人気ブログランキング |

御岳ロープウエイでゴールデンウイークを楽しむ

f0076731_13314624.jpg

この辺りは昔から花桃が至る所に植えられ、
桜のシーズンを補う名コンビぶりを見せる。

場所によっては桜と同時に咲いたり、
桜の後を彩ったり素晴らしい樹木だ。

f0076731_20554546.jpg
時期的に「鯉のぼり」とも重なり合う。

「花桃」と「鯉のぼり」と言えば、
まず真っ先に阿智村を思い出す。

先日SUBARUのファンイベントが、
ヘブンス園原で開かれたので、
まだ記憶に新しいはずだ。

阿智村の花桃は、
この辺りでも特に美しく、
毎年「鯉のぼり」とコラボレーションする。

同じように南木曽の桃助橋にも鯉のぼりが泳いでいた。

関西電力の発電所が並ぶ木曽川水系を、
福沢桃介が開発した。

橋を渡ると記念館もある。

f0076731_13524556.jpg
何年か前に蛇抜けして、
レガシィが流されてしまった場所もこの近くだ。

南木曽と言えばまず妻籠宿を思い出す。

妻籠には代田家のルーツもあり、
親しみ深い場所だ。

撮影中にだんだん雨が激しくなりはじめた。

次にどこへ行こうか考えたら、
頭の中にロープウエイが浮かんだ。

それを阿智村のロープウエイでは無く、
旧三岳村の方だ。

阿智村は「日本一美しい星空」と言っている。
けれど実態を知っているから、
心のどこかで納得出来ていなかった。

ヘブンス園原の頂上の下には、
中津川の市街地が広がっている。

そこには夜も煌々と照明がともり、
上空を照らすわけだから、
本当に真っ暗では無い。

園原なら高速道路に近いから、
安全で早く、
凄く高い場所まで登れる。

それは良いのだが「灯りに近い」という、
バーターする部分もある。

開田高原でさえ、
最近照明が気になり始めた。

ところが御岳ロープウエイ辺りは、
周りに何も無い。

だからもっと真っ暗に違いない。

春の様子がどんな具合か知りたくなった。

そこでヘビーウエットに変った国道を走り、
御嶽山に向かった。

f0076731_21041961.jpg
この辺りから、
GDAの走りに惚れ惚れした。

とにかく身軽だし、
スバルサウンドも心地良い。

見かけ上は250馬力のエンジンだが、
ピークトルクの333ニュートンMを3600rpmで発生する。

なので数値以上に力強く感じる。

特にこのような曲がりくねった道路だと、
クルマを速度に乗せやすい。

だから思い通りに軽々と走らせることが出来る。

この前、
1月の終わりに来た時は、
まだまだ深い雪道だった。
f0076731_13530874.jpg
冬期は閉鎖しているので、
管理する人が少し通るだけで、
あたりはひっそりと静まりかえっていた。

そこを貸し切りにしてスノードライブを満喫する人も居たが、
排気音を深い雪が全て吸い取っているかの如く静かだった。
f0076731_15090413.jpg

バス停のサインを見較べると、
雪の深さがよく分かるはずだ。
f0076731_15091739.jpg
ロープウエイのセンターハウスに着いた。
ここ迄来たのは一昨年の7月以来だ。
f0076731_15145674.jpg
標高は1.570メートルある。
GWの開業に向けて、
準備が着々と進んでいた。

どんな様子なのか見たくなり、
扉を開けて中に入った。

突然訪問したにも関わらず、
アスモグループの企画開発本部、
松原部長が温かく迎えてくれた。

f0076731_18205237.jpg
アスモグループはこの「御岳ロープウエイ」と、
開田高原にある「マイアスキー場」、
それに「きそふくしまスキー場」を傘下に持つ。

単刀直入に、
「星空が綺麗なのは、むしろこっちじゃ無いですか」と聞いた。

それには「うふふ」と軽く受け流し、
「こちらにも天体ファンが大勢お出でになりますよ」と、
とても上品な答えが返ってきた。

そして、
全く偶然にも、
このゴールデンウイークの臨時営業を知った。
f0076731_20523497.jpg
2017年のシーズンは、
5月27日から11月5日までと決まっていた。

だが、
4月29日から5月7日まで、
このロープウエイを特別に運行し、
雪の回廊を見せてくれるというのだ。
f0076731_20525900.jpg
こちらがアスモグループ株式会社
代表取締役社長兼
マイアスキーアカデミー校長の、
今 孝志さんだ。

今さんに、
お目に掛かり色々なお話を聞いた。

ホンモノを好むスバリストには、
ホンモノの星空も見て欲しい。
でも、
実はあまり公になって欲しくないそうだ。

一部のミーハーな天体マニアが集結すると、
夜空が乱れ観測に影響が出るそうだ。

既にこの場所は天体マニアには有名で、
もの凄く高性能な望遠鏡を持つ人達が、
密かに観測を楽しむらしい。

良いことを聞いた。

ホンモノの好きなスバリスト諸君。
園原だけじゃ無く、
御岳ロープウエイにも是非訪問して欲しい。

そして昼間はロープウエイで登ろう。
上下の駅それぞれにレストランも完備している。
夏もこの高原は素晴らしいぞ。
f0076731_20530927.jpg
7月の真っ盛りの様子も紹介しよう。

そして今日の高原は、
こんな感じになっている。

松原部長から最新の情報が届いた。
標高2150mの世界だ。
恵那山頂が2191mだから、
ほぼ同じ高さに居ると思えば良い。
f0076731_20532184.jpg
スキーは出来ないけれど、
空が抜けるように青い。

頂上駅の夏は、
こんな感じだが、
f0076731_20533897.jpg
いつもの年に較べると、
まだ雪が沢山ある。

とにかくロープウエイを降りると、
そこからの景色が抜群だ。
一昨年家族で訪れ、
とても気持ちの良い時間を過ごした。
降りて直ぐ左へ行くと登山道に繫がる。
f0076731_20535224.jpg
そこにステキな場所がある。

しらびその小径は今、
素晴らしい回廊だ。

f0076731_20541236.jpg

明日の午前8時半より運行を開始する。
大人往復2600円。
あの空気が吸えるなら安いもんだ。
f0076731_20543293.jpg

この小径が、
f0076731_20551059.jpg
こんなにステキな回廊だ。
f0076731_20552712.jpg

夏は山小屋も営業しているが、
f0076731_20554739.jpg


いまはステキな雪の回廊。
f0076731_20555990.jpg

このゴールデンウイークの間は雪が残るだろう。

御岳ロープウエイまで走った事で、
WRXの得た物と失った物が明確に分かった。


ロープウエイから開田に行って腹ごしらえした。

中西屋に行って美味い蕎麦を食べたら、
店主の森田さんがニコニコと現れた。
f0076731_20561450.jpg

ロープウエイの話をしたら、
「なんだ、今ちゃんと会ってきたの?」

知らなかった。
お二人は旧知の仲だという。
やっぱり開田繋がりは愉しい。

ロープウエイでも名産品を食べることが出来る。

でもせっかく来たから開田の蕎麦を食べたい!
そう思う人は中西屋をお勧めする。

ここの蕎麦だけは、
他のお店とレシピが間違いなく異なる。

ぜひ確かめて欲しい。

ホンモノの好きなスバリストには必ず解るはずだ。

さあ、
明日はインプレッサWRXに代わる、
面白いクルマを提案したい。

お楽しみに。



by b-faction | 2017-04-28 22:10

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction