人気ブログランキング | 話題のタグを見る

XVで信楽焼の故郷へ

信楽焼の里に行こうと急に思い立った。
紹介しよう。
丸元製陶の村木会長だ。
XVで信楽焼の故郷へ_f0076731_20035377.jpg
「思い立ったが吉日」と言う諺は本当だ。
行って良かった。

「あなたは流れに乗ってるね」と仰った。

急に思い立った理由は、
XVの「S」を試したくなったからだ。
XVで信楽焼の故郷へ_f0076731_20040768.jpg
早起きして高速道路に乗った。
このクルマに乗るのはほぼ一ヶ月ぶりだった。

三つの疑問が残っていた。

1.気になる特有のユサユサ感は新車のためか。
2.イマイチだったシートは馴らしで変ったか。
3.動力性能に変化はあるのか。

あっという間に2000kmを超えたので、
いよいよ全開走行を繰り返した。

XVで信楽焼の故郷へ_f0076731_20041966.jpg
すぐサービスエリアでドリンクを買った。
いつもならコーヒーだが、
清涼感のある飲み物が欲しかった。
XVで信楽焼の故郷へ_f0076731_20043206.jpg
一杯400円もしたが、
スタバだからしょうが無い。

実験に使った。

日本の法定速度以下なら何ともない。

つまり時速80km迄なら快適そのものだ。

これから書く事は、
そのような領域以外の話だと、
前もって明言しておく。

だから、
法定速度を守れば、
「追い越し車線を独占しても良い!」と思う人は、
この先読まなくてよろしい。

スバル360で米国を横断する企画があった。

随分惨い事をするなぁ。
とても嫌な気分がして聞く気持ちになれなかった。
クルマが可愛そうだし・・・。

あのクルマは
生まれた時に、
スピードの限界値を時速80kmに設定された。

その時から何年経ったと思ってるんだ。

相変わらず高速道路でも、
時速80kmを強要する。

行政がそう言う調子だから、
ドライバーも運転スキルが一向に良くならない。

今日の往復だけでも、
一度や二度じゃ無かった。
フラフラして、
まともに走れないレンタカーを沢山見た。

遅い速度なのに、
追い越し車線を譲らない。

後ろを見ていないのか?

車の技術は進歩したのに、
免許に関する行政や、
道路の使い方に関する行政が、
この社会主義国では全く進歩していない。


さて三つの疑問の一番目。
気になる特有のユサユサ感は新車のためか。

SGPはスバルが満を持して世に送る新しいシャシーだ。
したがってロバスト性も相当高くなっている。

2000kmを超えて、
以前より低速域で確かに少なくなった。

しかしテンロクの17インチ装着車には感じない、
独特のユサユサ感がかなり目立つ。

ハッキリ言って、
20万キロ乗った時にしか真の評価が出来ない。

僅かながら硬さが取れ始め、
イマイチだったシートも順応してきた。
けれども見た目とはかなり異なる、
包まれ感に欠如したシートだ。

これも時速80km以下では何の問題も無い。

さて動力性能に変化は出てきたのか。

確かにテンロクより動力性能では上回る。
燃費も有利で排気ガスも少ない。

四代目レガシィがデビューした時の、
20Rに匹敵するクルマだ。

しかしエンジンフィールは、
テンロクの方が良い。

その理由は簡単だ。
レオーネの頃から回転上げて走るのが大好きな、
オッサンだからだろう。

このエンジンなら、
何とかNBRを走れるかもしれない。

テンロクでは物足りないだろう。

でも日本の道路全般では、
テンロクの方が「使い切り感」が爽やかなんだ。

XVで信楽焼の故郷へ_f0076731_20061954.jpg
日本で最初に陶器浴槽を作った会社だ。

何の前触れもせず訪れた。
情報収集してくれた、
アイワ設備の澤田社長に感謝したい。

訪問する価値がとても大きな場所だった。

XVで信楽焼の故郷へ_f0076731_20050871.jpg
現物がザクザクあるので話が早い。
村木会長は次々と桶を引き出し、
丁寧に説明された。

それだけで無く、
使い方も提案されていた。
XVで信楽焼の故郷へ_f0076731_20052257.jpg
アプローチから、
湯船まで。


まさにインプレッサハウスにイメージする世界だった。

XVで信楽焼の故郷へ_f0076731_20053783.jpg
リアリティが高いので、
もしかしたら何かの時に実際に使えるのかも知れない。

XVで信楽焼の故郷へ_f0076731_20055362.jpg
とても単なるショールームには見えなかった。

XVで信楽焼の故郷へ_f0076731_20045064.jpg
貴重な時間を頂きありがとうございました。
XVで信楽焼の故郷へ_f0076731_20065231.jpg
一日で400km弱走り、
燃費は11kmを上回った。

スロットルの全開全閉を散々繰り返した燃費だ。
XVで信楽焼の故郷へ_f0076731_20070092.jpg
どれくらい優秀な車か、
解る人には解るはずだ。

ナビは嫌いだ。

XVで信楽焼の故郷へ_f0076731_20071040.jpg
ハッキリ言って感性に合わない。
二度もトラップにはまると、
このナビは向いてないと思った。

XVで信楽焼の故郷へ_f0076731_20072166.jpg
ルート検索から、
勝手にお任せに行くのが気に入らない。

XVで信楽焼の故郷へ_f0076731_20073401.jpg
一番人気のパナソニックだが、
今後はスマートフォンの機能に取って代わられるだろう。

ここには優秀なオーディオと、
マルチメディアとダイレクトに繫がる世界ががあれば、
それだけで良いと思った。

XVで信楽焼の故郷へ_f0076731_20074743.jpg
さてタイヤに触れておこう。
コンチネンタルタイヤばかり乗るので、
ブリヂストンに変るとナーバスに感じる。

でもタイヤ自体の剛性はかなり高いはずだ。
XVで信楽焼の故郷へ_f0076731_20075929.jpg
扁平率を考え、
タイヤの側面の強度も高いに違いない。

突起物を踏んだり、
段差の衝撃などでも、
簡単にダメージを受けないだろう。

このトレッドパターンに求めた優先順位は、
直進安定性だろう。

スバルはタイヤに妥協しない。

阿部さんや井上さんは、
18インチを採用する上で、
タイヤについて安全性を最優先で考えたはずだ。

そうするとウエットにおける性能をかなり重視したはずだ。

それに加え転がり抵抗を徹底的に減らす事も重視している。

だから燃費が良い。
テンロクより優れているから、
このタイヤを選んだ理由が良く分かる。

そして静かだ。
SGPのメリットは静かさにある。

と言う事は、
タイヤからサスを伝わって入り込む音を、
根本的に減らせば更に効果が高い。

そこを徹底的に考えて作ったタイヤだ。
タイヤの当たりも柔らかい。

でも何かダイレクト感の無い、
とてもナーバスなタイヤだ。
XVで信楽焼の故郷へ_f0076731_20080914.jpg
この画像を見ると、
100%ドライターマックを、
激しく走った事が解るだろう。

95%以上高速道路なので、
ワインディングを攻めたわけでは無い。

が、
その様子はコンチのコンパウンドとかなり違う。

ミクロレベルで路面に貼り付く「あの感じ」を知ると、
もはやどんなブリヂストンでも満足できないのかも知れない。

地下足袋で走りたい。

そう思う一日だった。

おわり

Commented by イチゴ味 at 2017-07-20 22:55 x
はじめまして。以前からブログを拝読させていただいています。某氏による360を使った縦断レースですが、自分も酷いと感じました。360は素敵な車だと思いますが、かわいそうだというのが実直な感想であります。愛車無しですがスバル好き(3代目インプが特に好きです)の端くれとして、今後のブログも楽しみにしています。
Commented by b-faction at 2017-07-21 12:36
> イチゴ味さん
こんにちは。今後ともよろしく。直感的に嫌だったので何が行われているのかも全く見てません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2017-07-19 20:55 | Comments(2)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction