新型WRXの蛻変を熱望

相変わらずスバルは元気だ。
吉永さんにオートサロンの会場でお目にかかった。
f0076731_21014815.jpg
まるでスバルのブースにで歓談しているようだが、
ここはスズキのブースだ(笑)

各社の動向を見るのは礼儀だろう。
スバルブースも「必ず吉永長社長が来る」と活気づいていた。
f0076731_21550149.jpg
今回は華のある展示車ばかりで、
文句の無い内容だった。

特にS4は耳目を集めた。

「STI SPORTが追加される」という触れ込みだが、
実は当日までこのクルマはベールに包まれていた。

理由は簡単で、
アメリカで先にSTIをお披露目したからだ。

デトロイトで次期STIをデビューさせ、
日本ではS4をタイムラグを考え、
オートサロンの場で見せる。

日米両方を上手く秤に掛けた紹介だった。

これは何を意味するのか。
明らかに米国における需要が日本を上回るからだろう。

f0076731_21551444.jpg
新顔だと聞いたので、
密かな期待を抱いていたが、
どこかで見たことのある顔だった。

昨年の秋にデビューしたグローバルラリークロス(GRC)参戦車の顔と、
今回のフェイスリフトに関連がありそうだ。
f0076731_21553005.jpg
デザイン部の河内さんにお話を伺った。
今回のポイントはグリルをギュッと上下に詰めた。

そうするこによって、
f0076731_21555694.jpg
これまでのバンパーにあったエアインテークの上端を、
f0076731_21565111.jpg
上に引き上げることが出来た。
これで迫力のあるフロントフェイスを造形し、
f0076731_21570515.jpg
フロントターンランプをヘッドライトの中に移動した。
それでフォグを外すとドエライ迫力を見せる。
f0076731_21571914.jpg
ターンランプをヘッドライトの中に移設できた理由は、
ライトの中にあった二つのLEDライトを、
一つにまとめることが出来たからだ。
f0076731_21573177.jpg
最新のフォレスターに続いて、
このクルマもスイブルとシェードを備える素晴らしいヘッドライトになった。

これがV系の完成形だろう。

STIの位置づけも少し変化した。
それがどう変わるのか。
まず駆動系が大きく変わる。

締結性が強すぎて、
鎧を着たような印象を持つDCCDが遂に変わる。
機械式LSDを持つようになってから、
あまり好きでは無かった前後駆動力配分装置は、
今回のマイナーチェンジで大きく変わるらしい。

まだ現物を見たわけでは無いが、
米国でのアナウンスはそれを裏付ける。

その辺りを独善的に予想しよう。
本来なら全く新型の駆動力配分装置を開発すべきだが、
動力性能に変化が無いので、
その必要性に迫られていない。

独善的な予測なので、
夢を思い巡らせながら読んで欲しい。

もし将来水平対向エンジンを大幅にパワーアップさせる時は、
平成7年にSTIがDCCDをデビューさせたように、
全く新しいセンターデフを作るはずだ。

その時に重視されるのは高圧なハイドロプレッシャーだろう。

最近のスバルに乗ると、
DCCDよりVDCの進歩に驚く。

それを含めた最新の駆動力配分に期待したい。

スバル本体でSTI SPORTを息長く続ければ、
STIも本業に専念できる。

天気が良かったのでスッキリさせた。
f0076731_10325644.jpg
太陽の光で良く温まったボディから、
変なグレードを取り去った。

ヘヘヘヘ!
嫌いなtSとおさらばだ。
f0076731_10340637.jpg
しつこく糊が残ったが、
穴など無いので簡単に消せる。
f0076731_10341912.jpg
不燃物入れにポイ!

f0076731_10462385.jpg
バイバイ!
あースッキリした。

f0076731_10445746.jpg
三つあるオーナメントを取除いた。
これだけスポーティなクルマに、
tSやハイブリッドなど既存の名前は不向きだった。

f0076731_10445167.jpg

ハイブリッドの文字も全て捨てた。

このクルマはハイブリッドでなんぼのもんじゃ無い。

平川さんや高津さんが居なければもっと酷かったかもしれない。

というのは、
明らかにこのクルマのマフラーは、
急遽作られた物に違いないと思うからだ。
他のマフラーに比べデザインが少し甘い。

その代わり排気効率が良く、
ハイブリッドの特性に合わせた素晴らしいマフラーだ。
f0076731_10481043.jpg
足回りも凄い。
平川さんが「ショーワの新型を引っ張り出した」と言うだけのことはあり、
フラットライドな乗り心地は、
高速道路で真価を発揮する。

乗ってみれば分かる。

早速北原課長に無理を言い、
ホイールを交換してもらった。
f0076731_10450795.jpg
岐阜を往復して性能を確認し、
清々しい朝を迎えた。
f0076731_10444552.jpg
以前の姿が嘘のようだ。
f0076731_10435938.jpg
あとはSTIが富士重工に押しつけられたとしか思えない、
このへんてこりんなオレンジ色のラインを消す。

絶対に消す。
執念で消す。

エクステリアにオレンジ色は不似合いだ。

こういう古くさいことを、
2度とSTIに押しつけるのを止めよう。

実験するなら自分たちだけでやるが良い。
f0076731_10454315.jpg
これからSTIはこういう素晴らしい車を再び作ろう。
そんな事を考えながら、
マリオの取材を受けていた。
無性に走らせたくなった。
f0076731_13593525.jpeg
ちょっと山まで行ってきます。

鞭を入れるので、
皆さん、
無事を祈っていて下さい。

おわり

トラックバックURL : https://bfaction.exblog.jp/tb/27468654
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by yah-_-yah at 2017-01-25 16:09
>へんてこりんなオレンジ色のライン
僕も同感です。ホイールのオレンジも決していい色とは思えず、そこだけ浮いてます。
どうしてこんな子供っぽい色使いのまま市販されたのか不思議です。社内で反対する人はいなかったのでしょうか?
色んなインプレ記事を読んでもそこの所に触れてはいないので、みんなどう思ってるんだろう?と疑問でした。
Commented by コミソ親父(@cocomimi at 2017-01-25 16:13 x
初めてコメントさせていただきます。横浜在住57歳おっさんです。
この度レガシィアウトバックリミテッドを購入契約し、現在納車待ちです。と言ってもまだ三日目ですが・・・
各メーカー色々な車を試乗し、情報を集め決定しました。
スバルユーザーになるのは初めてです。主要国産メーカーは殆どオーナー経験はありますが、スバルは10年前くらいにインプレッサWRS/STIのチューンナップしたのをひと月ほど借り受け、乗り回した経験があるくらいです。イメージはじゃじゃ馬みたいな走りをするのに扱いやすい印象でした。
そんなイメージをひっくり返したのがアウトバック、試乗して少し手荒い操作をしても全然平気、それどころか不安を感じさせない、しかも優しい。
こちらのブログからもたくさんの情報を戴き決定に至りました。
またお邪魔させて頂くと思いますので宜しくお願いします。
Commented by 山本 at 2017-01-25 19:37 x
今年の東京AS出展企画は良かったですね、S4は獰猛かつクールでかっこいい!
STIにはこの延長線を突き抜けてほしい‼︎
Commented by 株主 at 2017-01-25 21:31 x
WRXは紛らわしいことになりましたね。
WRX STIがあって、WRX S4 STIスポーツが出る。
これを買うような人が間違えることはないのでしょうけど、しかし...。
そもそもWRX STIにSTIはどれだけ関与しているんでしょう。
STIの名を冠していながらスバルのクルマ。STIのコンプリートカーでもなければ、STIのパーツを組み込みこんでいるわけでもないのですよね。
WRX STIのSTIスポーツを出すとなったらどうなるでしょう。
いや、むしろそれがWRX STIのあるべき姿なんじゃないかと思うのです。
Commented by 吉岡達哉 at 2017-01-26 08:00 x
ブログを読むようになってもう2年になります。その間に少しずつスバル沼に足がはまって行っている自分を感じます。スバルは勝手なイメージですが、質実剛健というイメージです。これから出てくる車がもっと車ってこういうものだ!と前に出してくれるいい意味で出っ張った企業であってほしいものです。
最後の雪道の写真を見てはフフッと笑わずにはいられません。どんな走りをしてくれるのか動画で見たいです
Commented by b-faction at 2017-01-26 11:13
yah-_-yahさん、ハンバーグカレー美味しそうですね!素敵な写真を拝見しました。STIのブランド力を内側の人達が舐めてる証拠です。生き証人のようなクルマなので覚えておいて下さいね。
Commented by b-faction at 2017-01-26 11:17
コミソ親父さん、こんにちは。アウトバック契約おめでとうございます。良いクルマですよ。
ところでSTIのチューンは基本的にじゃじゃ馬では無いのですが間違った方向に一般の人達が改造するとそうなります。
是非またコメントを下さいね。
Commented by b-faction at 2017-01-26 11:19
山本さん、G4のSTIコンセプトも面白そうでした。NAを極限まで研ぎ澄ませFWDで実現して欲しい物です。
Commented by b-faction at 2017-01-26 16:09
株主さん、STIはSだけを作れば良いんですよ。凄いヤツだけ売る。ベースが無ければ自分で作る。理想ですね。
Commented by b-faction at 2017-01-26 16:13
吉岡達哉さん、こんにちは。本当に質実剛健ですよ。あのお化けみたいなGC8もどこかで壊れるかもしれないと思ってびくびくしながら乗ったんですがトータル300kmも走ったのに全くノントラブル。10年以上放置されていた車とは思えない頑丈さです。流石に高速スノーロードを片手運転できないですね。氷上なら可能ですが。一回も刺さらずスピンも無く楽しめました。
Commented by 博多人 at 2017-01-27 10:02 x
久しぶりにコメントさせて頂きます。
モーターショーやオートサロンなどの写真を見るたびに、シルバーの良さを実感します。一般的には地味なイメージが強いですが、ボディの強弱みたいなものはハッキリ見えると思います。市販されている色ではないと思いますが、それこそSシリーズなどで、ショーでしか見れなかったボディカラーも展開すると面白いのかなと思いました。
雪の少ない九州ですので、雪道はうらやましいです笑
Commented by b-faction at 2017-01-27 10:31
博多人さん、オートサロンのシルバーは研がないと出ない色で残念ながら売れないそうです。ボディカラーは、マットカラーに期待しています。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by b-faction | 2017-01-25 11:01 | Trackback | Comments(12)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
カレンダー