人気ブログランキング | 話題のタグを見る

フォルクスワーゲンの刺激とカリフォルニアのスバリスト

今日を含め、
三月もあと一週間だ。
だから、
本当に半年なんて「あっ!」という間だ。

毎日更新する!と大見得を切ったが、
何とか4分の3まで続けられた。

このあとも頑張るぞ。
フォルクスワーゲンの刺激とカリフォルニアのスバリスト_f0076731_10060632.jpg
昨年の9月18日の午後、
22Bオーナー達とツーリングに行った。
体重増加が止まらず困っていた。

この時、
今よりピッタリ3kg重かったと、
今朝出勤し備忘録で確認した。

昨夜、
出張から戻ると既に終礼も済み、
部長が一人で帰りを待っていてくれた。

工房の中はピシッと綺麗に清掃され、
整然と静まりかえっていた。

納車待ちや、
ロイヤル車検など、
場内には預かった車が所狭しと並んでいる。

しかし工房はレストランで言う所の調理場だ。

床に座って弁当が食べられるくらい、
毎日綺麗にしておく必要がある。

当たり前のようで難しい。
サラリとこなしてくれる社員に感謝した。

残務を片付けジムに向かった。
金曜の夜だけでも泳がないと一週間が締まらない。
フォルクスワーゲンの刺激とカリフォルニアのスバリスト_f0076731_07230484.jpg
上のように結果は悪かった。
先週より
どう考えても2往復余分に泳いでいる。

まあ30分以上泳ぎ続け、
その持久力があると自覚出来ただけ儲けものだ。

昨日より確実に減った。

考え事をしながら泳ぐと、
どうしても数え間違える。
ターンする時に、
同じ数のまま脳内で復唱して泳ぎ続けるからだろう。
フォルクスワーゲンの刺激とカリフォルニアのスバリスト_f0076731_07254342.jpg
早朝会議で最終案が出たけれど、
どうしても空白が埋まらない。

タイヤの企画が進まない。

タイヤはクルマにとって最も重要で、
軽んじてはいけない部分。

だが、
最近の不景気のせいだろうか。

国産のタイヤメーカーは、
商品説明が曖昧だし、
「この商品で打って出るんだぞ!」という気概が全く見えない。

量販店の販売に頼っているからだろう。
力の無さを反省せねばならない。

付き合いのあるBSやDLを紹介するにも、
何をどう売るのか全く案内が無い。

オートサロンでいくつか集めた情報を元に、
企画を進めているが、
やはりコンチネンタルが一番かもしれない。

ドイツで誕生したコンチネンタルのタイヤは、
ドライからウエットまで確実性が高い。

カタログ上の数値は、
どこもウエットが良いと誇張するが、
これまで走らせて感じたことは、
日本製の新製品とその差は余りにも大きかった。
フォルクスワーゲンの刺激とカリフォルニアのスバリスト_f0076731_07280694.jpg
ドイツと言えば、
フォルクスワーゲンだ。

オートサロンでフォルクスワーゲンの出展を見て、
「なかなか元気になったじゃないか」と思った。
フォルクスワーゲンの刺激とカリフォルニアのスバリスト_f0076731_07281996.jpg
コックスは老舗のチューナーとして、
昔から名の通った会社だ。

特にお付き合いしたことは無いけれど、
とてもセンスが良い。
この展示は洒落ていた。
クルマ好きに刺さる。
フォルクスワーゲンの刺激とカリフォルニアのスバリスト_f0076731_07295815.jpg
デカールもステキだ。

同じ大衆車同士だが、
ホイールと灯火器の関係、
動力性能、
シートの出来具合、
この3点で、
まだまだスバルはライバルに追いついていない。

その代わり、
0次安全、
1次安全、
2次安全、
それとコスパ、
これらではゴルフを圧倒している。

ゴルフの背中を見ながら、
これからインプレッサに抜群に優れたシートを付け、
CVTよりMTを搭載し、
テールランプを選べるように改善を期待した。

これだけやれば、
ゴルフに無い魅力を持つ以上、
このクルマを超えるはずだ。

B-Factionを作った当時を思い出した。

色々なデモカーを作ったが、
このクルマは記憶に埋もれていた。
フォルクスワーゲンの刺激とカリフォルニアのスバリスト_f0076731_07312890.jpg
フォルクスワーゲンから力をもらった。
次のプロジェクトをどんどん進める。
フォルクスワーゲンの刺激とカリフォルニアのスバリスト_f0076731_07323003.jpg
大宮君に頼んだら、
思わぬ才能を発揮した。
ささささ、っと図面を書いた。

一番上もせっかくだから棚にしよう。
材料を加え、

ここまで完成したが、
フォルクスワーゲンの刺激とカリフォルニアのスバリスト_f0076731_07343568.jpg
上の2段に棚板を載せる所まで、
忙し過ぎてなかなか前に進まない。
週明けからどう再開しようか。

そして、
このユニークなスペースをどのように活かすか。
フォルクスワーゲンの刺激とカリフォルニアのスバリスト_f0076731_07370147.jpg

そんな事で頭がいっぱいだ。

かわら版も作る必要がある。

だから泳ぎながらも考えることで頭がいっぱい(笑)

おかげで体重を絞れた。
今年最良の62.4kgに絞れた。
嬉しいね。

冒頭から、
なぜそんな事を思い出したのかというと、
昨日カリフォルニアのJANから手紙が届いた。
フォルクスワーゲンの刺激とカリフォルニアのスバリスト_f0076731_07374599.jpg
嬉しいね。
フォルクスワーゲンの刺激とカリフォルニアのスバリスト_f0076731_10352473.jpg
中津川のことをすっかり気に入ってくれたようだ。
この時は岩村町に民泊すると言った。

欧米人の民泊ネットワークは凄い。

きっとまた来たいだろうな。
フォルクスワーゲンの刺激とカリフォルニアのスバリスト_f0076731_07374959.jpg
彼も熱心なスバリストだ。
もう日本に来ても安心だぜ。
インプレッサハウスがあるからね。
フォルクスワーゲンの刺激とカリフォルニアのスバリスト_f0076731_10484982.jpg
彼は非常に熱心な取材を重ねた。
そろそろ映像があちこちで流れているようだ。

まだしっかり見たことが無い。

あの時のインタビューが、
どんな感じで流されるのか楽しみだ。
フォルクスワーゲンの刺激とカリフォルニアのスバリスト_f0076731_07395258.jpg
ラインの間という、
お洒落なステッカーが同封されていた。
フォルクスワーゲンの刺激とカリフォルニアのスバリスト_f0076731_10485757.jpg
それにしても、
相変わらず22Bの美しさは色褪せない。

今朝オークション記録を見た。

今年になって、
227.000㎞も走った事故車の22Bが、
良く聞く名の通ったオークションで落札されていた。

前に座っている娘に、

「おい22Bがまたオークションで落札されたぞ。
いくらだと思う」
そう聞いたら、

「えー、わかんない」
と言うので、

「事故車のしかも22万㎞走ったクルマで705万5千円だった」
と答えた。

即座に、
「えー!うっそー!高い-!!お父さん早く売ろう(笑)」

馬鹿言え(笑)と言ったら、

「本当!馬鹿みたい!!冷静になりなよ!!!」だって。

全くその通りだぜ(笑)

JAN、また会おう!

Commented by 雪国とおる at 2017-03-25 11:22 x
ゴルフ7はgtiも含めて何度か運転したことありますが
インプレッサやwrxに対してまだまだと言えるほど動力性能が高いとは思えないです
そもその何処のメーカーだろうが同クラス同カテゴリー同士で比べりゃ動力性能なんか大差ないと思います
自動車の基本的な技術は成熟されてますからね
今時、まだまだとか言えるほどの差なんか出すの難しいですよ
もしワーゲンにそれが可能な技術力があるなら
クリーンディーゼルであんなインチキやってないですよ





Commented by b-faction at 2017-03-25 15:34
雪国とおるさん、スバルに無い物を持ってることは事実です。クリーンディーゼルの熱効率は非常に高い。スバルにそのレベルの技術は残念ですがありません。
Commented at 2017-03-25 21:20 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by b-faction at 2017-03-25 23:07
タナベさん、こんばんは。僕もまだかわら版の原稿を書いてます。書き下ろしなので情熱を注げます。22Bは一部の人達が相場を操作してる気がします。要するにガレージから引っ張り出すためですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2017-03-25 10:54 | Comments(4)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31