嫁特訓

東京モーターショーで、
世界のトシと再開した。
f0076731_19432524.jpg
相変わらず大活躍だ。
ラリーこそスバルとSTIの活躍の場だ。
世界トップまで上り詰めた男には、
やはり素晴らしいオーラがあった。

トップクラスのラリーではないが、
実に興味深いラリーが、
遂に地元で開催される。

しかも初めての試みだ。
f0076731_19440941.jpg
参加することに意義があるし、
それが最も大きな協力だと思う。

そして続けることに「ある大きな意味」もある。
それはいずれ明らかになるだろう。

当社に2台のGC8が揃った事も、
単なる偶然ではなく必然だった。

妙な「勘」がまた働いたのかもしれない。

東京出張が続くたびに、
秘かに妻はどこかへ出かけて行った。
f0076731_19505623.jpg
すると驚いたことに、
チャンピオンから個別指導を受けていた。
f0076731_19511090.jpg
勝田さん、
本当にお世話になりました。

また全日本チャンピオンおめでとうございます。

競技車がレギュレーションに合致しているか心配になり、
群馬からシムスレーシングの遠山さんも駆けつけてくれた。
f0076731_19550911.jpg
数々の実践的なアドバイスを戴いた。
シムスレーシングは今年も鎌田卓麻選手をサポートしている。
f0076731_19562374.jpg
厳しい駄目出しに妻が呆然となった。

遠山さんは心配していたとおりですと、
言わんばかりであった。
f0076731_20044570.jpg
スペアタイヤの固定方法や、
f0076731_20051167.jpg
ハーネスの取りまとめなど、
プロらしい指導助言が次々に出た。
このインプレッサのおかげで、
もう一台を作るのにずいぶん助かったが、
長年眠っていたクルマだ。
その間にレギュレーションも変わっている。
f0076731_20065528.jpg
細かい部分ではセンターキャップの扱いや、
タイヤの選択など助言して頂いた。

コンチネンタルを使うというと、
彼はずいぶん心配した。

ラリー用のスポーツタイヤが無いからだ。

そこをあえてウルトラコンタクト6で挑む。

これまでに肌で感じた勘で、
コンチネンタルに運命を託す。

それぐらいの関係が出来なければ、
本気で売ることはできない。

惚れるという事は何よりも強い。

入ってきた当初からの持病が、
なかなか完治しない。

f0076731_20101220.jpg
交換したパワステポンプから、
オイルがオーバーフローしていた。

パワステも停止すると重くなる。
ギヤボックスを交換する直前で止めた。

ワークスのRAには、
クイックステアリングが組み込まれているかもしれない。

このクルマの出自は前にも述べたように、
テストベッドの可能性がある。
f0076731_20125949.jpg
恐らく新井さんなら、
若い時に見た事があるかもしれない。
f0076731_20152512.jpg
STIがWRXに競技用のパーツを開発した頃、
このデモ車がテストベッドだった。

まだSTIバージョンなど生まれていない頃だ。

雰囲気が似ている。
ペダルの位置も普通ではない。
f0076731_20174532.jpg
大勢の人間の英知が溶け込んでいるとしか思えない。
ヒールアンドトゥが凄くやり易い。
f0076731_20182478.jpg
調整されているとしか思えないのだ。

ちなみに2号車は最終モデルなのだ。
f0076731_20191938.jpg
素のWRXが280馬力になり、
熟成を重ねただけのことはある。

車体がしなやかで乗り易い。

それに対して、
初期のモデルは頑丈そのもので、
更に強化されているから恐ろしいほどの身体能力を持つ。
f0076731_20211041.jpg
中津スバルに来たばかりの頃に写した写真を引っ張り出した。

カタログの写真と見比べて、
あまりにも近似性を感じたからだ。

ロールケージもそうだが、
RAのステッカーが妙に気になる。
f0076731_20233748.jpg
面白い縁が生まれた。
大切な「正面装備」としてホワイトボディを1号車、
オレンジボディを2号車と決めた。

昨晩はプールで泳いだ後、
深夜の晩酌でゆっくりくつろいだ。
f0076731_20265897.jpg
関根さんに戴いた日本酒を持ち帰り、
久し振りに寒梅と面会した。

ずっと変わらぬ素敵なラベルだ。
f0076731_20273813.jpg
燗酒にする前に、
利き酒したくなった。
そこで、
f0076731_20282907.jpg
中善酒造で入手した利き酒用のぐい飲みを取り出した。
f0076731_20284358.jpg
良い酒だ。
色も香りも申し分なく、
普通酒として上級な味わいだ。

少し甘味が強いが、
そこは刺々しいアルコール臭の酒より何倍も良い。

辛口にも色々あるが、
最近は焼酎を混ぜたように感じる酒も多い。

片桐さんが丁寧に向いて下さった銀杏を、
ありがたく頂戴した。
f0076731_20310786.jpg
日本酒のつまみに申し分ない。


そして欠かせないのは豆腐だ。
f0076731_20322501.jpg
塩とワサビだけで食べると、
日本酒に泣きたくなるほど良く合う。
f0076731_20350262.jpg
ビールに合う娘の創作料理も出た。
ブロッコリーとペンネをパルメザンチーズで和え、
更に上から濃厚なチーズを擦り下ろした。

これが意外なほど美味い。
f0076731_20242096.jpg
そして極めつけは、
宮山さんに頂いた里芋だ。
凄く味が染みて美味しかった。

しっかり栄養を付けて、
今日を迎えた。
f0076731_20363433.jpg
息子から電話があり、
嫁に教えてやって欲しいという。

最初は2号車を貸して欲しいと言った。

何をするの?
と聞いたらサーキットへ行くという。

そんな事をしても意味ないぞ、
と言ったら、
先の話に落ち着いた。

泊りがけで遊びにおいでと誘って、
午後からつききりでレクチャーした。

特に難しい事をするわけでは無い。
まずDEのAプランに沿ってレクチャーした。

若い女性は筋肉も素直なので、
ステアリングワークの癖は意外に早く消える。
f0076731_20365233.jpg
ロックトゥロックが何とかできるようになった。

スムーズなターンも出来る。

なので1時間のレクチャーを終え、
そのまま給油して高速道路に乗った。

引き続きBプランを進めた。
2つのプランを連続すると、
4時間以上必要になる。
だから通常は受け付けないが、
ラリードライバー育成とあらば仕方がない。

仕事をずらして時間を工面した。

まず、
背中とシートを押し付けて、
その摩擦力でステアリングを切る事。

次に、
一旦切ったらなるべく切り足さない事を命じた。

途中で運転を代わり、
手本を見せようかと思ったが、
思いの外ブレーキの踏み方がスムーズで、
ワインディングもそつなく走った。

連続で2時間以上教えるうちに、
トイレ休憩も必要だし喉も乾いた。
丁度良い位置にカフェベーカリー「アントン」がある。

営業中でありがたかった。

「噂をすれば何とやら」だったらしい。
マスターが驚いた顔をした。

珈琲を頼むと、
出来たばかりのシュトーレンをサービスしてくれた。
f0076731_20475396.jpg
これは美味しい。
なかなか良い腕のパン職人だ。

この店のオーナーは宮大工で、
その娘さんが日本でパン修業した後、
ドイツに2年滞在して味を学んできたという。

今では出張販売も増え、
地域で愛される欠かせないパン屋に育った。
f0076731_20503661.jpg
棚に美しく並ぶパンから、
素敵な香りが漂っていた。

こういう店がドイツの郊外に実在する。
f0076731_20493124.jpg
マスターはレヴォーグに乗るスバリストだ。
若い時は86でラリーをしていたので、
中津スバルが女性のラリーに参加することも承知されていた。

美味しいシュトーレンをありがとうございました。

ところで嫁の実力はなかなかのもので、
最初は発進で苦労したが、
「使う筋肉が違う事を自覚しろ」というアドバイスで覚醒した。

それはアクセルワークだ。

ブレーキは良いが、
アクセルの解度が大雑把なので、
微妙なコントロールが出来なかった。

アクセルは母指球で踏む事、
500回転刻みのコントロールをする事、
イーブンでコントロールし荷重変化を生かす事、

この三つを真っ暗になるまで続けた結果、
かなりいい線までコントロールするようになった。

さあ、
新旧のおてんば娘に、
もう一人のじゃじゃ馬と、
マリオのカルテットがどんな活躍をするのか、
是非暖かい応援をお願いします。

サービスパークは、
岐阜県恵那市岩村町545-1に設置される。

カーナビで検索する時に使ってほしい。

また下記のリンクで駐車場も案内されている。

全国のスバリストよ、
ぜひ「女城主」の地へ。

心より歓迎する。

トラックバックURL : https://bfaction.exblog.jp/tb/28577045
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 片桐 at 2017-11-15 01:19 x
先日はとても丁寧に組み付けていただきありがとうございました。そのおかげで全くぶれることなく粘るような靴底の厚いスニーカーを堪能しました。運転中ニヤニヤが止まらなかったようです。
おたずねし忘れたのですが空気圧は標準でよろしいでしょうか?ホイールナットの締め付けトルクはいくつでしょうか?
お土産喜んでいただけたようでとてもうれしいです。ゆずは是非お風呂にも入れてお楽しみください!
Commented by b-faction at 2017-11-15 08:38
> 片桐さん
おはようございます。銀杏美味しくいただきました。ありがとうございました。空気圧は指定値で構いません。悪路などで心配な時は少し高めに。締め付けトルクは片桐さんの体型なら車載レンチを正しく使えば心配ありません。数値で知るより締め方です。いざと言う時はトルクレンチ使うほど余裕ないですよね。どんなクルマも100ニュートンちょっとです。
Commented by 片桐 at 2017-11-15 10:17 x
アドバイスありがとうございます。ホイールを外そうとしてハブボルトを破断させてしまい積車をお願いした苦い過去があり慎重になっていました。今回はホイールのバランス取りが完璧でどの速度域でも変な振動がまったくありません。それで締め付けトルクに秘密があるのか?と思った次第です。タイヤ交換して全く不満がないのが初めてでとにかく素晴らしいの一言です。
Commented by b-faction at 2017-11-15 17:45
> 片桐さん
それは締めすぎたからです。車載工具はレバー比を考えて作られていますので、一本ずつ適正な位置で体重を掛ければ十分締まります。トルクレンチを必要としないように考えて作られています。
Commented by 片桐 at 2017-11-15 18:45 x
ありがとうございます。
まさにその通りと思います。大変勉強になります。
またよろしくお願いいたします。
Commented by げんげん at 2017-11-16 12:36 x
代田社長、こんにちは。
ドライビングに関する記事は、大変参考になります。記事と比較した場合、私はステアリングを切る際に背中を浮かせていることに気付きました。
今のシートポジションは自分が運転しやすい位置に合わせているのですが、Aピラーが絶妙な位置で視界を邪魔しているため、無意識のうちに前傾姿勢になっていたようです。

シートポジションから見直してみたいと思います。
Commented by b-faction at 2017-11-16 18:29
> 片桐さん
こちらこそ宜しくお願いします。
Commented by b-faction at 2017-11-16 18:30
> げんげんさん
はい、クルマを支配して下さい。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by b-faction | 2017-11-14 21:02 | Trackback | Comments(8)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
カレンダー