人気ブログランキング | 話題のタグを見る

久し振りにXVで東京出張

やけに水が澱んでいた。
久し振りにXVで東京出張_f0076731_13153785.jpg
ドイツから戻り、
木曽の桟に行って来た。

勘違いするといけないので、
念のために説明したい。
久し振りにXVで東京出張_f0076731_13161536.jpg
この赤い橋は後からできたものだ。
だから「木曽の桟」ではない。

橋を渡った右岸には、
「桟温泉」と言う旅館がある。
昔から続く温泉だが、
まだ入ったことは一度も無い。

と言うのも、
国道19号線に面して騒々しかった。
なので今のように秘湯感は無く、
あえて寄ろうという気にならなかった。

そこが大きく変わった。
赤い橋も塗り替えられ、
コンクリートで周辺もしっかり養生された。
久し振りにXVで東京出張_f0076731_13164613.jpg
以前なら左岸の国道を、
物凄い量のトラックが往来した。

今のひっそりとした様子は、
当時想像すらできなかった。

温泉の価値も高くなったに違いない。

昔から、
「赤いかけはし」を見て、
「何を大げさに」と思っていた。

文化財と言うにはほど遠い。
不思議に思うのは当たり前だった。

その重要な文化財は、
右岸の温泉側からしか見えない。

久し振りにXVで東京出張_f0076731_13195743.jpg
橋の上から、
以前の国道を見た画像だ。

黄色く線で囲った部分が、
「木曽の桟」の基礎だ。

ここはとんでもない難所だつた。

大昔からとても苦労して人びとが通っていたようだ。

そこが江戸時代に中仙道となる。

こうして五街道として、
尾張藩による整備が始まった。

その時、
この現存している石垣が作られた。

石垣が出来る前は、
断崖絶壁に杭を刺し、
その上に板を引きならべて難所を渡った。

それを「桟道」と言うそうだ。

ここは、
かつては日本三奇橋と言われた、
「木曽の桟」の名残なのだ。

木造の桟は明治時代と共に消失した。
鉄道が誕生し、
この上に線路が出来た。

きっと工事の妨げになったのだろう。

今は鉄骨の柱が出来て、
その上が橋になっている。

だから桟は事実上存在しない。

そのしっかりしたはずの国道で、
大事件が起きた。
平成の歴史は消費税の歴史だ。
二度目の増税は、
フォレスターが誕生した平成9年だ。

その年の秋、
この左方向に直径3mもある岩が落ちてきた。
落石の可能性がある事を、
承知していた節もある。
放置していたのなら人災だが、
奇跡的に誰も怪我さえしなかった。

ちょっとしたタイミングで死人が出た災害だった。

その時人びとは、
改めてここが酷い難所なのだと思い知った。
川の中を見ればわかる。
巨石はいつどこから来たのか。

国道19号線は、
あちこちに崩落する危険な場所を持つ。

ところが川に沿って歩けるので、
桟は必要でも、
大きな橋を架ける必要が無い。

だから徳川幕府は伊那谷ではなく、
木曽谷を五街道の一つとして整備したのだろう。
伊那谷には、
駒ヶ岳から流れ落ちる川が何本もあるし、
諏訪湖から天竜川も下っている。

その災害では復旧に丸二日かかった。
もし人が巻き込まれたら、
通行止めだけでは済まない。

早速行政が動き、
桟改良と言う大事業が平成11年から始まった。

4つの橋と1つのトンネルで、
特に上松側のアーチ橋の工事は、
特に長い時間をかけ橋が徐々に出来上がった。

木曽の桟の前後は、
気温も低い場所でとても危ない場所だった。

その難所だった木曽福島から上松の間に、
これで一切危ない場所が無くなった。

そこをXVで走り開田高原に抜け、
ニュル近郊を想定した走行シーンを再現した。

A3のディーゼルよりかなり良いと思った。

その後、
東京出張に当たり、
BRZを使おうとして最後まで迷った。
久し振りにXVで東京出張_f0076731_17413451.jpg
高速道路を走るなら、
この方が面白いに決まっている。

出発の間際になって、
やっぱりXVを使うことにした。
久し振りにXVで東京出張_f0076731_17273798.jpg
高速性能を比較しないとアンフェアだ。

そろそろ馴染んできた頃だから、
本来の性能が味わえるだろう。

ここで一発本気で試そうと思う。
久し振りにXVで東京出張_f0076731_12265336.jpeg
メーターをリセットし、
久し振りにXVで東京出張_f0076731_12274749.jpeg
高速道路に乗った。
久し振りにXVで東京出張_f0076731_12283167.jpeg
溜まった仕事を片付けていたら、
真っ暗になってきた。

クルマだと時間が有効に使える。
気分良く走れた。

欲を言えば、
もう少し高級なダンパーが欲しい。

でも最新型で、
そかもこの価格から見たら、
常識外れに良いモノが付いている。
久し振りにXVで東京出張_f0076731_12302519.jpeg
宿泊地に着いた。
大体ガソリンが空になるよう計算して来る。

ここで給油する理由は簡単だ。
湾岸沿いはガソリンが安い。
久し振りにXVで東京出張_f0076731_12315047.jpeg
ここまでの印象は、
まず、
かなり硬さが取れたなと感じた事かな。

次に、
相当な勢いで走ったにも関わらず、
かなり燃費が良い。
久し振りにXVで東京出張_f0076731_12350391.jpeg
ただし、
さすがにディーゼルの6速マニュアルには敵わない。

でも「普通」に走ったら、
多分17キロぐらい1リッターで走る気がした。
久し振りにXVで東京出張_f0076731_12380668.jpeg
人間にも給油が必要になった。
久し振りにXVで東京出張_f0076731_12385221.jpeg
先月、
この店で不良老人と盃を交わしたが、
今月その姿は無かった。
久し振りにXVで東京出張_f0076731_12402668.jpeg
不良老人に会わなくて、
深酒にならなかった。

先月この後通風発作が起きて、
一か月以上も苦しさを味わっている。
久し振りにXVで東京出張_f0076731_12425354.jpeg
なので腹八分目と思った。

が、
ここは外国ではない。
自分に甘く優しい時間が欲しい。
久し振りにXVで東京出張_f0076731_12443613.jpeg
酒はここで止めて、
魚を食べる。
久し振りにXVで東京出張_f0076731_12452496.jpeg
この店は一切自分で仕込むので、
物凄く味が良い。
久し振りにXVで東京出張_f0076731_12463707.jpeg
さんまも美味しかった。
久し振りにXVで東京出張_f0076731_12472355.jpeg
確かにまだ痩せてるけどね。
麺で締めたいところを、
天ぷらで締めた。
久し振りにXVで東京出張_f0076731_12481391.jpeg
XVの味はまさしく和のテイストだ。

カラダに優しくてホッとする、
なじめのあじで、
かつまた手作りの味に近い。

丁寧で繊細な作り込みながら、
その価格は極めてお値打ちだ。

帰りも楽しみになった。

それでは皆さん、
オヤスミナサイ。

Commented by toru911 at 2017-09-20 23:08 x
妻が『日産いいね!』と言ってギョッとしました。

高熱を出して吐きそうな娘を乗せていた際、自宅駐車場の壁にリアをひどくぶつけて以降運転しなくなった妻。
それでもSUBARUファンだと思っていましたが、やっちゃえ日産にやられたようです。
電気自動車・自動運転・航続距離400km。そんなものに価値を感じだしたようです。

SUBARUよ ぶつからない車のアドバンテージは終了してますよ!!
女性はもう違う方向を向いていますよ!! 大丈夫ですか??

次はマニュアルトランスミッションと宣言していますが、買える車がありません。
XVのMTなら欲しいです。無論モーターではなく水平対向で。
Commented at 2017-09-21 10:12 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2017-09-21 19:49 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by b-faction at 2017-09-21 20:13
toru911さん、奥さんを再教育して下さい(笑)。色々考えると電気自動車に完全移行する裏に嘘も多いので先をよく読みましょう。ぶつからない車で終わらせない気がしますので、その辺りは楽しみにしています。
Commented by b-faction at 2017-09-21 20:14
「美のつぼ」さん、久しぶりですね。どこも人が足りないんですよ。
Commented by at 2017-09-21 22:41 x
人災の意味が違いますよ
Commented by b-faction at 2017-09-22 13:30

takujiさん、今晩は。XVをチョイスして大正解でした。新型のロバスト性はかなり高いので、まだ完全に馴染んでいません。でも最初の頃とクルマが激変してました。クルマとしての完成度が凄いですね。
Commented by b-faction at 2017-09-22 13:33
芝さん、よく見直しますね〜〜
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2017-09-20 21:57 | Comments(8)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31