人気ブログランキング | 話題のタグを見る

道を究める

美味いか、それとも不味いか。
そんな事を心配する奴はいないだろう。
道を究める_f0076731_10523792.jpg
暖簾とはそういうもんだ。
少なくともSTIには他社が持ちたくても持てない暖簾がある。

それなのに、
店構えも店員もヨチヨチ歩きなのはなぜか。

デパートに出店するからだ。

暖簾を汚す事は無いけれど、
暖簾の重さを軽くする。

それがSUBARUの立ち位置だ。

試乗車なんかいらない。
当たり前だろう。

これまでより絶対に自信がある。
当たり前だろう。

けれども、
期待以上の味か食べてみないと解らない。
そう言う意味で、
今回の抽選を見合わせた人も多かったはずだ。
道を究める_f0076731_10530306.jpg
カラーリングやインテリアコーディネートに変化が乏しく、
エンジンルームにも凄みが無い。

これほど華の無いエンジンベイに、
ワクワクドキドキせよという方が無理だろう。

執念で1馬力と1ニュートンを引き上げたのならば、
その証をエンジンルームに堂々と記すべきだった。

何しろ群馬はエレガンスに乏しい。
デザインスタジオもアメリカに出すから、
土臭く泥のイメージしか頭に浮かばない。

今回の売り方は間違っていない。
試乗車や広報車を作らない。

賛成だ。

当たった人だけに味わわせればよい。

そこからレジェンドが生まれる。

今後はSUBARUの広報に頼るのではなく、
STI自身の腕を頼りにすればよい。

広報車など作ってイベントやったら、
一言文句を言わせてもらおう。

STIはSUBARUから一線を引いて、
もっとエレガントに速さをアピールすべきだろう。

たとえ見えなくても、
エキマニを光らせたり、
中央にあるインマニを光輝仕上げにしないとな。

その様に演出することが求められている。

まだ暖簾を持たないトヨタが、
闇雲に追い上げている。

GRMNの存在だ。

MNが何かを明確に定義して切り分けている。

以前からSTIの売り方は「こうあるべき」と提案しているのに、
無視し続けた結果、
その通りのやり方でトヨタが追い抜いていこうとしている。

SUBARUはSTIに対して頓馬な事ばかりやるので、
逆に走り混合して値打ちを下げている。

それを早く自覚すべきだろう。

抽選のやり方を国産車に合わせてどうするのだ。

繰り返すが「売り方」は良い。

ところが、
農耕民族の偏った平等意識が、
売り手の「責任逃れの場」を作る事になっているだけだ。

STIもスバルにおんぶされているので、
ダサいデザインから抜け出せない。
豪華なシート表皮より、
エンジンや構成部品の機能美を求めて欲しい。

一週間振りに東京から秋田さんがいらっしゃった。
車検を終えたレガシィを迎えに来られたのだ。
道を究める_f0076731_19082143.jpg
暖簾が素晴らしい。

素敵なお土産を頂いた。
封をしないお菓子の醍醐味は、
口に含めばすぐわかる。
繰り返し味わううちに、
道を究める_f0076731_19083226.jpg
箱の装丁や紙袋を見ただけで、
即座に脳裏に味が浮かぶ。
道を究める_f0076731_19084082.jpg
日持ちしないお菓子、
特に和菓子の味は、
日本人にぴったりだ。
道を究める_f0076731_19090454.jpg
何気ないようで手の込んだお菓子だ。
特に白あんの最中は、
滅多に食べる機会も無く珍しい。

道を究める_f0076731_19092158.jpg
娘にどちらが良いか聞くと、
「私は黒」と言った後で、
半分こしようかと言うので乗った!
道を究める_f0076731_19094257.jpg
緑茶と抜群に相性が良い。

まさに自信に満ちた口上だ。

道を究める_f0076731_19095784.jpg
秋田さん、
いつも本当に有難うございます。

お見送りできず申し訳ありませんでした。
道を究める_f0076731_19101153.jpg
かわら版の効果もあり、
忙しい土曜日となった。

一夜明けて環境整備に取り組んだ。
道を究める_f0076731_19103285.jpg
妻はブルーベリーの剪定に夢中だ。
二宮さんの気持ちで株に向かっている。
道を究める_f0076731_19104751.jpg
この株も他に比べて葉の落ち方が早い。
原因はミノムシだろう。
道を究める_f0076731_19111780.jpg
こんなに見事な擬態では、
流石に鶺鴒も見分けられないようだ。
指を指している少し上に上下直角の枝がある。
その下側から45度で左に飛び出ているのがミノムシだ。
その左上の芽と比べて見分けがつかない。

見事な擬態だ。

道を究める_f0076731_19112884.jpg
結構な量が取れた様だ。

望桜荘の石敷きで現れた土砂を、
畑に移動して篩に掛けた。

道を究める_f0076731_19121090.jpg
小石は雨ざらしにして分別に備え、
土を奥の方にまとめた。
道を究める_f0076731_19151639.jpg
よい土は色々と役に立つ。
土止めをして雨に晒す。

道を究める_f0076731_19153354.jpg
斜面には竜舌蘭が一気に増えた。

向こう側に注目してほしい。
道を究める_f0076731_19155318.jpg
剪定した枝を一旦積み上げて乾燥させている。
まだグミが瑞々しいままだ。
ここは焚き火台になっている。
道を究める_f0076731_19164470.jpg
次の写真は6年前の同じ頃、
同じ場所で下から撮影した。

道を究める_f0076731_19334542.jpg
グミの樹のグの字も無いのが良く解る。
焚き火はゴミを焼却する事ではない。

道を究める_f0076731_19340067.jpg
火をコントロールして、
樹木を灰に戻す。

焚き火はロマンだ。
知恵もいるし正しい道具も必要だ。

ブルーベリーには毒なので、
一切灰を持ち込まないよう気を付ける。

きれいに雑草をむしって、
お礼肥えも与えた。

良く見ないと解らないが、
道を究める_f0076731_19341824.jpg
雨に現れ石が露出している。
それを一輪車で拾い集め、
土の表面に潤いを出す。

道を究める_f0076731_19343484.jpg
一周回るのに約10分ほどだ。
環境改善を終える時間が近づいた。

道を究める_f0076731_19344851.jpg
一輪車に集めた石を空いたスペースに押し込む。
結構な量だ。
道を究める_f0076731_19345952.jpg
このくぼみに入れて、
雨水に晒すと分別しやすくなる。
道を究める_f0076731_19351632.jpg
大きく砕石と丸く研がれた自然石と花崗岩に分ける。
道を究める_f0076731_19353744.jpg
それらをまた活用して環境を改善する。
6年経つと花が開く。

もう六年もたったのかと言うのが正直な気持ちだ。

盛りを過ぎたと思ったが、
道を究める_f0076731_19355307.jpg
剪定後のアキグミはまだまだ絶頂だ。
日当たりが良いせいか、
ますます甘くて濃い味になった。
渋味もあるが美味しいので、
食べ過ぎてしまった。
道を究める_f0076731_19360542.jpg
ちょっとお腹に堪えたので、
しばらく食べるのを自重する。

その6年前の望桜荘の庭を記録した画像があった。
道を究める_f0076731_19361824.jpg
2011年11月2日に撮影した様子と、
本日11月12日の様子を比べて欲しい。


道を究める_f0076731_19363274.jpg
樹木の生長が良く解る。
その時から石畳が生まれ始めた。
2011年11月11日にここまで伸びて、
道を究める_f0076731_19364852.jpg
11月23日にはすべて完成していた。
道を究める_f0076731_19370455.jpg
富山から視察があったのでよく覚えている。
高岡市で軽自動車専門店を営む、
古城モータースさんが訪れた。
その時に比べると、
道を究める_f0076731_19372558.jpg
雨に晒された石の味が分かるはずだ。
文化は蓄積する「もの」だ。
手っ取り早くやるのも良いが、
蓄積させないと本当の価値が生まれない。
道を究める_f0076731_19374113.jpg
成長著しい企業に向かって、
偉そうに能書きを垂れたが、
6年後もお互いに頑張れていることが素晴らしい。

軽自動車生産を撤退しても売ることはできる。
それ以上に重要な道を究める方法があると信じていた。

その頃の愛機はtSだった。
カーボンルーフが取りたくて、
階段の上から撮影した。
道を究める_f0076731_19375945.jpg
前庭の変化も一目瞭然だ。
今日の様子を見ると、

道を究める_f0076731_19381532.jpg
自然の力の面白さを実感できる。

カーボンルーフを出した時に、
何故「Sシリーズ」にしないのかと反発した。

思い起こせば、
その時は土が痩せてしまっていた。

クルマは開発できても、
熟成させる土壌が無かった。
道を究める_f0076731_19383174.jpg
記念すべきカーボンルーフなので、
即座に注文したが、
この時は売れ残ってしまった。

誰もが「tS」を本物だと認めていなかった。

しばらく展示した後、
慣らしを兼ねて向かった先は金毘羅山だ。
道を究める_f0076731_19384851.jpg
四国に行った理由は、
頑張っているディラーを視察するためだった。

当時の東四国スバルには、
代表取締役として本社から緑川さんが赴任していた。
道を究める_f0076731_19532557.jpg
軽自動車が販売の大半を占める四国や九州では、
スバルの方向転換で販売に影響が出た頃だ。
道を究める_f0076731_19533899.jpg
実情がどうなのか、
具体的な視察が目的だった。

本社ショールームを建立する、
重要なミッションの真っただ中だった。
道を究める_f0076731_19535007.jpg
買収した土地で建設工事が始まっていた。

これらの種まきが後に香川の環境を大きく変えた。

tSはサスにテンションを掛け、
気持ち良く走るクルマだった。
道を究める_f0076731_19540379.jpg
エンジンフィールも良く、
なぜSに出来ないのか不思議で仕方が無かった。

戦略の方向性を間違うと、
修正するのに多大な時間を要する。

道を究める_f0076731_19541719.jpg
手っ取り早い仕事を目指したわけでは無いのだろうが、
カーボンルーフにふさわしいエンジンが欲しいと思った。

それはハンドクラフトだ。

もしSTIがハンドクラフトのエンジンを供給できれば、
本物の「S」にたどり着ける。

今のバランスドエンジンは、
ハンドクラフトではない。

越えなければならない壁がもう一つある。
道を究める_f0076731_19544520.jpg
今日は最新の「S」の締め切り日だ。
STIの予想通り、
抽選申込数は2000件を超えた。

エクステイリアのディティールから、
かなりの本気度が漂ったからだろう。

カーボンルーフの接着方法も全く異なり、
ボディダンパーの働きをしている

道を究める_f0076731_19545861.jpg
河内デザイナーの、
S208に対する拘りが随所から感じられた。

フォグランプを廃止した効果は、
彼のデザインでより際立った。

国内では「S」と言う裃を着るが、
スバル本体が関わるだけあり、
米国ではカーボンルーフ装着車がRAとして発売される。
道を究める_f0076731_20072276.jpg
外国人ジャーナリストも群がっていた。

アメリカ人のおかげで、
カーボンルーフが蘇ったのかもしれない。

この様子を見て感じた。

それにしても6年の歳月を経て、
国内におけるSTIのイメージは予想以上に膨らんだ。

STIに800万円を目指させるべきだと進言した時、
鼻であしらわれたと言ったけれど、
今なら鼻であしらわれないはずだ。

SUBARUは昔から東高西低と言われる販売体質を持つ。

東四国SUBARUなどの西に属する地域で、
SUBARU車にプレミアム性を求める人は珍しかった。

ところが社長の改善意欲が高いと、
徐々に華が開き始め環境が一気に変わる。

四国や南九州のS208の応募数は、
青森や岩手は勿論、
新潟や山梨も上回る。

道を究める_f0076731_20073837.jpg
SUBARUが口出しするより、
STIに好きな事をやらせ、
いよいよ次はブレイクスルーと行こうじゃないか。

舐められる金額ではロクなクルマはできない。

22Bは覚悟を決めて500万円の壁を破った。

だからレジェンドになった。

2013年のモーターショーで、
武藤さんに800万のクルマを目指せと言った時、
「冗談言うんじゃないよ」と心の声が聞こえた。

だから今はそんな事を言うつもりはない。

そんな金額ではロクなクルマにならないから、
ぜんぜん物足らない。

次は1000万円を越える。
気合いを入れて待とうじゃないか。

機は熟した!

平川さん、
道を究めてやりましょう。

Commented by 宮谷 穣士 at 2017-11-13 11:06 x
非常に有名なモナカと羊羹のお店ですね。

羊羹は朝5時に並ぶ人もいるそうです。
Commented by b-faction at 2017-11-13 18:18
> 宮谷 穣士さん
はい、STIに近い所にありますね。こうありたいものです。
Commented by ひょっこり at 2017-11-13 20:29 x
社長こんばんは。

ボクの立場で言うのもなんですが、S208は色んな意味でセンス無いです。

東京モーターショーで実物は見てきましたが、色を見ただけで「もういいや」と。昔のクルマのような、はたまた下塗りのような・・・それをXVのような遊び心あるクルマならいいけど、「ホンモノ」には不向き。やがてそれが凄みになるのでしょうが、たしかヒュンダイのクルマにもそんな色無かったかな?と思わせるのはボクだけでしょうか?

しかもあの色は黄色より再現が難しく、青系統でしかもソリッドの調色は直す立場からしてみれば頭痛のタネになりそう。

STIはそろそろ専用色を開発すべきで、他の車種には決して採用させないモノがあってもいいのではないかと感じますし、こういった気合の入ったモノは、流行色に翻弄されてブレるのもどうかと感じます。

こんなことを言って顰蹙を買うかもしれませんが率直な印象をどうしても伝えたくコメントしました。
Commented by b-faction at 2017-11-14 07:16
ひょっこりさん、おはようございます。カーボンルーフを引き立てるにはクールグレーカーキしかないので消去法で選びました。そろそろピュアホワイトが欲しいですね。パールホワイトには飽きてしまいました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2017-11-12 23:15 | Comments(4)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31