人気ブログランキング | 話題のタグを見る

5穴100ピッチの資産価値

忙しかった。
後半は失速したが、
1月はスタートから沢山の皆さんにお目に掛かれた。
5穴100ピッチの資産価値_f0076731_17544726.jpg
最終の日曜日も活況だった。
松本の清水さんから差し入れを戴いた。
商談中でお目に掛かることも出来ず、
誠に申し訳ありませんでした。

みんなでありがたく頂戴します。
5穴100ピッチの資産価値_f0076731_17530452.jpg
正月フェアで受注した商品が、
ようやく主の元へ続々と嫁いでいる。
5穴100ピッチの資産価値_f0076731_17532848.jpg
諏訪の今井さんにサンバーを渡した。
お土産まで戴き感謝の念に堪えません。
5穴100ピッチの資産価値_f0076731_17534029.jpg
塩羊羹は下諏訪の名物だ。
5穴100ピッチの資産価値_f0076731_17535002.jpg
みんなでありがたく頂戴します。

秘蔵のサンバークラシックも、
どうぞよろしくお願いします。
5穴100ピッチの資産価値_f0076731_17531968.jpg
同じ頃に整備が始まった田中さんのフォレスターも、
ようやく納車することが出来た。

5穴100ピッチの資産価値_f0076731_17523906.jpg
皆さん今後ともよろしくお願いします。

このフォレスターを整備している時、
5穴100ピッチの資産価値_f0076731_18070698.jpg
並行して新型インプレッサと3代目フォレスターがリフトに並んだ。
二代目フォレスターのNAは、
5穴100ピッチの資産価値_f0076731_17520100.jpg
16インチが基本で、
その上の17インチと下の15インチで対応できる。
5穴100ピッチの資産価値_f0076731_18122236.jpg
田中さんはセオリー通り同一サイズを選んだ。
ダンロップの最新スタッドレスも悪くない。

腰が強く粘るのでフォレスターには良く合っていた。
5穴100ピッチの資産価値_f0076731_18123347.jpg
ピットで並んでいた3代目は、
少し大きなタイヤになった。
5穴100ピッチの資産価値_f0076731_17510164.jpg
扁平率を65にして外径を稼いでいる。
15インチは外れたが、
16と17はそのまま行ける。
5穴100ピッチの資産価値_f0076731_17504839.jpg
真ん中に挟まれていた新型インプレッサも絶好の機会なので比較した。
5穴100ピッチの資産価値_f0076731_18164481.jpg
20iーSなので18インチを標準装備するが、
5穴100ピッチの資産価値_f0076731_17511175.jpg
205/50R17を履くことが出来る。
付くか付かないかだけで判断すると、
16インチも可能だ。

1.6リットル車は16インチを標準装備する。

多少なりともオフセットに違いが出たり、
外径に差が出てアイサイトに適応しないので、
正しいサイズを推奨するけれど、
いざという時に役立つ。

もしインプレッサが114.3になっていたら、
これまでのホイールの資産価値は大きく下がった。

20iーSが18インチを採用した理由も、
朧気ながら読めてきた。

17インチのシャシー設計だけで終えるのと、
18インチまで装着可能にするのでは、
開発費に大きな差が出る。

以前のブログでも述べたが、
実際に18インチ装着車は限界性能がとても高い。

ベーシックカーとは思えぬ性能を披露し、
高性能でコストの掛かったタイヤを標準装備する。

このクルマはおまけで誕生したのかもしれない。

リフトに上げて比較すると、
次のXVが18インチを装備することはほぼ100%確実だろう。

しかもPCDは100になるはずだ。

従って過去のホイールにならず、
これらは現役バリバリのホイールだ。

くっきりと刻まれた文字が眩しかった。
5穴100ピッチの資産価値_f0076731_12560209.jpg
往年のイタリア製でスバルと共に輝いた栄光のブランドだ。

このコレクションが、
まさかコンプリートカーに役立つとは思いも寄らなかった。
5穴100ピッチの資産価値_f0076731_12552821.jpg
現行のXVは18インチを装着するように設計されていない。
従って大きな靴を履くと走りが悪くなる。
5穴100ピッチの資産価値_f0076731_12553884.jpg
開発担当者の高津さんははっきり言った。

オートサロンのスバルコーナーで、
レカロのスタッフと歓談する様子を見て、
きっとtSに高性能なシートを付けたかったんだろうなぁと思った。

何やら愉しそうな雰囲気だったので、
次のS208に付けるシートをあれこれ相談していたのかもしれない。

ハイブリッドtSも結局かなりの数が売れたそうで、
しっかり乗って紹介できて本当に良かった。

10台もまとめ買いしたディーラーがあると聞き、
とても嬉しくなった。

ただしこのホイールではどこにも出かけられない。
5穴100ピッチの資産価値_f0076731_12554997.jpg
なので新車を下ろす前にスタッドレスタイヤに交換し、
オレンジのタイヤセットは新品同様のまま封印した。

XVハイブリッドが誕生して以来、
必ず歴代の愛機にソットゼロ3を装着した。
5穴100ピッチの資産価値_f0076731_18333792.jpg
これは台湾メーカーの作った比較的軽いホイールだ。
ソットゼロ3を外してから、
計りに載せてみたら9.3kgを指した。
意外だった。
バランスウエイトとチューブレスバルブが付いているので、
実施にはもっと軽い。

経年劣化も少ないので品質は確かだ。
しっかりした台湾のメーカーは良いホイールを作る。

しかし存在感があまりにも薄い。
諦めかけていた所に、
こんな素敵な新品ホイールが現れた。
5穴100ピッチの資産価値_f0076731_12561335.jpg
バックヤードで眠っていた、
新品のスピードラインだ。
5穴100ピッチの資産価値_f0076731_12562633.jpg
重量は裸で10.2kg。
奇跡的だ。
何しろ初代フォレスターのインチアップ用に取り揃えた、
とっておきの商品だった。

先に述べたように、
そのサイズが設計に無い場合は装着してもデメリットばかりだ。

だから眠ったままだった。
その資産が花開く時が来た。

スピードラインのホイールが、
少し重いように感じたので、
フォレスターの同サイズと比較した。
5穴100ピッチの資産価値_f0076731_12564378.jpg
約10kgなので、
純正と比べて遜色の無い重さだ。
当時のスピードラインなら強度も万全だ。

装着したら雰囲気が大きく変わった。
5穴100ピッチの資産価値_f0076731_18364634.jpg
中古ホイールの価値が大きく高まったので、
在庫を徹底的に調べた。

ホイールラックが天井に当たるので、
5穴100ピッチの資産価値_f0076731_20210748.jpg
ホイールラックの天板を取り外しフレームを切断した。
外で使うようテントが付いていたので取除いた。
5穴100ピッチの資産価値_f0076731_20212648.jpg
計測してカットするよう線を入れた。
5穴100ピッチの資産価値_f0076731_20214175.jpg
4本とも切断して上下長を短縮し、
5穴100ピッチの資産価値_f0076731_20215908.jpg
取り付け準備が整った。
これらレガシィやインプレッサと、
ほとんど共用できる。
5穴100ピッチの資産価値_f0076731_20531709.jpg
逆に考えると、
この年式には15インチがベストマッチなので、
当時のヒトデ型など強度があり軽いホイールの資産価値まで高まった。

いたずらに17インチを付けるより、
15インチを選ぶ方が軽々と走る。

ラックからホイールを全て下ろし、
一つ一つ丁寧に調べた。
5穴100ピッチの資産価値_f0076731_20533157.jpg
かなり量があるので、
天井に吊していたバンパーを下ろし、
天板に装着に備えた。

簡単に見えても、
展示場所の移動は結構大がかりな作業だ。

バンパーはVIVIOビストロ用だった。
懐かしい。
5穴100ピッチの資産価値_f0076731_20554544.jpg
ラックを清掃し、
天板の装着を始めた。
5穴100ピッチの資産価値_f0076731_20535075.jpg
計算通りボルトで結合し、
作業は無事完了。
5穴100ピッチの資産価値_f0076731_20555798.jpg
雑巾でホイールラックの埃を拭き、
サイズごとに仕分けて並べ直した。
5穴100ピッチの資産価値_f0076731_21391072.jpg
16インチから18インチのホイールがズラリと並んだ。
これからも活躍できる。
5穴100ピッチの資産価値_f0076731_21392629.jpg
移動したラックに、
バラ売り用の希少品を並べた。
5穴100ピッチの資産価値_f0076731_21394544.jpg
超軽量ホイールなど、
比較的上に載せやすい物もあれば、
重くて頑強なホイールもある。
5穴100ピッチの資産価値_f0076731_21395667.jpg
歴史を物語るホイールは非売品だ。
5穴100ピッチの資産価値_f0076731_21401146.jpg
スチールホイールはアルシオーネ用の純正で、
PCDが140もある希少品だ。

左はレオーネ用のあるみホイール。
同じくPCDは140だ。
強度を考えた真面目な設計の結果だが、
スバル専用品はことごとく限られ、
本気でスバル用を作る会社はほとんど無かった。

特殊なホイールボルトのピッチが災いし、
アルミ選択に苦労した。

アルシオーネに6気筒モデルが追加された時、
ようやく5穴の100ピッチが採用された。

レガシィ誕生に備え露払いの役を担った。

アルシオーネの車台で、
レガシィの先行開発を進めた。
市販化に向けてた実験だった。

手前の渦巻き型ホイールはSVX用の16インチだ。
ここで突如として114.4の5穴が現れた。

レガシィからインプレッサ、フォレスターへとバトンが渡され、
5穴の100ピッチはドンドン作られた。
そして主流になった。

しかしスバルらしく強度を重視し、
フラッグシップに新たなホイールを授けた。
5穴100ピッチの資産価値_f0076731_21402243.jpg
これらのホイールには一つ一つ理由がある。
ホイールには安全性が求められ、
車体重量や出力によって様々な用件がある。

S2000のホイールも在庫している。
5穴100ピッチの資産価値_f0076731_21403445.jpg
ホンダの設計も面白いが、
時として眼前のことだけを考えた商品開発を進める。

体質なのだろう。
これには開発の苦労が滲んでいる。
ホイールを見ると様々な背景が解る。

スバルも人の事を言えた義理では無く、
SVXの販売不振から次の開発を中止し、
114.3は長い間封印された。

それが二代目インプレッサのビッグマイナーチェンジで蘇った。

同じような成り行きで、
レヴォーグやWRXに用いられ、
レガシィにも採用され114.3の資産価値は高まった。

このまま全て114.3になるのかと思ったら、
踏み止まらせる男が現れた。

それがインプレッサ総開発責任者の阿部PGMだ。

ターボを搭載しないインプレッサには、
PCD114.3を与えるより、
既存の100を使う方がトータルコストを押さえる事が可能になる。
インプレッサの性能はずば抜けて高いのに、
価格が驚くほど安いのは、
こうした工夫が隅々まで行き渡ったからだ。

スバルからの乗り換えるオーナーにとっても、
とても嬉しい事だと思う。
そういう訳で当社の在庫も一気に輝きを増した。

やはり物を大切に扱う事が大事だ。

今思っている事は、
例のGC8に付いていた最も基本的なWRX用アルミを、
5穴100ピッチの資産価値_f0076731_19170922.jpg
ピカピカの新品に蘇らせる事だ。

何となくあのクルマにとても似合いそうな気がする。

楽しみにして欲しい。
5穴100ピッチの資産価値_f0076731_19172504.jpg

Commented by 美のつばです at 2017-01-29 22:09 x
ブリジストンの作って エコホイルが 安くて いいですよ ヨコハマタイヤにも 似たホイル売ってますね プレオRA2に軽いアルミホイル タイヤわ
トーヨータイヤIリンクK 付けて乗ってます ホイルが 軽すぎても 段差をこえて 収まりが悪い ような 気がします トーヨータイヤ 外側サイドが
かため なので 横揺れしにくくて いいですよ
Commented by b-faction at 2017-01-29 22:52
美のつばですさん、こんばんは。昔はトーヨー一本槍でした。好きな銘柄だったんですが・・・・。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2017-01-29 19:25 | Comments(2)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction