ポルシェカレラの匂いをGC8に重ねる

東京の夕日が美しかった。
f0076731_00313911.jpeg
いつもの居酒屋に集い、
3人で晩酌を楽しんだ。

愉しく過ごし三者三様に別れた。
ホテルまでの道のりは誘惑で一杯だ。

ありとあらゆる食べ物が、
食欲をかき立てる。

見ないように歩いたが、
黒いカレーに目が止まった。

しばらく歩いたが舞い戻り、
久しぶりに禁断の炭水化物を味った。
f0076731_00323044.jpeg
理屈抜きで深夜カレーは美味かった。

急に濃い味が恋しくなる時は、
戦闘態勢にスイッチが入っている。

食べる欲があると、
戦う意欲も増す。

そのの結果、
かなり意識を高く維持し思わぬ掘り出し物を手に入れた。

新しい仲間たちを紹介したい。

f0076731_00334033.jpeg
FB25を搭載した最終型のBR系レガシィは、
f0076731_00343832.jpeg
4気筒で6気筒の味が楽しめるようになった優れものだ。

大きな液晶カラーモニターを持ち、
ここから独特のおもてなしが始まった。
f0076731_00341179.jpeg
最近では星空までグラフィックに演出される。
これからまだまだ次々と面白いアイディが施されるだろう。
その先駆けとも言えるクルマだ。

手に入れてから解ったが、
つい最近まで名古屋で使われていた。
偶然だが当店とも多少なりとも縁があった。

他にも良いモノを入手出来た。
グラマラスなサイドビューはいくら見ても飽きない。
f0076731_00362236.jpeg
前オーナーの愛情が雰囲気から滲み出ていた。
こちらの2.5リットルターボエンジンは、
先日のブログで取り上げた銘品だ。
f0076731_00365049.jpeg
ノーマルマフラーを使うか、
STIを装着するか吟味した上で商品化しよう。

まずテストして実力を探る。
f0076731_00372632.jpeg
最終型のダイナミックEー5ATは、
なかなか面白くて人気が高い。


f0076731_00375075.jpeg
2台の到着が待ち遠しい。

f0076731_00382980.jpeg
この日、
久しぶりにポルシェ911のエンジンサウンドを楽しんだ。

2年前、ドイツでフルレストアしたカレラの助手席に乗って、
その濡れたようなボクサーサウンドに痺れた。

だからこの音を久しぶりに聞いて、
f0076731_00394555.jpeg
良い音だなぁと惚れ惚れした。
それと同時に刺激をもらった。
f0076731_00401048.jpeg
ちゃんとしたタイヤを付けて、
運転席のフルバケットシートも、
新しく革張りされて美しかった。

驚くほど高いスタートだから、
希少なのだろう。
f0076731_00391218.jpeg
社内の床は鉄板剥き出しで、
エンジン音もけたたましく侵入する。

その鉄板も溶接の跡だらけだ。
事故車扱いだが、
サーキット走行のため補剛した形跡のようにも見える。

このポルシェを見て我に返った。
当社に凄いGC8が来て1年経過した。

これにゆっくり時間を掛けて、
元の状態以上に回復させる必要がある。
f0076731_14473008.jpg
このポルシェを参考にしよう。
良いモノを見た。

こうした気付きが次のチャレンジに繫がる。

今の時代なら、
STIからこのクルマが世の中に流出することは無い。

普通ならこの世に存在せず、
とっくの昔に鉄の塊に戻されていたはずだ。

それほど普通の生産車にはとても使えない、
見せてはならない部品が仕込まれている。

強度を大幅に高めたエンジンを抱き、
入念にオーバーホールされたクロスミッションを持つ。

さあ、
どうしようか。

まず必要なのは、
当時のヒトデ型のオリジナルホイールの復元だ。

あのポルシェのように色を塗り、
アルミの素地も磨き上げる。

次は良いシートに換える。
不釣り合いだと言われようが、
シートだけは新品並に蘇らせる。

ピッタリサイズのレカロを新品で探すか、
或いは代用品に取り替える。

ステアリングホイールも交換し、
手に触れる部分を完全に一新する。

良いモノを見ると目が肥える。

f0076731_00414662.jpeg
ランボルギーニに兜を脱いだね。
トリコロールカラーのキャリパーは、
STIに真似させたいセンスだ。

f0076731_00422719.jpeg
蛍光イエローも洒落ていて、
漸くその気になったと感心した。

次のSにカタログモデルのセンスを活かし、
是非もう一工夫期待したい。

f0076731_00425029.jpeg
やっぱりエンジンの存在を、
もっと演出するのがスバルの仕事だね。
f0076731_00431918.jpeg
アルミにチジミ塗装はSTIに定着したアイデェンティティだ。

BRZで綺麗に仕上がり、
この先が楽しみになった。
f0076731_00434840.jpeg
ああ我慢出来なくなった。
さっそく工程を考え、
メモリアルカーを温存しよう。

ホンモノが解る人に見てもらうために。

トラックバックURL : https://bfaction.exblog.jp/tb/27880561
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 山本 at 2017-06-09 19:26 x
久しぶりに神戸から中津に伺いたくなってきました。 前回見ていただいたB4も、STIパーツでビシッと仕上がりましたよ!
Commented by b-faction at 2017-06-10 11:05
山本さん、おはようございます。手間暇掛けると良くなります。時間掛けてじっくり改善します。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by b-faction | 2017-06-07 17:57 | Trackback | Comments(2)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31