
超重量爆撃機の製造構想、
それを「Z機計画」と言う。

STIと一緒になって、
どうしても100周年に6気筒エンジン搭載車をデビューさせたい。

スバルマガジンも賛同してくれた。
20年近く眠っていたSVXを復活させ、
取材活動を通じてその素晴らしさをもう一度世に問う。
スバルの生誕100周年をどう考えるか_f0076731_22033653.jpg
仕事始めの対象をSABに定めたのも、
そんな思惑からだ。

スバルの生誕100周年をどう考えるか_f0076731_22034965.jpg
もう一つは中津スバルとして何が出来るかという、
全く新しい方向性の模索だ。
スバルの生誕100周年をどう考えるか_f0076731_22040319.jpg
「インプレッサハウス構想」

スバルの強力なウエポンを、
永久に輝かせるためのゲストハウスだ。

この施設は公開しない。

インプレッサを愛する人達のために、
車検や車の購入をされた時に滞在してもらう。

遠方からのお客様が増えているので、
気兼ねなく宿泊も出来て、
心も体もどっぷりとスバル漬けになれる場を作る。

それが中津スバルとして100年を祝う事業になる。

やると言ったら必ずやるので、
期待して欲しい。
スバルの生誕100周年をどう考えるか_f0076731_22041719.jpg
願いを叶えるために、
諏訪大社に初詣した。

諏訪大社も奥が深い。
何しろまだこの時は、
この神社がどういう位置づけで何なのかも良く分かっていなかった。

温泉に惹き付けられるように来てしまった。

近い所だが、
ここに来たのは初めてだ。

正月の疲れを吹き飛ばすために、
少し自分へのご褒美も与えた。
スバルの生誕100周年をどう考えるか_f0076731_22043011.jpg
値段が高いとやはり良いモノが出る。
最高の桜肉だった。

そして諏訪のウナギがこれほど旨いと初めて知った。
スバルの生誕100周年をどう考えるか_f0076731_22044410.jpg
初売りでサンバーを購入して下さった今井さんから、
「是非行って下さい」と教えられたうなぎ屋で、
初丼を食べた。
スバルの生誕100周年をどう考えるか_f0076731_22045975.jpg
ふっくら肉厚のウナギは、
中津川では絶対に食べたことの無い味だ。

XV HYBRID tSの味も、
濃くて旨いので、
ウナギと相乗効果でより一層美味しく感じる。

スバルの生誕100周年をどう考えるか_f0076731_22051283.jpg
諏訪湖を眺めながら、
この場所がとても気に入った。

しばらく足繁く通うとするか。

何しろパワフルな気を感じる場所だ。

スバルの生誕100周年をどう考えるか_f0076731_22052443.jpg
湖畔で見る諏訪湖の水は、
予想していたより遙かに綺麗だった。
スバルの生誕100周年をどう考えるか_f0076731_22054495.jpg
だが気になることも多い。
スバルの生誕100周年をどう考えるか_f0076731_22061551.jpg
大量の不気味な物体が打ち上げられていた。
近くで見るとぎょっとするような形をしている。
スバルの生誕100周年をどう考えるか_f0076731_22063051.jpg
花火の残骸かとも思ったが、
どうも違うようだ。

これが何物なのか、
知っている人がいたら是非教えて欲しい。

地元の人も知らないようだ。
スバルの生誕100周年をどう考えるか_f0076731_22064068.jpg
ここにも中仙道があった。
ここをまっすぐ行けば、
望桜荘にたどり着くわけだ。

急に親しみがわいてきた。
スバルの生誕100周年をどう考えるか_f0076731_22065213.jpg
下諏訪温泉も舐めていた。
こんなに凄い温泉とはつゆ知らず、
スバルの生誕100周年をどう考えるか_f0076731_22070927.jpg
無謀にも地元の人達に挑戦し、
無残に砕け散った。

お見それしました。
湯温47.6度に、
涼しい顔してはいる気合いに押されっぱなしだった。

何とか頑張って全身浸かって出たモノの、
思わず洗い場で地団駄を踏むほど熱かった。

しかし、
大いなる鋭気をカラダに得ることが出来た。

関市から小森さんがいらっしゃった。

スバルの生誕100周年をどう考えるか_f0076731_22072445.jpg
昨年の春にR2を奉納され、
美しく飾られた姿をご覧戴いた。

とても喜んで戴けたので、
手入れした甲斐があった。

まだ動くようになるまでには、
少し時間が掛かる。
でも、
きっと元のように元気な姿を見せるはずだ。

スバルの生誕100周年をどう考えるか_f0076731_22073755.jpg
素敵なお年賀を戴いた。
みんなで美味しく戴きました。
ありがとうございました。

そして初泳ぎにチャレンジ。
スバルの生誕100周年をどう考えるか_f0076731_22074907.jpg
大勢の人が泳ぐ混んだプールで、
29分32秒49。
1000mの距離が少し長く感じたが、
すぐに調子は戻るだろう。

今日も新しいお客様が増え、
若者の初スバル選択の一助となれた。

今週末には東京オートサロンも開かれる。

そこではビッグサプライズが待ち受けている。

是非報告を楽しみにして欲しい。

Commented by 信博 at 2017-01-08 23:11 x
初めてコメントさせていただきます。下諏訪町に住んでいるものです。ブログも楽しみにしています。
さて、黒い物体ですが、水草(ヒシ)の種かと思います。
(下諏訪町の温泉は熱めが多いです。中でも旦過の湯は一番熱い温泉ですね。)
Commented by ぐちやん at 2017-01-09 00:54 x
遅ればせながら、あけましておめでとうございます。
6月の50周年イベント時に三重からお邪魔させていただいたものです。

黒いものはヒシ藻の種だと思いますよ。
その昔忍者が巻き菱にも使ったらしいですよ。w
Commented by ume at 2017-01-09 02:45 x
はじめまして。
福井のumeと申します。いつもブログを、拝見させていただいてます。
早速ですが、皆さんからの回答にもありましたが、菱(ヒシ)の種子だと思います。琵琶湖など夏になれば水面を覆い尽くしてます。
いつかは、お邪魔させていただいて、22Bを拝見させていただきたいと思っております。
Commented by b-faction at 2017-01-09 10:09
信博さん、コメントありがとうございます。下諏訪町は素敵な街ですね。あれがヒシですか。ありがとうございました。旦過の湯にはまりました。極めます(笑)
Commented by b-faction at 2017-01-09 10:11
ぐちやんさん、あけましておめでとうございます。なるほど、「巻き菱」の語源なんですね。勉強になりました。ありがとうございました。
Commented by b-faction at 2017-01-09 10:13
umeさん、コメントありがとうございます。ヒシは厄介者なんですね。よく考えたら琵琶湖も近くまで行ったことが無いんです。一度訪れてみます。ぜひ22Bに会ってやって下さい。お待ちしています。
Commented at 2017-01-09 13:13 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by マウザァ at 2017-01-09 15:06 x
かなり遅れましたがあけましておめでとうございますm(__)m今年もレガシィ共々よろしくお願いしますm(__)m あの黒いものはたぶん水草の種子だと思われますが あくまでもたぶんですが
Commented by b-faction at 2017-01-09 16:15
ひょっこりさん、いつもありがとうございます。それは楽しみです。
Commented by b-faction at 2017-01-09 16:32
マウザァさん、あけましておめでとうございます。今年こそ美味しいお蕎麦を食べに行きますね。
Commented by SIN at 2017-01-09 17:10 x
昨日所用で名古屋から東京に戻る際に中央道を走行していたのですが、中津川で雪のため通行止めとなり強制退去となったため、中津川に降り立ちました。夜中ではあったのですが、御社前をうろうろしてしまい(不審者ですね・・)、ここが中津スバルか・・と一目みてから中山道をひたすら走りました。
長野県に入るとかなりの大雪ではありましたが、さすがVTD-AWD(BP5 F型 GTアイサイト)の底力といいますか、なんの不安もなく須玉まで走り切り、中央道に再度乗り込みました。
こういった走行シーンでの性能が大きなアドバンテージなのですよね。
今度は日中にお邪魔したいと思います。
失礼しました。
Commented by 三太郎 at 2017-01-09 17:20 x
遅れましたが明けましておめでとうございます。貴社の益々のご繁栄をお祈り申し上げます。
さて諏訪大社ですね。私も大好きな神社です。個人的に元宮では不思議なエネルギーを感じました(私はそうした事には鈍感ですが)。特にお社の後方で。参拝の折、お時間ありましたら是非。
Commented by naka at 2017-01-09 18:00 x
こんばんは。
今、現行XVを購入しようか、FMを待つか迷っていますが、このブログから読み取りますと次期XVは重く大きくなり、あまり期待はできないということでしょうか?
Commented by b-faction at 2017-01-09 21:11
SINさん、お疲れ様でした。僕も昨日は帰宅する際に看板を見て驚きました。行こうと思えばどこまでも・・・・。これがスバルらしさですね。是非またお越し下さい。
Commented by b-faction at 2017-01-09 21:14
三太郎さん、あけましておめでとうございます。貴重な情報をありがとうございます。下諏訪周辺を知り尽くしたら次は南側を探求しますね。元宮に行くのが楽しみです。
Commented by b-faction at 2017-01-09 21:18
nakaさん、こんばんは。待てるなら待てば良いと思うし、tSを気に入ったのなら今買って損は無いですね。6気筒エンジンをもう買うことは出来ないし、その味が出せる新車はこのクルマしかありません。次期XVは大きいから意味があります。存在感抜群です。ただし多分納車は秋まで掛かりますよ。
Commented by kai at 2017-01-10 17:48 x
はじめまして。
社長のブログから6気筒の味に興味が湧きtSを契約しました。
インプS-GTとはまた違った味が楽しみです。
オレンジホイールの季節にtSでお邪魔してみたいと思います。
Commented by b-faction at 2017-01-10 20:37
kaiさん、契約おめでとうございます。面白いクルマですから色々楽しめますよ。僕もそろそろ弄りますので参考にして下さい。是非お越しください。お待ちしています。
Commented by くりっぱー・ふりーだむ at 2017-01-10 21:30 x
遅ればせながらあけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

ヒシの種は近所にあった溜め池によく浮いていました。初めて見たときは未知の生物かと勘違いしたものです。
富嶽のことを知ったのは小学生の時に買った図鑑でしたね。後に民放で制作されたドキュメンタリー番組を見たのをよく覚えています。
今となっては当時の国力にそぐわない無謀な計画だと思いますが…
Commented by b-faction at 2017-01-10 23:11
くりっぱー・ふりーだむ さん、あけましておめでとうございます。富嶽をみると六発の脅威を感じます。どんな 乗り心地なんでしょうか。想像するとワクワクします。
Commented by こるり at 2017-01-15 17:49 x
SVXのバンパーですが、SVX生誕21周年を記念し有志で企画デザインされ
Delta Speedで製品化し21個限定で作成されたものです。
Delta Speed製のサイドアンダースポイラー装着を前提にデザインしてあります。
有志の方々の中には社長もご存じの方もおります。
ともあれSABのコレクションに相応しい品だと思います。
Commented by b-faction at 2017-01-15 21:24
こるりさん、こんばんは。貴重品ですね!大切に展示します。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2017-01-08 22:58 | Comments(22)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31