コンチネンタルタイヤ ジャパンの中枢を訪問

良く走った。
思いっきり走った。
エンジンの持つ力を全て引き出した。

f0076731_20065600.jpg
予想より遙かに速く到着した。
正味の結果を報告しよう。
往路はリッターあたり10.3km走った。
f0076731_20410614.jpg
地下駐車場に車を滑り込ませた。
いつもなら満車なのに、
珍しくガラガラだった。

ここからエレベーターに乗り21階のフロアに向かう。
f0076731_20412047.jpg
毎月一度の定例会議だ。

今回のプレゼンは「モノマガジンの取材」が中心となった。

改めて相棒のデータを紹介しよう。

【車名】
スバル XV 1.6i-L EyeSight
【型式】
GT3B5UC QFC

これが実車の具体的な仕様だ。

【主要諸元】
全長×全幅×全高(mm):4465×1800×1595
ホイールベース(mm):2670
トレッド前/後(mm):1555/1565
最低地上高(㎜):200

ここまでは排気量もグレードも関係なく、
諸元はほぼ共通だ。

車両重量(kg):1410
シートの電動装置が無いので10kg軽い。
もしルーフレールも外せばもう10kg軽くなる。


最小回転半径(m):5.4
乗車定員 5名
【エンジン】
FB16/水平対向4気筒1.6L DOHC16バルブデュアルAVCS
内径×行程(mm):78.8×82.0
圧縮比:11.0
最高出力 85kW(115ps)/6200rpm
最大トルク148N・m(15.1kg・m)/3600rpm
【燃料供給装置】
EGI
【変速機】
リニアトロニック(7速マニュアルモード付)
【燃費】
16.2km/l (JC08モード)

これは信憑性の高い数値だ。
市街地走行で15km/l確実に走った。

高速道路を高速道路らしく使うので10.3km/lになるだけだ。

【標準装備】
ステアリング連動LEDヘッドランプ
ウエルカムライティング ルーフレール
電動パーキングブレーキ
キーレスアクセス&プッシュスタート
本革巻ステアリングホイール&セレクトレバー
【税抜車両本体価格】
2,305,000円ボディカラー:クリスタルホワイト・パール

俄然興味が湧いてきた。
もしLEDランプも外し、
ルーフレールも外し、
X-MODEも外すとどうなるか。
パドルシフトなんて全く使わないので、
有っても無くてもかまわない。

エンジン制御もトランスミッション制御も、
テンロク全車共通だ。
プライバシーガラスも無くなるが、
198万円という価格に魅力がある。

冷静に見てみたい。
アイサイト標準
電動パーキングブレーキ標準
最上級のリニアトロニックと最新のAWDシステム標準
17インチアルミホイール標準
4輪ディスクブレーキ標準
SGPにシャシー向上
日本最高の安全性能標準
歩行者エアバッグ標準
格段に進歩したインテリア標準

MFDは廉価版になるが、
体勢に影響は無いだろう。

船井総研の分析では、
現在景気はかなり良いのだという。

日本有数のコンサルティング会社の分析だから、
まず間違い無いはずだ。

でもこの閉塞感って一体どこから来るのか。
確かに深刻な不景気を感じたことは無いけれど、
本当に成長しつつ景気が良いのか。

それは少し違うな。
値段の高い軽自動車にも魅力はあるけれど、
国際競争力のあるXVは日本人にとって格安価格だ。

それでも値段に釣られて軽自動車を買う。

背景。

女性が強い。
鞄のようなクルマ。

男の価値観より、
女の価値観。

女が強いと、
腐った男も現れる。

男が強くて女が腐るか。
腐らないだろう。
輝くはずだ。

安全性能より、
スライドドア。

軽自動車に美味しさはある。
充分満足できて品質も高い。

しかし本当の旨さは持たない。

量販店の味がする。

タイヤも同じで、
量販店の味が強いタイヤもあれば、
本当の旨さを持つタイヤもある。

食事の後、
プレゼンを済ませ次の目的地へと向かった。
f0076731_20422458.jpg

場所は天王洲アイル。
再びビルの地下駐車場にXVを入れた。

訪問先はコンチネンタルタイヤ・ジャパンだ。

f0076731_20433142.jpg
紹介しよう。
向かって右は広報担当の宮川直子さん。
正式にはマーケティング&コミュニケーションマネージャーだ。

そして向かって左が、
キーアカウントマネージャーの井上邦哉さんだ。

井上さんは、
あのNBR最速タイム記録樹立に貢献した、
コンチSC6開発の立役者だ。

あのタイヤがもし無ければ、
シビックはNBRでルノーの記録を抜けなかった。

NBRで周回あたり12秒短縮できる驚異のタイヤだ。

これがその実物だ。
f0076731_20500729.jpg
真ん中に立っておられるのが、
カスタマーサービスエンジニアの水野正大さん。
非常に知識が深く、
技術的な質問ならば、
彼に聞くだけで100%理解できる。

f0076731_20550764.jpg
最近コンチネンタルを履きたい理由は、
実に明快にタイヤ性能を体感できるからだ。

現在、シリーズを5から6へアップデートしている最中だ。

どのタイヤも変りつつある過渡期にも関わらず、
性能が明確で説明しやすい。

中津スバルでは、
コンチネンタルタイヤの特性を更に探究し、
各車に相応しいタイヤセレクションを提案する。

だから安心してコンチネンタルを履こう。
各タイヤの詳細はこの後のブログを楽しみにして欲しい。

終わり

トラックバックURL : https://bfaction.exblog.jp/tb/27955385
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by b-faction | 2017-07-07 21:22 | Trackback | Comments(0)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31