人気ブログランキング | 話題のタグを見る

熱心な仕事

朝目覚めて、
「今日はいい天気だぞ」と実感した。
熱心な仕事_f0076731_16082674.jpg
家を出たら目の前に雲海が広がっていた。

こいつは朝から縁起が良い。

何故か解らないけど、
そんな思いが頭をよぎった。
熱心な仕事_f0076731_16091374.jpg
するすると鉛筆が走った。

朝一番で「かわら版」作りもひと段落して、
熱心な仕事_f0076731_13265493.jpg
最新号の内容は、
5月に訪れた三保基地に関して触れている。
熱心な仕事_f0076731_13270938.jpg
自粛が空けたので思い切って、
100周年記念を大々的に宣言した。

店頭の軽自動車を一気に大安売りする。

この告知を楽しみにしてほしい。

そしてブログの更新に取り組んだ。
熱心な仕事_f0076731_13272749.jpg
モーターショーが幕を閉じた。
あっという間だった。

報道関係者を集めプレスブリーフィングを開き、
吉永社長のプレゼンが進んだ時、
スバルレオーネが紹介された。

ほほう、、
そこまで掘り下げるのか。
なかなか凄いじゃないか、

と素直に思った。

でも、
こういう時に悪戯心が起こり、
人の見ていない所を見ようとする。
熱心な仕事_f0076731_13274623.jpg
アイフォンは本当に便利だ。
夜間の撮影などだと、
キャノンの高いコンパクトカメラより、
遥かに綺麗な写真が撮れる。

熱心な仕事_f0076731_13302310.jpg
でかでかとカンペがあり、
こんな風にセリフが出るんだ。

熱心なプレゼンだが、
中身を読むと「うーん」とうなだれる。

吉永さん、
「今後はSTIをスバルから切り離しましょう」

その方が絶対に上手くいく。

熱心な仕事を今以上にやるはずだ。

熱心と言えば、
物凄く印象に残った人が居た。

ダイハツブースに居た不思議な二人だ。

熱心な仕事_f0076731_13303731.jpg
新型サンバーのバンパーが、
どのように三分割になったのか、
説明員から詳しく聞いていた。

すると、
そんな事はお構いなしで、
バンパーの前から離れない人が居た。

何か余程気になるのだろう。

比較的若い男女だった。
食い入るように何かを見ている。

プレスデイだから、
どこかのサプライヤーか、
専門誌の記者かと思った。
熱心な仕事_f0076731_13321499.jpg
ステラの最上級車の前でも出会った。
そこで思い切って何を見ているのか聞くと、
自動車用LEDランプの開発者だった。
熱心な仕事_f0076731_13322651.jpg
現場で具体的に調査して、
製品開発に役立てるそうだ。

非常に熱心なので会社名もお伺いした。
今は価格競争が激しくて大変らしい。

この二人ともあちらこちらでニアミスした。
熱心な仕事_f0076731_15281865.jpg
取材する側からされる側になり、
笑顔を迸らせている。

中国か台湾のレポーターの様だった。

素晴らしいフットワークだったので、
きっと良いニュースを送ることが出来たに違いない。

熱心な姿勢は見ているだけで直ぐ判る。
熱心な仕事_f0076731_13323656.jpg
ヨコハマから稲村さんが来店された。
彼ほど熱心なスバリストは居ない。

水平対向6気筒エンジンの良さを、
しゃぶり尽くすまで味わいたいと決意した。
熱心な仕事_f0076731_13324873.jpg
いつもお心遣いをありがとうございます。

絶対に当たり前のものに妥協せず、
熱心な仕事_f0076731_13330354.jpg
いつも必ずメッセージを込めたお土産を届けて戴く。

プレミアムなクルマを手に入れたから、
熱心な仕事_f0076731_13331883.jpg
プレミアムなハーバーを選んだのだと、
包みを開けてすぐ解った。

ヨコハマと言えばハーバーか、
崎陽軒のシュウマイだろう。
熱心な仕事_f0076731_15265097.jpg
それぐらい名が通っている。

軸足はきちんとハーバーに置き、
熱心な仕事_f0076731_15272167.jpg
プレミアムや、
チョコバナナなどチャレンジも忘れない。
熱心な仕事_f0076731_15285150.jpg
確かにプレミアムな香りが漂った。

ありあけが続ける、
熱心な仕事だと感じた。

ありがとうございました。

出雲市から溝上さんが来訪され、
DEを通して新しいスバルの味を体感していただいた。
熱心な仕事_f0076731_15292766.jpg
熱心な青年だと思った。
自分のスタイルに客観的な目を持ち、
それを自ら進んで改善する熱心な姿を見て、
仕事の上でも同様の「妥協しない姿勢」を持つと直感した。

命を預かる真摯な心を、
そのドライビングに対する情熱から感じ取った。

またいつでもお気軽にご来店ください。
次のステップに向かいましょう。
熱心な仕事_f0076731_15295818.jpg
その後、
岩倉市から熊谷さんがいらっしゃった。

残っているアキグミの話を聞いて、
奥様がしぐ袋を片手に収穫された。

ありがとうございました。
グミも喜んでいる事だろう。

様々なジャムづくりに挑戦されているそうだ。
熱心な仕事_f0076731_15303066.jpg
天然カロチノイドの効果を、
恐らく知り尽くしていらっしゃるに違いない。

今後とも宜しくお願いします。

丁寧な仕事には、
独特の波長がある。

それを感じる者同士の、
何とも言えない楽しい時間を過ごすことが出来た。

皆さん、
ありがとうございました。

Commented by Mt.Yoko at 2017-11-11 09:58 x
社長様

吉永社長のプレゼンでレオーネが紹介されたんですね。聞きたかったです。写真はサファリラリーのスイングバックと4WD RXでしょうか?

今回のモーターショーで、「日本の傑作車シリーズ スバル・レオーネ」という復刻版の雑誌を買いました。

初代レオーネのイメージスケッチ、初めて見ました。
Commented by b-faction at 2017-11-11 19:44
> Mt.Yokoさん
サラリとでしたが、平林さんのスイングバックを見て心が躍りました。渋い車種選択でカラーリングもバラバラ。あの頃は野心的で愉快でしたね。良い意味でも悪い意味でもオヤブンの存在は存在は大きかったですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2017-11-05 21:08 | Comments(2)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction