人気ブログランキング |

新型レヴォーグと最高の煮付

水曜日だと油断して、
完全に朝寝坊した。
横を見てびっくりした。
新型レヴォーグと最高の煮付_f0076731_11411307.jpg
犬がきょとんとしていた。
先日ドイツからの帰りに、
フランクフルト空港で買ったぬいぐるみだ。
免税店に時々可愛いぬいぐるみが並ぶ。

買ってくると家族に喜ばれるので、
良いものを見つけたら必ず買う。

何で居るのか良く解らないが、
酔っぱらって寝床に持ってきたのかもしれない。

前の日にメールが届き
「ジャズドリーム長島に、
東海エリアで3店舗目となるコールマン直営アウトレットショップがオープンします」
と書いてあった。
「オープン記念としてツールボックスとしても使える「コンテナランチ」を差し上げます」

集客が難しいのだろう。
ここにも良く見ないと解らない嘘が、
さらりと平気で描いてある。
先日のキクチメガネの件もそうだが、
グレーゾーンの宣伝が酷い。

クルマ業界も同じで、
ひっかける商法が往来している。
その点で言うと、
スバルの広告宣伝には嘘がない。

昔から他社が真似する仕掛けも、
自ら開発している。

顧客を店に向かわせる仕込みがどこも大変だ。

そんなわけで新しいLEVORGを試しがてら、
新しくスケールアップしたアウトレットモールに行ってきた。

初めて訪れたが、
でかい駐車場だ。
新型レヴォーグと最高の煮付_f0076731_11413567.jpg
GT-Sらしいシート生地だ。
オーソドックスなブルーと相性が良い。
新型レヴォーグと最高の煮付_f0076731_11414999.jpg
ボルドーの内装に目を奪われがちだが、
普通のレヴォーグもキッチリ造りこまれとても良くなった。
新型レヴォーグと最高の煮付_f0076731_11420015.jpg
スバルの中では高級車の位置づけに近い。
なので中途半端なグレードを持たない。

その辺りの線引きが良いのでいつまでも色褪せない。

ここまで乗ってきて、
アイサイトの緊急ブレーキや警報が、
一段と良くなったことに気が付いた。

かなり高速でレーンチェンジするクルマに割り込まれたが、
これまでのように過剰な反応をせず、
ドライバーが認識していることを捉えている。

まだ若干角は残るが、
高速域で入るステアリングアシストが、
アウディのA3並みに滑らかな事も気に入った。

スバルの得意な先進安全性能は、
まだまだ伸び盛りだ。

他社が追い付いてもかなりアドバンテージを持つので、
更にグッと引き離す隠し技をまだまだ持っている。

この分野で、
スバルは確実にアウディやフォルクスワーゲンを引き離している。

これは正直に凄いと思うし、
これから益々磨かれるので楽しみにしたい。

高速道路から眺めることはあっても、
ここまで下りたのは初めてだ。
新型レヴォーグと最高の煮付_f0076731_11421796.jpg
平日でもかなりの人出だ。
やはりアウトレットモールの勢いは凄い。

中に入るとCBCテレビから取材も来ていた。
新型レヴォーグと最高の煮付_f0076731_11494130.jpg
安田の何とかと言う番組らしいが、
一度も見た事が無いので良く解らなかった。

コールマンに行ったけれど、
欲しい物は無かった。

インプレッサハウスにほとんど揃ってる。

落としても割れないグラスと、
少し小物を買って店を出た。

まずエネルギーを蓄えないと、
バーゲンの勝負に勝てない。
新型レヴォーグと最高の煮付_f0076731_19255332.jpg
全員揃って乾杯だ。

ここの大食堂のシステムは無駄が無くて良い。

価格的にも良心的だ。

これでも高いと思う人は、
焼きそばなど売ってるし、
学生などはコンビニフードも買うことが出来る。

メニューから親子丼を選んだ。
新型レヴォーグと最高の煮付_f0076731_12002608.jpg
娘は激辛ラーメン、
息子はあんかけ風のきしめんだ。
新型レヴォーグと最高の煮付_f0076731_19343803.jpg
色々シェアするのが楽しいので、
いつもバラバラに選ぶのが我が家の流儀だ。

妻は味噌カツを注文した。
新型レヴォーグと最高の煮付_f0076731_19323638.jpg
食べごたえがあってうまかった。
全部合わせビールを除くと一人1000円程度なので、
なかなかお得なメニューだと思った。

アウトレットと言っても、
最近は範疇が広い。
新型レヴォーグと最高の煮付_f0076731_12010381.jpg
本来なら、
これが本筋だがアウトレット専用品と言うのもあるらしいので、
良く見ないと何が何だか分からなくなる。

スケールアップしたので、
とにかく何でも20%引くらしい。

それ以上の商品も沢山ある。

シップスを訪れるのは久しぶりだ。
タグを反対に付けたというB級品が半額で売られていた。

これは家族全員が似合うと言ってくれたので迷わず買った。

昔からGAPのパンツは体に合うので好きだ。
新型レヴォーグと最高の煮付_f0076731_12013913.jpg
すぐ売り切れるので見たら買うようにしている。

ここも組み合わせると半額商品があるなど、
やたら気前が良かった。

パンツを2本買った。

それから娘と妻が別行動したいと言うので、
息子とタイムバーゲンを見学した。

いや凄かった。

真剣に呼び込む女性の姿に感動した。

けっこうガチで客取り合戦が繰り広げられる。

並んでいる商品が1900円になるまでに客がどんどん入店し、
時間を過ぎたら嘘のように静かになる。

久し振りに面白い売り方を見た。

息子が嫁に土産を買っていた。
あのシャツが1900円なら安い。

あっという間に薄暗くなり、
雨もポツリポツリと降り始めた。
新型レヴォーグと最高の煮付_f0076731_19345648.jpg
駐車場に行くと外れの方にオーラを出すクルマがあった。

日本車と思わず気になったので近ずくと、
レクサスのNXだった。

F SPORTというオーナメントがついていた。

屋根が黒い。
新型レヴォーグと最高の煮付_f0076731_19352716.jpg
最近のトヨタは良質なカーボンルーフを作るので、
これも「もしや」かと思った。

黒く見えるのは何だろう。

ランプの縁取りを黒くして、
ぴしっと引き締めている。

正直に言って「F SPORT」と言うのは、
STI SPORTのように、
位置づけが何となくパッとしないものだった。
新型レヴォーグと最高の煮付_f0076731_19353885.jpg
さすがにレクサスのブランドがつくので、
バッチリ金がかかっている。

だからオーラを出すのだろう。

だが最近のトヨタはGR戦略を全面的に方向転換し、
物凄い勢いで改革が進んでいる。

凄いクルマが続々と出るので、
完全にSTIのお株を奪われた。

あちらはWRCでも復活を遂げたが、
こちらは大迷走が続いて終息が見通せない。

あの代わりになる対象が無いんだ。

NBR24時間では弱すぎるし、
結果も残せなかった。

ああ、
刺激が欲しい。
ヴィッツの限定車に乗せてもらえないかな。

レヴォーグで往復270kmほど走った。
テンロクのGT-Sは凄く滑らかに走る。
新型レヴォーグと最高の煮付_f0076731_19354803.jpg
昨年の年改後に試した時、
iモード時のスロットル制御に違和感を感じた。

それがかなり自然になり気持ち良くなった。

伊勢湾岸道は横風も強い。
新型レヴォーグと最高の煮付_f0076731_19424527.jpg
前のスポーツカーがふらつくようなところも、
びしっと貼りついた様に駆け抜けた。

燃費も悪くないしレギュラーで良いから財布に優しい。
新型レヴォーグと最高の煮付_f0076731_19431033.jpg
このエンジンをレヴォーグ専用にした戦略も良い。

もしあれこれと使いまわしていたら、
レヴォーグの鮮度が下がっただろう。

新型レヴォーグと最高の煮付_f0076731_19432349.jpg
ただしナビのおつむが悪い。
これはどこの製品にも言える。
グーグルマップと併用しないと信用できない。

夕食をどこで摂ろうか迷ったが、
久し振りに「つたや」さんを訪れた。
新型レヴォーグと最高の煮付_f0076731_19434775.jpg
中津川の手前で高速を降り、
そこから娘にハンドルを託した。

久し振りに大ジョッキを頼み、
食べ損ねるところだった赤味を三人で平らげた。
新型レヴォーグと最高の煮付_f0076731_19440946.jpg
つたやさんは良いネタを吟味し、
きちっと売り切るのでグズグズすると食べ損なう。

マグロを食べながらネタケースを見ると、
悩ましい目つきの魚が横たわっていた。

新型レヴォーグと最高の煮付_f0076731_19442430.jpg
この顔つきはキンキに違いない。
丁寧に並べられている。

今年は豊漁なのか。
「煮付てほしい」とお願いした。

すると、
「肝を喰うか」と嬉しい声が大将の口から出た。

「もちろんです。お願いします」
新型レヴォーグと最高の煮付_f0076731_19443849.jpg
すると5匹分の肝も一緒に煮付けられ、
素晴らしく鮮度の高いキンキが現れた。
新型レヴォーグと最高の煮付_f0076731_19445699.jpg
久し振りに心底美味い物を食べた。
「たまり」も吟味されていて、
煮付けた味のコクが凄い。
新型レヴォーグと最高の煮付_f0076731_19452846.jpg
痛風という言葉が消え去っていった。



新型レヴォーグと最高の煮付_f0076731_19454440.jpg
骨もしゃぶれるだけしゃぶり、
若干鱗があろうが、
皮を小骨と一緒に噛み締めて食べつくす。

綺麗に目玉まで平らげた。

つたやの名物の焼き鳥も美味い。

ネギマはあっという間に売りきれた。

好物の皮をタレで、
手前のセセリは塩で頼んだ。
新型レヴォーグと最高の煮付_f0076731_19460328.jpg
もっと旨いものがあった。
「はつもと」をタレで焼いてもらった。
新型レヴォーグと最高の煮付_f0076731_19462380.jpg
物凄く脂がのっていて、
ぷりぷりした食感が新鮮だ。

心臓の周りの血管で、
肉屋泣かせの部位らしい。
新型レヴォーグと最高の煮付_f0076731_19464434.jpg
つたやは鰻も美味い。
下手な鰻専門店よりここの「うな釜」は美味しい。
新型レヴォーグと最高の煮付_f0076731_19465865.jpg
やっぱり秘伝のタレが良い味を出す。
スバルの味も共通する芯を持ち、
つたやの料理と共通するところがある。

旨い物を色々食べたが、
最新のレヴォーグ1.6GT-Sと、
「キンキの煮付」は実に良く似た味わいだ。

あの旨さが解る人なら、
一発で理解できるだろう。
肝5匹分の味も加えてね。

腹いっぱいになり、
家に戻って戦利品を検証した。
新型レヴォーグと最高の煮付_f0076731_19471844.jpg
ギャップのパンツの横にあるのが、
シップスで買った5000円のプルオーバーだ。

その向こうに娘の洋服があり、
インプレッサハウス用のコールマンの小物が並ぶ。

妻のドライビングシューズも新調した。
眼鏡市場でクリーナーも買ったな。

翌朝レヴォーグで出勤し、
乗り味の良さだけでなく至れり尽くせりの安全機能に感心した。
新型レヴォーグと最高の煮付_f0076731_19473914.jpg
ついていく機能は凄く進歩して、
細かな設定が出来るだけでなく、
最高速度も時速135キロまで設定可能になった。



新型レヴォーグと最高の煮付_f0076731_19480092.jpg
ステアリングの車線中央維持やアシスト制御は、
これまでよりすごくナチュラルでもっと進歩しそうな予感がする。

他社のように搭載するだけでいっぱいいっぱいの雰囲気が大きい中で、
余裕でアドバンテージを披露している。
新型レヴォーグと最高の煮付_f0076731_19481512.jpg
会社の手前で渋滞にあい、
ACCをセットした。
新型レヴォーグと最高の煮付_f0076731_19483762.jpg
普通の道路でも十分機能する。
道具は使い方によって人を幸せにするし不幸にもする。

ぶつからない機能が目指す所は、
人間が支配される自動運転ではなく、
上手に使う道具として極限まで進歩を遂げる事だろう。

新型レヴォーグと最高の煮付_f0076731_19485032.jpg
さて、この後必要なことは何か。

日本の使用条件下では感じないが、
SGPとの差は時速140くらいから感じる、
フロントフレームからの振動を消すことだ。

これが出来ると欧州の高性能車と肩を並べられる。

そしてもっと軽くする必要がある。
重いアウディに辟易として、
スバルの重量配分と軽さを見直したが、
BHレガシィ並みに太ってしまった重量では欧州勢に勝てない。

胸を張って「剛性当たり重量過去最軽量」と言い切った、
SGPのエッセンスを更に加えてほしい。

ジムで体重を意識し、
深層筋を鍛えるのと全く同じだ。

最近良い習慣が出来て、
月金曜と泳ぎ、
火木曜を深層筋鍛錬に当てている。

ジムで鍛えるおかげで、
スバルの軽量化に求める期待も高められる。

軽さは性能だともう一度見直し、
重くなる一方の開発に歯止めをかけて欲しい。

静粛性や乗り味、
それに快適性を言い訳にして、
ドンドン装備を増やしているが、
そろそろやめよう。

軽いクルマを楽しみにしている。

Commented by ひょっこり at 2017-09-28 22:50 x
 こんばんは。

ジャズドリームは、カミさんからよく聞きますが、ボクは行ったことが無く、実を言うとアウトレットモールが大嫌いでして・・・。
でも、土岐は良かったなあ~。

G'sからGRに装いを変えましたけど、ボクからしてみれば60~80系まであった4気筒マークⅡの廉価グレードを連想しちゃうんですよね(笑)



Commented by b-faction at 2017-09-29 07:22
ひょっこりさん、トヨタのスポーツ戦略はトップダウンなので凄いんです。
Commented by toru911 at 2017-09-29 12:57 x
BC・BF発表時のコメントがたしか『WRCに勝つつもりで作る』だったと記憶しています。
マクレーのドライビングで現実のものとなった時は感動しました。
当時、『ハンドリングのレガシィ』というキャッチフレーズで呼ばれていて、それがとても気に入っていました。

BFからBPに乗り換える際、ふとカタログスペックを見ると車重が同じ。
安全装備を充実させて初代モデルと同じ車重という事実に驚きました。

軽さというのは全ての性能の底上げに直結すると思います。

SUBARUもリセットして、キビキビと軽やかな提案を期待します。

Commented by b-faction at 2017-09-29 15:35
toru911さん、現行車は重量が重くなる一方です。重いクルマにも良さはありますが、WRXが1.5tを上回るのは許せないです。
Commented by at 2017-09-29 18:21 x
リアのピョンピョンは改善されてますか?
Commented by sige at 2017-10-01 01:20 x
息子さんブログの写真では初登場ではないですか?いい男ですね。
Commented by b-faction at 2017-10-01 19:37
sigeさん、ちらりと助手席で写ったりしてますが確かにそうかもしれません。よろしくお願いします。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2017-09-28 22:16 | Comments(7)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction