人気ブログランキング | 話題のタグを見る

抱くように走る

滑らかな肌触り。
心地良い排気音。

抱くように走る_f0076731_20280454.jpg
クルマを抱くように走る喜び。
東京への往路で爽快な走りを楽しんだ。

確実に景気は悪い。
道路が混雑していない。

年度末を控えた月末なのに、
物流はそれほど盛んでは無い。
抱くように走る_f0076731_20284544.jpg
観覧車のイルミネーションが美しかった。
高速道路を降りて直ぐに給油した。

先月とは異なり、
一度も途中で氷点下にならなかった。

だから単純に比較できないが、
燃費は約8%向上した。
抱くように走る_f0076731_20290579.jpg
中津川で給油して出発したが、
その価格に較べ19円も安い。

油の値段ほど不可解なものは無い。
しかしそれに対する政府の姿勢も不可解だ。

仕事を終え、
同じランプから高速道路に入ろうとすると、
白バイが交差点で警邏中だった。
抱くように走る_f0076731_20292277.jpg
バイクに跨がったまま待機しているので、
スクランブルをいつでも掛けられる態勢だ。

けれども、
堂々と赤色灯を回転させ、
危ない場所だと誇示する姿勢は潔かった。

この地域は朝の混雑時だと、
おまわりさんが交差点の真ん中で交通整理する時もある。

警視庁、
なかなかやるじゃないか。

頼もしいぜ。

帰りの高速道路も順調だった。

途中から雨が降り出したが、
往路と同じように快適に走れた。

帰りも同じように先月の出張に較べ、
8%の燃費向上という結果を残した。

帰る途中で娘に電話を掛けた。

「悪いけどインプレッサハウスの風呂にお湯を張ってくれ」

余り嬉しそうでは無かったが、
とりあえず貯めてくれると言ったた。

先月後半から忙しく、
露天風呂にまだ一度も入った事が無い。

雨が降り始めたが、
露天風呂に入ればそれも一興だ。

抱くように走る_f0076731_20293908.jpg
出張前にシンボルも飾ったので観るのが楽しみだった。

帰路を急いだ。
気温は3度だったが、
衣類を濡らすのが嫌でほぼ裸になり、
外の階段を登った。
抱くように走る_f0076731_20300035.jpg
さあ入ろう、
そう思って風呂桶をみた。

何と空っぽじゃ無いか。

雨が降ってきたし、
お湯が出ないので貯めなかったよ~~~ん!と、
その後にメールが来た。

あの寒さには参った。

期待と落胆の、
落差が大きすぎた(笑)

慌てて家に帰り、
風呂に入ったが指先が真っ白でなかなか元に戻らなかった。

3月を迎え、
朝から月初の全体会議に臨んだ。

北原課長が松井さんから届いたミニカーを興味深そうに観ていた。
抱くように走る_f0076731_20302079.jpg
テーマの一つにインプレッサハウスがあった。
方向性を論じるにあたり、
まずこれらのミニカーをどうやって綺麗に並べるか思案した。
抱くように走る_f0076731_20304175.jpg
それにしても美しい。
22Bが美しく輝いている。
STIの純正だけあり、
細部の仕上げも見事だ。

抱くように走りたいクルマだ。

会議の後で長距離を走ったXVの5000㎞点検を済ませた。
抱くように走る_f0076731_20310367.jpg
実に肌が合い、
少しも飽きない。
スポーツカー並の走らせ方をしているので、
オイル交換を早めに済ませたかった。
エンジンオイルもかなり汚れていた。
抱くように走る_f0076731_20311981.jpg
エンジンブロックから抜いている間に、
吉村メカニックが手際よくデフオイルの交換作業に取りかかった。

抱くように走る_f0076731_20315082.jpg
フロントデフからオイルを抜き、

抱くように走る_f0076731_20320748.jpg
ドレンプラグを点検する。

抱くように走る_f0076731_20322677.jpg
鉄粉で真っ黒になった。
中に磁石が仕込まれている。
そこに内部から出た金属粉が吸着される。

抱くように走る_f0076731_20323763.jpg
こちらはリヤデフのドレンプラグだ。
上下にあるプラグがそれぞれ違う働きをしている。
抱くように走る_f0076731_20325256.jpg
ギヤオイルを交換する前に、

抱くように走る_f0076731_20331606.jpg
まず下側のドレンプラグを外す。

抱くように走る_f0076731_20333583.jpg
黒くなったオイルが勢いよく出る。
抱くように走る_f0076731_20340007.jpg
そして上部の注入用プラグを外す。

抱くように走る_f0076731_20342516.jpg
下側のプラグは、
上のプラグとは形状が違い、
前と同じように磁石が仕込まれている。

抱くように走る_f0076731_20344692.jpg
5000kmで生じた鉄粉をウエスで綺麗にぬぐい取る。

機械に愛着を感じる瞬間だ。

面白いクルマを観た。
27年も前に登録されたクルマだった。
抱くように走る_f0076731_20350683.jpg
だから製造されたのは昭和の時代だろう。

抱くように走る_f0076731_20352270.jpg
ウオールナットの可動式テーブル。

抱くように走る_f0076731_20354251.jpg
渋いドアトリム。
思いっきり引っ張って着けられたタイヤ。
抱くように走る_f0076731_20360274.jpg
これでディーラーものだから驚きだ。
このリムジンはSUBARUと何の関係も無い。
但し次のクルマは大いに関係がある。

抱くように走る_f0076731_20361821.jpg
SUBARUに乗り換えた下取り車だ。
黄色いクルマは直ぐ飽きるのか。

いや、
そんな事は無い。

抱くように走る_f0076731_20363698.jpg
グレーも下取りに出たようだ。
判で押したように似たような値段で売れていった。

2年で愛着が失せたのか。

先の昭和のクルマは、
思いっきり機械らしさを讃えていた。
スクラップとは言わないが、
もう良い所が「済んだ」ように見えた。

しかし3万キロしか乗っていないクルマだった。

二台の軽自動車より走行距離は多かったが、
年月を考えたら飾られていたような車だ。
だからかもしれない。

軽自動車のオープンカーより、
約20万円高かった。

これには驚いた。

昭和の香りが漂うクルマに、
愛着を覚える。

抱くように走る_f0076731_20365656.jpg
出張前に部品を整理した。

抱くように走る_f0076731_20371299.jpg
もう手に入らないSVXのパーツを綺麗に整え、
新品の箱に入れた。

見方を変えれば、
有効利用。

心を込めて箱に詰めた。

これから役立つ時が来るだろう。

SVXも抱くように走る事の出来るクルマだ。

覚えておいて欲しい。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2017-03-02 21:14 | Comments(0)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31