人気ブログランキング |

WRX STIのタイヤを観察

f0076731_16022907.jpg
海の近くで、
環境も整っているし設備も綺麗だ。
f0076731_21551373.jpg
改めて良く見ると、
凄いサーキットだ。
f0076731_21553056.jpg

徳川家の城に使われた石らしい。
切り出した痕が生々しい。


どうもこの日は、
想像以上に過酷な環境だったらしい。

妻も汗びっしょりだった。

何しろ数百枚の写真を撮影し、
動画まで撮った。

その上、
現場からSNSで情報発信した。

大活躍だった。

13時3分頃にコースインし、
一回当たりの走行枠は50分間だ。

この動画は走り出して15分後くらいに撮影されている。
だからまだセンターデフは、
だフォルトのオートモードになっているはずだ。

第一コーナーに置かれている三角コーンの前を、
13時19分57秒に通過したことが電光掲示板から確認できる。

車内にエアコンが効いていても、
ヘルメットをかぶったので大汗をかいた。

何しろ頭が重いので、
いつもと違う頭の振れを感じる。

第一コーナーの後下り込んで、
立体交差の下を通りS字に向かう。

S字を立ち上がると最初のヘアピンに入る。
そこから二つ目のヘアピンに続くのが次の動画だ。

同じ場所を13時21分14秒に通過した。
電光掲示板での判断なので、
若干甘いが1分17秒で1周している。
f0076731_16021913.jpg
外の気温は37℃以上あったようだ。
f0076731_16023987.jpg
走り終わってみて、
クルマやヒトにも厳しいが、
f0076731_16025163.jpg
タイヤにとって特に辛い環境だった。
f0076731_16030399.jpg
ブレーキについて、
また次のブログで述べる。

良いタイヤだった。
f0076731_16031431.jpg
走行直後の右側前輪だ。
スムーズドライブを心がけ、
f0076731_16095059.jpg
極力タイヤへの負担を減らした。

サーキット走行したら、
点検と油脂類の交換が必要だ。
f0076731_21554142.jpg
翌日、
工房で点検を兼ねタイヤローテーションを終えた。
f0076731_21555638.jpg
後輪の左は二つ目のヘアピンで負担が大きい。
タイヤの接地性が非常によく、
正確で気持ちの良いコーナリングが可能になった。
f0076731_21563170.jpg
最新のアドバンスポーツ V105は、
コンチネンタルタイヤの方向性とよく似ている。

ただしコンチの場合は大幅な耐摩耗性の確保も考慮している。


サイズは245/35R19 89W

以前の18インチ標準装着タイヤに対して、
転がり抵抗とノイズを同レベルに抑え込んだ。
f0076731_14013446.jpg
そしてブレーキ性能を20%も向上させたのが、
今回採用されたヨコハマ製の19インチだ。
f0076731_14015528.jpg
次にフロントに回り、
右側を外した。
f0076731_14030422.jpg

驚くべき事に、
ヨコハマのアドバンスポーツは、
以前の純正装着18インチに対して、
ドライとウエット時のハンドリング性能を徹底的に強化した。
f0076731_14034371.jpg
それは、
なんと現行比30%ものパフォーマンス向上となった。

左前輪を立てて、
もう一度しっかりと表面の変化を観察した。
f0076731_14042735.jpg
SUBARU WRXのシャシー性能にマッチして、
更に開発陣の厳しい要求性能に応えてくれたのが、
ヨコハマタイヤだったというわけだ。

試乗してそれがはっきりとわかった。

サーキットは安全で楽しめる場所だ。
ライセンスも必要だが、
スパ西浦ならB級ライセンスを持てば問題ない。
f0076731_15080298.jpg
改めてスムーズドライブの重要性が解る。

過度の無いスムーズなステアリングさばき。

踏んだのか離したのか分からないほど、
確実で精緻なブレーキコントロール。

それさえ身に付ければ、
後はヘルメットとグローブがあれば良い。

ホームセンターで売っていたヘルメットは、
3980円だった。
f0076731_15083123.jpg
グローブも同じ店で1400円で購入した。
それで十分だ。


度胸も必要ないし、
特殊なテクニックもいらない。

中には頭でっかちな人も居るが、
基本的にはスムーズなドライブを楽しむ、
きわめて安全な場所だ。
f0076731_16033805.jpg
とても速いアルトワークスは、
軽自動車の耐久レースに出る現役バリバリの車両だった。
f0076731_16035178.jpg
日産ディーラーに勤めるメカが、
休日を利用して慣らし運転に来ていた。

サニーはとてもよく走る後輪駆動車だ。
昔このひとつ前のクルマに乗っていたので、
とても懐かしかった。
f0076731_16040351.jpg
そして9月からワンメークレースに参戦する、
86のオーナーとも知り合った。

中古車のRAレーシングを手に入れ、
何とか間に合うようにここまで練り込んだ。

とても速いドライバーなので、
活躍が大いに来た出来る。

サーキット走行は、
一周で何秒を削り取るのかではなく、
何周もコンスタントに同じペースで回る能力が重要だ。
f0076731_16041834.jpg
なぜか。

結果的に一番早くて、
その上楽しいからだ。
解らないようならDEに参加すれば良い。

今日も長野県の千曲市から島田さんがいらっしゃった。
f0076731_15144997.jpg
きっと楽しんでいただけたはずだ。
今日のレクチャーで、
基本的にサーキットも走れるスキルも着いたはずだ。

中津スバルでB級ライセンスを得た人は、
サーキット走行の門を開くのも良いだろう。

せっかくのライセンスを活かしてほしい。

不安ならいつでもDEに参加して、
要点を押さえておこう。

さあ皆で楽しもうじゃないか。

おわり

by b-faction | 2017-07-28 21:58

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction