人気ブログランキング | 話題のタグを見る

BRZと春の誘惑

暖かい1日だった。

早いもので間もなく一年になる。
オークション会場で息も絶え絶えだったサンバーを連れ帰り、
ガルパンと名付けて再生させた。
BRZと春の誘惑_f0076731_15401395.jpg

色と言い、
全体の佇まいと言い、
理想に近い車だった。
BRZと春の誘惑_f0076731_15411278.jpg
車検整備が終わったので、
脚代わりに使い始めた。

小型貨物車として蘇らせたので、
毎年車検を受ける必要があるけれど、
古いクルマにはかえって好都合だ。
BRZと春の誘惑_f0076731_15414380.jpg
タイヤはヨコハマ製を選んだ。
特に指示したわけでは無いが、
整備士の杉本君が各社の製品を比較し、
コストパフォーマンスも考えた上で決めた。
BRZと春の誘惑_f0076731_15422866.jpg
軽快な走り味だ。
ステアリングも軽くなった。

特に高性能なクルマでは無いので、
タイヤの差ではさほど体感する事は無いかと思ったが、
バタンバタンと不快な印象だった乗り心地が、
比較的スムーズになった。

かなり古いタイヤが付いていたので、
差が出て当たり前だが、
貨物用のタイヤとして悪くない仕上がりだ。

BRZと春の誘惑_f0076731_15454012.jpg
正に「the・SAMBER」だ。

この空間は学生時代に乗り倒したK87を思い出させる。

東京の田無に暮らしている頃、
サンバーバンやREX5バンを乗り倒した。
アルバイトで百貨店の配送もしたし、
自分の引っ越しにサンバーを使ったら、
赤帽のおじさんに「ウチでアルバイトしないか」と誘われた。

面白いおじさんで、
赤帽なのにミニキャブに乗っていた。

その頃はもう中津スバルでアルバイトを始めていたので、
おじさんの要望に応えられなかったが、
もう一年早ければ、
そのおじさんの弟子になりたかった。
BRZと春の誘惑_f0076731_15462195.jpg
小回りのきくキャブオーバースタイル。
見切りはとても良い。

ただし、
この頃のクルマは衝突安全性能が著しく劣るので、
最近の「殺人カー」が至る所で増殖し始めた環境下では、
走行する時により一層注意が必要だ。

夜間は走らない。
高速道路も丁寧に走る。

自分より、
相手の責任で酷い目に遭うので、
出来るだけシティランナバウトとして使用して欲しい。

原付バイクより安全なので、
使い分ければ良い。
BRZと春の誘惑_f0076731_15500606.jpg
本当にあの当時を思い出す、
古くさいステアリングホイールだ。

付いてきたステアリングは、
ちょっと危険な要素があった。
だから北原課長が在庫の中から探し出したのだろう。

サンバーに乗って郷愁を感じていたら、
東京から丸川さんがTV2に乗って来店された。
BRZと春の誘惑_f0076731_15534525.jpg
一昨日きちんと見学を事前に申し込まれ、
昨日の朝、
余裕を持って到着された。
BRZと春の誘惑_f0076731_15534834.jpg
お土産をありがとうございました。

オーストラリアに旅行されたそうだ。
BRZと春の誘惑_f0076731_15553822.jpg
うん!
確かにオーストラリアの味だ。
BRZと春の誘惑_f0076731_15572455.jpg
オーストラリア人も甘いものが大好きで、
街中にチョコレートショップが建ち並ぶ。
BRZと春の誘惑_f0076731_15573284.jpg
懐かしく味わわせて戴きました。
それに加え、
「インプレッサハウスに飾って下さい」と、
奉納品を承った。
BRZと春の誘惑_f0076731_15575026.jpg
珍しいミニカーだ。
イギリスのハンバーサイドという警察署のパトカーらしい。
貴重品をありがとうございました。

そのあとかわら版を取りに行ったり、
慌ただしく一日が終わった。

ジムに滑り込んで、
コアリメイクに参加し、
もう一度会社に戻って残務を片付けた。

とても片付く状態では無かったので、
早く目覚めたついでに、
デスクワークを片付けることにした。
BRZと春の誘惑_f0076731_15581698.jpg
誰もいないオフィスに入ると、
かわら版が綺麗に積み上げられていた。

折り込み料がちょっと考えられないほど大幅な値上げになった。
昨日も触れたように、
有料購読して戴くお客様も増えたし、
離れた場所に新聞折り込んでももったいない気がした。

そこで今月から折り込み部数を一気に減らし、
その分を回数に回すことにした。
費用対効果を測定するための実験だ。

値上げが見直しのきっかけになった。
BRZと春の誘惑_f0076731_15582908.jpg
かわら版の横に頼んでおいたマニュアルが添えてあった。
大宮君が帰宅前に作ってくれていたようだ。

しっかり準備して、
お客様に喜んでもらおう。
チラシに書ける予算を、
もう少し狙いを定めて工夫して使う。

もう一つ見直すきっかけになったのは、
あのポルシェが中津川にチラシを撒いた。

最初見た時は嘘だと思ったが、
彼らもそこまでやらなければならない時代になったんだな。

チラシには一定の法則があるので、
それを試行錯誤の中から、
うまく有効に働くよう常に学ぶ必要がある。

BRZと春の誘惑_f0076731_15584986.jpg
そんな事を考えながら、
チラシの奥を見て、
昨日のお土産を思い出した。

ちょうど運び忘れたサブロクのミニカーもあったので、
ケースを掃除して運ぶことにした。

サブロクのケースは樹脂が少し黄ばんでいるが、
艶には衰えが無い。

ヘッドライトが黄ばむように、
光の強い所だと合成樹脂が紫外線で黄ばんでしまう。

インプレッサの方は、
黄ばんでいないが少しクラックが入っていたので、
箱から出して汚れも拭いて入れ直すことにした。
BRZと春の誘惑_f0076731_15590421.jpg
結局洗った方が早かったので、
サッと洗ってファイバークロス雑巾で拭いた。

BRZと春の誘惑_f0076731_15591471.jpg
ルーフのアンテナが曲がっているのが気になった。
ひょっこりさんに触発され、
修正を自分でやってみる気になった。

BRZと春の誘惑_f0076731_15592563.jpg
21年前に作られたポルトガルの製品で、
インプレッサにとってかなり有名なブランドだ。

BRZと春の誘惑_f0076731_15593225.jpg
やり慣れないことは止めた方が良かった。
幸いにも細い針なので、
刺して固定出来そうだった。

BRZと春の誘惑_f0076731_15594240.jpg
何とか差し込むことが出来た。
工房に行ってボンドを探したが、
こんな使えないモノしか見つからなかった。

BRZと春の誘惑_f0076731_15595242.jpg
しょうが無いので爪楊枝で根元に糊を盛って、
ケースの中にそっと収めた。

そんな事をしていたら、
丸川さんに取材されたことを思い出した。

BRZと春の誘惑_f0076731_16000266.jpg
ここに来るにあたって、
様々な質問を用意されていた。

どうしてスバルが好きなのか、
いつからか、
そこが・・・などかなり謎が多いようだった。

それもそのはずだ。
聞けば彼は東京電機大学を卒業して、
4月から新生(株)SUBARUにエンジニアとして入社する。

しかも大学時代にフォーミュラSAEプロジェクトに携わり、
パワートレインの設計と製作を担当したそうだ。

BRZと春の誘惑_f0076731_16001260.jpg
なるほど。
オーストラリアのお土産の持つ意味が良く分かった。

学生時代にサンバーを乗るっておこうという気構えも気に入った。
このようなプレゼンテーションを考えて、
富士重工の入社試験にも臨んだのだろう。

よく勉強している立派な青年だ。

彼も恐らく一番好きなのはインプレッサだろう。

何が好きですか?
と聞かれた時、
インプレッサと答えた。

特にインプレッサWRXが好きだ。

もしくはインプレッサWRXを、
レガシィで作るという野望を果たした、
BL系のspec.Bも良い。

夢は何ですかと丸川さんに聞かれたので、
「夢は無い、野望ならある」と答えた。
BRZと春の誘惑_f0076731_16002967.jpg
彼が帰ったあと、
「そういえばもう一つあったな」と思い出した。

BRZも凄く良い。

そんな事を考えていて、
「あっ!」と思い出した。

一昨日、
フラリと突然シムスレーシングの遠山さんが当社を現れた。
BRZと春の誘惑_f0076731_16004235.jpg
三重県のイベントの帰りに、
わざわざ寄ってくれた。

でもお互い時間が無くて少し話せただけだった。
次はこの前のように飲みに行こう。

お互いに何を話したかというと、
BRZの実戦における戦闘能力についてだった。

BRZと春の誘惑_f0076731_16005653.jpg
彼もBRZで様々なパーツを開発している。

BRZのタイムが伸びない理由は何か。
彼が言うにはファイナルレシオだという。

なるほど。
これが新型車より前のクルマの相場を上げる原因か。

「今年の86/BRZレースで、
開幕戦からしばらくの間、
クラブマンのトップクラスが、
プロレーサーを凌ぐ場面もありそうですよ」
遠山さんがニヤリと不敵に笑った。

幸いにも当社には新型BRZのGTと、
旧型のRが揃っている。

理由がもう一つ分かった。

最初下ろしたBRZのRA,
あれが一番好きだった。

あのクルマ、
かなりハイギヤードだったんだ。

高速道路を走ると、
まるで滑るようだった。
その当時、
ビルシュタインダンパーやワンサイズ大きなピレリを付けたデモカーを、
サーキットで試走させる機会があった。

思いっきり金を掛けたデモカーより、
帰りの高速道路をRAで走る方が愉しかった。

あのクルマ、
手放すんじゃ無かった。

BRZのRに乗りたくなった。
筆を置きたい。
続のブログをお楽しみに。


Commented by 凡人28号 at 2017-03-30 08:26 x
86/BRZレースで新車を投入する場合
ナラシ運転で距離を稼がないと
エンジンのアタリが出ないという話を
プロのドライバーさんのブログでよく見ます。
ギヤ比の問題ではないような気がしますが。
Commented by b-faction at 2017-03-30 11:10
凡人28号さん、そうですか。
Commented by 異端児 at 2017-03-30 11:46 x
また徘徊して参りました!
スバルに詳しい友人から聞きましたが、赤帽様仕様のサンバートラックがあると聞きました。耐久性に優れててと聞いたことが。
Commented by b-faction at 2017-03-30 13:19
凡人28号さん、こんにちは。申し訳ないのですが、あの人どうも好きになれないんです。
Commented by b-faction at 2017-03-30 13:20
異端児さん、こんにちは。確かにありますが、もの凄く違うわけではありません。基幹性能に差は無いと言っても良いです。
Commented by TSUBASA at 2017-03-30 23:59 x
代田社長
お忙しい中質問に答えて頂き本当にありがとうございました。
短い時間でしたがお話できて良かったです。

またミニカーに修復ありがとうございます。
持ってくる時に曲がってしまったみたいで、申し訳ありません。

「卓越したものを開発する」と「野望を持って行動する」をキーワードに4月から頑張ります。
またお伺いしますので今後共宜しくお願い致します。
Commented by b-faction at 2017-03-31 19:12
TSUBASAさん、明日から新生いや、新星「SUBARU」で思いっきり活躍して下さいね。
ミニカーのアンテナを直すチャレンジが出来たので、かえって良かったと思ってます。大切に飾らせて戴きます。ありがとうございました。また出かけて下さいね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2017-03-29 16:48 | Comments(7)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31