直感と体感

朝から雨だった。
朝礼で場内を清掃しお客様の来訪を待った。
f0076731_21075650.jpg
浜松からWRX STIの商談予約が入り、
お目に掛かるのを楽しみに待っていると、
f0076731_21082529.jpg
思わぬお土産まで戴いてしまった。
ありがとうございました。
f0076731_21103643.jpg
久し振りにうなぎパイのVSOPを食べたが、
味の質がどんどん高くなる気がした。
f0076731_21112098.jpg
たゆまぬ努力を続けていることもあるのだろうが、
やはり新鮮さが一番の理由かもしれない。

伊藤さん、
ありがとうございました。
f0076731_21123214.jpg
とっておきのGDBをしっかり仕上げます。
納車式まで楽しみにお待ちください。

鮮度が良くて質感も高いと、
売れる予感に繋がる。

モーターショーで真っ先に「売れる」と直感した。

スカッとした白いボディは、
これまでのクラウンとは明らかに違う。
f0076731_21150182.jpg
フロントマスクも垢抜けた。
これまでのスピンドルグリルは、
どう見ても褒めるレベルではなかったが、
今度はなかなか良い線を行っている。

クラウンコンセプトのチーフエンジニアは、
秋山さんとおっしゃるとても人柄の良さそうはお方だ。
f0076731_21171623.jpg
今年のトヨタは見応えがあった。
センチュリーまでフルモデルチェンジが迫っている。

様々な具体的提案が目白押しだった。

他にも直感で売れると感じたクルマがある。
f0076731_21193094.jpg
スバルとダイハツの独壇場に、
スズキが大手を掛けてきた。

ただのグランドキャブにせず、
ハイルーフと組み合わせたところが斬新だ。
f0076731_21204641.jpg
興味深く見ていたら、
開発者の人から反対側に行くよう促された。
f0076731_21213285.jpg
なんとカットモデルだった。

実に力が入っていて、
間も無く発売されることは間違いない。

これまで無かったことが不思議なくらいだ。
それほどサマになっていた。
ミッションは5速のASGだから、
スバル/ダイハツの4ATに対して、
質感で上回れるのかは疑問だが、
面白いクルマである事には間違いない。
f0076731_21245611.jpg
助手席には冷蔵庫が装着され、
スムージーを実際に作っている女性が製作に関与したそうだ。


スズキのブースで驚いた事は、
地味でも確実な各種の技術展示だ。
f0076731_21291744.jpg
特にびっくりしたクルマは、
発売を目前に控えたクロスビーだった。
f0076731_21303609.jpg
軽トラの横にあったので、
「これってハスラーの派生車ですか」と聞くと、
「とんでもないです~~、新型車です」と悲しそうな顔をされた。
f0076731_22210339.jpg
確かに良く見れば全く違う。

少しダイハツのキャストもイメージできる、
ある意味今のコンパクトカー市場で、
最も刺さるクルマだった。
f0076731_21312286.jpg
価格は明らかになっていないが、
恐ろしいほど競争力がありそうだ。

やはり軽自動車規格の消滅時に、
ショックを受けないよう、
ありとあらゆる技術と知恵を投入して開発されている。
f0076731_21332623.jpg
単純にリッターカーのターボかと思ったら、
それは大間違いだった。

ちゃんと直噴化され、
最新のトレンドを纏うエンジンになっていた。
f0076731_21354757.jpg
ステアリング周りもリッターカーのレベルを超え、
スズキらしさも忘れていない。

センターパネルのデザインも秀逸だ。
f0076731_21370439.jpg
色々なモニターが混在するデザインではなく、
機能性と演出性のバランスが良い。

オフロード四駆を作る会社だけあり、
スバルと同じように走破性の高さをしっかりアピールしている。
f0076731_21383744.jpg
いわゆる「なんてっちゃってSUV」ではなさそうだ。
モニターの下にあるスイッチが、
その走破性能を物語っている。

ヒルディセントコントロールや、
高締結力モードなど、
スバルのX-MODEに近い能力を持つのかもしれない。

エアコンコントロールの使い易さは別にして、
f0076731_21403839.jpg
BRZを思わせるようなスイッチ配置にも驚いた。
遊びごころも満載だ。
その上リヤシートがロングスライドするので、
居住性の上でも抜群に優れている。

ただし、
せっかく16インチを装着するのにもかかわらず、
足元の存在感は今一つだ。
f0076731_21435568.jpg
どこの会社も燃費を良くするために、
タイヤ選択に偏りがある。

このクルマにエコタイヤでは、
どうも間抜けで似合わない。

しかしそれを帳消しにする面白いクルマがあった。
f0076731_21453906.jpg
どう見ても初代ジムニーがデザインモチーフだ。
f0076731_21460502.jpg
カッコイイな。
単なる張りぼてのショーモデルではなく、
かなり具体的なフュージブルスタディだ。
f0076731_21474386.jpg
スズキの技術開発力が、
相当のレベルに育ったと証明している。

リヤのデファレンシャルケースには、
ギヤではなくモーターが入っている。
f0076731_21480198.jpg
サスペンションも全く新しいスプリングレスのシステムだ。
実際に走ることが出来るという。
f0076731_21482129.jpg
ドアの開閉はタッチ操作だ。
f0076731_21493437.jpg
ステップまで連動して現れる。
f0076731_21495938.jpg
スズキのアドベンチャーヘリテイジをぎゃふんというほど味わった。
f0076731_21502154.jpg
勿論オートパイロットだが、
それを切ると面白いシステムが現れる。

ステアリングの前に何もない状態だと、
f0076731_21515020.jpg
ホイールはグリーンで、
オートパイロットだと外から見ても解るようになっていて、
f0076731_21520975.jpg
手動操作に切り替えると、
ホイールがブルーに切り替わり、
メーターナセルにぴょこんと丸いものが現れる。
f0076731_21534739.jpg
遊び心が素敵だ。
パドルシフトに見えるのは、
4輪を独立してコントロールするスイッチだ。
f0076731_21544461.jpg
これを使えば、
右手は右側、
左手は左側の前後輪を自由自在に扱える。
f0076731_22211786.jpg
すなわち無限軌道車の動きが可能になる。

欲しいと素直に思った。
f0076731_21554478.jpg
ブースタージェットって何ですか。
そう聞くと説明員は慌てふためいた。

何のことか解らないらしい。

ただ単に直噴ターボではつまらないので、
登録商標を与えたのかもしれない。

憎っくきVWとガチで戦えるエンジンですね!と言ったら、
嬉しそうに笑ってくれた。

f0076731_21593323.jpg
コンパクトで面白そうなエンジンだ。
f0076731_22000072.jpg
これが実車に搭載された状態だ。


何という価格競争力だろう。
本体価格は183.4万円だ。
f0076731_22005469.jpg
もともとスイスポの速さは、
NBRで走ったから良く知っている。
流石にシフトフィールは軽自動車の延長線上だが、
価格を見たら納得できた。
f0076731_22030691.jpg
タイヤも本気だ。
195/45R17を履いている。
実に良心的な設定だしコンチネンタルを履いたところが素晴らしい。
f0076731_22034681.jpg
こうした要素がスバルにも欲しかった。

でもWRXの未来を見せてくれたから、
そこはぐっと堪えて次を待とうと思った。


アンベールを期待したが、
実に控えめな演出で拍子抜けした。
f0076731_22071547.jpg
被っている布は、
なんの演出も無く気が付いた時には剥がれていた。


たしかにこの状態で大仰な演出をしたら、
見ていた人から失笑が漏れたかもしれない。
f0076731_22083962.jpg
まだまだデザインの嗜好性しか見えないからだ。

でも方向は絶対に間違っていない。
WRXの存在が明らかになっただけでも大収穫だ。

そしてスバルで最も欲しい欲しい!
そんなクルマが遂にデビューした。
f0076731_22104767.jpg
黄色いボディは迫力があるので、
ショーモデルにはピッタリだ。

珍しく日本語の名前がついていた。
「琥珀イエロー」と言う自信作だ。

太陽の下で見ないと解らないが、
もう一つの黄色よりはよかった。

出来ればパールやメタリックを入れずに開発してほしい。

でも琥珀という以上無理かな。

もう一つの黄色はまるでプレオプラスなので、
今更少し安っぽい。
チャールサイトイエローを見た後では、
なかなかそれ以上の黄色は難しい。

あの色を上手く使う事を望んでいる。

むしろスーパーピュアホワイトの方が、
このクルマには良く似合うはずだ。
f0076731_22112092.jpg
しかしそれ以外は抜群んで、
実現可能性のあるクルマとして、
ほぼ100点満点を与えたい。

テールランプの光り方を見て欲しい。
やればできるじゃないか。

ガソリン携行缶をモチーフにした、
クラッディングもセンスが光る。
f0076731_22114191.jpg
とにかく最初に問題だと指摘した点を、
全て改良してリリースしている。

その一つがシートだ。
切返しも違うし色の使い方も最高になった。

何しろ一番良いのはXVの原点に戻った事だ。

安っぽいオレンジステッチを改め、
初代のブロンズブラウンに戻している。
f0076731_22115855.jpg
タグも落ち着いた色彩だし、
ラギット感の表現が素晴らしい。
インパネステッチもブロンズだから、
f0076731_22121250.jpg
各種の加飾と折り合いが良い。
マリオレヴィと組んだ効果がとてもよく出ている。
f0076731_22175702.jpg
ハイセンスなステッチなのでぜひ実現させて欲しい。
f0076731_22181458.jpg
シフトブーツとの折り合いも良いし、
f0076731_22183848.jpg
ステアリングのガゼットも、
ブロンズカラーで統一されている。
待ちに待った新提案だ。
f0076731_22185161.jpg
良く見たらセレクトレバーにも、
ブロンズの加飾が効いている。

この上品で力強い色調を待っていたのだ。

流石に「ドアグリップ」にはならなかったが、
ハンドルの周りも色調が整った。

トリムの色も良くステッチと整合している。
f0076731_22190954.jpg
面白いのはガラスのプリントだ。
発売時には是非具現化してほしい。
f0076731_22192988.jpg
日本版クロストレックの新たなアイコンとして使おうじゃないか。
f0076731_22200173.jpg
燃費なんてどうだってよい。
タイヤもこれくらい存在感がないと、
ラギット感が際立たない。

絶対に採用してほしいタイヤだ。

サイズはフォレスター用を選んで、
おおよそ10ミリ車高がアップしている。

それに加え北米向けの嵩上げ車高を選んでいるので、
全体で30mmも最低地上高がかさ上げされている。


とにかく、
こうあってほしいという希望が、
何から何まで実現されていた。

声が届いた。
有難う。嬉しいよ。

ほぼ満点と言った理由は、
サイドクラッディングに迫力が乏しい。
もっとタフで乗り倒せるクルマに見せないと、
今後のトレンドリーダーにはなれないだろう。
f0076731_22201464.jpg
そこが惜しい所だが、
容易にデザインできるはずだから思い切って「ゴツイ」クルマにしてほしい。

これはXVの真の姿として、
日本の固定概念から飛び出して欲しい。
f0076731_22202428.jpg
国内マーケティングの軸足は、
最近少しおかしいので、
言う事を鵜呑みにすると中途半端なクルマしか生まれない。

とにかくすべてわがままを聞いてくれた。
雲野さん、
ありがとうございました。
f0076731_22203522.jpg
これを出せば絶対に売れる。

だって欲しいもん。
直感だけでなく、
体感して解った。

アメリカからJAN LIMの制作した、
映画の情報が届いた。

機が熟せば紹介したい。

その中にこのテントがWRXに積まれ颯爽と走る様子が出てくる。

デザイン部の先見性をそこで感じた。

この流れを大切にしてほしい。

今のスバルには技術的トピックがない代わりに、
石井チームの卓越したデザイン能力が際立っている。

活躍を祈念する。
素敵なクルマを有難う。

急いだので誤字脱字があるかもしれないが、
そこはスピードアップを優先したのでご容赦願いたい。

続く

トラックバックURL : https://bfaction.exblog.jp/tb/28338309
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by sige at 2017-10-29 01:30 x
S208を社長さんはどんなふうに褒めるのかと興味がありましたが、はっきり「NO」と言ってくれてすっきりしました。自分も出すべきではなかった車だと思います。ルーティンで限定車を出すべきではない。スバルの限定車は購入するしないにかかわらず、車好きをわくわくさせるものであってほしいと思います。
Commented by sugawara at 2017-10-29 09:01 x
はじめまして、いつも楽しく見させていただいています。
当方現在D型アウトバック納車待ちです。

27日にモーターショー行って来ました。

テールランプの件、丁度技術本部の方がいたので要望を伝えました。

夜間走り去る後ろ姿があまりにもチープで商用バンのようなので何とかして欲しいと。

技術本部の方はコの字に点灯するのでいいのでは?
みたいな事を言っていました。

点灯しないダミーならこんなもの付けない方がメーカーも
コストも下がっていいんじゃないですか?と当方言いました。

1万円車両価格が上がってもいいのでテールランプのデザインをもっとしっかりやって下さいとお願いしました。

現行のレガシィ、テールランプと見栄えの良くないエンジンを
覆う大きめのエンジンカバーが付けば理想です。

社長にはこれからも期待しています。
Commented by toru0911 at 2017-10-29 12:23
US SUBARUの動画にある、レオーネに乗ったおじいちゃんと、XVに乗った孫が海で落ち合いサーフィンするCMがたまりません。
レオーネの存在感たるや!!
そのおじいちゃんが遂にレオーネから買い替えたという設定がハマりそうな最高にカッコいいXVですね!!
おばあちゃんをキャンプに連れ出して、それまで釣りに行くと隠していたサーフィンを披露する流れで。
Commented by b-faction at 2017-10-29 12:36
> sigeさん
今ある「S207」で十分ですね。
Commented by b-faction at 2017-10-29 12:38
> sugawaraさん
けち臭いですよね。そういうところが上州気質なのかもしれませんが。
Commented by b-faction at 2017-10-29 12:39
> toru0911さん
アメリカのフィルムは凄く良いね!日本のCMのダサさが悲しくなります。
Commented by 通りすがり at 2017-10-29 13:20 x
「テールランプの光り方を見て欲しい。やればできるじゃないか」最近、新インプレッサの後ろ姿を見かけるようになったのですが、格段にそそられます。つい買い換えてしまいそう。
Commented by masa at 2017-10-29 18:31 x
初めまして、記事いつも楽しく拝見しています。
お忙しそうなのに毎日のブログの更新、敬服します。
一番最初に免許取りたてで買った車がレオーネで今年出たXVで30数年ぶりのスバルになりました。
 社長は車のデザインでメーカーのマークが年々大きくなっているのって気になりませんか。スズキあたりはフロントのデッカいSマーク見ただけでげんなりしますが、いかがでしょう?
 モーターショウの本気でOFF用(ぽい?)のXVいいですね!
自分もXVが納入されてすぐオールテーレンにタイヤ交換しようと
思いましたがちょっとサスや駆動系が心配でやめましたがどうでしょうか?
でもガラスのプリント。後ろのx印はJeepのレネゲート、Cherokeeがもうやっているので2番煎じの感ありですね




Commented by b-faction at 2017-10-29 19:00
> masaさん
お心遣いありがとうございます。少しぐらいアンバランスな方がデザインとしては面白いと思いますよ。走りも同じで、わざとアンバランスに出来るPGMが作ると、面白~~~いコンプリートカーが出来ます。スポーツで言うとWRX STI spec.CのRA-Rです。発売以来二度と作れていない凄いクルマです。余程、肝が据わった開発者じゃないと作れません。カラーで言うとチャールサイトイエロー。あれも一発で終わりの凄い色です。何しろ工場が逃げちゃうくらい難しい色なんですよ。XVのコンセプトカーもかなり計算してバランスを崩すと思うので楽しみですね~~~。このクルマは泥だらけ、傷だらけ、錆びだらけがどんどん味に変わるデザインだと思うんですね。全然やり足らないのでハッパかけてもっと凄くしてもらいます。いやー楽しみですね。販売されたら乗り換えて下さい。そのつもりでお金貯めましょう。僕も絶対に買います。
Commented by takuji(拓司) at 2017-10-30 18:51 x
代田様
この琥珀色のXV出たら私も買います〜。
センスがあるってこういった物に言うべきなんでしょうね。
FB16DIT載せてくれたら尚更素晴らしいですが。
確かに難しい色であるのは想像できます。
生産現場においてはコンピューターで顔料を配合しても最後は職人技で色合わせしているのが現実ですから〜。
この琥珀色を安定させるのは大変かもしれません。
でも欲しいな〜。
Commented by b-faction at 2017-10-30 18:59
> takuji(拓司)さん
ナイスなクルマです。パワーユニットに関しては、レヴォーグ専用エンジンをそう易々と載せてはブランドコントロールが出来ませんね。むしろ2.5リットルの搭載が自然ですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by b-faction | 2017-10-28 22:47 | Trackback | Comments(11)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
カレンダー