人気ブログランキング | 話題のタグを見る

BMWとスバル

ミュンヘンにあるBMWのミュージアムのエントランスだ。
BMWとスバル_f0076731_20083887.jpg
この時もメロウなオレンジ色の照明に感心した。
好きな色だが扱い方は難しい。

燃えるような演出のブースがある、
BMWとスバル_f0076731_20082589.jpg
この展示してあるモータースポーツ用のエンジンに、
天井からヘッドフォンがつり下げられていて、
入館者は自由に咆哮を楽しめる。

なるほど。
このようなノウハウがあるから、
サウンドクリエイトが上手いんだ。

i8のサウンドクリエーターは、
BRZ/86のような機械仕掛けでは無く、
電子的に作り込まれたサウンドだ。

動画を見た人は気付いたはずだ。
「エンジンが掛かってない」と言っているが、
実際にはエンジン音が聞こえている。

降りた後で誤りだと気付いた。

このクルマが3気筒エンジンで、
1.5リットルの排気量しか無い。

だから室内に籠もるエンジン音は、
スピーカーから流れる電子音だった。

あまりにも綺麗にまとめられているので、
その音が無いとエンジンが止まっているように聞こえてくる。

この作曲には兜を脱いだ。
綺麗なエキゾーストサウンドに惚れ惚れしたが、
逆にどこかで味気なさも感じていた。

それが最後のコメントに表れている。
何を言っているのか良く聞いて欲しい。

若い人やオートマチック車にしか乗らない人には、
恐らく理解できないし理解する必要もない。

知らないし、
これからなかなか知る事が難しい。

鮭の缶詰を食べると解る。

最近の鮭缶は、
昔と比べかなり味が違う。

缶詰の中でも贅沢な部類に入るので、
あまり簡単に食べる事が出来なかった。

太い骨が入っていて、
脂のノリももう少し違っていた。

あの頃の鮭缶に近い味と舌触りが、
今では鯖の水煮に感じる。
BMWとスバル_f0076731_20462692.jpg
鯖の水煮を美味しく感じるのに、
鮭缶はぱさついて味も薄い。


エンジンがかかっているのに、
「モーター走行している」様に感じた3気筒エンジンの滑らかさは凄い。
だがどこかでBMWの本来の味とは違うと感じ、
あのコメントが出たのだろう。
BMWとスバル_f0076731_22013718.jpg
バタフライドアを開けると、
もの凄くスタイリッシュだ。

軽々と時速200㎞を超える動力性能だから、

BMWとスバル_f0076731_11473650.jpg
シャシーも贅沢な設計だ。
カーボンのボディをアルミのシャシーが支える。

BMWとスバル_f0076731_11475154.jpg
カーボンのボディは、
i3などと同じライプチヒの工場で作られるそうだ。
BMWとスバル_f0076731_11573257.jpg
BMWは大規模な投資をカーボンボディの開発に注ぎ込んでいるので、
これからもスポーツカーや電気自動車に積極的な採用を進めるはずだ。

とにかくi8は、
基幹性能がきちんとしてるのでとても乗り易い。

深紅のボディは20台の限定車だと記されていた。
BMWとスバル_f0076731_11484400.jpg
室内も未来的だが、
真っ暗な中で初めて座ったのにも関わらず、
容易に操作できる所が凄い。
BMWとスバル_f0076731_11493541.jpg
これがメロウなインテリア空間だ。
オレンジのLED照明が室内を這い回る。
BMWとスバル_f0076731_11501521.jpg


ミュンヘンで感じたBMWのお家芸だ。
メーターの色が変わる演出は珍しくないが、

BMWとスバル_f0076731_11505086.jpg
表示の出し方が独創的なので慣れるまで見難い。

でも流石に世界でも名だたる量産車メーカーの作品は凄い。

BMWとスバル_f0076731_11565555.jpg
この部分を押して上に持ち上げるとドアが開く。

BMWとスバル_f0076731_12413710.jpg
凝った造形のリヤクオーターパネルから、
リヤハッチへ回り込む。
BMWとスバル_f0076731_12443297.jpg
トランクが入るスペースの奥にエンジンが入っている。
BMWとスバル_f0076731_12444877.jpg
クルマ好きの大宮がコクピットに収まった。
後席が見える。
BMWとスバル_f0076731_12450365.jpg
荷物も置けるし、
いざとなれば4人乗れる魅力は大きい。


BMWとスバル_f0076731_12451513.jpg
走り去るi8は室内に比べると意外なほど静かだが、
マフラーの周囲にスピーカーが仕込まれ、
中に居るのと同じサウンドを奏でる。
BMWとスバル_f0076731_12452963.jpg
貴重な体験をありがとうございました。
お土産のみたらし団子はびっくりするほど美味しかった。

BMWとスバル_f0076731_12454804.jpg
糖質制限していると、
特に炭水化物の味に敏感なカラダになる。

BMWとスバル_f0076731_12463799.jpg
ホンモノの美味しさを楽しんだ。


そして東京に向かった。
出張先で更新するつもりが忙しくてままならなかった。

BMWとスバル_f0076731_12412989.jpg
出かける直前にインプレッサに乗って写真を撮り、
今年の純米酒に貼るラベルを作った。
出来上がるのが楽しみだ。
BMWとスバル_f0076731_20112228.jpg
2月になるのでショールームも入れ替えた。
すると横浜から前田さんがいらっしゃった。
BMWとスバル_f0076731_20105996.jpg
22Bオーナーズミーティング以来だ。
BMWとスバル_f0076731_20111202.jpg
美味しいお土産をありがとうございました。
ゆっくりお相手できずすみませんでした。
BMWとスバル_f0076731_20094923.jpg
東京へひとっ飛びし、
馴染みの居酒屋で体を休めた。


仕事が終わり、
次にモンベルへ行った。

どうしても手袋が欲しかった。
BMWとスバル_f0076731_20121915.jpg
指先が寒さで痛くなる。
体質なので仕方が無いけれど、
冬の朝は苦痛で堪らない。

山羊の皮で出来た手袋を進められた。

ついでにインナーウエアを買った。

BMWとスバル_f0076731_20124100.jpg
赤など滅多に買わないが、
店員さん好感度の高さに惚れて、
彼のすすめに従った。

アドバイスを素直に聞いて、
とても良かったと思っている。
カラダにフィットしてとても気に入った。

なかなか赤も悪くない。
自分では絶対に選ばなかっただろう。

人からモノを買うのが好きなので、
こういう時間がとても大切だ。

ここで一つお詫びしなければならない。

確かに同系色を重ね合わすのは不似合いだ。

東京から無理して帰ったので、
少しいらいらしてたところもある。

それを言い訳にするつもりは毛頭無いが、
h2さんのコメントに対する返答は非礼だ。

申し訳ありませんでした。
また気が向いたらコメントして欲しい。

失礼しました。

納車を待つばかりの深紅のインプレッサの横に並んだ。
BMWとスバル_f0076731_20125487.jpg
妻は似合わないと言うけれど、
なんか好きなんだよな。

こういうカラーコーディネート。

ボディーカラーと同じ衣類を着て、
クルマも着用するように楽しむ。

赤いボディ大好きだ。

真っ赤なi8も良かったけれど、
スバルの放つ最新のインプレッサに、
レッドはとてもよく似合う。

改めて実感した。

Commented by ソバのカンちゃん at 2017-02-02 22:12 x
お世話様です。東京出張お疲れ様でした。新型ステラのシートがおかれてる空間が、すごく素敵ですね!
Commented by b-faction at 2017-02-03 06:45
ソバのカンちゃん おはようございます。乗り物用のシートをインテリアに流用するのは難しいですが、建物の特長を活かすと思わぬ使い方が出来ます。しばらく色々な工夫で手作り感を楽しみます。
Commented by まぐろ at 2017-02-05 15:06 x
東京出張お疲れ様でした。

今回不似合いだとか似合わないといったワードが散見されましたが、僕は自分なりのコーディネートで塗色やホイールもファッションとして「着こなそうとする」代田社長のセンスが好きですね。
染めるも染まるも自信を持って楽しんだもの勝ちではないでしょうか
Commented by b-faction at 2017-02-05 15:15
まぐろさん、こんにちは。自分色に染めるの大好きです。インプレッサハウスの原点もそこにあります。
解って戴けて嬉しいです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2017-02-02 21:14 | Comments(4)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction