SG型のフォレスター最終形態と濃い味の贈り物に感動

f0076731_16384630.jpg
福島さんに頂いた農林一号は、
f0076731_17131555.jpg
コクもあるが喉越しと香りにその重きを置いている。
f0076731_16390534.jpg
基本的にはさらりとした飲み口で、
魚に良く合い美味しかった。

f0076731_16392441.jpg
二日で飲み干して、
次の酒が欲しくなった。

と言う事で、
f0076731_17140601.jpg
満を持して平方さんイチ推しの日本酒を封切った。
f0076731_16394255.jpg
頂いてから日が経つが、
冷蔵庫でじっくり熟成したので、
抜群の風味とゴクリと喉が鳴るコクを楽しんだ。

何しろ歯が欠けたり痛風になったり、
この夏は色々と厄介なことが良く起きた。

それで日本酒をしばらく封印していたが、
一度美味しさを思い出すともうだめだ。

やはり日本人には日本酒が一番美味しい。

京都伏見や灘の生一本と、
東北の酒の味は根本から違う。

上品な「かざがい」を目指す関西の酒も好きだし、
熟成した濃い味の上越庄内の酒もまた独特の良さがある。

日本酒を立て続けに飲みたくなった理由の一つは、
このフォレスターのロードテストに出たからだろう。
f0076731_16400094.jpg
澄んだ目が美しい。
HIDヘッドライトが闇を切り裂いた。

吉村整備士が、
じっくりと時間を掛けて予防整備を施した。

見た瞬間に欲しくなり、
ライバルを蹴落として入手した。

リヤゲートが凹んでいたが、
クルマ全体から漂う様子が良かった。

バラバラに室内を分解して掃除した後、
徹底的に足回りから整備を始めた。

ようやく予防整備も終了し、
名実ともに完成して日曜日を迎えた。

その夜仕事を終え、
ロングテストに出かけた。

フォレスターは「スポーツヴィークル」として誕生し、
WRX譲りの身体能力を発揮する。

その最後のモデルが、
この綺麗に整備されたXSだ。
f0076731_16405868.jpg
平成18年の二代目フォレスターは、
デビューから4年経過し完成形になった。

排気量は2000ccのSOHC4気筒、
等長等爆のエキゾーストシステムになっていたと思う。

お酒で言えば「上喜元」の様な味だ。

税別¥598,000の車体価格で、
整備して車検を受けると¥895,750の乗り出し価格になる。

オブシディアンブラックパールの2.0XSは、
ターボが要らないのではないかと思えるほど良く走る。

このクルマのディメンションと、
次の三代目のディメンションはかなり違っていて、
日本酒の味がする最後のフォレスターだろう。

水平対向4気筒SOHC16バルブエンジンは重心が低く、
万一の衝突時にもエンジンが床下に潜り込み高い安全性を発揮する。
f0076731_16413734.jpg
4輪独立サスの味は最高にジューシーだ。
アクティブトルク配分式電子制御4WDシステムで燃費と走行安定性を両立させた。
f0076731_16440338.jpg
ビルトインナビ付きのフル装備だ。
なかなかのお買い得車なので、
今月の目玉として注目を浴びるはずだ。
f0076731_16442740.jpg
テスト後の走行距離は84470kmなので、
まだまだこれから十分乗れるはずだ。

初代で得たスポーツヴィークルとしての知見を注ぎ込み、
屈強なシャシーをベースに誕生した二代目は、
スバルにとって節目となるクルマだった。

一夜明けて出社して社員を待った。

朝7時から今月の早朝会議が始まる。

入庫台数が多いので、
横の連携をしっかり取る事を重要課題に据えた。

特に最近は遠方にお得意様が増えているので、
受け入れ態勢が多岐にわたる。

とにかく毎日が、
ワクワクドキドキの連続だ。

前夜に乗ったフォレスターも、
ワクワクドキドキの塊だったので、
何しろとにかく楽しい一日が一気に始まった。
順調に会議は終わった。

来客予定が目白押しだった。
f0076731_16450029.jpg
3か月かけて徹底的に整備したXT-6は、
最高のコンディションになって主の下へ帰った。

岡山から岡田さんがいらっしゃった。
f0076731_16454815.jpg
同乗走行で仕上がりを確認していただき、
秋晴れの空の下で記念写真を撮った。
f0076731_16460989.jpg
アルシオーネの6吃エンジン搭載車も節目のクルマだ。

まさにレガシィとの境に立つ記憶すべき車だろう。

このクルマも最終形態なので、
至る所にそれまでに得た知見が、
次のクルマに注がれる「試験」として採用されている。
f0076731_16462707.jpg
ずっしりとした包みを戴いた。
中からピオーネが現れた。
f0076731_16464956.jpg
レオーネ、アルシオーネ、
そしてピオーネと、
岡田さんのお土産センスは素晴らしい。

午後になると、
ヨコハマから稲村さんがいらっしゃった。
いつもアドバイスをありがとうございます。
f0076731_16474272.jpg
この夏も体調不良でご心配をおかけしました。

日頃の注意事項をお持ちくださった。
f0076731_16475937.jpg
バタバタしていてお見送りも出来ずすみませんでした。

f0076731_16485463.jpg
素敵なお土産を戴いた。
f0076731_16490439.jpg
ヨコハマのお菓子も奥が深い。
今回も珍しいお菓子を戴いた。
f0076731_16493209.jpg
その名前からして普通じゃなかった。

三色の味が選べる。
f0076731_16495591.jpg
私はレモン、
じゃあピーナッツ、、、女性の手がどんどん伸びた。
f0076731_16501105.jpg
グッと濃い味がするビスカウトだった。
f0076731_16502420.jpg
娘と半分にして、
チョコとピーナッツを味見した。
f0076731_16503729.jpg
とてもおいしゅうございました。

この後も社員と3つの味を楽しませていただきます。

またお目に掛かりましょう。

夕方になると、
東京から小林さんが来訪された。
f0076731_16505504.jpg
愛機BP5の車検整備を承った。

じっくり整備してB&Bサスに交換する。

受け渡し時には車検お泊りプランもセットして、
秋も深まった中津川を楽しんでいただくつもりだ。
f0076731_16511236.jpg
素敵な洋菓子をありがとうございました。
この三つの他にチーズケーキがあった。
f0076731_16514524.jpg
この様子に惹かれ、
チーズケーキを味わった。

f0076731_16520507.jpg
しっとりしていて、
なかなか奥の深い味がする。
f0076731_16523289.jpg
あっという間に平らげた。
でもやっぱり焼きプリンが食べたくなる。

f0076731_16540711.jpg
これには魔性の魅力があるな。
沢山食べたのでプールで1000m泳いだ。
記録は30分22秒で、
29分台ではなかったが良しとしよう。

何しろ激流だった。

大勢が泳ぐ状態でタイムが伸びるはずがない。

体調は万全だ。
体重も63.5kgに落ち着いている。
新しい週を乗り切るぞ。

トラックバックURL : https://bfaction.exblog.jp/tb/28209357
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by b-faction at 2017-10-13 20:36
> りんごさん
アドバイス有難う。
Commented by 福島 at 2017-10-14 23:39 x
社長様
自分がお酒を飲まないので、商品を選ぶ時には何時も悩むのですが、喜んで頂いて幸です。
何故このお酒を選んだかと言いますと、限定品とかでは無く、
お店で造っている所のおやっさんが「熱く」語ってくれたからです。
味の事は解らないのですが、このおやっさんから「買うぞ」と感じたからで、やっぱり必要なのは「顔の見える商売」ですね。
今は何でもネットでお取り寄せが簡単に出来ますが、売っている人や作っている人の顔が見えると、そこに付加価値が付いてくるように思います。
便利な時代だからこそ、自分の仕事にとっても大事な事だと改めて感じました。
Commented by b-faction at 2017-10-15 10:05
福島さん、おはようございます。真面目に作ったお酒でしたよ。関西らしくサラッとしてます。酒を飲まない人が買う方法としては最適でしたね。反対に平方さんは大酒のみなので(笑)僕が絶対に喜ぶことを確信して持っていらっしゃいます。これも正しい選び方ですね。農林一号と言う名に関西らしい洒落っ気を感じました。珍しいお酒を本当にありがとうございました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by b-faction | 2017-10-10 22:03 | Trackback | Comments(3)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
カレンダー