人気ブログランキング |

レヴォーグとGショック

仕事を終えプールに向かい、
ひと汗流した。

500メートルで切り上げた。
サウナに入り自宅に向かった。
f0076731_12331527.jpg
妻は夕方からスーパーGTの応援に向かったので、
金曜の夜から娘と二人の夕食が続いた。

最初の夜はしゃぶしゃぶで、
創作料理風の美味しい仕上がりだった。

あえてしゃぶしゃぶ用ではない赤身の牛肉を上手く調和させ、
大変良い味だった。

f0076731_12332992.jpg
豆腐は湯葉をブレンドした美味しい一品だった。
高タンパクな料理と赤ワインで、
とても充実した一日が終わった。

土曜日はとても忙しかった。
「今日は早めに帰るよ」と言ったものの、
夢中で仕事をしていたらあっという間に夜が更けた。

「何時頃帰ってくるの」とメールがあった時、
既に22時半を過ぎていた。
f0076731_12334516.jpg
二日目は一品一品に丁寧な工夫が込められていた。
盛り付けが良い。
f0076731_12351394.jpg
カツオのたたきに合わせ、
トマトのサラダも盛られている。

カキ氷に見立てシラスと大根おろしが、
トマトを覆っている。
玉ねぎのピュレをあしらったドレッシングも美味かった。

それより更に美味かったのが、
納豆のオムレツだ。
f0076731_12353006.jpg
あんかけ風のソースに乗ったオムレツに、
やはり大好物の大根おろしが添えられている。

これは美味かった。

気持ち良く朝を迎えた。

活力朝礼でブルーベリー畑を整えた。
見慣れない花が突然咲いている。
f0076731_12354803.jpg
植えた覚えもないし、
何の前触れもなくニョキッとっと立っている。
f0076731_12361383.jpg
玉竜の間から茎だけ伸びている。
何とも奇妙だった。
f0076731_12363441.jpg
美しいピンクの花弁に、
良く見るとブルーのラインが見える。

どういう種類のユリなのか。

最近旬を過ぎたタカサゴユリとも明らかに違う。

ブルーベリーの草取りをしながら、
根こそぎ抜き取るのも考えモノだと感じた。

ある程度の多様性がないと、
植物界がアンバランスになって、
特定の植物だけがはびこったり、
寄生虫に取りつかれたりするのではないだろうか。

草を抜きながら、
良い匂いに囲まれて何となく感じた。

草を抜く作業では、
「ねじりがま」なども使うので、
せっかく買ったばかりのクールグレーカーキが汚れがちになった。
f0076731_12372975.jpg
勿体ない気がした。

7月の誕生日にもらった、
イルカクジラモデルも、
限定バージョンだから農作業中は付けたくない。
f0076731_12375916.jpg
ケースの中に飾り、
海辺のドライブなどに備えている。




汚したくないのとは別の理由で、
もう一つ機能的に足りない事があった。
f0076731_07244434.jpg

珍しい事だ。
約二か月でGショックを三度も手に入れるなんて、
これまで一度もなかった。

5年分を一気に買った気がする。

久し振りにレヴォーグをテストした。
f0076731_07190385.jpg
レヴォーグ専用のメーターは、
WRXに比べてクールだ。

f0076731_07191352.jpg
エアコンコントローラーも、
独自の意匠になっている。
滑るように走り出した。

剛性の高いサスペンションを持つので、
ランプウエイの旋回が強烈に楽しい。

レヴォーグだけの独特な感覚だ。

「しまった!」
燃料計を良く見ずにいきなり高速道路に入ってしまった。

数キロ走っただけで残量計のワーニングランプが点灯した。

Iモードで走行しながら、
燃料消費を正確に計算するため、
トリップメーターをリセットした。

走行可能距離を、
省エネ走行で伸ばすのが目的だ。

走る目安が立てやすくなる。

このエンジンの燃費性能を考えると、
省エネに徹すれば間違いなく帰還できる。

ガス欠することはないだろうが、
峠道と高速道路を本気で走るとギリギリのラインだ。

山の中でガス欠するとロスが大きい。
また国道19号洗浄だと命に係わる。

大型トラックが激しく往来するからだ。

祈るような気持ちで中間地点のガソリンスタンドにたどり着いた。
f0076731_07192431.jpg
助かった。
閉店時間は午後7時半だったので、
何とか給油をすることができた。

給油を終え、
早速我慢していたS#にセットした。
f0076731_07193236.jpg
すると全く別の走りに変わった。
独特の引っ張られるような加速感。

とても1600ccというエンジンキャパシティには思えない。
こうして走らせると、
未だにレヴォーグの鮮度が下がらず、
1.6LのDITに人気が集まるのか良く解る。

このクルマは初期型だが、
1万キロ台と走行距離が少なく、
新車当時の走りを全く損なっていない。

少し硬いSの乗り味は、
GT好きなら気にならないだろう。
ビルシュタインがワインディングで光る。

久し振りに走らせて、
一つだけ感じたことがある。

メーターの瞬読性が少し劣る事だった。
f0076731_07194116.jpg
この角度から見ると、
様々な光源がそれぞれ独特の美しさで目に飛び込む。

エアコンのダイヤルなど、
じっくり見つめると芸術性さえ感じる。

だがメーターを素早く見たい時、
何となく目の中に数値が残らない。

ちらっと見ただけで、
簡単に読み取れる性能を「瞬読性」と言い表す。
f0076731_07195011.jpg
白と淡いブルーの文字盤は、
何か目に鋭く長く見ていると威圧感がある。

峠を下り終え国道に合流した。
信号待ちの間に、
セレクターをIモードにリセットした。
f0076731_07195862.jpg
激しく走ったのに、
前半の燃費を大きく上回った。

一気に1リットル当り11.3kmまで改善した。

f0076731_07201039.jpg
無事会社に戻り、
改めて確認した。
すると、
高速道路で警告灯が点き、
そこでトリップメーターをリセットしてから、
走行距離は約72kmだった。
f0076731_07202187.jpg
オドメーターは11,600kmちょうどとなり、
まだ慣らし終えたばかりの最高なコンディションだ。

f0076731_07203200.jpg
燃費はさらに改善し、
11.6km/Lとなった。

このMFDの表示も、
ゲーム感覚で楽しむものだが瞬読性では劣る。

慣れてはいるものの、
今一つ訴えることが解りにくい。

時計も同じで、
デザインより瞬読性に重きを置きたい。

高速で走っている時など、
ちらりと見ただけで時間が解らないと困る。

瞬読性を考え、
デジタルよりアナログが良いなと思った。

しかも針の色が重要だ。
f0076731_07062115.jpg
以前チャールサイトイエローのGショックを手に入れた。
f0076731_07070483.jpg
色は最高に気に入っている。
BRZに乗る時は必ず身に着けると言って良いほどだ。
f0076731_07063012.jpg
インテリアのアクセントにもマッチする、
嬉しい誕生日のプレゼントだ。

だが時計として、
実際にはほとんど役に立たない。
f0076731_07065036.jpg
針の位置が分かりにくく、
肝心の時計機能が十分に発揮できていない。

それと、もう一つ怖いのは、
ワールドタイムにした時、
ふとした行為で時差が狂う。

右下のボタンを押すごとに、
世界標準時の差を先送りする。

従って気付かぬうちに、
国境を越えた地域で切り替わるのだ。
f0076731_07071920.jpg
BRZの後ろに黄色が並ぶ。
プレオプラスも右側のR1も、
スロープの奥にあるR2も美しい黄色だ。

しかし以前の技術では鮮映性に乏しく、
どうしても濁りや赤味を避けられなかった。

そこでダイハツはパールを使って鮮映性を高めた。
軽自動車の薄い塗膜では、
そもそも染め方も難しく大変な苦労が伴う。

よくやったと褒めたいのだが、
中々情報が伝わってこない。

ほとんどのスバルディラーが、
割り当て分を持て余すのかもしれない。

綺麗な良い色だが、
製品戦略が甘い。
どのようにこの良い色を顧客に伝えるのか、
その執念が全く見えない。

軽自動車を完全に販売の対象から外しかけている。
危険な兆候だが、
現在の軽自動車市場ではやむを得ない。
そのうちきっとアマゾンで売り始める。

時計をアマゾンや楽天で買うほどばかげたことはない。
そう本気で思っている。
そう思う理由は、
直接教えてもらえないからだ。

だからよくショップに行く。
アウトレットで掘り出し物も見つかるからだ。
f0076731_07204757.jpg
真っ黒い時計が欲しくなった。
瞬読性が十分なものが良い。

店員さんに電波時計とGPSのセットがあるか聞いた。
「海外に言った時、
簡単に時間が変わらないものが良い。
ちょっとスイッチを押し間違えて、
違う国の時間になっていた。これには困った」

そう言うと、
「たくさんの国に行くのでなければ、
GPSは不要ですよ」

思わぬ答えが返ってきた。


アウトレット価格なので、
お値打ちになっていると言うものの、
税別で57,000円は安い買い物ではない。

f0076731_07211593.jpg
カモフラージュを買うのも不本意だった。

しかしその店員の実に丁寧な説明が、
心の買う気に火をつけた。
f0076731_07213296.jpg
いくつか見るうち、
低グレードのお買い得品もあった。

でもよく考えたら、
農作業にぴったりの時計だった。

f0076731_07214205.jpg
ケースは泥に強く、
ベルトもカーボン製で丈夫だ。

ガラスも傷が着きにくいサファイヤガラスだという。

「これを買うから、その代わり使い方を徹底的に教えて」と頼んだ。

f0076731_07221394.jpg
確かに便利だ。
デジタル表示部に必要な情報を出すと、

f0076731_07222450.jpg
自動的に針がよける。

気圧や気温はニュルに行ったときに役立つ情報だ。
それがデジタル表示で正確に出る。

陸海空の三仕様があるが、
陸仕様のマッドマスターが結果的にベストチョイスだった。
f0076731_07223777.jpg
使い慣れた位置にランプスイッチがあるし、
照らし方も洒落ていた。

針のコントラストも良く、
バンドとのカラーコーディネートも良い。

プールでよく使うストップウオッチもデジタル表示だ。

一番の利点は瞬読性より時間の切り替えにあった。

リュウーズを緩めると、
ある位置からピョンと飛び出す。

それをゆっくり回すと長針がケースの周囲に刻まれた都市名を順番にさしていく。

好きな都市で回転を止め、
そのまま押し込むだけでホームタウンの時間が簡単に変更できる。

これはワールドタイムを表示させるより、
常に確度が高い。

予想以上に良い買い物ができた。

このシールを見て、
ちょっと変な気持ちになったけど。(笑)
f0076731_07205642.jpg
これは自分へのご褒美だ。

でもカシオが
「特別にあなたへ」と言っている(笑)

トラップを仕掛けなくても、
店に来るとはこういう事か。

しかしやはり良いモノを買うと、
パッケージも随分違う。
f0076731_07210501.jpg
マスター オブ 「G」を知るきっかけになった。
次はプロトレックと思っていたが、
今後は注目に値する「グレード」だ。

最もヒトから買うことが重要なのは、
クルマじゃないだろうか。
そう思うと更に仕事に身が入る。

f0076731_12395693.jpg
ようやくショールームに最新型が届いた。

時計を見た後なので、
瞬読性がどれくらい高まったのか気になった。

まず乗り込むと、
真黒な文字盤にイラストが出る。

これは最近のスバルに共通する質の高さだ。
f0076731_12384061.jpg
火を入れてみた。

まず以前のモデルの計器盤だ。
f0076731_12404558.jpg
Before

続いて新型の計器盤だ。
f0076731_12410772.jpg
After

明らかに瞬読性が高い。
まだ走らせていないが、
ショールームで見ただけで物凄く良くなったと感じる。

WRXと共通化と言うと、
決してそうではない。

やはり国内専用車として、
拘りの開発をしたクルマだ。
f0076731_12412347.jpg
というか、
WRX STIはクロノグラフだな。



MFDはどう変化したのか。
f0076731_12415429.jpg
メイン画面の瞬読性も良い。
解りやすい時計表示だ。

チャレンジ画面同士で比較してみた。
f0076731_12420859.jpg
Before


新型のチャレンジ画面はスッキリして解りやすい。
f0076731_12423228.jpg
After

メーター一つとっても、
ここまで変化がある。

走りもじっくり育てられ良くなったに違いない。
またしっかりテストして詳細を伝えたい。

by b-faction | 2017-08-27 22:36

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction