人気ブログランキング | 話題のタグを見る

レガシィB4の魅力

レガシィB4の魅力_f0076731_16150883.jpg
今日は妻の誕生日だ。
夜の八時にレストランを予約している。

仕事を前倒し、
久しぶりに外でディナーを楽しむつもりだ。
レガシィB4の魅力_f0076731_14290356.jpg
昨日とは打って変わって、
朝起きると雨が降っていた。

S207の役目も終わった。
今月かわら版の巻頭を飾るために、
東京出張の後も大活躍した。

この後ショールームで主役を務める。

昨日出社すると綺麗に整った工房で、
仕上がりを待つB4の姿があった。
レガシィB4の魅力_f0076731_10332878.jpg
尾張旭の若尾さんから「おまかせ車検」で預かり中だ。
spec.Bならではの濃い味が魅力だから、
担当の杉本メカも「腕の振るい甲斐がある」と頑張っている。

やはり名車と呼ばれるにふさわしい耐久力だ。

だからこそ徹底的な消耗品の交換が要になる。
レガシィB4の魅力_f0076731_14413849.jpg
シャシーにスチームをかけ、
マフラーの腐食防止も施した。

シャシースチームやさび止め塗装を省略する人は、
軽乗用車オーナーに比較的多い。

余分なことをやりたくない気持ちはわかるが、
クルマのことを思ったら施工すべきだ。

車検専門店などは、
これを施工すると効率が落ちて利益が出ないので、
あまり推奨しないところも目立つ。

装置と手間を考えると、
戴く料金では少し合わないが、
プロの仕事と素人では内容に大差が出る。

工房の外には、
似ているが全く違う性格のB4が佇む。
レガシィB4の魅力_f0076731_07330766.jpg
川合さんが驚いていた。
「22万キロ乗ったとは思えない。
それにこんな良いエンジンが消えてしまうのが淋しい」と仰った。

このクルマは、
名車の証しだ。

廃棄する気になれないので、
飼い続けてあげようと決めた。

背後には仕上がりを待つブリッツェンも居る。
レガシィB4の魅力_f0076731_07332119.jpg
このクルマも名機だ。
デビューした時から鮮烈だった。

この時、
一番かっこよかったのがB4で、
その次にベージュのランカスターが素敵だった。

ツーリングワゴンも悪くなかったが、
ギョロリとした目つきであくの強い顔は、
グラマラスな尻と抜群のバランスだった。

桂田さんの女性観が溢れているように感じた。

セダンが好きな理由は、
トランクを持つこと。
室内との間にバルクヘッドがあり、
論理的にワゴンよりボディ剛性が高い。

だからセダンの走りは、
より理想に近ずく。

ラリーに出すためにハッチバック化した3代目インプレッサWRXは、
とてもスタイリッシュで人気がある。

形は優れていても、
セダンボディを手に入れてから、
戦闘能力は格段に向上した。

それを見ても、
バルクヘッドのある構造が走りに良い効果をもたらすことがわかる。

話が逸れたが、
このクルマも入ってきた時にシャシーをいつもより入念に洗った。
内装もバラバラにして、
現在一つ一つの部品まで、
洗えるものはすべて洗って清掃中だ。

車検の時だけでなく、
本当はシーズンごとにシャシーにスチームをかけるとよい。

中津スバルにはそのためのリフトがある。
レガシィB4の魅力_f0076731_14292692.jpg

昨日の活力朝礼は二班に分かれ、
S.A.Bの清掃担当と、
集水桝の清掃に分かれた。

集水桝とは別に、
別系統から集まった生活雑排水を浄化する「合併浄化槽」が埋設されている。

それぞれから出た排水は、
その先にある油水分離槽に集められる。

当社のように乗用車系のメンテナンスを請け負う整備工場は、
大型トラックなどを扱うところに比べ、
遥かに泥などの堆積は少ない。

しかし、
中津スバルは日頃からシャシー洗浄の重要性を説いているので、
ほとんどのお客様が施工される。

シャシーを洗った水は、
もちろんそのまま放水しない。

出た砂汚れや油などは、
まず最初のトラップに入る。
レガシィB4の魅力_f0076731_14294567.jpg
上下二か所あるが、
短期間でもこれくらい溜まる。

集めたら最終処分業者に引き渡す。
レガシィB4の魅力_f0076731_14300498.jpg
こういうものを体の隅々に溜めていて、
クルマが上機嫌でいられるはずがない。

理想は洗った後で、
スリーラスターという防錆剤を塗るとよいが、
より扱いやすい水性塗料でも問題ない。

施工すると次の積雪シーズンを安心して過ごせる。

BLEやBL5のターボ系は、
特に足回りをアルミで固めてるので、
毎年プロに任せて良く洗う方が良い。

鉄より錆に強いが、
腐食しないわけではない。

そんなことを考えていたら、
実に驚くことが起きた。

レガシィB4の魅力_f0076731_07334987.jpg
妻が「小包だよ」と箱を持ってきた。
送り主は宮城県塩竈市の菅野さんだった。

レガシィB4の魅力_f0076731_07335977.jpg
丁寧なお手紙がしたためられていた。

BLEの素晴らしさが日増しに解ると書いてあり、
愛機とのカーライフが手に取るようにわかった。

レガシィB4の魅力_f0076731_07342199.jpg
箱の中を見ただけで真心を感じた。

レガシィB4の魅力_f0076731_07322817.jpg
銘酒が2本丁寧に包まれていた。

レガシィB4の魅力_f0076731_07323772.jpg
どんな味なのかドキドキワクワクと、
心が躍り始めた。

お酒のほかに、
皆さんでお召し上がりくださいと、
レガシィB4の魅力_f0076731_07351584.jpg
初めて見るお菓子が入っていた。
レガシィB4の魅力_f0076731_14302983.jpg
塩竈にはギバサという名物があると初めて知った。
レガシィB4の魅力_f0076731_14304747.jpg
大好きなねばねばぬるぬる系らしい。
一度も食べたことがないので興味をそそられた。

正式にはアカモクという海藻らしいが、
海のない岐阜県では、
これまで全く縁がなかった。
レガシィB4の魅力_f0076731_15363835.jpg
持っただけで違いが判る。
サクッとした歯ごたえ。

それでいて、
ぎゅうっと歯に残る甘い味わい。
ミルキーな香りと相まって、
これまで食べたことのない美味しさだ。
レガシィB4の魅力_f0076731_15392744.jpg
一度食べたら病み付きになる味だ。

裏側なのか表なのかわからないけど、
綺麗に板チョコのような割り付けがある。

本能的に、
こういう割り付けが大好きだ。

のっぺりした表面ではなく、
綺麗に割り付けた姿に落ち着きを感じる。
レガシィB4の魅力_f0076731_15412125.jpg
珍しい逸品の数々、
菅野さん、
本当にありがとうございました。
レガシィB4の魅力_f0076731_15214243.jpg

こうして皆さんから力を送っていただけるので、
毎日の仕事に力が入る。
3月もまだ残り5日もある。

次の土日に向かって仕込みを始めた。

先日の編集会議の結果が形になり始めた。
レガシィB4の魅力_f0076731_15421549.jpg
こうして割り付けながら文章を考える。
基本的にニュースレターは、
情報の統括を山本部長が担当し、
各課の出し物はそれぞれ分担して進める。

レイアウトは妻が受け持つ。

形になる段階で提出されるので、
確認してアドバイスする。
レガシィB4の魅力_f0076731_15435203.jpg
このように徐々に割り付けが決まっていくと、
ゾクゾクするような快感に襲われる。

並行してかわら版に取り組んだ。
今回は株式会社SUBARUの誕生する日に発行するので、
記念しておめでたい内容に整えた。

裏面の割り付けは大宮君の担当だ。
レガシィB4の魅力_f0076731_15442613.jpg
タイトルさえ決まれば、
後は筆を走らせるだけだ。

ブログはキーボードをたたいて書くが、
そればかりでは面白い文章が書けない。

だから真っ白なコピー用紙が相手だ。

原稿用紙を使うと字数がわかりやすいかもしれないが、
途中から浮かんだ文章を書き留めにくい。
レガシィB4の魅力_f0076731_07325221.jpg

かわら版を書き下ろすのも、
自分を「追い込む」楽しみの一つだ。

売るために新車を用意できない状況が続いていて、
ショールームの展示に苦労している。

S207もかわら版の紙面を飾り、
WRX系の特集を組んだ。
発行を楽しみにしてほしい。

Commented by ひょっこり at 2017-03-26 21:43 x
 社長こんばんは。

勤務先でも昨年末に実施したのですが、汚泥を集めるとその時はいいのですが、後になって水と分離したり、思いのほか水が多く含まれていたことがあるので簡単に水を排出できる道具を作りました。

一斗缶の頭をくり抜いて、そこに無数の穴を開けておいたものに汚泥を一時的に集めるのです。そうする数日で水が抜け、廃棄処理が楽になるのです。

あまり穴を開けすぎたり、穴が大きすぎると底が抜けるのでほどほどに。
Commented by b-faction at 2017-03-27 16:25
ひょっこりさん、なるほど。缶の底にドライバーか何かで穴を開けるんですね。その一斗缶にいれたまま廃棄物として業者に出すのですか?
Commented by 川合 at 2017-03-27 18:25 x
B4のフラット6は本当に滑らかで、その静粛性、パワー感、排気音、どれもとても素晴らしく、こう言うと失礼な部分もあるかもしれませんが、「レガシィよりもっと車格が上」の車に搭載されていても何らおかしくないエンジンだと思いました。
また、今回はATでしたが、MTで回転数を思いのままに操ったらどれだけ楽しいエンジンか、その片鱗は充分に感じました。BRZにもし搭載されたらその気持ち良さはちょっと想像できないですね。
貴重な機会を頂いたこと、感謝しております。
Commented by ひょっこり at 2017-03-27 20:39 x
 説明不足でスイマセンでした。

まず、底の穴あけはボクの場合、穴あけポンチを使いハンマーで叩くといい感じで穴が開きます。ポンチはカッチンと言う音が出ないごくフツーのもので、ダイソーで100円のものですよ。たまたまそれで穴を開けただけで、ドライバーでも大丈夫だとおもいますよ。

あ、そうそう。一斗缶でなくてもエンジンオイルのペール缶でも全く問題ないですし、むしろ持ち手が付いているからベターだと思いますよ。量は大したことはなくてもガッツリ重いですからね。

汚泥は水分が抜けたら勤務先ではポリ袋(大きいやつで二重にしたほうがいいです)に入れて産廃業者へ出しました。その方曰く、あまり水分が多いと引き取れないのだそうで、実を言うと身近にあるもので最大の効果を求めるためにアイディアで乗り切った苦肉の策なんですよ(苦笑)。

なんせ、板金塗装も研ぎ作業で水を使うし、塗装のミストが多くなると塵埃になりますから量がハンパないのです。
Commented by b-faction at 2017-03-27 21:41
川合さん、こんばんは。コメントありがとうございます。また遊びにいらっしゃって下さい。お待ちしています。
Commented by b-faction at 2017-03-27 21:43
ひょっこりさん、確かにポリ袋で充分ですね。ペール缶も最近お土産でよく売れるので大切にしています。参考になりました。ありがとうございます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2017-03-26 15:59 | Comments(6)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction