人気ブログランキング | 話題のタグを見る

尿酸生成の抑制とB4「3.0R」との関係

尿酸の生成を抑制する薬が切れた。
ニュルから戻って一か月以上過ぎ、
足の痛みは消えた。
尿酸生成の抑制とB4「3.0R」との関係_f0076731_21434886.jpg
だが約二か月の間に渡り飲み続けたが、
左足の親指にはまだ腫れが残る。

左右を比べると明らかに左の方が赤くて腫れが残る。

血液の兆候も悪くないし、
尿検査も結果は上々だ。

今回の発作が相当ひどかったので、
予後の安定に時間がかかるのだろう。

そんな所見をもらって、
もう一度採血した。

ドクターが最後に、
「野菜や海草など頑張って食べてください」と言われた。

実は野菜や海草が大好きなのでたくさん食べます・・・、
むしろなるべく炭水化物を食べないようにしているので、
あえて肉をたくさん食べるようにしています、
と伝えた。

ドクターに、
特にスポーツを愛好するわけでもないし、
体を鍛えようと思っているわけでも無いのですが、
ニュルブルクリンクで他人に迷惑をかけず、
走る事だけは続けたいんですよ、
と伝えた。

するとドクターは、
「それって相当激しいスポーツですよ」と言った。

このドクターもクルマ好きだなのだろう。

でもニュルに行くのはちょっと違う。

汗をびっしょりかくので、
確かにスポーツともいえる。
が、
クリスチャンの走りを見ると、
今置かれている環境がスポーツではないことを自覚できる。

彼の走りに心が弾む。

その走りこそ求めていた「仙人の走り」だ。

彼の年齢に達する前に、
同じ域までで達したいと渇望するようになった。

だからトレーニングなのだ。

自発的に楽しむような軟な考えでは続かない。

閉じ込められた環境下で、
指導者に従わないと身につかない。

苦しさを感じなければ意味がないのだ。

だから、
耐えうるコンディションを維持する事に、
嬉しさを覚えるのだろう。

じゃなければ続かない。
尿酸生成の抑制とB4「3.0R」との関係_f0076731_21440856.jpg
その日も泳いで家に帰ると、
並んでいたのは好物ばかりだった。

先日手に入れたホンシメジが、
良い味のホイル蒸になっていた。
尿酸生成の抑制とB4「3.0R」との関係_f0076731_21445657.jpg
キノコって本当に美味しい。

野菜主体の料理が占めたが、
脚の腫れがこれほど長引く。

だがもっと酷かった時を思い起こすと、
今の状態はまるで比較にならない。

酷い状態になったのは、
平成16年にBPE誕生した時だ。

あの時は杖が必要だった。

とにかく元気だった。
体が快調だと少々無理しても気にならない。
計算して食べたりしないから、
体は重くなる一方で、
それはまさしく未病の状態だった。

重いクルマしか作れなくなった、
今のSUBARUを象徴するような健康状態に陥っていた。

そのスパイラルから抜け出せたきっかけが、
B4の3.0R「spec.B」を手に入れたことだった。

待望の6発6速がついに誕生した時、
心が躍るほど楽しかった。
シュンと回るエンジンに惚れ惚れし、
強靭で軽量なボディと、
よく動くしなやかな脚が「己」を見直すきっかけになった。

その年の暮れ迄に体重を14kg落とし、
ダイエットを成功させた。
念願の60kg未満を達成したのだ。

あの時の驚きを今も忘れられない。
久しぶりに、
きっかけとなったクルマが戻った。
尿酸生成の抑制とB4「3.0R」との関係_f0076731_21474506.jpg
リフレッシュを兼ねた車検で、
お預かりすることになり、
念入りな整備を施した。

漸くクルマが仕上がり、
テストを依頼されたので、
いつものコースを丁寧に走った。
尿酸生成の抑制とB4「3.0R」との関係_f0076731_21460041.jpg
トリップメーターをリセットした。
先入観を持ちたくない。

だから「完成した」と整備士がいう場合、
一切何も聞かないでクルマを走らせる。

乗り味は悪くない。
あたりが柔らかく、
走っていて気分が良い。

とてもリニアな特性で、
体に不快な衝撃や振動が全くない。

トランスミッションも気持ちよく入る。
GDB型インプレッサとそっくりな手触りだ。
尿酸生成の抑制とB4「3.0R」との関係_f0076731_21461666.jpg
ブレーキはやや頼りないが、
制動力が足りないわけではない。

直線路では問題にならないが、
山岳路のワインディングを走ると、
ちょっとスパイスが足りない。

決して仕上がりが悪い訳ではないけれど、
ライントレース性に乏しい。

シフトフィールはWRXだ、
けれど、
その他はspec.Bから普通のGTの設定に変わった、
そんな印象を持った。
尿酸生成の抑制とB4「3.0R」との関係_f0076731_21463601.jpg
戻って北原課長にテスト結果を伝えた。

シフトフィールが良い理由は、
当社から購入時にクイックシフトに交換し、
今回のリフレッシュでリンクのブッシュを交換したからだと言う。

なるほどそういうことか。

ちょっとスパイスが足りない理由もよくわかった。

ダンパーはビルシュタインだが、
特に柔らかく設定されている。

お客様ご自身が好みを製作側に直接伝え、
減衰力の立ち上がりからリニアな特性に仕上げた。

高速側もなるべく衝撃を感じないように、
特に意識して設定したようだ。

それならば納得がいく、
かなり満足のいく脚に仕上がったと思う。

ではライントレース性の不満はそれが原因なのだろうか。

うーん。
まさかタイヤじゃないだろうなと、
祈るような気持ちで足元を見た。

なぜか。
予想が外れてほしかった。
以前同じことを「黒鰤」で感じたことがあった。
尿酸生成の抑制とB4「3.0R」との関係_f0076731_21465052.jpg
結局予感がドンピシャで、
この車にはレグノが装着されたばかりだった。

お客様が車検に備え、
あらかじめご自身で交換されていた。
今年生産された新しいタイヤだ。
尿酸生成の抑制とB4「3.0R」との関係_f0076731_21471706.jpg
この微妙な違和感がどこから生じるのか。

それは柔らかめの「しなる」サスに設定したからではなく、
タイヤの基本的な形状が、
コーナリング時に路面の影響を受けやすいからだろう。
尿酸生成の抑制とB4「3.0R」との関係_f0076731_21470481.jpg
ロードフォールディングの点で不利なので、
狙ったラインを少しだがズレる。

何も違和感を覚えない人もいるだろう。

それぞれクルマに求める目的も違い、
ライントレース性能より、
見た目の良さを選ぶ人もいるはずだ。

ラーメンに全ての人が胡椒を入れる訳ではない。

でもはっきり言える事がある。

コンチネンタルは、
このクルマが作られた頃のスバル車全般と、
まず間違いなく相性が良い。

ライントレース性が高い上、
濡れた路面で性能低下が少ない。

だから路面の状況が悪くなればなるほど、
他社との性能差を大きく見せるスバルにとって、
コンチは最適な選択となるのだろう。

ブレーキはローターを研磨され、
交換すべきシールやホースは全て新品になっていた。
尿酸生成の抑制とB4「3.0R」との関係_f0076731_21473011.jpg
だから当初感じた頼りなさは、
まだ完全に慣れていなかったためだ。
ブレーキを優しく踏むので、
80km近く走ったが研磨の痕も残っている。

仕上げは上々だった。

名古屋市から加藤さんが来訪された。
尿酸生成の抑制とB4「3.0R」との関係_f0076731_21475665.jpg
2年前からDEに参加される日を思い描かれていたそうだ。

蕎麦の名店「かどふく」で食事した時に、
佐藤さんから背中を押されたそうだ。

お役にたてただろうか。

ステアリングワーク、
ブレーキングポイント、
アクセルワークの順でレクチャーした。

最近参加された中で、
ブレーキの離し方が非常に上手く感心した。

でもすべての方に共通する、
アクセルを踏むタイミングの間違いは、
体で覚えて頂くまでに少し時間を要した。

ひとりひとり人それぞれに、
独自の運転に対する「流儀」がある。

それを守り抜く事を否定するわけではない。

でも一つだけ言える事がある。

自らDEに価値を感じて来訪される人に、
運転の下手な人はまず居ない。

それでいて、
決して慢心することなく、
常に操る奥義を求めようとする。

このようなクルマ好きが、
やっぱりコアなスバリストなのだ。

「使う筋肉が違う」

この真髄を得ていただけたら幸いに思う。

また是非お目にかかりましょう。




Commented by 付知出身者 at 2017-10-17 09:14 x
後半はもう「名文」の域に入りますなあ…。
Commented by b-faction at 2017-10-17 10:49
付知出身者さん、おはようございます。コメントありがとうございました。
Commented by 名古屋のかとうです at 2017-10-17 19:25 x
社長 先日はありがとうございました。
免許を取得してから、今まで我流で運転していましたが、初めてハンドルワーク、ブレーキポイント、アクセルワーク、ライントレース等 ご教授いただき、大変勉強になりました。
中でもペットボトルを使ったレクチャーはすごくわかりやすかったです。
日々の運転時も教わった事を意識して、社長の様にしなやかで速い 運転技術を身に着けたいと思っています。
また、よろしくお願いいたします。
(お守りの効果が有りますように・・・)
Commented by b-faction at 2017-10-17 20:21
> 名古屋のかとうさん
お役にたてて嬉しいです。また是非お越しください。お待ちしております。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2017-10-16 22:05 | Comments(4)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31