人気ブログランキング |

再びニュルブルクリンクへ

再びニュルブルクリンクへ_f0076731_09125453.jpeg

女将さんの名はブリッタさんと言う。

用意された朝食で、
何も語らずともわかるだろう。
アットホームなここの良さが。

再びニュルブルクリンクへ_f0076731_09134291.jpeg

ヨーグルトが美味い。
再びニュルブルクリンクへ_f0076731_09144948.jpeg
バターが美味い。

再びニュルブルクリンクへ_f0076731_09155736.jpeg
久しぶりの目玉焼きが美味い。

再びニュルブルクリンクへ_f0076731_09164940.jpeg
チーズが美味い。

再びニュルブルクリンクへ_f0076731_09180411.jpeg
生ハムの塩加減が丁度良い。

再びニュルブルクリンクへ_f0076731_09185188.jpeg

ハムが美味い。

再びニュルブルクリンクへ_f0076731_09193300.jpeg
ソーセージが美味い。

また来よう。

再びニュルブルクリンクへ_f0076731_09205077.jpeg

ありがとうございました。

いくらでもいてくれて構わないと言われ、
お昼近くまでブログに時間を費やした。
再びニュルブルクリンクへ_f0076731_09213296.jpeg
他の宿泊客はアウディの社員が二人いるだけだ。

彼らも熱心にラウンジでパソコンに向かっていた。

今夜お目に掛かる相手に合わせ、
久しぶりにきちんと襟のある服を選んだ。

これで合わせておけば、
相手に失礼は無い。

今夜は楽しい夜になるだろう。

再びニュルブルクリンクへ_f0076731_09221391.jpeg
ハノーファーへ向かった。
このメーターは、
本当に扱いやすい。

初めての場所でも便利だ。
このサプライヤーに、
いくらスバルが払うかだけかの気がするけれど、
そう簡単にはいかない事情があるのだろう。

アウトバーンを走る旅は、
とても素敵だった。

ニュルに後ろ髪をひかれながら、
アウトバーンを5時間ほど走って、
迷うこと無くハノーバーに着いた。
再びニュルブルクリンクへ_f0076731_09235381.jpeg
このクルマの熱効率はとても高い。

欧州勢は何を根拠にして、
これに代わるパワーユニットを構築する気なのだろう。

全て電動化が可能か、
その辺りがまるで見えない。
再びニュルブルクリンクへ_f0076731_09230047.jpeg
駅前の一等地にたつ、
とても小綺麗なホテルだ。

ここも朝飯が美味いらしい。

再びニュルブルクリンクへ_f0076731_09251449.jpeg
迎えを待つ間、
「世界の車窓」を空想した。

ハノーファー中央駅に入ってみた。
再びニュルブルクリンクへ_f0076731_09261045.jpeg
ヨーロッパの駅には改札が無いので、
鉄道好きにはたまらない。
再びニュルブルクリンクへ_f0076731_09265505.jpeg
ワクワクしながら階段を上って、
ホームの雰囲気を楽しんだ。

再びニュルブルクリンクへ_f0076731_09273527.jpeg
どこに行くのだろうか。
味のある色をしている。
再びニュルブルクリンクへ_f0076731_09282093.jpeg
すぐに列車が滑り込んできた。
ドアを閉めているので、
自分で開けて乗り込むようだ。
再びニュルブルクリンクへ_f0076731_09285653.jpeg
運転士に手を振ると、
軽く会釈を返してくれた。
再びニュルブルクリンクへ_f0076731_09295116.jpeg
時間通りにゾンケさんと落ち合い、
すぐレストランに移動した。

多忙にもかかわらず、
お付き合いいただき、
本当にありがとうございました。

再びニュルブルクリンクへ_f0076731_09330186.jpeg
ゾンケさんは、
イエーガーシュニッツェルを頼んだ。
再びニュルブルクリンクへ_f0076731_09303319.jpeg
せっかくだから、
南ドイツの味を楽しんで欲しい。

再びニュルブルクリンクへ_f0076731_09312041.jpeg
一番おすすめしたいメニューは、
この肉巻き料理だと紹介された。
赤キャベツの煮込みが凄く美味しい。

丸い食べ物は、
クヌードルと言う。

もちもちしてとても美味い。

再びニュルブルクリンクへ_f0076731_09320969.jpeg
デザートを食べようと勧められた。

このアイスクリームは絶品だ。
何と表現したら良いのだろう。

冷た過ぎずドイツの気候にとてもあっている。

しかも、
添えられたドーナツが美味すぎる。

子供の頃食べた、
懐かしくて甘い惚れ惚れする味だった。
美味しく楽しい時間はすぐ去りゆく。

皆さんにご心配を掛けた足の様子は、
一進一退を繰り返す。

炭酸水を飲まない方が良いと言うアドバイスも頂いた。

ありがとうございます。
再びニュルブルクリンクへ_f0076731_16275746.jpeg
レストランで慣れない椅子に座って、
また痛み出した。

関節の変化が生じたので、
やはり通風に加え、
関節炎が起きているのだろう。
再びニュルブルクリンクへ_f0076731_16343601.jpeg
朝になって、
若干痛みも和らいだ。

よし!
これなら大丈夫だ。
スミルスチックを塗って出掛けるぞ。

いよいよ最後の目的が残った。
帰るついでにもう一度ニュルに立ち寄る。
お土産センターの仕入れが必要だ。

そして時間があれば、
もう一度ニュルを攻める。
Turistenfahrten(ツーリステンファルテン)とは、
お金を払って自由にニュルブルクリンクの北コースを走る時間帯を指す。

それに対して、
各社が自動車開発のために使う時間帯もある。
それがインダストリアル・プール(IP)だ。

この発端にはスバルも関わった。
日本車が今ほどここを目指していない頃だ。

だからスバルとニュルの関係は深い。

もう一度確かめに行く。
なぜか。

レクチャーのあと、
A3のステアリングを握ると、
明らかに操舵するイメージに変化が生じた。
トレーニングとは異なる環境で、
最後の仕上げをして行こう。

さあ、出発だ!


Commented by jjtank at 2017-09-09 23:51 x
ドイツ旅行記楽しいです。ドイツは北と南で車種に変化はありますか?ハノーファーはVWの故郷にも近いですね。

内燃機関撤廃に向けた道筋は二つあると考えます。
一つは蓄電技術の飛躍的進歩。もう一つは非接触給電インフラを高速道路網へ敷設すること。
後者は移動しながら給電出来るのでバッテリーもミニマムで済みます。
非接触給電は都営バスが実用しているので、要素技術は確立していると考えられます。
内燃機関はカセットテープやカメラフィルムの様に過去の産物になる日が来るのですかね。
Commented by b-faction at 2017-09-10 14:51
jjtankさん、こんにちは。ドイツから戻り日本の交通状況に触れると面白いですね。日本の道路も良くなったしクルマもスムーズに流れてますが恐ろしく遅い!遅すぎます。自時間がもったいない。ハノーファーに行ってもブランドにさほどシェアの差を感じませんでした。でも実際はフォルクスブルグが近いのでVWは多いと思います。これから先は全く分かりません。解る人が居る方がおかしいと思います。
Commented by jjtank at 2017-09-10 15:35 x
インフラ整備に合わせて、また自動車技術の進歩に合わせて速度の法改正がなされるべきですよね。
新幹線の速度アップは歓迎されるのに。

憲法しかり、変えられない、または変化を望まない民族なんですねー。農耕的遺伝子が来年も同じ収穫を得る事に重きをおく。
Commented by b-faction at 2017-09-10 18:46
jjtankさん、日本で安心して暮らせるのは「政府」や「行政」の優れた面ではなく「国民性」の優れた点が多いからですね。とはいえドイツ人も本当に親切ですね。戦前、日本人と同盟を結んだのが良く解ります。居心地がいいですね。ドイツの自動車行政も日本にとって参考になる事が多いです。アメリカに比べても遥かに多いと感じます。
Commented by ひょっこり at 2017-09-23 16:47 x
 こんにちは、すっかり涼しいお彼岸ですね。

今回のドイツ紀行を見ていて、文化の違いや環境の違いもあるのですが、インフラ(公共交通機関)の違いが決定的かもしれません。思うに、こちら関東南部に住んでいると、遠出する時「新幹線で行けばいいじゃん」とまず思ってしまう人が多いような気がし、誰しもがイヤなのは帰りの東名高速の渋滞。かくいうボクもそれがイヤであまり遠出はしたくないのです。カミさんの実家へ帰省するにも帰りがそれじゃ気も萎えるし、そんな状況が毎週末の夕方に発生する割には高速料金も不当に高く感じるし・・・。

 社長はすっかりコンチ派のようですがボクは相変わらずミシュラン派。社長がハノーファに行かれたのならボクはクレルモンフェランに行ってみたいですね。ミシュランの本拠地なのですが、BASF(塗料ではR-M)もそうなのです。どっちかというとR-Mに興味がわきます。

Commented by b-faction at 2017-09-23 19:38
ひょっこりさん、道路は無料でも物価が高いです。消費税も比べ物になりません。フランス嫌いなのでごめんなさいね。
Commented by b-faction at 2017-09-23 19:40
ひょっこりさん、ドイツの道路は無料でも物価が高いです。消費税も比べ物になりません。日本は恵まれていますよ。気が付いてないだけです。僕は昔からフランス嫌いなのでごめんなさいね。行く気になればいつでも行けますが国境をまたぐ気にもなりません。
Commented by ひょっこり at 2017-09-23 21:07 x
こちらこそ、お嫌いな国を挙げてしまってスイマセン。

そういえば、母方の叔父夫婦がだいぶ前ですがドイツとその近辺の国に旅行へ行ったことがあったそうで、社長と同じようなことを言ってました。それと彼はすっかりドイツを気に入ったそうで毎年の年賀状にはドイツの風景とか建物の写真が添えられているのです。

彼曰く、ドイツ本国では自国のクルマが高くて買えない方が少なからずいるそうで日本車や低価格な東欧圏のクルマを所有されているケースがあるそうです。さしづめ日本では軽自動車といったところでしょうか。
Commented by b-faction at 2017-09-23 21:23
ひょっこりさん、ブランドの持つ意味は日本以上に深いですよ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2017-09-08 22:18 | Comments(9)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction