モノマガジンからスバルマガジンへ

f0076731_20275339.jpg
今日も朝から多くの皆さんにご来訪いただいた。

ありがとうございました。
デスクに戻ると、
岐阜スバルから資料が届いていた。

見覚えがあるな。
f0076731_20290500.jpg
なんと素晴らしい。
最新号のモノマガジンが、
日本中の新車拠点に配備されるという。

もう一冊欲しかったのだが、
入手できない。

これはうれしいプレゼントが届いた。

さっそくショールームのテーブルに置こう。

モノマガジンのスバル特集は、
社内でもすこぶる評判が良い。

感想文をみんなに書いてもらったが、
この雑誌の良さを全員再認識したようだ。

切り口が新鮮で何回読んでも面白い。

飛び切り新鮮なモノが届いた。
f0076731_20331582.jpg
ごった返すサービスフロントでお客様の受付をしていたら、
娘から「戴き物です」と連絡があった。
箱を開けると、
大好物がびっしりと詰まっていた。
f0076731_20332722.jpg
ヨモギ餅は一目でわかる。
もう一つはシソの葉でくるまれているようだ。
f0076731_20333923.jpg
まずシソの風味を楽しんだ。

f0076731_20334872.jpg
一口食べて、
目が飛び出しそうになった。

塩漬けシソの葉で、
柔らかい餅をくるんでいる。

中には甘い白餡が詰められ、
それらが絶好の塩梅に仕上がっている。

f0076731_20340289.jpg
レベルが高いので、
ヨモギ餅のつぶ餡も、
ほっぺたが落ちそうなほど美味しい。

f0076731_20341671.jpg
永島さん、
ありがとうございました。

苗木城址を気に入って戴けて、
とても嬉しいです。

今日は他にも大切な予定が沢山組まれていた。

f0076731_20343120.jpg
その中の一つがSVXの完成式だった。

f0076731_20344416.jpg
新車のままの内装や、
ピカピカに蘇ったエクステリアが眩しかった。

好評なSVXレンタカーの予約も入っていた。

静岡から後藤さんがいらっしゃった。

f0076731_20372142.jpg
愛機のリコールを済ませる間に、
SVXで所要を済ませに岐阜へ向かわれた。

貸出車両の取扱いの説明をする間に、
スバルマガジンのSVXも最終チェックが滞りなく進んだ。
f0076731_20380713.jpg
予定通り編集部の皆さんが来訪された。

f0076731_20382775.jpg
山本さんは、
さっそくピカピカのSVXを画像に収めた。
来月早々に発行される最新号の取材も兼ねている。
f0076731_20395720.jpg
プロカメラマンによる念入りな撮影も進んだ。

ここでサプライズを紹介した。

単なる引渡しではつまらないので、
特別な一台を味見してもらうことにした。
90kg軽量化した特別なSVXだ。

これは余程のことがない限り、
誰にもステアリングを握らせない、
極めつけのSVXで、
ニュルブルクリンクを走ることを想定して作り上げたクルマだ。
f0076731_20405150.jpg
場所を変え雄大な景色のもとで、
2台並べ順番に撮影した。
f0076731_20403234.jpg
木陰で歓談し、
「乗ると欲しくなっちゃうよ」と冗談を言いながら、
「もしSTIがSVXに関わるならこうあるべきだった」と持論を語った。

そのあたりも次のスバルマガジンを楽しみにしてほしい。

f0076731_20401370.jpg
一流のモータージャーナリスト達が、
このクルマから何を感じ、
SUBARUの将来にどんな危惧を抱いたか。

モノマガジンとは異なる、
SUBARU専門誌としての鋭い切り口が楽しみだ。

f0076731_20410414.jpg
取材を終え会社に戻る途中、
ドキッとする光景が目に飛び込んできた。

一斉に赤色回転灯を点けたパトカーが、
何かを取り囲んでいた。
f0076731_20411579.jpg
通り過ぎながらチラリと見ると、
群馬ナンバーのワゴンRだった。

何となく物騒な世の中だと感じた。
会社に戻ると、
SVXの試乗を終えた後藤さんが、
取材を終えたSVXの帰りを待っていた。
f0076731_20413040.jpg
SVX繋がりで記念撮影し、
孤高の3台を労った。

後藤さんから貴重なお土産を頂いた。

岐阜にある老舗の和菓子舗が店を閉じる。
f0076731_20414274.jpg
特に赤飯まんじゅうが人気だった。
あと九日とカウントダウンが始まり、
行列ができるため一人5個と限定して販売している。

f0076731_20415017.jpg
独特のフォルムで、
確かに味が良い。

南木曽にも有名なお店がある。
そことはまた少し異なる良い味だ。
f0076731_21442734.jpg
モノの見方、
感じ方など人様々だし千差万別だ。

その中で主義主張が絡み合うのも当然だろう。

ネット上で見ただけでは判断できないことが山ほどある。

その状況下で感じることを、
これからもありのまま伝えていこう。


トラックバックURL : https://bfaction.exblog.jp/tb/27992955
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by イチゴ味 at 2017-07-22 23:33 x
遅ればせながら、昨日monoマガジンを購入することができました。中津スバルのお店の記事はもちろん、スバル特集の記事は全体的に面白く、とても良かったと感じました。
Commented at 2017-07-23 01:31 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by b-faction at 2017-07-23 07:00
イチゴ味さん、おはようございます。次もお楽しみに。8月初旬の発行だと聞きました。
Commented by b-faction at 2017-07-23 07:02
おおたさん、おはようございます。神田神保町の「書泉グランデ」ですね。次の出張の折、是非訪問してみます。ありがとうございました。
Commented by ひょっこり at 2017-07-23 19:43 x
 社長こんばんは。

ボクも先ほどmonoマガジンを買い、読みました。

スバルの歴史が分かりやすく解説されていたのでとても良かったですし、他メーカーと比べてお堅いメーカーと思っていたのですが、色々なアイディアや知恵を持って歩んできたことに共感を得ました。

それと、さらに良かったのが乳酸菌の特集。
実は去年から乳酸菌接種にこだわっているのです。なのでこの号はず~っと保管します。
もちろん、乳酸菌飲料のパイオニアであるヤクルトのことも紹介されていたことに、ふと感じました。

中津スバルとヤクルトはともに、代田さんというところがこの号のキーワードなのかと。

Commented by b-faction at 2017-07-23 22:39
ひょっこりさん、今晩は。子供の頃から母にアシドフィルスシロタ株は代田さんが作ったのだよ、とことあるたびに言われました。血縁関係はありませんが、隣町の飯田出身の方です。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by b-faction | 2017-07-22 21:47 | Trackback | Comments(6)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction