人気ブログランキング |

フランクフルトからニュルブルクへ

中津川も停滞した台風の影響で、
随分過ごし易くなった。
フランクフルトからニュルブルクへ_f0076731_13282909.jpeg
自宅から走り始め、
間もなく一万キロに達することに気が付いた。

軽くてストレスの無いクルマだから、
若干の不自由さも気になら無い。

トランクを空っぽにして、
スーツケースを詰め込んだ。

通風で痛む足をかばうので、
シートサイドに擦れが生じる。

それを避けるには、
腰を入れる前に、
右のウエストパッドを、
右手でギュッと掴みながら、
身体を滑り込ませると良い。

太った人にもお勧めしたい。
一度試してみると良いだろう。
フランクフルトからニュルブルクへ_f0076731_13354677.jpeg
BRZは軽いので、
本当に気持ち良く走る。
空を見て「秋だな」と感じた。

この時まで、
「これで暫くマニュアルともお別れだな」と思っていた。

リクエスト通りにクルマが無いのは日常茶飯事だ。

カウンターで、
「セアトのレオンを用意した」と言われ、
「ゴルフを頼んだはずだが」と聞き直した。

セアトもおもしろいが、
今回の対象から外れる。

すると、
「アウディのA3はどうかい」と聞くので、
「それで良いよ」と答えた。

キザなブランドで、
あまり好きでは無いが、
興味深いクルマもある。

このクルマなら、
インプレッサに無い、
キザな物を数多く持つはずだ。

薄暗い駐車場でコクピットに座った。

係員に、
クルマの言語を、
ドイツ語から英語に切り替えてもらった。

フロントで、
英語に切り替えましょうか?、
と聞いてくれたので、
大変助かった。

ジクストを初めて使ったが、
個性的であり、
親切でもある。

よく見るブランドを、
過去に選んで懲りたので、
変えたのが功を奏した。

座ってブレーキを踏み込み、
スタータースイッチを探した。

見当たら無い。

セレクタレバーの左にあった。

押しても、
反応するがセルモーターが回ら無い。

「おかしいな」
姿勢を正し再びブレーキを踏み込むと、
「グニュ」っと感じた。

例えて言うと、
娘がブレーキだとすると、
間違えて妻を踏んだ感覚だ。

えっ!

暗い足元を覗き込むと、
ペダルが三本あるでは無いか。

思わず「やったー」と声が出そうになった。
フランクフルトからニュルブルクへ_f0076731_03202818.jpeg

スバルの言う、
「動的質感」をすべて兼ね揃えている。

それが、
空港からホテルまでの、
数キロで感じた印象だ。

これまでのところ、
インプレッサを40点とすると、
A3は75点かな。

まあ、
ディーゼルでマニュアル6速だから、
この評価は当然だと思う。

過渡期の状況から怖くて抜け出せ無い、
スバルのインパネと比べ、
やはり欧州勢は伸び伸びしている。

SGPの開発で、
マルチファンクションディスプレイを継続するより、
メーターそのものの刷新をすべきだった。
フランクフルトからニュルブルクへ_f0076731_14111876.jpeg
カーナビの分野でも、
遅れが目立つ。

何しろ、
飛行機の座席にあるモニターまで、
去年と比べ全く違う。

凄く使い易ぐ
痒い所に手が届いている。

日本にいると「まあまあ」で済むことが、
こちらでは通用し無い。

スバルは欧州から軸足を米国重視にシフトしたが、
今から5年先を見ると恐ろしくなる。

ここでも、
がっぷり四相撲を取ら無いと、
日本人の喜ぶクルマが作れなくなってしまう。

フランクフルト中央駅に近い、
馴染みのホテルに着いた。
フランクフルトからニュルブルクへ_f0076731_18392255.jpg

ここの朝食はかなり美味しかった。
フランクフルトからニュルブルクへ_f0076731_18390115.jpg
昨年もスタートはここからだった。
去年と比べてみると、
やっぱり同じ物を食べてるよ。

先月から歯医者通いに明け暮れた。
その代わり今年は安心して奥歯が使える。

フランクフルトからニュルブルクへ_f0076731_15595810.jpeg
このパンを噛み締めるために、
出国前に歯医者でリプレイスまで敢行した。

坂先生、
狙い通り決まりましたよ。

今年も相変わらず、
良い品を揃えている。
二皿目に挑戦だ。
フランクフルトからニュルブルクへ_f0076731_16023852.jpeg
チーズ好きにとって、
この国は天国だ。
フランクフルトからニュルブルクへ_f0076731_16052873.jpeg
歯ごたえがあって、
更に甘いから最高だ。
お腹を満たして、
愛機に跨りアウトバーンへ飛び込んだ。
フランクフルトからニュルブルクへ_f0076731_00295704.jpeg
ニュルに向かう前に、
サービスエリアで水を買った。

ドイツでは、
アウトバーンのコンビニを使わ無いと、
日本ほど簡単に小物が買え無い。
フランクフルトからニュルブルクへ_f0076731_00334217.jpeg
水を買ってクルマに戻ると、
面白いクルマが近くにあった。

フランクフルトからニュルブルクへ_f0076731_00401161.jpeg
ドイツらしい凝った自転車だ。
近くにいたオーナーと目が合った。
写真を撮って良いかと聞くと、
笑顔で「どうぞ」と言ってくれた。
フランクフルトからニュルブルクへ_f0076731_00443434.jpeg
バッテリーを
内蔵していて速いらしい。
オーナーは、
クルマにも自信があるようで、
「こっちも見てくれ」とエンジンフードを開けてくれた。

フランクフルトからニュルブルクへ_f0076731_00483211.jpeg
とてもパワフルらしい。
上手くヒアリング出来なかったので、
あまり当てにならないが、
五、六百馬力位あるらしい。

この人も相当なクルマ好きだ。
フランクフルトからニュルブルクへ_f0076731_00531319.jpeg
フランクフルトで会社を経営していたらしい。

七十歳を過ぎたから、
一線を退いたけど、
会社やってたんだよ。
好きなクルマを買うために、
金儲けしたんだぜ。
ウッシッシ。

なんて感じで楽しかった。
この人全くキザじゃ無い。

クルマ好きの韻が、
「キーン」とどこかで響き合った。
フランクフルトからニュルブルクへ_f0076731_00575973.jpeg
アウトバーンで目が合うと、
数十秒で友達になれる。

フランクフルトからニュルブルクへ_f0076731_01033256.jpeg
音も良いだろう。
聞いてみろよ。
スピーカーが15個付いてんだ。

頭突っ込み聞いてみると、
確かに良い音が聞こえた。

でもそれ以上に曲が良かった。

このセンスには脱帽だった。

66号線から3号線の乗り継ぎ、
48号線でニュルに向かった。

フランクフルトからニュルブルクへ_f0076731_01080300.jpeg
美しい風景が続く。

今のシーズン、
日本なら蕎麦だけど、
この花は一体なんだろう。
フランクフルトからニュルブルクへ_f0076731_01114851.jpeg

今日は19:00からレクチャーだ。

ニュルにあるHotel Lindnerで二泊し、
徹底的にコーストラッキングを学ぶ。
到着した。
フランクフルトからニュルブルクへ_f0076731_01142353.jpeg
座学の重要性を、
何度走っても感じる。
フランクフルトからニュルブルクへ_f0076731_01154543.jpeg
部屋の窓の外に、
レクチャーカーがセットアップされている。
フランクフルトからニュルブルクへ_f0076731_01194195.jpeg
これからが、
一番眠気に襲われる時間だが、
気合い入れて頑張ろう。
フランクフルトからニュルブルクへ_f0076731_02074560.jpeg
その後、
ディナーが待っている。

どんな人に出会えるかな。
さあ、
行こう!

Commented by zeurich at 2017-09-05 07:57 x
社長、無事到着されて何よりです。そちらは夜中ですね。こちらは出勤途中です。私も30年施し前に会社の語学研修でフランクに少しいました。ヴァイツェンいいですね。ニュルにいつか行ってみたいです。それではお身体に気をつけて。
Commented by b-faction at 2017-09-05 10:22
zeurichさん、おはようございます。お酒を我慢してトレーニングに備えています。昨夜、同じグループ8人の顔合わせがありました。パートナーはキャスパーさん、聞いたことある名前ですが、思い出せません。何か可愛いキャラの名前ですよね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2017-09-04 21:46 | Comments(2)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction