オレンジ色のXVを高速道路でアップデート

今年のブルーベリーは作柄が良い。
f0076731_16340946.jpg
ドンドンとれる。
良く見ると少し大きめの実があるはずだ。

そちらがブルーレイと言う品種で、
今年の味は最高だ。

柔らかい甘さに満ちている。

このブルーベリーは「モノ」だろうか。
いや違う。
「コト」なんだな。

最近あちこちでブルーベリーをよく見かけるようになった。
だいたいワンパック500円くらいで売られている。

国内のブルーベリーは、
需要と供給が逆転しているのかもしれない。

それが功を奏している。
鳥も盗みに来ないし、
珍しくないので社員も採らない。

だから美味しいジャムになる。
モノは飽和状態でも、
コトは飽和状態にならない。

自然に対する接し方は、
何百万、何千万という組み合わせがあるはずだ。
f0076731_16342774.jpg
最新号のモノマガジンだ。

モノマガジンがスバルに触れると、
こんなに面白い記事になるのか。
3頁から63頁まで圧巻の特集だ。

確か企画書には50ページとあったので、
編集しながらどんどん有意義で捨てられない情報が残ったのだろう。

この本はとても読み応えがある。
是非みんなで読み倒す実用版と、
綺麗なまま本棚に入れておく保存版の、
二冊を同時に購入してほしい。

それだけの価値がある本だと思う。

モノマガジンの「モノ」に対する感覚は、
それはそれは研ぎ澄まされ、
飽和状態の書籍の中で光るモノを守り続けた。

スバルはモノを作っている。
そしてスバルスタンダードは、
店舗もモノとして考えナショナルブランドとして磨き続けた。

その結果、
多くのお客様から支持を得て、
急激に設備もイメージもサービスも向上している。

その上で「コト」を作る方向に舵を切った。
それが昨今の拡大するファンミーティングや、
会社のスローガン「笑顔を作る」に現れている。

中津スバルは対極にある「コト」を作るので、
モノマガジンの興味を引いたのかもしれない。
f0076731_16423367.jpg
44頁から46頁に当社の様子が掲載された。
もし興味があったら、
「読み倒して」欲しい。

奈良から「やまかつ」さんがいらっしゃった。
f0076731_20460611.jpg
初対面だったが、
全くそんな気がしない。

と言うのも、
糖質制限の様子をモニターし、
いつも適切なアドバイスを頂戴しているからだ。

奥様にもお目に掛かれて、
とても光栄でした。

やまかつさんが推すだけあり、
f0076731_20461797.jpg
丁寧に焙煎された香り高きコーヒー豆だ。

店の中に焙煎機まで設置して、
珈琲を提供する凄腕のカフェがある。

f0076731_20463177.jpg
早速挽いていただきました。

良い香りで、
バランスの良い苦味と酸味が、
珈琲好きのハートを鷲掴みにした。
f0076731_20464647.jpg
ありがとうございました。

さて、
オレンジ色のXVは、
驚きの事実を内包していた。


f0076731_20393133.jpg
借りた時点でオドメーターは1279kmだった。
そしてトリップ/Aは501kmと示していた。

最初に借りて動かした時から違和感があった。

何しろ工房を出て国道に合流する時、
いくらアクセル踏んでも前に出ない。

まるでバックする時に、
低速モードのままアクセル全開にしたような感じだった。

前回試したクリスタルホワイトパールのテンロクと、
クルマの様子があまりにも違った。
f0076731_18161018.jpg
もしこのオレンジだけ乗っていたなら解らないかもしれない。

が、
乗り味も何となくぎこちないし、
そもそも全く思うように走らない。
アクセルをいくら踏みつけても、
エンジン回転数は4000rpm以上回らない。

エンジンの俊敏さを全く感じないのだ。

これがテンロクだと思われたら、
ちょっと問題だろう。

もろにパワー不足で、
あの褒め称えたテンロクの性能が、
微塵も現れていない。

f0076731_20394489.jpg
そこでまずトリップ/Aをリセットした。
走らせる状態と距離と結果を整合させるために。

国道に出て60km/h平均で流すと、
燃費は良いし乗り心地も良い。
前方にSPORTが現れた。
f0076731_20400209.jpg
こうして比べると解るが、
SPORTワゴンより、
タッパのあるXVに黒が似合う。
f0076731_20401677.jpg
走りはトロイが燃費は伸びる。
リッターあたり15kmを少し切るぐらいで巡行した。
本格的に走れる場所に来た。
f0076731_20403464.jpg
グーンと加速すると、
今度はアイサイトが余計なお世話を焼く。

ここは追い越し禁止のイエローラインを、
追い越し可能な点線に改めた。
そして、
左側に歩行者を守るガードを増設した場所だ。

車線中央維持機能が、
気持ち悪いほど働き、
クイクイッと舵角を与える。

余りにもうっとおしいので、
ステアリングアシストのスイッチを切った。
f0076731_20405120.jpg
道幅を有効的に使う、
滑らかなドライブを妨げる。

あまり「やりすぎ」も良くないが、
居眠り防止や高齢者の運転支援には有効な性能だ。

木曽の桟から開田高原に向かった。

f0076731_20411062.jpg
ここで以下の文章を更新しようとして、
思わず焦った。

掃除の時間になったし、
テスト走行も頼まれている。

あさから来客が続き、
今日は賞与の支給日でもあった。

後半の全文がたった一回の押し間違えで消えちゃった。

楽しみにしている人には申し訳ないが、
ちょっと見直せという啓示かもしれない。

高速道路でどのように走るとスポーティになるのか。

そのあたりをまた改めて検証したい。

お楽しみに。

トラックバックURL : https://bfaction.exblog.jp/tb/27972708
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by やまかつ at 2017-07-14 19:40 x
代田社長様
珈琲亭の珈琲を気に入っていただき、ありがとうございます。
秋の栗きんとんの季節には、甘いモノの味を一層引き立てる
ブラジル系の苦味の効いた珈琲を持参しますので、
ご期待下さい。
追伸
社長様の行動をブログからモニターしているわけでありません
ので、東京で、豚骨ラーメンやご飯タップリのカレーを召し
上がっていただいても、問題ございません。
糖質をしっかり召し上がっていただいた後、体調がどうなるか
を観察いただければ、十分です。
向暑の候、健康管理に留意いただき、御社がますます発展され
ますよう、祈念しております。
Commented by b-faction at 2017-07-14 20:47
やまかつさん、こんばんは。モニターしていただく方が気の緩みを防げます。変わらぬ叱咤激励をお願いします。
Commented by Sapporo340 at 2017-07-14 23:15 x
代田社長こんばんは
新しいXV、立体感がすごいですね
オレンジも白も、絶妙な彫刻?のグラデーションが美しいです
スバルのクルマは走りはもちろん、昔からスタイリングにもワクワクさせられます

これからも濃いリポートを楽しみにしています
モノマガジン、北海道でもそろそろ店頭に並んだかしら
2冊、承知しました
Commented by b-faction at 2017-07-15 07:08
Sapporo340さん、おはようございます。今日から発売ですね。またコメントをお待ちしています。
Commented by Takuji at 2017-07-15 13:41 x
代田様
初めまして。
ブログ大変楽しく読まさせていただいております。
私はオレンジの新型XV2.0L購入しましたが釣りで山に入るので大変満足しております。
自分が作っているランドクルーザーと比べて全てが新しいですね。
特にミッションには感心しております。
次世代は電気自動車かもしれないのでガソリン&ミッション楽しみます。
エンジンが回転が上がらないのは何かの学習機能があるからでしょうか?
スバル良い作品を作るマニファクチャーですね。


Commented by b-faction at 2017-07-15 18:47
Takujiさん、今晩は。今後ともよろしくお願いします。そのあたりをじっくり検証してみました。書いた事が全部消えて残念ですが、改めて焼き直しますのでもうしばらくお待ち下さい。今日は凄く忙しくて時間作れませんでしたので少し間を置きます。僕はスバルが心底好きなのですが、その理由は仰る通りです。
良いモノを作り続けてきたから好きなんです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by b-faction | 2017-07-14 18:56 | Trackback | Comments(6)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31