人気ブログランキング | 話題のタグを見る

2017年の東京オートサロンでWRXを探求する

2017年の東京オートサロンでWRXを探求する_f0076731_19505712.jpeg
今年もオートサロンが始まった。
2017年の東京オートサロンでWRXを探求する_f0076731_10383692.jpeg
ホンダのプレスブリーフィングが熱い。

シビックタイプRのセダンを、
日本の生産拠点で作るそうだ。
それは素晴らしい。

NSXも手の届く場所に並んでいる。

ただし電気仕掛けでは.....。
ハイパフォーマンスカーは内燃機関がキモだろう。

やすっぽい。

生で見たのははじめてだが、
あまりオーラはでていない。
2017年の東京オートサロンでWRXを探求する_f0076731_10454468.jpeg
鮮度の落ちかたが凄い。

誰も群がらないところが難しさを表していた。

次の会場へ向かう。ここは全く雰囲気が違う。
2017年の東京オートサロンでWRXを探求する_f0076731_10595363.jpeg
スバルブースが活気を帯びている。

2017年の東京オートサロンでWRXを探求する_f0076731_11011309.jpeg
スタッフも力が入る。
2017年の東京オートサロンでWRXを探求する_f0076731_11015607.jpeg
平川さんの出番だ!
開発投資を大きくかけた三つのプロジェクトが発表された。

2017年の東京オートサロンでWRXを探求する_f0076731_11064429.jpeg
ひとつ目の目玉は、
ニュルチャレンジ。
2017年の東京オートサロンでWRXを探求する_f0076731_11193434.jpeg
新型WRXXによる参戦だ。

二つ目はスーパーGTで、
2017年の東京オートサロンでWRXを探求する_f0076731_11171067.jpeg
駆動システムに新たな方式を導入し、
優勝を狙う。

三つ目の目玉は、
度肝を抜く、
六百馬力の新型エンジンを導入する事だ。

デビューは米国におけるレースだが、
かなり期待できそうだ。
2017年の東京オートサロンでWRXを探求する_f0076731_11142305.jpeg
新顔も中々良い。
2017年の東京オートサロンでWRXを探求する_f0076731_12224454.jpeg
マリオも登場して、
今年のレースに熱い思いを語った。

2017年の東京オートサロンでWRXを探求する_f0076731_13015208.jpeg
新型WRXのフェイスにも、
耳目が集まる。

2017年の東京オートサロンでWRXを探求する_f0076731_13034354.jpeg
細かい部分の改良が、
今後のV系の発展を予感させる。
2017年の東京オートサロンでWRXを探求する_f0076731_13070352.jpeg
オートマチックの売れ行きが良いので、
登場が楽しみだ。
2017年の東京オートサロンでWRXを探求する_f0076731_13083407.jpeg
トークショーが始まった。
2017年の東京オートサロンでWRXを探求する_f0076731_14344619.jpeg
河口まなぶさんの進行でBRZの話題から口火を切った。

緊張感が漂い、
思わず車名を言い間違ええた。(笑)
2017年の東京オートサロンでWRXを探求する_f0076731_14394169.jpeg
井口選手の突っ込みで幕が開いた。
鈴鹿では優勝も獲得した。
2017年の東京オートサロンでWRXを探求する_f0076731_14470862.jpeg

その時現場に居た妻が、
最前列に陣取って聞いている。
2017年の東京オートサロンでWRXを探求する_f0076731_14504639.jpeg
今年も大きく盛り上がるだろう。
駆動システムの構造も、
辰己監督から明かされた。
2017年の東京オートサロンでWRXを探求する_f0076731_14543662.jpeg
今年のクルマからトランスアクスルを採用する。

サプライヤーはヒューランドとおもわれるが、
安定性を重視すると、
当然の選択と言える。

トランスアクスルとは、
リヤデフとトランスミッションを一体化した駆動システムだ。

重量配分の改善に効果的で、
古くはポルシェ928で名を成した。

後輪のグリップを上げるために有効だ。

改善比は最大でも1パーセントらしいが、
このクルマにはその数値が大きく効くだろう。
更に予想すると、
これは次期車の開発に大きな影響を与えることが予想される。

この後WRXに話題が移る。
と思ったら、
ここでトークショーはお開きになった。
2017年の東京オートサロンでWRXを探求する_f0076731_15420327.jpeg
スバルからも重臣が続々と集い、
会場は熱気に溢れる。

スバルの技術開発の要として、
長年にわたって活躍された
馬渕さんにもお目にかかれた。

2017年の東京オートサロンでWRXを探求する_f0076731_16082824.jpeg

トークショーではデザインに関しても話が及び、
STIスポーツの具体的な話が聞けた。

北館に移動した。

フォルクスワーゲンに観るべき場所がある。
2017年の東京オートサロンでWRXを探求する_f0076731_17442502.jpeg
目の覚めるような紅白だ。
2017年の東京オートサロンでWRXを探求する_f0076731_17451455.jpeg

スポーツイメージに、
ソリッドカラーを据えていた。
2017年の東京オートサロンでWRXを探求する_f0076731_17460220.jpeg
しかも美人だし。

今日は北館に心を鷲掴みされた。
2017年の東京オートサロンでWRXを探求する_f0076731_17471011.jpeg
クルマも女も愛嬌が、一番大切だ。
2017年の東京オートサロンでWRXを探求する_f0076731_17480069.jpeg
いよいよ閉館の時間に近づいた。
2017年の東京オートサロンでWRXを探求する_f0076731_19252288.jpeg
ガズーのブースを見逃がす訳にいかない。
羨ましい気持ちは山ほどあるけれど、
今年は明るく会場を後にできる。
2017年の東京オートサロンでWRXを探求する_f0076731_19291788.jpeg
モンテカルロがデビュー戦だ。
岡本さんに詳しく話しをお伺いして、
トヨタの今後が楽しみになった。
会場を後にする前に、
もう一度スバルを訪れた。

2017年の東京オートサロンでWRXを探求する_f0076731_19370071.jpeg
そこには将来をみすえる篠田さんの姿があった。
そう。
ラリークロスに投入する新兵器は、
六百馬力の出力を誇る。

本気のSTIに期待しようじゃないか。

おわり

Commented by 元中の人 at 2017-01-13 17:57 x
辛口で書きますが、NSX買うならオデッセイでもフィットでも同じかと思います。全部顔が同じですしね。スペシャリティカーまで同じ顔ってどーなんでしょう?
物凄く安っぽく見えますね。ホンダのアイデアンティなのかも知れませんがハッキリ言ってカッコ悪いですね。これなら旧NSX-Rの方がずっと良いですね。
Commented by b-faction at 2017-01-13 19:35
元中の人さん、気合いを入れた気持ちは解りましたが、浮いた感じがしました。
Commented by こぐぷー at 2017-01-14 02:19 x
VAの塗装は魅力的ですね
当てると高そうですが・・
トランスアクスルにするとなると
重量配分も良くコーナリング重視で
やっていたGTも更に良くなるでしょうね
明日、現地に行って確認します
Commented by くりっぱー・ふりーだむ at 2017-01-14 11:44 x
私もきつい言い方になりますが所詮NSXはアメリカ人が作ったアメリカンなマッスルカーですね。
おまけに電池や電動モーターを積んでわざわざ重くする理由がわかりません。
タイプRはノンハイブリッドにするそうですが…
やはりハイパフォーマンスカーは内燃機関で勝負して欲しいものです。
Commented by b-faction at 2017-01-14 13:39
こぐぷーさん、今年のレースが楽しみです。
Commented by b-faction at 2017-01-14 13:42
くりっぱー・ふりーだむさん、ジェット機も立ち位置が
よく似ていて、ホンダの傾向を良く表してます。
Commented by ひょっこり at 2017-01-14 15:15 x
社長こんにちは

なるほど、皆さんNSXに萎えているようですね。さっき予習すべくサイトを見てきたのですが、それ自体安っぽいのに唖然。
価格もべらぼうに高いだけで、「これなら家買ったほうがイイ」とか、「極上の初代NSXか、旧車買った方がイイ」と思えてしまうのがマニアックな人の見解かな?と思います。
スーパーカーを名乗るからには、サラブレッドたる「貴公子然」としたオーラもないし、かつてみんなを虜にした「音速の貴公子」はこの世から去って四半世紀に近づいてきたし・・・。ちなみに娘の幼稚園で担任の先生の名前が「セナ」なんですよ(笑)

スバルはその、「貴公子然」としたオーラが感じられるのが嬉しいところで、その姿は「日本代表の現役アスリート」に見えます。あとはヤリスWRCにも頑張ってもらわないと!
Commented by 株主 at 2017-01-14 17:50 x
これからのスーパースポーツは電動です。
ラ・フェラーリ然り、ポルシェ918スパイダー然り。そしてF1も。
しかしこのNSXにはスーパースポーツらしさがあまりありません。
レジェクドクーペとかその辺りに位置するような印象です。
もちろん、乗ってみれば素晴らしいクルマなのでしょうけど、
イメージリーダーとしてはちょっと弱いかなぁと思うんです。
量産車メーカーが造ったということもあるでしょうね。
LFAも似た印象ですが、GT-Rは不思議とそんなことないんです。
そこいくと、スバルは地に足が付いていますよね。
平均的な自動車オーナーの手が届く範囲からはみ出さない。
身の丈を知っていますよね。ここは大事にしてほしいところです。
Commented by b-faction at 2017-01-14 19:03
ひょっこりさん、こんばんは。会社に戻りました。人の好みや価値観は様々ですが、特別招待券で入場した人達にとって鮮度が下がっていたことを感じました。生で始めてみたのですが覗き込みたくなるような衝動に駆られませんでした。単純に感じたことです。
Commented by b-faction at 2017-01-14 19:05
株主さん、スバルはそれで良いのですが、STIは困るんです。彼らには乗り出し価格1000万円以上のクルマが必要です。それに電動化も全く意味がありません。tSでそれを味わったので今後は本格路線にシフトアップするはずです。応援して下さい。
Commented by lanca at 2017-01-16 11:05 x
閉会間際にお声かけしたものです。快くお話ししていただきありがとうございました。
今までいろいろなところでお見かけしていたのですが、今回思い切ってお声かけしてよかったです。
都内在住なので距離はありますが、いつか中津スバルさんにお伺いしたいです。
Commented by b-faction at 2017-01-16 17:09
lancaさん、こんにちは。今年は無理に帰らず閉館まで滞在しました。展示車もゆっくり見ることが出来ましたし、皆さんから声を掛けて戴けましたので長居して良かった。中津川へ是非いらっしゃって下さい。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2017-01-13 10:03 | Comments(12)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31