人気ブログランキング | 話題のタグを見る

越前大野と天空の城

越前大野と天空の城_f0076731_21393035.jpg
稲山織物社長、
稲山幹夫さんのお話を伺った。

大野商工会議所の会頭も務められている。
越前大野と天空の城_f0076731_21395172.jpg
稲山さんにお目に掛かれるとは予想もしていなかった。

正直に言うと、
大野市の存在も知らなかった。

商工会議所を訪れるまで、
会頭をされていると言う事も知らなかった。

これがまさに縁というモノだろう。

「おやっ」と思ったのは、
何気なく商工会議所で天井を仰いだ時だ。

越前大野と天空の城_f0076731_21480355.jpg
見た瞬間にテキスタイルだと解った。
なぜこのような演出をするのか不思議だった。

理由を聞くと、
元校舎のためマイクを使うと反響が凄く、
それを抑えるために張ったと言う事だった。

しかし布の質が明らかに良い。

稲山織物の作品だった。

この会社の代表作に、
里芋の葉を見て、
水を弾く様子から、
それをヒントに作られた、
高級な合成繊維がある。

実物を見ていないが、
エクセーヌに負けない商品かも知れない。

越前大野と天空の城_f0076731_21400413.jpg
越前大野は大野城をコアに置き、
最近観光都市として大きな注目を集めている。
確かに産業が衰退し、
人口も減る中で、
どの自治体も四苦八苦している。

インバウンドを含め、
観光で街を活性化させお金を稼ぐ事は、
各地にとって重要な命題だ。

中津川も昔から盛んに狙ってきたが、
以前のブログで語ったように、
「ガツガツしない」独特の土壌があるので、
それほど本格的な町おこしにはなっていない。

リニア開通を控え、
様々な手法を模索している。

「モドキを作るのでは無く、
ホンモノだけを磨いて残す」
これは中津スバルの理念だが、
中津川市にもこの理念が必要だと思う。

景観条例で野立て看板を防ぎ、
高いビルをむやみに作らない規制を掛ける。

そういう事が大野市で進められているのか、
ちょっと興味を持った。

苗木城址も中途半端にいじらず、
このまま磨き続けるのが賢明だろう。

大野市の中心街は、
補助金による改善が進んでいた。

越前大野と天空の城_f0076731_21401974.jpg
ステキな薬屋は、
一見すると昔風の近代建築だ。

越前大野と天空の城_f0076731_21411459.jpg
銀行も同じように改められたので、
真ん中のビルも改修が始まっていた。

越前大野と天空の城_f0076731_21412546.jpg
これはこれで「あり」だと思う。
野暮なモノを作らせないために、
機先を制したと思えば良い。

望桜荘の隣にあるSABも、
このように江戸情緒を感じさせる外壁にしたいと、
以前から考えている。

合わせて食文化にも工夫を凝らした。

市内にある醤油醸造所とコラボした、
醤油カツ丼や、
豊富な地下水で養殖した淡水魚が名物となりつつある。
越前大野と天空の城_f0076731_21413789.jpg
越前蕎麦よりも、
やはり肉で極めないと観光都市のパンチに欠けるのであろう。

越前大野と天空の城_f0076731_21415072.jpg
それも良く分かる。

この後、
予想に反してお寺巡りが始まった。

全ての仏教宗派がほぼ揃っている。

これも小京都としての資産だろう。

でも残念ながら苦痛そのものだった。

本音を言おう。
稲山さんの会社見学がしたかった。

次回もう一度お目に掛かれる機会があれば、
ベンツに採用されたシート生地を作る工場を見せてもらいたい。

参加した一番の収穫は、
稲山織物の存在を知ったことかも知れない。

大野市の皆さん、
ありがとうございました。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2017-07-24 22:09 | Comments(0)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction