人気ブログランキング | 話題のタグを見る

アルピナB7とレガシィシリーズ

アルピナB7とレガシィシリーズ_f0076731_22474396.jpg
昨年注文したXアドバンスがようやく届き、
ショールームに鎮座した。

このボディカラーとイエローグリーンの相性は良い。

東京から戻ったら、
島根の浜田市にお住まいの村上さんから純米吟醸の銘酒が届いていた。
アルピナB7とレガシィシリーズ_f0076731_22481413.jpg
いつもお心遣いをありがとうございます。

美酒で舌が肥えると、
味の見立てが正確になる。

レガシィB4やアウトバックから純米吟醸酒の芳醇な味を感じる。

アルピナB7とレガシィシリーズ_f0076731_22505944.jpg
最新のアルピナB7は飛びっきり美味しい赤ワインの味だった。
アルピナB7とレガシィシリーズ_f0076731_22530078.jpg
名実ともに1号車の証だ。

アルピナは演出がとてもオシャレだ。

この凄いクルマに乗って何を思ったのか。
早速動画を見て戴こう。

アルピナB7とレガシィシリーズ_f0076731_22531203.jpg
手触りの良いセレクタレバーの周囲には各種スイッチが並ぶ。
アルピナB7とレガシィシリーズ_f0076731_22555511.jpg
手触りの良いステアリングホイールには、
コマンドボタンが左右に埋め込まれている。

特段珍しいわけでは無い。
操作の方法を知らなくても困る事は無い。

が、
各種の機能や扱い方を覚えるのには少し時間が必要だ。

それはどこのメーカーでも同じだ。
アルピナB7とレガシィシリーズ_f0076731_22574985.jpg
かちっとした質感と、
少し大きめのステアリングに逞しさを感じる。
アルピナB7とレガシィシリーズ_f0076731_22575426.jpg
シートが良い。
何と言っても一番の贅沢感はここに潜む。
アルピナB7とレガシィシリーズ_f0076731_22580742.jpg
BMWらしいネオンサインのようなインテリアライト。
ライティングカラーも選べるらしい。
凝った演出だ。
アルピナB7とレガシィシリーズ_f0076731_22582170.jpg
運転する人より後席でくつろぐ人のために存在するクルマだが、
どうもそんな悠長にドライブを楽しむクルマでは無い。

踏みたくなる。

このブログ、
2つに分けてまとめる。
お楽しみに。


Commented by とし at 2017-02-05 10:14 x
昨日は、お返事ありがとうございました
新型インプレッサの試乗に行こうと思います
乗れば他のメーカーとの違いも分かると思いますし 笑
古いレガシィやインプレッサも街中で見かけますし
スバル車は丈夫なんでしょうね
Commented by b-faction at 2017-02-05 10:47
としさん、1.6リットルの価格も魅力的だし2リットルの甘い加速感にも心惹かれると思います。思い切ってフルオプションのSにされては如何ですか。G4のトップグレード255万円はコスパ抜群です。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2017-02-04 23:02 | Comments(2)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31