人気ブログランキング |

颯爽と愚鈍

颯爽と愚鈍_f0076731_19434035.jpg
うっかり無くすところだった。
BRZの後席に置いたままのモノ・マガジンにはさまれて、
修了証書が放置されていた。

スーツケースに入れた時に、
折れないようにはさんで袋に入れた。

社内の湿気にやられ、
少し曲がってしまったが紛失させなくてよかった。
颯爽と愚鈍_f0076731_19434711.jpg
クリスチャンさんのサインと、
北コースのロゴマークが抜群に似合っている。

今年のトレーニングで、
初めてイングリッシュコースに挑戦した。

決して英語が堪能ではないので、
逆に苦労する教室の方が身になる事が多かった。

とはいっても、
最初からイングリッシュクラスになど入れる訳が無い。

そんな実力も無いのに参加したら、
他の参加者に迷惑をかけるだけでなく、
日本人の面汚しになってしまう。

ここまで育てて戴いた、
モータージャーナリストの菰田潔氏に心から感謝申し上げる。

もともとイングリッシュコースに参加するほど、
英語が堪能なわけでは無い。

上手い人から見たら全くのポコペンだ。

でも子供の頃から団体行動が嫌いな性格なのだ。
セントレア空港を飛び立ち、
ドイツに着いてから一切の日本語と隔絶され、
気持ちがスーっと吹っ切れた。

一旦覚悟さえ決まれば、
何も怖い事は持ち合わせていないので、
ガンガン前に出ていくだけだ。

面白いもので、
日本語がないと割り切れば、
片ことながら英語でモノを考えるようになる。

これが面白い。
自分で出す解が早いし、
相手の求めることも解り易くなる。

デンマークの人たちは、
クルマのスピードに対する感性が全く違うので、
とても良い勉強になった。

動画を見た人なら解るはずだが、
2タームで最後尾に着くと、
前のM4はアレキサンダーが操縦している。
颯爽と愚鈍_f0076731_21203082.jpg
彼はまだ経験が浅いのでクリッピングポイントは少し甘いが、
速度を上げるセンスは凄く良い。

少し乱れようがピタリと追走する。

あの感性が生まれた時からアウトバーンのある環境で育まれるのか。

それにものすごいスピードでカリキュラムが進み、
変な「平等意識」など無いから気持ちが楽だ。

要するに迅速かつ丁寧に進めると同時に、
可能な限り沢山走らせようとする。

基本的に同じスキルと判断すると、
インストラクターは沢山走らせるために最大限の努力をする。

従って気持ち的に、
1.5倍の距離を走った印象を持った。

クリスチャンさんの隣に乗り、
独特のドライビングスタイルを見て、
体力維持の重要性も再認識した。
颯爽と愚鈍_f0076731_19500458.jpg
ジムで深層筋を鍛えた翌日、
久し振りに1000m泳いだ。

プールサイドの記録簿を見たら、
ほぼ10日ぶりにプールに入った。

その上最後に1000m泳いだのは8月11日であることも解った。

昨日のタイムは30分14秒52だったので、
まだ左足の指が完治していない状況で前回の7秒遅れだ。

颯爽と過ごすための、
自分に課せた最低のルールが、
「可能な限り泳げる日は泳ぐ」
「朝起きたらどんなに寒い日でも水を全身に被る」と決めている。

「愚鈍」に対して、
許せない事が多い。

団体旅行が苦手なように、
人に合わせて行動するのが下手だが、
その理由の一つは「愚鈍」嫌うせいもあるだろう。

実は「颯爽」という言葉を使おうとして、
対義語は何かを頭の中で考えた。

間違っているかもしれないが、
とっさに浮かんだ言葉が「愚鈍」だ。

颯爽と暮らし、
愚鈍を招かぬ生き方をしよう。

颯爽と愚鈍_f0076731_19435869.jpg
装いも新たなXVに乗り、
今年のニュルで得た知見が深かった事を実感した。

これまで何となく愚鈍だったターンが一皮剥けた。

その効果が新型XVのテストで現れた。
その理由はステアリングギヤ比だ。

他のメーカー、
例えば嫌いな日産などのカタログを見てほしい。

ステアリングギヤ比を一切公開していないはずだ。

スバルは違う。

昔から正々堂々と公開する。
その中でも特に驚いたのがクイックステアリングギヤ比だ。

余りにクイックなので、
メーカーオプション扱いだった。

その数値は13.0:1
WRX RA STIに初めて採用され、
先日集った22Bにも標準装備されたスポーツスぺックだ。
颯爽と愚鈍_f0076731_21190571.jpg
それを当たり前に採用したのが、
今回テストした新型XVだ。

それではなぜそんなことが出来るのか。
SGPを採用しリヤサスの剛性がものすごく高い。
颯爽と愚鈍_f0076731_19441032.jpg
だから後輪の追従性が良く、
シャープなステアリング操作でも破綻しない。

その回頭性の良さは、
ワインディングでニュルの走りを試して実証した。

ターンする時のキレが良い。
スパッと向きを変えるのでエイペックスを掴みやすい。

もう一つ分かったことがある。

燃費、
静粛性、
ライフでは十分な性能を持つ。

ドライターマックでもなかなか良い。

このデューラーの唯一の弱点は排水性能だ。

高速の水たまりを苦手とする、
ある意味ブリジストンらしいタイヤだが、
それを上回る長所があった。

日本の速度域で無用なウエットグリップを捨てた代わりに、
ラフロードにおける強靭性が高い。
颯爽と愚鈍_f0076731_19441707.jpg
動画を見て分かったと思うが、
ゴリゴリと大きな石を踏みしめて走った。

オンロード用の表情なので頼りなさげに見えるが、
タイヤに着いた傷がほとんど目立たない。

クルマの性格上、
絶対にないとは言えないラフロードも意識して採用している。

「さすがスバル」だと思った。
颯爽と愚鈍_f0076731_19443099.jpg
前輪も4000キロ走ったようには見えないし、
ラフロードの石による痕跡も少ない。
颯爽と愚鈍_f0076731_19444176.jpg
スバルはタイヤの開発にも手を抜かないので、
18インチに対してデューラーの持つ万能性を評価した採用だと良く解った。

その上でラフロードをもし外したら、
代わりに何を付けるか・・・・・。
それも今後のお楽しみだ。

少なくともXVの18インチは「愚鈍」ではないタイヤだった。

それが解ったことが、
今回の大きな収穫だった。

インプレッサの18インチにも驚かされたが、
XVの18インチもなかなかの選択だった。

阿部・井上コンビの開発姿勢が、
実に良く表れていて小気味よい。

何しろスバルは颯爽としたクルマ作りが魅力だ。

ルノー傀儡の日産には、
ちょっと想像できない世界だろう。

賢明な読者は、
ぜひ一度各社のステアリングギヤ比に興味を注いでほしい。

そこには必ず愚鈍な姿が潜むはずだ。

Commented at 2017-09-23 22:30 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by b-faction at 2017-09-24 00:41
やまかつさん、承知しました。ただし炭水化物とさせていただきます。心の栄養も大事ですね。
Commented by なっちー at 2017-09-24 06:31 x
団体行動の嫌いな僕は、昨日ポーランドから帰ってきました。10日間見ただけですが、パトカーはすべてKIAでした。ポーランドよ、お前はホントにそれでいいのか?
Commented by b-faction at 2017-09-24 07:06
なっちーさん、ダチアじゃ駄目なんですね。そして安物・・・・(涙)
Commented by やまかつ at 2017-09-24 07:06 x
さすが、見事な回答。ありがとうございます。
食欲の秋、しっかりと食べ、仕事・運動、そして十分な
睡眠で英気を養って下さいませ。
栗きんとんツアーで、またお邪魔させていただく機会が
あるかもしれません。
Commented by toru911 at 2017-09-24 12:39 x
13.0:1とはかなりクイック!!
今乗っているBP5Bは2.0Rなので16.5:1。

日産いいねとぎょっとさせた妻もXVとアウトバックはお気に入り。

マニュアルトランスミッションでステアリング周りがシンプルなモデルが出たらいいなぁと思っています。でっかいナビもいらない。

素晴らしい川原が高知県の仁淀川沿いにたくさんあります。
XV 夢が広がります!!
Commented by b-faction at 2017-09-24 17:30
やまかつさん、ぜひお出かけください。良いお店を紹介します。
Commented by b-faction at 2017-09-24 17:33
toru911さん、レガシィと乗り比べると「なるほど!」と効果が良く解ります。遊べる河原が沢山ありそうですね。僕もXVを乗り倒す楽しみを今後更に深めます。バンパーの顎が傷だらけになるくらいガンガン走りたいですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2017-09-23 21:05 | Comments(8)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction