レヴォーグとGショック

仕事を終えプールに向かい、
ひと汗流した。

500メートルで切り上げた。
サウナに入り自宅に向かった。
f0076731_12331527.jpg
妻は夕方からスーパーGTの応援に向かったので、
金曜の夜から娘と二人の夕食が続いた。

最初の夜はしゃぶしゃぶで、
創作料理風の美味しい仕上がりだった。

あえてしゃぶしゃぶ用ではない赤身の牛肉を上手く調和させ、
大変良い味だった。

f0076731_12332992.jpg
豆腐は湯葉をブレンドした美味しい一品だった。
高タンパクな料理と赤ワインで、
とても充実した一日が終わった。

土曜日はとても忙しかった。
「今日は早めに帰るよ」と言ったものの、
夢中で仕事をしていたらあっという間に夜が更けた。

「何時頃帰ってくるの」とメールがあった時、
既に22時半を過ぎていた。
f0076731_12334516.jpg
二日目は一品一品に丁寧な工夫が込められていた。
盛り付けが良い。
f0076731_12351394.jpg
カツオのたたきに合わせ、
トマトのサラダも盛られている。

カキ氷に見立てシラスと大根おろしが、
トマトを覆っている。
玉ねぎのピュレをあしらったドレッシングも美味かった。

それより更に美味かったのが、
納豆のオムレツだ。
f0076731_12353006.jpg
あんかけ風のソースに乗ったオムレツに、
やはり大好物の大根おろしが添えられている。

これは美味かった。

気持ち良く朝を迎えた。

活力朝礼でブルーベリー畑を整えた。
見慣れない花が突然咲いている。
f0076731_12354803.jpg
植えた覚えもないし、
何の前触れもなくニョキッとっと立っている。
f0076731_12361383.jpg
玉竜の間から茎だけ伸びている。
何とも奇妙だった。
f0076731_12363441.jpg
美しいピンクの花弁に、
良く見るとブルーのラインが見える。

どういう種類のユリなのか。

最近旬を過ぎたタカサゴユリとも明らかに違う。

ブルーベリーの草取りをしながら、
根こそぎ抜き取るのも考えモノだと感じた。

ある程度の多様性がないと、
植物界がアンバランスになって、
特定の植物だけがはびこったり、
寄生虫に取りつかれたりするのではないだろうか。

草を抜きながら、
良い匂いに囲まれて何となく感じた。

草を抜く作業では、
「ねじりがま」なども使うので、
せっかく買ったばかりのクールグレーカーキが汚れがちになった。
f0076731_12372975.jpg
勿体ない気がした。

7月の誕生日にもらった、
イルカクジラモデルも、
限定バージョンだから農作業中は付けたくない。
f0076731_12375916.jpg
ケースの中に飾り、
海辺のドライブなどに備えている。




汚したくないのとは別の理由で、
もう一つ機能的に足りない事があった。
f0076731_07244434.jpg

珍しい事だ。
約二か月でGショックを三度も手に入れるなんて、
これまで一度もなかった。

5年分を一気に買った気がする。

久し振りにレヴォーグをテストした。
f0076731_07190385.jpg
レヴォーグ専用のメーターは、
WRXに比べてクールだ。

f0076731_07191352.jpg
エアコンコントローラーも、
独自の意匠になっている。
滑るように走り出した。

剛性の高いサスペンションを持つので、
ランプウエイの旋回が強烈に楽しい。

レヴォーグだけの独特な感覚だ。

「しまった!」
燃料計を良く見ずにいきなり高速道路に入ってしまった。

数キロ走っただけで残量計のワーニングランプが点灯した。

Iモードで走行しながら、
燃料消費を正確に計算するため、
トリップメーターをリセットした。

走行可能距離を、
省エネ走行で伸ばすのが目的だ。

走る目安が立てやすくなる。

このエンジンの燃費性能を考えると、
省エネに徹すれば間違いなく帰還できる。

ガス欠することはないだろうが、
峠道と高速道路を本気で走るとギリギリのラインだ。

山の中でガス欠するとロスが大きい。
また国道19号洗浄だと命に係わる。

大型トラックが激しく往来するからだ。

祈るような気持ちで中間地点のガソリンスタンドにたどり着いた。
f0076731_07192431.jpg
助かった。
閉店時間は午後7時半だったので、
何とか給油をすることができた。

給油を終え、
早速我慢していたS#にセットした。
f0076731_07193236.jpg
すると全く別の走りに変わった。
独特の引っ張られるような加速感。

とても1600ccというエンジンキャパシティには思えない。
こうして走らせると、
未だにレヴォーグの鮮度が下がらず、
1.6LのDITに人気が集まるのか良く解る。

このクルマは初期型だが、
1万キロ台と走行距離が少なく、
新車当時の走りを全く損なっていない。

少し硬いSの乗り味は、
GT好きなら気にならないだろう。
ビルシュタインがワインディングで光る。

久し振りに走らせて、
一つだけ感じたことがある。

メーターの瞬読性が少し劣る事だった。
f0076731_07194116.jpg
この角度から見ると、
様々な光源がそれぞれ独特の美しさで目に飛び込む。

エアコンのダイヤルなど、
じっくり見つめると芸術性さえ感じる。

だがメーターを素早く見たい時、
何となく目の中に数値が残らない。

ちらっと見ただけで、
簡単に読み取れる性能を「瞬読性」と言い表す。
f0076731_07195011.jpg
白と淡いブルーの文字盤は、
何か目に鋭く長く見ていると威圧感がある。

峠を下り終え国道に合流した。
信号待ちの間に、
セレクターをIモードにリセットした。
f0076731_07195862.jpg
激しく走ったのに、
前半の燃費を大きく上回った。

一気に1リットル当り11.3kmまで改善した。

f0076731_07201039.jpg
無事会社に戻り、
改めて確認した。
すると、
高速道路で警告灯が点き、
そこでトリップメーターをリセットしてから、
走行距離は約72kmだった。
f0076731_07202187.jpg
オドメーターは11,600kmちょうどとなり、
まだ慣らし終えたばかりの最高なコンディションだ。

f0076731_07203200.jpg
燃費はさらに改善し、
11.6km/Lとなった。

このMFDの表示も、
ゲーム感覚で楽しむものだが瞬読性では劣る。

慣れてはいるものの、
今一つ訴えることが解りにくい。

時計も同じで、
デザインより瞬読性に重きを置きたい。

高速で走っている時など、
ちらりと見ただけで時間が解らないと困る。

瞬読性を考え、
デジタルよりアナログが良いなと思った。

しかも針の色が重要だ。
f0076731_07062115.jpg
以前チャールサイトイエローのGショックを手に入れた。
f0076731_07070483.jpg
色は最高に気に入っている。
BRZに乗る時は必ず身に着けると言って良いほどだ。
f0076731_07063012.jpg
インテリアのアクセントにもマッチする、
嬉しい誕生日のプレゼントだ。

だが時計として、
実際にはほとんど役に立たない。
f0076731_07065036.jpg
針の位置が分かりにくく、
肝心の時計機能が十分に発揮できていない。

それと、もう一つ怖いのは、
ワールドタイムにした時、
ふとした行為で時差が狂う。

右下のボタンを押すごとに、
世界標準時の差を先送りする。

従って気付かぬうちに、
国境を越えた地域で切り替わるのだ。
f0076731_07071920.jpg
BRZの後ろに黄色が並ぶ。
プレオプラスも右側のR1も、
スロープの奥にあるR2も美しい黄色だ。

しかし以前の技術では鮮映性に乏しく、
どうしても濁りや赤味を避けられなかった。

そこでダイハツはパールを使って鮮映性を高めた。
軽自動車の薄い塗膜では、
そもそも染め方も難しく大変な苦労が伴う。

よくやったと褒めたいのだが、
中々情報が伝わってこない。

ほとんどのスバルディラーが、
割り当て分を持て余すのかもしれない。

綺麗な良い色だが、
製品戦略が甘い。
どのようにこの良い色を顧客に伝えるのか、
その執念が全く見えない。

軽自動車を完全に販売の対象から外しかけている。
危険な兆候だが、
現在の軽自動車市場ではやむを得ない。
そのうちきっとアマゾンで売り始める。

時計をアマゾンや楽天で買うほどばかげたことはない。
そう本気で思っている。
そう思う理由は、
直接教えてもらえないからだ。

だからよくショップに行く。
アウトレットで掘り出し物も見つかるからだ。
f0076731_07204757.jpg
真っ黒い時計が欲しくなった。
瞬読性が十分なものが良い。

店員さんに電波時計とGPSのセットがあるか聞いた。
「海外に言った時、
簡単に時間が変わらないものが良い。
ちょっとスイッチを押し間違えて、
違う国の時間になっていた。これには困った」

そう言うと、
「たくさんの国に行くのでなければ、
GPSは不要ですよ」

思わぬ答えが返ってきた。


アウトレット価格なので、
お値打ちになっていると言うものの、
税別で57,000円は安い買い物ではない。

f0076731_07211593.jpg
カモフラージュを買うのも不本意だった。

しかしその店員の実に丁寧な説明が、
心の買う気に火をつけた。
f0076731_07213296.jpg
いくつか見るうち、
低グレードのお買い得品もあった。

でもよく考えたら、
農作業にぴったりの時計だった。

f0076731_07214205.jpg
ケースは泥に強く、
ベルトもカーボン製で丈夫だ。

ガラスも傷が着きにくいサファイヤガラスだという。

「これを買うから、その代わり使い方を徹底的に教えて」と頼んだ。

f0076731_07221394.jpg
確かに便利だ。
デジタル表示部に必要な情報を出すと、

f0076731_07222450.jpg
自動的に針がよける。

気圧や気温はニュルに行ったときに役立つ情報だ。
それがデジタル表示で正確に出る。

陸海空の三仕様があるが、
陸仕様のマッドマスターが結果的にベストチョイスだった。
f0076731_07223777.jpg
使い慣れた位置にランプスイッチがあるし、
照らし方も洒落ていた。

針のコントラストも良く、
バンドとのカラーコーディネートも良い。

プールでよく使うストップウオッチもデジタル表示だ。

一番の利点は瞬読性より時間の切り替えにあった。

リュウーズを緩めると、
ある位置からピョンと飛び出す。

それをゆっくり回すと長針がケースの周囲に刻まれた都市名を順番にさしていく。

好きな都市で回転を止め、
そのまま押し込むだけでホームタウンの時間が簡単に変更できる。

これはワールドタイムを表示させるより、
常に確度が高い。

予想以上に良い買い物ができた。

このシールを見て、
ちょっと変な気持ちになったけど。(笑)
f0076731_07205642.jpg
これは自分へのご褒美だ。

でもカシオが
「特別にあなたへ」と言っている(笑)

トラップを仕掛けなくても、
店に来るとはこういう事か。

しかしやはり良いモノを買うと、
パッケージも随分違う。
f0076731_07210501.jpg
マスター オブ 「G」を知るきっかけになった。
次はプロトレックと思っていたが、
今後は注目に値する「グレード」だ。

最もヒトから買うことが重要なのは、
クルマじゃないだろうか。
そう思うと更に仕事に身が入る。

f0076731_12395693.jpg
ようやくショールームに最新型が届いた。

時計を見た後なので、
瞬読性がどれくらい高まったのか気になった。

まず乗り込むと、
真黒な文字盤にイラストが出る。

これは最近のスバルに共通する質の高さだ。
f0076731_12384061.jpg
火を入れてみた。

まず以前のモデルの計器盤だ。
f0076731_12404558.jpg
Before

続いて新型の計器盤だ。
f0076731_12410772.jpg
After

明らかに瞬読性が高い。
まだ走らせていないが、
ショールームで見ただけで物凄く良くなったと感じる。

WRXと共通化と言うと、
決してそうではない。

やはり国内専用車として、
拘りの開発をしたクルマだ。
f0076731_12412347.jpg
というか、
WRX STIはクロノグラフだな。



MFDはどう変化したのか。
f0076731_12415429.jpg
メイン画面の瞬読性も良い。
解りやすい時計表示だ。

チャレンジ画面同士で比較してみた。
f0076731_12420859.jpg
Before


新型のチャレンジ画面はスッキリして解りやすい。
f0076731_12423228.jpg
After

メーター一つとっても、
ここまで変化がある。

走りもじっくり育てられ良くなったに違いない。
またしっかりテストして詳細を伝えたい。

トラックバックURL : https://bfaction.exblog.jp/tb/28099710
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Sapporo340 at 2017-08-27 23:52 x
こんにちは。
先日の岐阜・瑞浪出張の際、セントレアから借りたレンタカーが、たまたまレヴォーグ(1.6ℓ)でした。2002年式のレガシィより新しいスバル車に乗るのは初めてです。
おっしゃるとおり、合流口でのキッとしたハンドリングと後輪の踏ん張りが気持ちよかったです。エンジンも静かなので、加速するとブラックホールに吸い寄せられるような感覚でした。
アイサイトの車間感知など、この15年の技術の進歩、すごいですね。
片道の1時間しか運転できず、レンタカー店に返却するのが惜しいという感覚も初めてでした。
Commented by やまかつ at 2017-08-28 06:23 x
素晴らしい夕ご飯!
栄養バランスと盛り付けが見事に調和してますね。
Commented by b-faction at 2017-08-28 06:43
Sapporo340さん、独特の走行感覚を楽しんで戴けたようですね。取材も上手く進んだようですね。僕は近くに居ながら言ったことが無いので近々訪れてみようと思っています。
Commented by b-faction at 2017-08-28 06:45
やまかつさん、おはようございます。お褒め戴きありがとうございます。夕べは豚キムチ炒めが主体のディナーでした。美味しかったですよ。食べ終えた頃、妻が帰ってきました。
Commented by やまかつ at 2017-08-28 07:03 x
そうですね、料理はまず、美味しいかどうかが基準だと思います。
サプリが皿に乗っているような料理は体に良くても
長続きしませんし、楽しくありません。
車もスペックよりも乗って楽しいかどうかが大事かと。
ドイツでも高タンパクな食事を楽しんできて下さい。
Commented by 古川 at 2017-08-28 09:42 x
マッドマスター購入されましたか!
実は私も持っています(ハンドが黄色の道路工事カラー((笑))
私は目が悪いので、視認性が良い時計が欲しくて、この
マッドマスターを購入しました。
落としても大丈夫とのこと、そして軽く、大変重宝しております。
代田社長も多分お気に入りの一本になると思いますよ。
それでは。
Commented by kaz at 2017-08-28 11:32 x
こんにちわ。
ピンクの花は「リコリス」(彼岸花の仲間で「ナツズイセン」とも)ですね。
春に葉っぱが出て夏前に枯れ、夏に彼岸花みたいに突然茎が立ってきます。 生命力は強い花のようで、球根で環境が合うと結構増えていきますよ。
Commented by b-faction at 2017-08-28 12:06
やまかつさん、出張中は心の栄養も適切に楽しみます。天然の甘味は心の栄養ですね。
Commented by b-faction at 2017-08-28 12:08
古川さん、こんにちは。気に入ってます。結構な高値で取引されていて驚きました。最近ネットの情報は操作感がありありですね。
Commented by b-faction at 2017-08-28 12:10
kazさん、ありがとうございます。リコリスと言うんですね。どこから来たのかな。カンゾウみたいに増えると楽しいです。花が次々と入れ替わるので。
Commented by 古川 at 2017-08-28 13:31 x
代田社長
こんにちは。ご返事ありがとうございます。
マッドマスター、カモフラージュのバンド、代田社長に
結構お似合いだと私は思いますよ。
また、amazonとかで交換バンドも売っているので、今後他色へのイメージチェンジすることもできますね。
Commented by b-faction at 2017-08-28 15:49
古川さん、完全に固定されているように見えますが、交換できるんですね。情報ありがとうございます。
Commented by jecht at 2017-08-28 16:49 x
私は時計好きで日本製、スイス製を何本かもっています。
G-Shockは機能性、耐久性、コスパは素晴らしいですがシリーズによって文字盤がゴチャゴチャして「瞬読性」が悪いものが多々あります。私はG-STEELなどシンプルな物を選んで購入しています。
しかしシンプルなデザインでクオリティをだすのは相当に難しいのです。(車も一緒ですが)
ゴチャゴチャとうるさいデザインにした方がごまかせる。
その意味でスイス製時計に人気があるのは当然だと思います。
ドイツ車に人気があるのも同じかな。
Commented by b-faction at 2017-08-28 18:02
jechtさん、スイスの時計には魅力を感じますがドイツのクルマと同じでほしいと思うものは桁外れに高いですね(笑)。僕は貧乏性なので国産の同一ブランドに特化する傾向があります。裏切られたと思ったら即乗り換えです。シンプルで良かったクルマは1300GとS202ですね。この二つが理想ですね。
Commented by S202 at 2017-08-28 19:50 x
自分もG-SHOCK大好きです!その中でも日本製のGW5000とGW5000HR、GWF-1000の3本持ってます。スクリューバックの付け心地がよくて、カシオのMADE IN JAPANは最高ですよ。
Commented by b-faction at 2017-08-28 21:23
S202さん、良いのをお持ちですね。参考になりました。付け替える愉しさ止められません。
Commented by taki at 2017-08-29 10:50 x
1.6にS#ってありましたっけ?
Commented by b-faction at 2017-08-29 11:09
ありません
Commented by taki at 2017-08-29 18:25 x
ならば記事内容に誤りがありますので訂正される事をお勧めします。
Commented by b-faction at 2017-08-29 19:48
ありがとうございました。
Commented by アトラス at 2017-09-02 10:37 x
久しぶりにコメントさせていただきます。
発たれる前に間に合えばよいのですが。

瞬読性を評価する時、目盛の見易さ以上に、想定される最も大きな常用域で、「2つの針の大まかな位置がどこにあるか」がポイントになってくると思います。
ニュルやアウトバーンを実際に経験される機会に、BMWや欧州車がどのあたりに針を設定しているか?を視ていらっしゃることは、今後のスバル車のメーターの評価に役立つのではないでしょうか。

個人的には、目盛自体の切り方や視認性ではなく、時速100キロにおける2つの針の位置の瞬読性という視点で、現行WRXのものは秀逸だと思っています。レヴォーグは0キロをズラすか回転数にバイアスをかけるのが正解かなとも。エンジン始動前のデザイン性より瞬読という実用性(アイサイトの周辺視野で視る、あるいは目線を外から外す時間を短くすることによる安全性)を採るメーカーであって欲しいですね。
Commented by b-faction at 2017-09-02 13:38
アトラスさん、こんにちは。まだ今日一日激務です(笑)。旅先からも確認できるので大丈夫です。 いつも思うのですがBMWはそっけないのですが瞬読性が良い。タコメーターは高回転時にメモリの外側におカラーバーでレブリミットを瞬読させます。ほしいなぁと思いますが、STIに高級スポーツカーを作らせる決断をしないと実現不可能ですね。小手先の限定商法にばかり頼り本質を忘れた会社になりました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by b-faction | 2017-08-27 22:36 | Trackback | Comments(22)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31