人気ブログランキング | 話題のタグを見る

R2スーパーチャージャーとコンチネンタルタイヤ

南の楽園は相変わらず美しかった。
R2スーパーチャージャーとコンチネンタルタイヤ_f0076731_17414955.jpg
以前よりも魅力を増し、
利便性も安全性も、
美味しさも抜群だった。

出国前に、
ふと展示してあるR2に目が止まった。
R2スーパーチャージャーとコンチネンタルタイヤ_f0076731_23002584.jpg
このクルマに乗ると、
軽量で高剛性が
どれほど大切か再認識する。

軽自動車は身軽さが身上だ。

それがつくづくと解る。

軽い上に低速トルクの太い、
スーパーチャージャーエンジンを積むので、
走り始めると軽自動車である事を一瞬忘れる。

せっかくSに乗るなら、
タイヤにこだわりたい。

新品タイヤを選ぶにあたり、
コンチネンタルに決めた。

本来なら、
コンチは軽自動車にマッチするサイズを持たない。

偶然だが欧州車の一部に、
このサイズを採用したクルマがあった。

交換してテストした時の印象を、
宮下さんのお土産を食べて思い出した。
桔梗屋の作ったお菓子に、

R2スーパーチャージャーとコンチネンタルタイヤ_f0076731_23003463.jpg

きな粉の味がするプリンがある事は知っていたが、
自分で購入した事はなく、
初体験の味だった。
R2スーパーチャージャーとコンチネンタルタイヤ_f0076731_23004475.jpg
黒糖蜜をカラメルの代わりに使い、
その違いがきな粉を引き立て、
とても美味しかった。
R2スーパーチャージャーとコンチネンタルタイヤ_f0076731_23005341.jpg
国産タイヤと、
コンチネンタルの違いを、
R2のスーパーチャージャーエンジン搭載車から、
敏感に感じ取ることができる。
R2スーパーチャージャーとコンチネンタルタイヤ_f0076731_23010650.jpg
宮下さんに、
もう一つ頂いたのは、
R2スーパーチャージャーとコンチネンタルタイヤ_f0076731_23011536.jpg
同じように山梨を代表するお菓子で、
R2スーパーチャージャーとコンチネンタルタイヤ_f0076731_23012572.jpg
葡萄をテーマに、
R2スーパーチャージャーとコンチネンタルタイヤ_f0076731_23013461.jpg

丁寧な味に仕立てられていた。
さっくりとした歯触りと、
甘くてかぐわしい香りがR2のスーパーチャージャーとほどよくマッチした。

スーパーチャージャーは機械式過給器を意味し、
エンジンから直接動力を取り出して、
吸入する空気に圧力を掛ける。

圧力を掛けて、
実際の容積以上に空気を送り込めるので、
燃料を増量することが出来る。

したがって大気圧でしか吸入出来ない、
自然吸気エンジンに較べ、
高高度で上昇性能が飛躍的に高められた。

中島のエンジン技術で光ったものの一つだ。

人間も圧力を掛けて空気を吸うと、
思いがけない高性能さに、
改めて自分を見直せる。

出発前に「本当は怖い人、手を上げて」と促すと、
半分以上がゆっくり手を上げた。
R2スーパーチャージャーとコンチネンタルタイヤ_f0076731_17470421.jpg
そんな事心配しなくても大丈夫と、
お構いなしに連れて行き半ば強制的に潜らせたが、
後悔した人は一人も居なかった。

午前中にビーチで練習を積み、
吉村メカは水中で珊瑚や熱帯魚と戯れた。
R2スーパーチャージャーとコンチネンタルタイヤ_f0076731_17511392.jpg
ベースに戻りランチを摂り、
午後からボートで沖へ出た。

R2スーパーチャージャーとコンチネンタルタイヤ_f0076731_18001682.jpg
初体験のメンバーには、
しっかりインストラクターが付き添ってくれた。
だから安心して久しぶりに楽しむ事ができた。
R2スーパーチャージャーとコンチネンタルタイヤ_f0076731_17512595.jpg
深く底が見えない場所で、
ワクワクするような飛行する感覚を楽しんだ。

最高のダイブだった。
今まで側で見たことはあっても、
体験したことの無い妻も充分楽しみ、
R2スーパーチャージャーとコンチネンタルタイヤ_f0076731_17541420.jpg
北原、大宮、杉本、山本の四人は、
すっかりチームワーク良くダイブを楽しんだ。
R2スーパーチャージャーとコンチネンタルタイヤ_f0076731_17550422.jpg
本当は全員揃って、
格好良く決めたかった。
R2スーパーチャージャーとコンチネンタルタイヤ_f0076731_17551028.jpg
船が二つに分かれたので、
先に降りたものだけウエットスーツを脱いでしまった。

でも気合いばっちりで一日を終えた。

この経験を今後の仕事に活かせる。
是非期待して欲しい。

Commented by げんげん at 2017-04-14 13:44 x
はじめまして、南の島でひっそりとカーライフを勤しむげんげんと申します。社長のブログからは多くのことを学ばせていただいております。

> このクルマに乗ると、
> 軽量で高剛性が
> どれほど大切か再認識する。

> 軽自動車は身軽さが身上だ。

という書き込みですが、私もそのように思います。私の場合は、軽自動車ではなくスマートロードスターに10年程乗っておりました。

スマートは、スピードが出ていなくてもとにかく運転が楽しく、「軽量・高剛性」の形容がピッタリなクルマでした。スマートに乗ったことで、クルマに対する考え方も変わりました。

昨年、3人目の出産に合わせてミニバンへ乗り換えましたが、『必ずまた乗る。』と心に決めて手元に置いています。

今年の7月にSUBARUオーナーとして6年目を迎える若輩者ですが、今後も多くのことを学ばせて下さい。

それから、南の海は社員旅行でしょうか。とても好い雰囲気が写真から伝わってきます。このようなステキな場所でメンテを受けられるクルマやオーナー様は幸せですね。正直、とても羨ましいです。

乱文・長文失礼しました。
Commented by b-faction at 2017-04-14 21:53
げんげんさん、こんばんは。
必ずまた乗る!
これは大切ですね。
当社は2年に一度海外研修をしますので今年はグアムに行ってきました。今後ともよろしくお願いします。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2017-04-13 10:59 | Comments(2)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction