東京2往復を振り返る

火曜から始めた長距離テストも終焉を迎えた。

まずテンロクのインプレッサを徹底的に試し、
次にXVハイブリッドtSを全開走行させ、
東京に舞い戻った。

オートサロンの会場に閉館まで滞在したのは初めてだ。
f0076731_21030249.jpg

朝から閉館の午後7時まで、
一度も座ること無く取材を続けた。

駐車場からクルマを出し、
幕張から宿のある都内へクルマを走らせた。

空いていたのでアベレージが速い。

高速に乗る前に給油した時、
後方に赤い86が付いてきた。

ランデブーしながら走るために、
SI-DRIVEのSモードを選択した。

これがマフラーの特性とぴったりマッチし、
とてつもなく良い味を出す。

あっという間にホテルに着き、
f0076731_21033700.jpg
疲れを癒やし力を付けるため、
二人でビヤホールに行った。
f0076731_21044987.jpg
ここのお勧めはローストビーフだ。
この食感はtSに良く似ている。
f0076731_21050003.jpg
塩で食べるのも旨いらしいが、

f0076731_21051363.jpg
やっぱりグレービーソースを掛けた方が、
よりtegoShiらしい味になる。
f0076731_21052772.jpg
ビール一杯に付1本クジが引ける。
最初に二杯頼んだ時、
引いた後で分ければ良いと思って2枚引いたら、
「ヒドイ!ワタシも引きたいのに」と怒った。

それは申し訳ないと誤り、
おかわりした時に一本ずつ引いた。

f0076731_21061611.jpg
残念だが妻は外れた。

エイやっと気合いを入れて引くと、
f0076731_21063225.jpg
2等が当たった。
しめしめこの後一杯ただで飲めると喜んだが、
世の中そんなに甘くなかった。
次に来店するまでお預けだ。

なかなか東京は商売が上手い。

一夜明け、
爽やかに晴れた空の下、
高速道路に滑り込んだ。

目の前に怪音を放つ車が現れた。
毎年ドイツで乗るM4の元祖だった。
f0076731_21193662.jpg
痺れるなぁ。
サーキットの狼だっけ。
ロータスヨーロッパのライバルとして良く現れた。

凄くコンディションが良く、
運転している男性も楽しそうだった。

f0076731_21194717.jpg
ボディワークが只者では無かった。
素敵な乗り方で素晴らしいと思うが、
少しも羨ましくない。

良いお手本として尊敬に値する存在だ。

f0076731_21200210.jpg
こんな風に乗れる車が、
中津スバルにはザクザクある。

22Bはこの領域を遙かに超えて、
コレクターズアイテムとして分不相応な存在になりつつある。

だからこそ、
将来に向けて普通のスバル好きが、
当社で22Bを使いながら、
ドライブエックスペリエが出来る環境を整えたいと思っている。

ただし公開しない。
会員だけに作る特別な施設だ。

それが中島飛行機からスバルに繫がる100年を祝う行事だ。

中津川昴倶楽部を復興させ、
インプレッサハウスを作る。

スバル生誕100年祭をやる気が無いので、
中津スバルが代わりにやってやる。

どうも殺人兵器を作っていた会社だと、
自らのルーツを卑下する見方をする一派があるらしい。

何を寝ぼけた事を言っているのだろうか。

あの時代は、
どの国も取り返しの付かないことをしでかした。

国民を守るために戦う手段を持つことは、
誇ることであり卑下することでは無い。

中津川に戻る前に、
茅野市に立ち寄ることになっていた。
f0076731_21500143.jpg
檀拓磨さんにお目に掛かるためだ。

明らかに風景が一変した。
f0076731_21201515.jpg
この辺りの住人は、
どうも普通の人とは違うオーラを出している。

f0076731_21210508.jpg
笑顔で檀さんに迎え入れられた。
f0076731_21234640.jpg
オープンキッチンがあり、
夏は自転車のレクチャーでとても賑わう。

f0076731_21240741.jpg
ガレージの中は秘密基地だ。

f0076731_21260491.jpg
特別に中を見せて戴いた。

f0076731_21262064.jpg
ギッシリとツールが壁の中に組み込まれ、
扱いやすくキット化されている。

f0076731_21264049.jpg
初めてお目に掛かった時から、
何となく波長が合い、
そこに気付いた妻が今回のコーディネートを引き受けてくれた。

f0076731_21265691.jpg
何とハイジとクララが星を眺めた部屋もある。
これはインプレッサハウスの構想と良く似ていて、
f0076731_21270910.jpg
実現させるための後押しとなった。
檀さんがデモンストレーションするステージもある。
f0076731_21272491.jpg
付近一帯が全て彼のステージであり、
ここを訪れる人々との感動を共有する場になっている。

f0076731_21274144.jpg
この手作りのコースは、
取材やレクチャー時の説明で使われる。

スリル満点のコースだった。
何よりも凄いのはフィールドに関するとらえ方だ。
f0076731_21275784.jpg
中津スバルが大切にするイメージと重なり合う。
それは中津川リンクと命名した道路環境や、
中津シェライフェと菰田潔さんによって命名された80㎞のコースと同じように、
彼のステージからこの門を開くと、

f0076731_21281747.jpg
広大な原野が自転車のためのフィールドになる。
左へ行けば諏訪大社、
右へ行けばビーナスライン。

枠に囚われない檀さんの魅力が、
このフィールドに現れていた。

檀さん、
大切な時間を割いて戴き、
本当にありがとうございました。

またお目にかかれる日を楽しみにしています。



トラックバックURL : https://bfaction.exblog.jp/tb/27446203
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by はつ at 2017-01-15 11:06 x
社長、お疲れ様です。
毎回行けないので、TASレポート楽しめました。2002ターボに、MTB壇さんの続き期待大です。
Commented by b-faction at 2017-01-15 12:06
はつさん、こんにちは。壇さんのフィールドは素敵でしたよ。
Commented by ひょっこり at 2017-01-15 22:56 x
社長こんばんは。

お伝えするのが遅れましたがお手紙ありがとうございました。

トイザらス限定で立て続けにスバルが出たのにはボクもビックリ!!今度は3月に、スバル WRX S4 覆面パトロールカーが通常のトミカでリリースされるそうです。

今日は愛車を12か月整備に出し、今回はクラッチ交換も依頼しました。ずいぶん前から費用等の計画をしていた事もあり、仕上りが楽しみです。
Commented by b-faction at 2017-01-16 07:46
ひょっこりさん、愛車のリフレッシュが楽しみですね。BRZありがとうございました。現在ステッカー装着を娘に外注しています(笑)
Commented by よっしー at 2017-01-17 02:06 x
で、いつ中津スバル畳んで、アウシュビッツでBMWだか、VWディーラー始めんの?
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by b-faction | 2017-01-16 21:51 | Trackback | Comments(5)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction