人気ブログランキング | 話題のタグを見る

フォレスターで自然を駆けCVTの変化を体感

フォレスターで自然を駆けCVTの変化を体感_f0076731_19534043.jpg
ダークブルー・パールのフォレスターは、
ソメイヨシノと相性が良い。

オオシダレザクラとのコラボレーションもステキだが、
クッキリ白い桜が濃いブルーに良く映える。

フォレスターで自然を駆けCVTの変化を体感_f0076731_19535135.jpg
フォレスターと旅すると、
行動半径が広がり、
様々な自然との触れ合いが楽しめる。

横たわっている巨大な遺物は、
1300年前に生き埋めになり枯れ死したヒノキだった。

フォレスターで自然を駆けCVTの変化を体感_f0076731_19540400.jpg
フォレスターとまた新鮮な発見を共にした。

フォレスターの自然吸気エンジン搭載車は、
同じ2リットルエンジンを搭載したインプレッサや、
XVに較べて明らかに走行フィーリングが違う。

中速領域でアクセルを踏み、
クルマを前に出そうとすると、
より軽々と走り出す。

エンジンに大きな差は無いので、
違いはトランスミッションから生じている。
フォレスターで自然を駆けCVTの変化を体感_f0076731_16543334.jpg
見て欲しい。
4月も終わりに近づこうとしているのに、
気温は真冬だ。

こんな高い所まで登ってきたのに、
リッター辺り11km弱だ。

どんな走り方をしても、
その前後で大きく変化しなかった。

丁寧に燃費を稼げば、
相当伸びるだろう。

これは試乗車なのに、
オドメーターの距離に対する生涯燃費も8.9kmと悪くない。

今回のテスト中も、
かなり急な山道を走った。実は
このようなシチュエーションだと、
XVハイブリッドより燃費を伸ばしやすい。

そう気がついて合点がいった。

どちらかというとJC08燃費を悪化させる。
でも、
リアルワールドで使うと「戦闘力」が高い。

スバルにはそのようなCVTが存在する。

それは何だと思う?

フォレスターで自然を駆けCVTの変化を体感_f0076731_17012235.jpg
X-MODE付のリニアトロニックだ。

普通のリニアトロニックと、
X-MODEを搭載するリニアトロニックでは、
エンジンからトランスミッションへ入力するパワーの減速比が違う。

だから起伏の激しい場所で実際に使い易い。

だからと言って、
カタログ上の数値にさえ拘らなければ、
実用燃費でさほど劣る事はない。

走行感覚の差は、
それらが起因となって表れるのだろう。
フォレスターで自然を駆けCVTの変化を体感_f0076731_19541857.jpg
地味なそば屋に入った。
中はとても広く付け焼き刃で建築された建物には見えない。

フォレスターで自然を駆けCVTの変化を体感_f0076731_19543430.jpg
あちこちで生活感が溢れる。
かと言ってどことなく商業施設の香りも漂う。

実は味に期待していなかった。

ガラス戸に向かって、
ポツンと一人景色を眺めていた。
フォレスターで自然を駆けCVTの変化を体感_f0076731_21375413.jpg
桜が咲くのはまだ先のようだ。
元気の良いおばちゃんが「はいっ!」とお盆を渡してくれた。

フォレスターで自然を駆けCVTの変化を体感_f0076731_19544772.jpg
驚いた。
たっぷりの天ぷらと、
手打ちの味が冴える、
抜群の蕎麦だった。

この蕎麦には日本酒が合う。

それにいよいよ山菜のシーズンかと嬉しくなった。

とてもお値打ちで味も良く食べ甲斐があった。

どうしてこの建物が残っているのか聞いてみた。

なんと近くの古民家を解体して移設したそうだ。

なるほどなぁ。


4月から11月までの営業らしいので、
今シーズンはまだ始まったばかりだ。
フォレスターで自然を駆けCVTの変化を体感_f0076731_16481946.jpg
これなんだと思う。
久しぶりに見たよ。

店の前の池に蛙の卵が産まれていた。
フォレスターで自然を駆けCVTの変化を体感_f0076731_16482347.jpg
凄い数のオタマジャクシが、
沢山泳いでいた。

昔はあちこちの田んぼで見られた光景だ。

心の栄養も戴いた。

会社に戻ったら、
机の上に紙袋が置いてあった。

フォレスターで自然を駆けCVTの変化を体感_f0076731_19545684.jpg
留守中に田中さんが来訪され、
お土産を戴いた。
フォレスターで自然を駆けCVTの変化を体感_f0076731_20193841.jpg
袋から桐の箱に入った、
純米大吟醸が現れた。

フォレスターで自然を駆けCVTの変化を体感_f0076731_19550890.jpg
こうなると待っているわけには行かなかった。
急いで収穫せねばならない。

中津スバル山菜園のタラの芽が、
このところのポカポカ陽気で一気に芽を出し始めた。
フォレスターで自然を駆けCVTの変化を体感_f0076731_19554723.jpg
早速妻を誘って、
ハシゴを持ち出した。
フォレスターで自然を駆けCVTの変化を体感_f0076731_19560017.jpg
育ちすぎて手が届かなくなりそうだ。
剪定も考えたが、


手が終えないほど茂るわけでもないし。

フォレスターで自然を駆けCVTの変化を体感_f0076731_19561600.jpg
人間の都合で切り刻むのは少し惨い。
芽は少ないように見えたが、
あっという間に袋一杯になった。
フォレスターで自然を駆けCVTの変化を体感_f0076731_19562991.jpg
娘と三人なら十分な量だった。
剪定など必要なかった。
フォレスターで自然を駆けCVTの変化を体感_f0076731_19565905.jpg
「足元にタラの芽が生えているよ」と妻が言った。
え?
どこなの??

すると草をかき分け土の中から頭を出したタラの芽を指さした。
フォレスターで自然を駆けCVTの変化を体感_f0076731_20062738.jpg
どんどん出てくるので、
これから将来に掛けて面白いイベントがまた出来そうだ。

フォレスターで自然を駆けCVTの変化を体感_f0076731_20064403.jpg
5分程度で新鮮なタラの芽がこれだけ取れた。

今年は豊作だ。

しばらくの間、
タラの芽料理が楽しめる。

フォレスターで自然を駆けCVTの変化を体感_f0076731_20065939.jpg
帰宅する時間に合わせ料理が始まっていた。

フォレスターで自然を駆けCVTの変化を体感_f0076731_20071360.jpg
田中さん、
戴いた純米吟醸酒、
大変美味しく戴きました。

ありがとうございました。

フォレスターで自然を駆けCVTの変化を体感_f0076731_19552157.jpg
ゴールデンウイークのイベントにぜひお越し下さい。

フォレスターで自然を駆けCVTの変化を体感_f0076731_19553769.jpg
お待ちしております。

こうした気配りや目配りは、
本当に嬉しい。

「目配り」が効くとは、
まさにフォレスターにもうってつけの言葉だ。

フォレスターは、
現在スバルで最高の灯火器を装備し、
いまだに他のスバル車の追随を許さない。

フォレスターで自然を駆けCVTの変化を体感_f0076731_17014124.jpg
ギョロリと動く目に、
家畜魂を感じる。
フォレスターで自然を駆けCVTの変化を体感_f0076731_17015115.jpg
点灯させるとギョロリと眼(まなこ)を動かす。
フォレスターで自然を駆けCVTの変化を体感_f0076731_17020476.jpg
スイブル機能だけならインプレッサにも付いたが、
このクルマの凄い所はハイビームのまま、
対向車を幻惑させないよう調節出来る。

ステアリングに反応しながら、
ギョロリと照射方向を変え、
対向車が来ると上手にシェードで光を遮る。

やっぱりフォレスターって最高だぜ。

終わり

Commented by naka at 2017-04-23 21:42 x
いいですね!
この度13年共にしてきたBL5のターボ5MTを降り、新型XVに乗り換える事となりました。
改良型リニアトロニックスもインプレッサで体験し納得の乗り換えです。
今日、レガシィでの最後のドライブをして来ましたが(XV 納車まで暫く車無し生活)、レガシィも最高の車です。大変名残惜しいですし、乗り続けるか最後まで悩みました。
が、これからの家庭内でのイベントやタイミングを考慮し、この度乗り換えることを決意しました。
別れは寂しいですが、X-Mode付きリニアトロニックスとアイサイトとの新しい出会いに期待し、納車を待ちたいと思います。
Commented by nora at 2017-04-24 01:13 x
毎回ブログを楽しみにしております。
この度、フォレスターについてのエントリだったため、初めて筆を取らせていただきました。
私は先代インプレッサの1.6LのCVTを所有しておりますが、会社で20年前の5MTのバンを運転する機会が何度かあったことで、MTの「操る愉しさ」に魅せられてしまいました。
現行インプレッサからMTが廃止されてしまったことで、スポーツモデルを除くMTがフォレスターしかなくなったこともあり、現車購入から3年足らずにしてフォレスターの2.0-L 6MTの購入を決意しております。
過去の貴殿ブログにおかれましてもフォレスターのC型の6MTの素晴らしさを伝えられましたエントリは穴が空くほど拝読しましたし、マリオ氏との動画も何十回も拝見しております。
拙いながらここに現代のMTの素晴らしさを伝えていただいた事に大変感謝申し上げます。
D型から車としての素晴らしさはより一層磨きがかかったフォレスターとのことですが、6MTに関する所見のほどはC型から変わりませんでしょうか?
先のスバルマガジン(Vol.8)に於いてもMTについての特集も拝読いたしましたし、TY75型ミッションも「次があると聞いたことがある」と仰っていた件もあり、私の興味は尽きることはなく、また今からフォレスターの6MTの購入を見送ることはないなと思いつつこんなお願いは恐縮ですが、改めてご意見等いただければ幸いです。
よろしくお願いします。失礼致しました。
Commented by b-faction at 2017-04-24 07:01
nakaさん、ご契約おめでとうございます。楽しみですね。凄く存在感のある出で立ちですからレガシィからの乗り換えにぴったりだと思います。
Commented by b-faction at 2017-04-24 07:08
noraさん、いつも見て戴きありがとうございます。先代インプは査定が高く早期乗り換えをお勧めします。車体骨格に改善が加わりましたから最新型の走りは確実に向上したと思います。納期が掛かりますので早めに注文されるとよろしいでしょう。ボディカラーはこのブログを参考にして下さい。
Commented by naka at 2017-04-24 17:50 x
代田様
ご返信ありがとうございます。
もし2004年式白のB42.0GTが中古車オークションに出てたら是非落札して下さい。
(半分冗談、半分本気 笑)
Commented by b-faction at 2017-04-24 20:03
nakaさん、承知しました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2017-04-23 21:00 | Comments(6)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31